第二新卒の看護師は転職が難しい?求人の探し方と求人事情

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「今の職場ではどうしても働く意欲が湧かない…」

「まだ新卒で入ったばかりなのに転職はできるのかな…」

そんな悶々とした悩みを抱えている第二新卒の看護師は、少なくないようです。しかし本人が思い込んでいるほど、転職するのは本当に難しいのでしょうか。

ここでは第二新卒の看護師の転職事情について、一緒に見ていきましょう。

第二新卒看護師の転職理由

第二新卒の離職率が飛び抜けて多いかというと、実は正規雇用の看護師全体と比べた場合にはそれほどではありません。

正規雇用の看護師の離職率が毎年10%程度であるのに対し、新卒看護師の離職率は、7.5~8%の間を推移しています。

正規雇用の看護師は、全年代の看護師を対象としていることを考えると、第二新卒看護師の離職率が低いとは言い切れません。

「第二新卒看護師の離職率は高くない」と知っておくとよいでしょう。

では、第二新卒看護師はどのような理由で離職しているのでしょうか。

第二新卒看護師が離職する原因とは?

第二新卒の離職の原因となることには、次のようなものが考えられます。

  • 理想と現実の大きなギャップ
  • 夜勤や交代制の勤務による身体的ストレス
  • 精神的なプレッシャー
  • やりがいを感じられない
  • なかなか仕事が覚えられない
  • プリセプター・患者などとの人間関係のストレス

理想と現実の大きなギャップ

看護師という職業に憧れ、勉学に励んでやっとの思いで現場に立ってみると、想像とのあまりの違いに戸惑い、現状になかなかなじめないということが考えらえます。

理想とする看護師像への思いが強い性格ほど、こうしたギャップとの悩みから抜け出せなくなります。

良い先輩などに出会えれば、ギャップに対する複雑な思いを理解してもらえますが、一人で思い悩んでいるうちに離職を選ぶというケースもあるようです。

夜勤や交代制の勤務による身体的ストレス・精神的プレッシャー

看護師全体にいえることですが、夜勤や交代制といった他の職種ではあまり見られないイレギュラーな勤務体制は、新人の看護師にはかなり応えます。

最初のうちは若さで仕事をこなせていても、人によってはやはり不規則な生活が合わず、蓄積する疲労を解消できずに仕事を辞めていく結果となる場合もあります。

看護師を目指した時点で命にかかわる現場であることは頭で理解していても、いざ職場で人の死を目の当たりにすると、そのプレッシャーに耐え切れなくなるということも考えられます。

希望と異なる配属や、働きたかった病院で働けなかったということから仕事へのモチベーションが持てず、やりがいを感じられないことが離職につながるケースも見られます。

プリセプター・患者などとの人間関係のストレス

看護師の転職の中でも、最も多い原因は人間関係です。医療現場はチームプレーで動く作業が多く、人間関係が良好でないと業務がうまく運びません。

まして新人の場合には、担当となったプリセプターに苦手意識を抱えると、看護師としての学習ができず、業務内容を覚えることができなくなります。

またさまざまなタイプの患者と当たるうちに、コミュニケーションがうまく取れず、看護師としての自信を失くすといったことも離職の原因となります。

第二新卒の看護師が採用されるチャンスはある

第二新卒看護師の面接

第二新卒での転職について看護師自身が、スキル不足で次の就職が難しいのではないかと考えていることもあるようです。

しかし本当にそうなのでしょうか。実は採用する側には、第二新卒を採用するメリットがあるのです。

相手のメリットを知ることで、第二新卒でも自信をもって転職に臨めるようになるはずです。

第二新卒看護師を採用する理由

採用側が第二新卒を歓迎する理由しては、以下のようなことが挙げられます。

  • 医療現場で働くベースになる経験がある
  • 前職の経験が浅いため新たな職場への適応の速さを期待できる
  • 看護師として多少の経験があるため順応性がある
  • 他病院で身につけたクセが少ない
  • 体力や元気さが期待できる
  • 年齢的に若いので育成しがいがある
  • 新人よりも辞めるリスクが少ない
  • 社会人としてのマナーは身についていることが期待できる

職場や業務への順応性が期待できる

まったく初めて医療の現場に入る新人と比べ、第二新卒のもつ経験は採用側にとっては大きなメリットです。

看護師が活躍できるかどうかは、精神的な部分によるところも大きく、最初のステップが非常に重要です。

ほかの病院での経験値があれば、医療現場という特殊環境についての自分なりの受け止め方ができていると考えられます。

前職の経験がそれほど長くなければ、不要な習慣づけもなく、新しい職場への適応が速くできます。

ひとつの職場経験が何十年にもわたれば、自然にその病院のやり方に染まってしまいます。

第二新卒の場合、ほかの病院の「色」に染まり切っていないことが、逆に採用側には魅力となるのです。

同時にある程度の経験と知識があるため、与えられた業務への順応性が期待できます。

病院にはその病院なりの業務の進め方や、患者への対応など独特のクセのようなものがあります。

第二新卒であれば他病院で身につけたクセが少なく、業務への妙なこだわりがありません。

指導する立場としては、「前の職場ではこうだった」という転職者にありがちな反論を避けられます。

年齢が若くて育成しがいがある人材

第二新卒はまだ20代の前半であり、初々しさや若さにあふれています。体力や元気さが売りにできるのも、第二新卒ならではといえるでしょう。

身体の若さに加え、思考にも柔軟性がある年代です。年齢を重ねた転職者とは違い、吸収力も高く、育成のしがいがあります。

採用側としても、看護師としての大きな成長を望むことができます。

一度転職に悩んだという経験は、採用側にとっては安心できる材料ともなります。短期間のうちに転職するリスクは、第二新卒であれば十分に理解しています。

採用直後に辞められるといった不安は、第二新卒者に対してはあまりもたずに済むので、採用する病院としては逆にありがたく感じます。

第二新卒はすでに立派な社会人です。前職で学んだ社会人としてのマナーがあるため、再教育への時間がそれほど必要ありません。

第二新卒の看護師は自分の未熟さが転職の障害になると思い込みがちですが、実はまったく逆に受け取られることもあります。

新人に近い若さや順応性、柔軟性、成長性をもち、社会人・看護師としてのベースがある第二新卒は、採用側にとってまさに使い勝手の良い人材といえるのです。

第二新卒看護師におすすめの職場とは?

第二新卒看護師に向いている職場

第二新卒で転職するときには、次の職場選びに慎重になります。どのような職場であれば、理想的な働き方ができるのでしょうか。

第二新卒にマッチする職場について、考えていきましょう。

経験に自信がない看護師には教育体制が整っている職場がおすすめ!

第二新卒ではまだ看護師として、一人前になりきれていないのではないかという悩みを持つ場合が多いようです。

看護師になったとはいっても、まだ短い年数での経験しかなく、自信が持てずにいるのかもしれません。

そうした看護師の場合、転職先にはしっかりとした教育体制が整っているという点を重視した職場選びをすることが大切です。

新卒で就職する際に、スキルが身に付けられる急性期の病院を希望したという人もいるでしょう。

第二新卒で急性期から遠ざかることで、看護師としてのスキルが低下するのではないか不安を抱えることもあります。

急性期病院の中にも、中途採用の新人教育について研修などの体制が整備されている病院はたくさんあります。

第二新卒だからといって自分の望む方向に進めなくなるということは、決してありません。

重要なのはフォロー体制があり、第二新卒の看護師が足りないスキルを十分に補えるような病院を選ぶことです。

看護師としての自信を取り戻すためにも、日々の業務で学びながら働ける病院を見つけていきましょう。

臨床経験が1年未満の看護師には病棟がおすすめ!

新卒で急性期病棟に就職し、いきなり厳しい環境の中で働きだしたことで、もう急性期で働くのが難しいと考える場合もあります。

確かに急性期病院では学べることも多いですが、それだけが看護師の職場というわけではありません。

急性期以外にも回復期リハビリテーション病棟や療養型病棟など、看護師が活躍できる場所があります。

基礎看護を学べ、状態が安定している患者さんが多いことから、急性期に比べるとゆっくり働けるなどのメリットがあります。

ひとりひとりの患者とじっくりと向き合いたい、コミュニケーションを取りながらの看護ケアを実践していきたい、そう考える看護師にはぴったりの職場です。

病棟が違っても、それぞれに良い点はあります。急性期病棟にこだわらず、自分に合った職場を探していきましょう。

臨床経験が2年以内でも看護師はクリニックにも転職できる?

臨床経験が短い場合、転職先でやっていけるかどうか、心配になります。臨床経験が2年以内であっても、転職先がまったく見つからないということはありません。

本人のやる気があれば、採用してもらえる可能性は十分にあります

ただ、臨床経験を2年以上積んでいれば、病棟に加えてクリニックや介護施設、訪問看護などにも転職できるほどスキルが身についているので、転職先が幅広く選べるのは確かです。

臨床経験があまりないままにクリニックなどへ転職してしまうと、看護師としての基礎知識を身につけるチャンスを失ってしまうリスクがあることも考えられます。

病院では当たり前に身に着くスキルも、医療処置のバリエーションが少ないクリニックでは経験できません。

臨床経験が2年以下でもクリニックへの転職は可能ですが、看護師としての可能性を広げたいのであれば、さまざまな経験ができる病院を選ぶ方が将来のためになります。

第二新卒向け看護師求人の探し方

第二新卒で転職をする際には、応募先を十分に吟味し、より自分が看護師として成長できる職場を選ぶ必要があります。

しかし個人での転職活動には限りがあり、理想的な応募先を探し出すだけでも一苦労です。ここでは第二新卒者が、自分に合う職場を探すための方法を紹介していきます。

転職サイトに登録するメリット

転職先を探す方法はハローワークなどを始め、数多くあります。第二新卒者が職場を探すのであれば、看護師専門の転職サイトの活用が最もおすすめです。

基本的に登録や利用が無料で、自分専任の転職コンサルタントが付いて転職活動のサポートをしてくれます。

仕事の紹介はもちろん、転職に関する相談に乗ってもらえるので、第二新卒での転職の不安も軽減することができます。

将来をにらんで今どのような職場を選ぶべきなのか、まだ自身でもわからない本当の気持ちを含めて方向性を一緒に探り出してくれます

急性期病院を離れこれからどうすれば良いのか、看護師としてのスキルの向上が可能なのか、といった不安を抱えている看護師には特におすすめできます。

第二新卒歓迎と表記されていない求人でも、教育体制などの受け入れ態勢がしっかりとした病院もあります。

良い案件ほど非公開となっており、個人で探しても見つけることはできません。

転職サイトを活用することで、応募先の幅を広げられると同時に、コンサルタントのサポートによって採用率を高められます。

第二新卒の看護師転職で使える面接のコツ・注意点

第二新卒の転職の際、面接時に注意するポイントとはどのようなことなのでしょうか。

前職の退職理由を聞かれたら「絶対に批判しない」

面接ではとにかくすべての点について、ネガティブに受け取られないよう発言には注意をしていきます。

例えば面接で前職の退職理由を聞かれた場合、批判的に聞こえないように答えなければなりません。

看護師の中には、前職で休みが取れなかった労働環境や上司や先輩によるいじめやパワハラについて語り、「ブラックな職場だったから」と言う人もいます。

しかし現在でもその職場で働く看護師がおり、普通に長期にわたって勤め上げている看護師もたくさんいます。

職場の批判ばかりを主張してしまうと、自分の気に入らない条件があればすぐに退職してしまう可能性があると危惧され、自身のマイナスイメージとなります。

どれほど不満があったとしても、面接では前職の職場環境への言及は避けるようにしてください。

前職を辞めたのは「仕方がなかった」ことをアピール

面接にあたっては自身が早期退職を決して望んでいなかったにも関わらず、退職せざるを得なかった、という理由を明確に伝えることが大切です。

短期間の退職は、決して自分の本意ではなかったことをアピールします。

就労条件が入職前と大幅に違った、担当していた診療科目がどうしても馴染めなかった、オペ室や救急を担当していて体力的に厳しかったなど、仕方のない状況で退職したのを納得してもらえれば、すぐに辞めてしまう看護師という印象を回避できます。

第二新卒ということもあり、退職の理由をどうしたら良いのかばかり考えてしまいそうですが、面接官によっては転職理由や前職の退職理由、志望動機などの内容が重要視されないというケースもあります。

採用側では、過去はどうあれ今後看護師としてしっかりと働いてくれる人物かどうかを一番に重視します。

評価のポイントはそれらの内容そのものよりも、自分の言葉で話しているかどうかという点にあります。

落ち着いた態度で目を見て話しているかどうか、面接官が複数いる場合は均等に視線を配っているか、何よりも与えられた質問に適切に答えているかが評価されます。

面接官の質問に対して、つい話すぎてしまう傾向のある人もいますが、常に質問の本質から回答が離れていないかに注意する必要があります。

第二新卒看護師におすすめの転職サイトはこちら

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

東京・名古屋・大阪・福岡・札幌 各地の第二新卒看護師の転職事情

転職事情は各地域でもさまざまな差があります。地域性を知っておくことで、転職活動を有利に運べる可能性があります。

ここでは東京・名古屋・大阪・福岡・札幌、各地域の転職事情を見ていきましょう。

東京の求人傾向

東京の求人傾向は、何といっても内容の幅広さが特徴的です。

人口が集中しているため、常に看護師の需要が高く、さまざまな職場の求人を見つけることができます。

大学病院、総合病院のほか、中規模、小規模病院、クリニックや介護施設、訪問看護ステーション、企業内医療施設など、第二新卒であっても求人案件に困ることはありません。

例えば介護施設などでも地方と比較すると教育制度が整備されていることが多く、働きながらスキルアップできる職場が多数あります。

最新医療から療養型施設まで、自分の希望する職場を見つけ出すチャンスに満ちています。

また働き方についても、日勤のみ、夜勤のみ、派遣など求人の種類が多く、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

名古屋の求人傾向

名古屋は中核都市として、商業、工業などが盛んな土地柄です。地方の中でも、活気があり看護師の求人でも困ることはありません。

特にトヨタなど、名古屋市に本社を置く企業が多数見られ、また工場、大学の数が多いことも特徴として挙げられます。

そのため、病院や医療施設のほか、企業、工場、学校など医務室の看護師求人がほかよりも見つかる可能性が高くなっています。

また規模の大きい医療法人も複数存在し、グループ施設での看護師の募集が随時行われています。

東京や大阪などの巨大都市部よりはのんびりとした環境にありながら、都市型の病院から各種の施設、医務室までの案件がそろっているところが、名古屋の求人の傾向といえます。

大阪の求人傾向

大阪の第二新卒の看護師求人の傾向として、介護施設や訪問看護ステーションなど介護系が多めであるということがいえます。

大阪でも全般的には、看護師が慢性的な不足の状態です。介護系以外の医療施設でも、経験の浅い第二新卒者が特別不利になるということはなさそうです。

訪問看護ステーションなどでも教育制度を整備しているところが多く、臨床経験1年未満の看護師でも受け入れが進んでいます。

ゆっくりと患者と向かい合いたいタイプの看護師であれば、応募候補は相当数あると考えて良いでしょう。

その一方で総合病院や中小規模の急性期病院などの第二新卒の求人もありますが、こちらは即戦力として求められることが多いため、臨床経験の年数によって応募先を選ぶことになりそうです。

福岡の求人傾向

福岡の第二新卒の看護師求人の傾向としては、ケアミックスタイプの病院や精神病院が多く見られます。

福岡は150万以上の人口をもち、九州地方の中心となる大都市です。

九州全域から患者が集まることもあり、高度医療が求められる一方で、さまざまな症例に対応できるケアミックス病院の需要が高くなっています。

ケアミックス病院には急性期病棟と療養型病棟、急性期病棟と回復期リハビリテーション病棟などの組み合わせがあります。

大学病院や総合病院と比較すると、急性期病棟であっても重症度が低い患者が多く、第二新卒のスキルアップの場として向いています。

療養型病棟や回復期リハビリテーション病棟への配属であれば、さらにゆとりを持って働くことができます。

札幌の求人傾向

札幌の第二新卒の傾向としては、中規模の総合病院やケアミックス病院での求人が多く見られます。

また介護関連施設からの求人も目立ち、訪問看護ステーションでも第二新卒を受け入れているところは多いようです。

急性期病院で第二新卒の求人があるところでは、100~300床前後の病院での募集が多数を占めています。

中小規模の病院であっても、プリセプター制度の導入や院内研修の充実など、経験の浅い看護師に対しての教育に力を入れている病院が数多くあります。

広大な北海道という環境にあって、ドクターヘリやヘリポートを持っている病院も珍しくありません。

第二新卒の看護師が急性期医療を学びながら、現場へと出動する機会が得られる可能性もあるなど、いかにも北海道らしい特徴といえるでしょう。

第二新卒看護師の転職はメリットが多い!ポジティブに捉えよう

第二新卒というと、「経験を積まずに辞めた看護師」という引け目をもっている人も多いようです。

しかし新卒だったからこそ、病院選びのコツがわからず現場になじめない結果となるのは仕方のないことです。

大切なのはそうした経験を、今後どう生かしていくかということです。

本人が感じているよりも、第二新卒に対しての可能性は広く、求人に制限があるわけではありません。

むしろ第二新卒としてのメリットは多く、採用側に好まれる点はたくさんあります。

確かに長期間働いた看護師と比較すれば、スキル不足は否定できませんが、その代わりになるのは柔軟性や新しい職場への適応力です。

また前職場での経験は、たとえ短期間だったとしてもムダにはなりません。

自分の力と可能性を信じながら、求人の地域性を知り、どのような職場でどのような働き方をしたいのかをしっかりと自身で把握していくことが重要です。

転職をするのは勇気のいることですが、第二新卒という早い段階で自分の適性に合った職場を探せる機会を得たととらえれば、それほど悪い決断ではないと思えるようになるはずです。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

12月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

12月は冬ボーナス後の転職や年内の退職を考えている方の動きが活発になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧