看護師2年目で転職はあり?2年目の特徴と転職成功するポイント解説

  • no image0
  • LINEで送る

新卒で就職して、1年目は目まぐるしくあっという間に過ぎていきます。気が付けばマンツーマンで教えてくれていた先輩は離れ、独り立ちを迫られる2年目。

看護師としてひと通りのことを教わっても、まだまだ新人の域から抜けたという自信はありません。しかし、2年目は転職への気持ちが揺らぐ時期でもあるようです。

2年目という、ある意味宙ぶらりんな経験の看護師でも転職ができるのでしょうか。新人でも一人前ともつかない、2年目の看護師の転職について解説していきます。

ランキング1位 看護roo!
ランキング2位 看護のお仕事
ランキング3位 ナース人材バンク

1年目と2年目の看護師の違い

2年目になると、初めての後輩を迎えることになり、新人に対する指導は当然ながら自分たちから離れていきます。

それまで手厚く指導してくれていた先輩看護師たちは新卒者への対応に追われ、2年目の看護師は以前と比べて質問がしづらくなってしまいます。

技術・知識不足への不安を打ち明けられないまま独り立ちしなければならないという恐怖感にとらわれる看護師も少なくないようです。

後輩ができることへのプレッシャー

これまでは教わる立場でしたが、2年目になるといきなり聞かれる立場となりました。後輩の質問は本当は自分が先輩に聞きたいことなのに…と思いながらなんとか答える状態でした。答えた内容が間違えてはないかその度に密かに確認していて、頼りにされればされるほど不安が募りました。

後輩ができるのはごく当たり前ですが、2年目になっていきなり自分の立ち位置が変わることを受け止めきれず戸惑ってしまう看護師は少なくないようです。

しかし新卒で入ってきた後輩からすると、病院内や業務上のことを先輩は知っていて当然と考えます。たった1年上でも先輩は先輩で、年齢の近い2年目の先輩は声をかけやすいかもしれません。

さらに、初めての後輩に対する不安があるにも関わらず、上司や先輩からは新人看護師への指導についても指示されます。

どのように指導すれば良いのか分からない中で上からの圧迫と下からの突き上げに耐えきれず、ストレスが増大していくうちに転職を考えるようになるようです。

特に人手が少ない、中堅看護師が足りていないという職場では、周囲から一人前になることを急かされて自分のペースを見失うという事態も起る可能性があります。

責任の増大

1年目よりも重症患者を受け持つことが多くなり、次第にそれが当たり前となってきます。また、シフトによってはチームリーダーを任されるなど、自分の能力以上のことをしなければならない場面も増えます。そのことによる緊張感と負担感は増えるばかりで、そのプレッシャーがストレスになりました。

シフトの状況によっては、日勤のチームメンバーが1、2年目だけで構成される可能性もあります。そうなると新人の唯一の頼りとなる2年目の看護師の肩には、大きな重責がのしかかることになります。

まだ自分のことでも手一杯な2年目の看護師にとって、頼られるのは嬉しさを感じる反面、重荷でもあるはずです。

また、2年目になって1年目の終わりには「できた」と思われていたことが、実は先輩のフォローあってのものだったと気づく場面も多々あります。

後輩がいる中で、採血や点滴などの基本的な処置がうまくできない、業務上の連絡ミスや記録漏れなどの失敗が続くと職場に居場所がないと感じてしまうかもしれません。

負担や責任は1年目とは比較にならないほど増大しているのに、それに見合った看護師に成長していない自分を感じて落ち込むこともあるようです。

2年目看護師が転職を考えるきっかけ

1年で見えてきた職場のマイナス面

新人の頃はついていくのに必死で気が付かなかった、職場の「アラ」が見えてくることもあります。

スタッフ間で上下のあるナースステーションや、医師のパワハラ、スタッフ同士の小競り合いといった人間関係には、年次が進むほど嫌気がさしてきます。

また、2年目からは残業や時間外業務の割合も各段に増えてくるため、1年目には感じなかったワークライフバランスの乱れやサービス残業の多さなど、労働環境の課題も見えてくるかもしれません。

看護師に憧れ業務を覚えるのに夢中だった新人時代を過ぎると、働くことへの対価を正当に評価してくれる職場へと目が向き始めます。

看護師としてのキャリアを再考

2年目になり仕事が一巡すると、看護師としてのキャリアの見通しにも興味がわいてききます。

他の現場でキャリアを積みたい、この病院ではかなわない分野に進みたいと考え、転職を検討する看護師も少なくないでしょう。

よく「3年目までは同じ職場で」と言われますが、目指すキャリアがその場所にないのであれば、早めの方向転換が必要となってきます。

専門性の高い仕事であれば、若ければ若いほど習得が容易です。キャリアプランは自分だけのものであり、他人が口をはさむ問題ではありません。

やりたいことが見つかれば、2年目でも転職するという手段でキャリアを積みやすい方向に進むのは決して悪いことではありません。

自身や同僚の結婚

2年目の看護師の転職を考えるきっかけで多くあげられるのが結婚です。

結婚を考える年齢に差し掛かり始め、キャリアイベントとライフイベントの板挟みになり思い悩む人も多いようです。

結婚して家庭を持つことについて現状維持ができるか、両立していくことができるのかなどが不安になり、転職を考えるかもしれません。

また、新人から一緒に支え合ってきた仲間が結婚などの都合で異動したり退職したりするということも、自分の職場について考え直すきっかけとなります。

他の看護師が2年目で辞めてしまうと「私も転職してもいいのだ」と感じ、さらに職場環境や人間関係の問題が重なれば、自分も転職でリセットしたいと思うかもしれません。

看護師2年目の転職は成功するの?

本人が転職を望んだとしても、転職市場で2年目の看護師の需要はあるのでしょうか。ここからは受け入れ先の事情をからめて、考えていきます。

マイナス要素は転職理由で打ち消せる

2年目ということだけで採用を見送るという病院はまずありません。基本的な看護師としての教育が終了しており、即戦力としてはまだ期待できなくても新卒のように一から教える必要がないからです。

不安な要素としては「3年を待たずに辞めてしまったのはなぜか」「飽きやすく辛抱できないタイプの人間ではないのか」などの点があります。

これは前職を短期間で辞めている看護師に対して必ず抱く懸念であって、2年目に限ったことではありません

採用する側としてはできるだけ長く勤めてくれる人材を求めるのは当然であり、何が原因で職を離れることになったのかが大きな関心事となります。

そこをあいまいに伝えてしまうと相手に不信感を与えてしまうため、「求めるキャリアの方向性が違っていた」など、客観的に見て理解が得られるような理由が必要となります。

2年目の看護師の受け入れ先は多い

2年目は新人とは呼べませんが、完全に「固まった」人材でもありません。

先入観も少なく新たな職場の体制を柔軟に受け入れられる余地があるため、採用側が必要とする人材に育て上げるのに適した世代です。

さらに、ゼロからの教育を必要としないのでその分のコストがかかりません。2年目の看護師は自分が考える以上に活用価値があるといって良いでしょう。

もしも転職を検討している際に、「2年目の看護師を雇用するところがないのでは」といった不安があるならば、それは杞憂にすぎません。

看護師資格をもった人材が、現在の社会でまったく必要とされないというわけはなく、むしろ2年目ということが強みにできる可能性もあります。

ただし、豊富な経験を求めるような職場についてはまだ難しいと思われます。自分で状況判断をして動かなければならない現場や、高い精神力と人間力を必要とされる現場には、もう少し成熟してからチャレンジするのが賢明でしょう。

自信を持って転職に臨もう

2年目はひと通りの基礎知識や技術はあってもキャリアと呼べるような経験はなく、どこか不安が残っている状態です。

しかし、1年間で身に付いたものは必ずあります。新人とは違って、重症患者を任される機会も増え、夜勤もこなしているはずです。

現在の職場の居心地が悪いのは、単に相性が悪いというだけかもしれません。そう考えれば、転職への自信もわいてくるでしょう。

病院によっては年次に関わらず、新入の看護師を丁寧に指導してくれるところもあります。そうした施設を転職先に選べば、逆に何でも質問しやすくなり、より着実な成長が望めるでしょう。

2年目の看護師には、看護師としてこれからキャリアを積んでいくための十分な下地があるのです。

あとはしっかりと定着することができて、自分を伸ばせるような職場を探していくだけです。

新人看護師が転職先に求めるものは成長?希望条件・成功の秘訣7選!

看護師2年目でクリニックへの転職は可能?

1年間働いてみて、どうしても夜勤に身体がついていかないということが転職理由となる場合もあります。2年目の看護師が、夜勤なしのクリニックに転職するケースについて見ていきましょう。

クリニックの仕事は病院よりも幅が広い

2年目の看護師が夜勤のないクリニックを転職先として選ぶ場合には、クリニックの特徴についてよく知っておく必要があります。

大学病院のような規模が大きい病院職場では分業化が進んでおり、看護師の業務は診療科の中でもある程度範囲が決まっていますが、クリニックでは看護師の業務は多岐にわたります。

さらに人手も少ないため、雑用も含めた多岐にわたる仕事をテキパキとこなせる看護師が求められるのです。

またクリニックの場合は地元密着型も多いため、患者との関わりもより近いものとなり、同じ2年目の看護師でも向き不向きは大きいといえるでしょう。

クリニックの診療科によっては技能が狭まる

今後もクリニックで働き続けるのであれば問題ありませんが、将来的に総合病院などに戻りたいという気持ちがあるならば、クリニックへの転職は少し考えた方が良いかもしれません。

もちろんクリニックといっても診療内容はさまざまですが、ある分野に偏っている場合、一般的な看護ケアの技能が狭くなる可能性があります。

総合病院にいれば汎用性の高い手技や知識が得られ、異動によっていくつかの診療科を経験する機会もあります。

しかしクリニックに長く勤めれば勤めるほど、知識や技能は制限されてしまいます。

まだまだ成長過程にある2年目の看護師にとって、クリニックへの就職が良いor悪いということではありませんが、知識や技術を広げていく機会は大規模な病院の方がずっと多いことを理解しておきましょう。

教育制度は期待できない

クリニックの場合、総合病院ほど看護師の年次に幅がありません。人数も少ないため、教育担当者がいるのは稀です。

新人が入ってきて先輩に質問しづらくなるといった今の職場以上に、クリニックでは質問に応じてくれる人がいないという可能性もあります。

クリニックによっては医師が教育熱心で、しっかりとフォローをしてくれるというケースもありますが、そうした恵まれた環境はあまり期待できません。

クリニックの方が大規模な病院よりものんびりしていて覚えることが少ないと考えていたら、逆に質問ができず困る場面が多くなる可能性もあります。

業務のやり方や物品の位置程度は教えてもらえても、医療知識に関する教育は望めないと覚悟しておく必要があります。

2年目の看護師のクリニックへの転職は本人次第

2年目でもクリニック勤めができないということはありませんが、看護師としての技能の習得や成長という意味では、大規模な病院のようにはいきません。

クリニックでの仕事に何を求めるのか、また将来的にどのような看護師になりたいのかといった重視する点によるため考え方は本人次第です。

たとえば美容クリニックのようなやや特殊な職場の場合、若年層を積極的に採用しているため有利になることもあります。

しかしそうした職場に経験が浅いうちに入ってしまうと、その後一般病院への就職が難しくなります。

看護師の転職は2年目と3年目での違いは大きい?

どのような職場でも「まずは3年の我慢が大切」という話をよく耳にします。3年ほどたてば仕事の基礎部分はほぼ身につき、2個下までの後輩もできてその扱いにもだいぶ慣れているはずです。

また看護師の場合には、3年目くらいからプリセプターの担当となることが多くなります。

新人に対して指導ができるようになれば、自身の知識も定着して看護師としての自信がついてきます。

患者の病態についても3年分の知識は相当になると考えられ、ひと通りの症例を経験しているため、次にやるべき行動への判断も的確になってきます。

看護師としての独り立ちが完成し、積極的に看護ケアに関わっていけるようなる3年目は転職する場合にも有利になるでしょう。

基礎部分もしっかりと身に付き、柔軟性も兼ね備える3年目はどこの職場でも即戦力として通用します。

さらに体力があり、患者とのコミュニケーションにも慣れてきているため、急性期・慢性期・療養施設を問わず活躍することが期待されます。

自分が望めば、訪問看護ステーションなど新たな分野にも転職することは難しくありません。

看護師としての基本的な知識と技術の獲得に加え、経験によって培われた対人スキルが、さらに看護師としてのキャリアアップに役立ちます。

看護師3年目の転職はまだ早い?将来を見据えて後悔しない転職を

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

12月は年内の退職希望者や4月入職希望者の転職活動が本格的になる時期!

12月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

1月以降は看護師転職サイトへの申し込みが増えてきます。3月末をめどに転職しようと思っている方も、早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングをすませておくといいですね。

新着の条件がいい求人は看護師の転職サイトに登録済の方に優先的に紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開の求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧