経験ある看護師が望まれる地域包括支援センター の仕組みと仕事内容

経験ある看護師が望まれる地域包括支援センター の仕組みと仕事内容
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「地域包括支援センターって夜勤がなくて休みも取りやすそう!」

「地域包括支援センターの看護師は、デスクワークばかりで看護技術はいらないの?」

今後、超高齢化社会を迎えるなかで、地域包括支援センターでの看護師の役割に期待が集まっています。

地域包括支援センターで働く看護師の仕事内容や、働くメリット・デメリットを紹介します。

介護保険法と地域包括支援センター

地域包括支援センターは、国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的で平成9年に制定、平成12年に施行された介護保険制度について定めた法律・介護保険法に基づいて設置されています。

これは、各市町村または市町村から委託を受けた法人が運営する地域の高齢者の総合的な生活支援を行う窓口機関で、「地域住民の保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援すること」を目的としています。

地域包括支援センターの事業内容には、介護予防ケアマネジメントや総合相談・支援、権利擁護、包括的・継続的ケアマネジメント支援などの包括支援事業と、ケアマネジメントを実施する介護予防支援業務があります。

この地域包括支援センターには保健師や社会福祉士、主任介護支援専門員などの人員配置基準があります。

また指定介護予防支援事業所には保健師や介護支援専門員、社会福祉士、経験ある看護師、社会福祉主事等を配置する人数の基準があります。

地域包括支援センターの役割

地域包括支援センターは保健や医療、福祉サービスなど必要なサービスを総合的、継続的に提供して、住み慣れた地域で高齢者が安心して生活できるように包括的な支援を実施する役割を担っています。

地域包括支援センターでは保健師や社会福祉士、主任介護支援専門員などが各々の専門性を活かしながら連携してひとつのチームとして高齢者支援の業務を行うことになります。

また、利用者支援をよりスムーズに行えるように、地域の利用者やサービス事業者、関連団体、民生委員、NPOなどとの人的なネットワークを構築・維持にも努めているようです。

地域包括支援センターにおける看護師の仕事には総合相談や支援、介護予防マネジメント、地域包括支援業務などがあります。

地域包括支援センターで働く看護師の仕事内容

日常生活において介護が必要となったとき、相談窓口となっているのが地域包括支援センターです。では、具体的に地域包括支援センターで看護師はどのような役割を担っているのでしょうか?

介護施設に勤務する看護師の役割とはまた違った、意外と知られていない、地域包括支援センターでの看護師の仕事内容をご紹介していきましょう。

介護保険関連その他相談業務

介護保険制度はとても複雑なため、介護が必要となった一般の方にとって、かなりわかりにくいものとなっています。

そのため、地域包括支援センターでは、看護師などの職員が専門的な知識をもとに、地域で介護を必要としている人やその家族が抱えている、介護保険や介護にまつわる疑問や問題について、相談に乗ります。

また、問題によっては他の機関と連携し、解決に向けて働きかけを行います。

介護予防ケアマネジメント

地域包括支援センターが開設された目的の一つに、「介護を必要とする高齢者を減らす」があります。この目的達成のために行われているのが、地域に居住している高齢者を対象とした、介護予防ケアマネジメントです。

健康教室や介護予防教室を開催し、高齢者の健康年齢を上げるよう、活動します。地域包括支援センターにおいて、これらの介護予防ケアマネジメントについては看護師の資格を持つ方が担って行うことが多いようです。

要支援者のケアプラン作成

介護保険では要介護1~5の方は専属のケアマネージャーが付き、介護度や家族の希望などに応じてケアプランを作成しますが、要支援と判定された方は地域包括支援センターの職員がケアプランを作成します。

そのため、看護師としての知識を生かしながら、他の職員とも連携し、要支援者一人ひとりにあったケアプランを作成するということも、地域包括支援センターの看護師として重要な仕事の一つとなっています。

地域の方の高齢者の訪問調査

地域の中には、劣悪な環境の中で介護を受けている高齢者や、家族から虐待を受けているといった高齢者もいます。

地域包括支援センターでは、近隣住民や医療機関、介護施設などからの情報を元に、そういった高齢者の自宅を訪問し、調査を行います。

そして、問題があると判断された場合、高齢者を守るために様々な機関と連携し、問題が解決するように調整を行っています。これも地域包括支援センターの職員が担う大切な仕事です。

地域包括支援センターで働く看護師のメリット・デメリット

メリット

  • 公務員準ずる待遇の良さ!
  • 基本的に土日祝日は休み!
  • デスクワークが中心なので身体的負担が少ない!

地域包括支援センターは市町村が直接運営している場合と、民間業者に委託されている場合があります。

直接運営されている場合は公務員に準ずる待遇が受けられますし、委託されている場合でも待遇は公務員並みに良いことが多くなっています。

それに加えて、基本的に土日祝日は休みで、デスクワークが中心というのも、看護師の仕事としてとても大きいメリット仕事であるといえるでしょう。

デメリット

  • 介護保険制度など専門的知識についての勉強が必須
  • 呼び出しがあれば、すぐに対応しなくてはいけない
  • 残業や休日出勤があることも

地域包括支援センターは、地域住民の介護相談窓口となっています。

そのため、地域包括支援センターで看護師として働くには、介護保険制度をはじめとして、地域で介護を行うための様々な専門的知識が必須となっています。

また、地域住民から通報があれば原則的に24時間365日対応しなくてはいけないため、夜間や休日など、就業時間外であっても対応を求められる点は、デメリットといえるでしょう。

地域包括支援センターの求人情報

地域包括支援センターの仕事は地域福祉に貢献できるやりがいのある仕事で、看護師の転職先としても注目されています。

この地域包括支援センターは各市町村に1つ以上設置することになっており、それぞれの地域で看護師の求人も行っているようです。

求人件数は少ないですが、看護師の求人・転職サイトには東京都町田市や港区、稲城市、調布市、愛知県名古屋市、埼玉県ふじみ野市、大阪府などの地域包括支援センターの求人情報が紹介されています。

支援センターの勤務時間は9:00~18:00までのところが多く、遅番勤務を併用しているところもあります。給料は月22万円~30万円程度で、ほとんどが完全週休2日制か4週8休制を採用しています。

地域包括支援センター看護師のまとめ
  • 地域包括支援センターは、地域の高齢者が安心して生活できるように包括的な支援を行う。
  • 地域包括支援センターで働く看護師の仕事内容は、とても幅広い。
  • 地域包括支援センターで働くメリットは、公務員並みの高待遇と、身体的負担の軽さ。
  • 地域包括支援センターで働くデメリットは、呼び出し対応のための残業や休日出勤があること。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

11月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

11月は冬ボーナス後の転職を考えている方が本格的に求人探しを始める時期です。年内の退職を考えているなら早めの報告が必要になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、来年4月の求人募集を始めます。条件が良い新着求人はどんどん決まっていく時期です。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧