看護師が海外で働く3つの方法!就職やボランティアに必要な資格は?

海外で働く看護師
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師として海外で働くことはできる…?

看護師が活躍する場はなにも国内だけに限った事ではなく、多くの看護師が海外でも活躍しています。

そのため道も多く用意されており、本当に海外で働きたいという夢を持っていれば、決して難しいことではありません。

このページでは、看護師が海外で働く方法について詳しく説明していきます。

海外で看護師として働く3つの方法

看護師として海外で働く、といってもどう行動してよいかわからない方がほとんどでしょう。日本人の看護師が海外勤務する方法は大きく分けて3つあります。

1つ目は、病院の海外研修制度を利用する方法です。

海外の看護技術を学びたい方におすすめの方法です。他の2つの方法よりも手続きが簡単なことも魅力の1つです。

しかし海外研修制度が整っている病院はかなり限られています。今すぐの転職を考えていない人でも、転職サイトに登録して求人情報を集めておきましょう。

2つ目は、海外協力隊に看護師として参加する、またはNPOのボランティア活動に看護師として参加する方法です。

この方法ですと短期の勤務になりますので、いきなり長期滞在する自信はないという方もおすすめです。

3つ目は、現地の看護師資格を取得して国際看護師として働く方法です。

海外が大好きで永住権取得等も考えている方は、国際看護師を目指してみるのもいいかもしれません。

看護師が海外で働く方法まとめ
  • 病院の海外研修制度を利用する
  • 現地の看護師資格を取得して国際看護師として働く
  • 海外協力隊に看護師として参加する、またはNPOのボランティア活動に看護師として参加する

海外研修制度を利用して海外で働く

海外で看護師の仕事を経験する方法の1つ目は病院の海外研修制度を利用するという方法です。

ただ、現在すでに海外研修制度が整っている病院に勤務しているという方は少ないと思います。

本当に海外で働くことを希望しているのなら、海外研修制度のある病院に転職するのがおすすめです。

しかし、看護師の海外研修制度が整っていたり、海外研修を金銭面からも支援したりしている病院は、人気があるので求人数は少なくなっています。

まずは、転職サイトへ登録して、転職コンサルタントに相談してみましょう。海外で働きたいという夢をかなえるため、あなたの力になってくれるでしょう。

看護師転職サイトは海外研修制度が整っている病院の看護師求人も取り扱っています。

各求人サイトでは持っている求人情報が違うので2社以上登録しておくと、多くの求人情報が手に入り転職先が見つかる可能性が高くなります。

海外研修制度が整っている病院

たとえば、静岡がんセンターでは海外の先進的な医療や看護業務を学べるよう、海外研修に積極的に取り組んでいるようです。

旅費や研修受講費など研修費用は病院が負担してくれます。毎年2~3名の看護師派遣実績(アメリカ・M.Dアンダーソンがんセンター)もあります。

そのほかにも埼玉県狭山市の狭山病院や愛知県名古屋市の名古屋協立病院、大阪の加納総合病院、千葉県千葉市の千葉中央メディカルセンターなどでも海外研修制度を導入しています。

JICA(国際協力機構)のボランティア

看護師として海外勤務する方法の2つ目の、JICAのボランティアに参加するという方法を具体的に見ていきましょう。

このボランティアには若い世代はもちろんのこと経験豊富なシニア世代も参加可能です。

もちろん派遣前には技術補完研修や派遣前の訓練を行いますので、初めての方でも安心です。

仕事内容としては、現地の病院で実際にケアを行ったり、現地の看護師に指導・教育するなど多岐にわたります。

ボランティアに参加するには1次選考(書類選考)と2次選考に合格する必要があり、合格すると研修(数日~6ヵ月)、派遣前訓練(35日間と70日間)が行われます。

JICAの派遣先となるのはアメリカやイギリスなどの先進国ではなく、アジアやアフリカなど医療が不足している発展途上国が多いようです。

困難も多い仕事ですが、それだけにやりがいもあるといえるでしょう。ちなみに派遣期間は原則2年間です。

海外で働く国際看護師になるには

看護師が海外で働く方法の3つ目の、国際看護師になるにはどうしたらいいのでしょう。

国際看護師とは、外国の看護免許を取得し、現地に定住して看護師として勤務することです。

ただ、資格試験は現地の言語で行われますので、看護師としての知識だけでなく語学力も必要となります。

また、資格を取得したからといってすぐに就労できるわけではなく、就労ビザか永住権の取得も必要です。

国によって資格の取得方法や働き方が異なるので、ご希望の国について詳しく調べてみてください。

ここでは、看護師に人気があるオーストラリア、アメリカ、イギリスついて詳しく紹介します。

オーストラリアで働く~最先端の医療技術を学ぶ~

海外で看護師として働く方法

海外で働きたいと思っても、どこの国に行こうか悩む方も多いと思います。

看護師が勤務先に選ぶ国の一つに、オーストラリアがあります。

オーストラリアは世界でも最先端の医療技術があり、看護師としても学ぶことが多いと思います。

オーストラリアで看護師として働くのに必要な条件は、オーストラリアの看護免許、就労ビザ、英語力を持っていることです。

オーストラリアの看護免許は、オーストラリアの大学で看護学を修学し、正看護師としての登録資格を得た後、看護師登録をすると得ることが出来ます。

日本での学歴により修学期間が違う?

看護学の修学にかかる期間は、日本での学歴により異なります。

(大卒)看護学の学士号&看護師免許を保持
オーストラリアの大学に行く必要はありません。短期の実務コースを受ければオーストラリアの看護免許に切り替えが可能です。
(短大・専門卒)看護師免許を保持
オーストラリアの大学で看護学の学士号を取得しなければいけません。看護学の学士号を持っていなくても看護師免許を持っている場合は、1年~2年の修学で学士号を取得できるコースがあります。
(大卒)看護学以外の学士号を保持
オーストラリアの大学で看護学の学士号を取得する必要があり、少なくとも2年の修学が必要です。
(短大・専門卒)看護師免許なし
オーストラリアの大学で看護学の学士号の取得が必要で、修学期間は3年です。

オーストラリアの永住ビザの取得を忘れずに!

オーストラリアの就労可能なビザとして、基本的に永住ビザが必要となります。

看護師は技能職業リストに登録されている職業なので、技術独立永住ビザ189の取得が可能です。

これは仕事のスキルを活かして取得することができるビザで、雇用主のスポンサーなしで取得が可能となっています。

ただし、取得条件として2年以上の高等教育機関での就学が必要なため、短期の実務コースのみでオーストラリアの看護免許を所得しようと考えている方は注意が必要です。

アメリカで働く~看護師と医師が対等な立場~

アメリカの看護師は職位が細かく分けられていますが、実力が認められれば医師と対等な立場で患者に向き合うことが可能です。

それに加えて、アメリカの看護師の平均年収は約700万円とかなりの高収入です。一方で、看護師の資格取得の難易度は高く、競争率も高い世界です。

アメリカで看護師として働くのに必要な条件は、NCLEX-RNに合格すること、ビザの取得、十分な語学力を持っていることです。

まず、NCLEX-RNはアメリカの看護師の資格試験です。これは州によって内容が大きく異なり、海外看護師を受け付けていない州もあるので注意が必要です。

また、NCLEX-RNを受けるためには、アメリカの看護師の専門課程を修了していなければいけません。

日本の看護資格免許を持っていれば、アメリカで専門の過程を修了する必要はありませんが、もし持っていなければ、アメリカの大学で看護師専門の単位の取得が必要となります。

ただ、アメリカでは看護師は非常に人気の高い職業で、大学の看護学科に入るために2~3年待たなければいけないなんてこともあるようです。

次に、アメリカで就労する場合には必ず就労ビザが必要となります。就労ビザが認可されるまではアルバイトも働くことができません。

就労ビザとして最も一般的なのは永住権で、永住権を取得するためにはビザスポンサーとして雇用主(勤務先の病院)が必要です。

また、必要な語学力として、TOEFLで550以上のスコアであることが目安です。

イギリスで働く~看護師とプライベートの両立がしやすい~

イギリスの看護師は、ワークライフバランスがとりやすいことで有名です。

待遇が良く、休暇が取りやすいため、プライベートを充実させることが出来ます。

平均年収は約350~500万円と日本に比べて高くはありませんが、充実した生活を送ることができるでしょう。

では、イギリスで看護師として働くためにどうすればよいか紹介します。

イギリスで看護師として働くのに必要な条件は、イギリスの看護学校の卒業資格または日本の看護師免許と、語学力です。

イギリスの看護学校は基本的には修了するのに3年かかります。

イギリスは看護師の国家資格がないので、修了すれば看護師として登録する資格が与えられますが、難易度はかなり高いようです。

日本で看護師免許を持っている人は、試験なしで初期登録料と初回申込用紙等のいくつかの書類があれば登録は可能なようです。

しかし、求められる語学力のレベルはかなり高いです。

求められる基準はIELTS 7.0以上とされており、これはTOEICだと900点くらいにあたります。

看護師が海外で働く3つの方法!就職やボランティアに必要な資格は?の関連記事

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

11月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

11月は冬ボーナス後の転職を考えている方が本格的に求人探しを始める時期です。年内の退職を考えているなら早めの報告が必要になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、来年4月の求人募集を始めます。条件が良い新着求人はどんどん決まっていく時期です。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧