第二新卒の看護師の求人はある?転職情報や志望動機の書き方

看護師第二新卒
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

新卒で病院に就職したもののワケあって3年以内に辞めてしまった方や、既卒で就職先の病院を探している方は、採用面接において少々苦労するようです。

やはり病院側は、離職原因、ブランクや実務経験の有無などについて知りたいと思うのが一般的だからです。

ここでは、こういった転職活動の悩みを解消するヒントをご紹介いたします。

新卒3年以内に離職してしまった新人看護師の転職活動の現状

看護師第二新卒の悩み
  • 「職場の人間関係が悪かった」
  • 「仕事内容が自分に合っていなかった」
  • 「結婚や妊娠をきっかけに」

などの理由で、新卒看護師として就職したもののすぐに辞めてしまったという人は多く、全体的な看護師の離職率も年々高くなっています。

新卒3年以内に辞めてしまった人は第二新卒と呼ばれます。

第二新卒の方は転職活動の際には、新卒でないというだけで門前払いされてしまうのではないか、前回の職場を辞めた原因について突っ込まれるのではないかという不安があるようです。

病院側の反応は?

採用する病院側としても、就職して長く続かなかった新人看護師の採用に関しては、新卒の看護師に比べて冷遇される傾向にあります。

新卒として就職後1、2年で辞めてしまったため経験が少なく、スキル的には新人看護師と同じ程度であるということも、第二新卒の転職のネックになっているようです。

看護師第二新卒志望動機

第二新卒歓迎の看護師求人の探し方とは

第二新卒求人の見るポイント

新人看護師・第二新卒・既卒の方が求人を探す際に見るポイントとしては、まずは既卒者歓迎、第二新卒歓迎、ブランク歓迎という記載のある募集を中心に集めましょう。

新人看護師であるため、経験やスキルに自信がないという人でも、教育制度、研修制度の充実した病院なら安心して転職できます。

「前の職場をすぐに辞めてしまって、ブランクがあるけれど、チャンスがあるならまた看護師として転職して頑張りたい」と考えている人をきちんとサポートしてくれる病院も多くあるのです。

そういったブランクありの看護師を受け入れている求人をしっかり見つけることがポイントになります。

また、一度離職を経験して、次に働く希望の看護分野が決まっている場合には、希望の分野で働ける求人かどうかもチェックして、かつ教育体制の整った病院かどうかも見極める必要があります。

目的をはっきりさせる

臨床経験がほとんどない場合、急性期病院ではなくクリニックや有料老人ホーム、での転職を考えている方がいるかと思います。

今後のキャリアを考えている方は、早い段階で一から臨床で働きながらスキルを身に着けたほうが良いでしょう。

第二新卒でも臨床でスキルを身に着ける

派遣での勤務に関しては、病院側としては即戦力として募集をかけているので避けたほうが無難です。

仕事と育児を両立させなければならない場合は、サポート体制があるか保育所はあるか等必ず確認をしましょう。

また、転職理由として多いのが人間関係でのトラブルですが、中にはインターンシップができる施設もあるので、

一度気になる転職先で実際に働いてみて、施設の雰囲気や環境、また人間関係を確認して決めるのも一つの手です。

とは言っても自分に合った求人を見つけ転職を成功させるのは容易なことではありません。

希望に合った職場探しは 看護師転職コンサルタントへまず相談!
順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

東京・大阪・札幌 各地の第二新卒看護師の復職事情

転職先が東京の場合

第二新卒の定義としては、新卒で就職後3年以内に辞めてしまった場合を指します。

実は、看護師は離職率の高い職業です。日本看護協会の調べでは、新卒看護師離職率は全国平均で7.5%、東京都はそれを上回る8.9%という数値が出されています。

地域 離職率
全国 7.5%
東京都 8.9%

看護師においては、第二新卒での就職活動は決して珍しいものではありません。求人を見ても「未経験歓迎」「第二新卒歓迎」と明記しているものは多数見つかります。

第二新卒の場合はひと通りの研修を受けているため、新卒よりも重宝される傾向もあります。患者への対応や仕事の流れについて、一度でも現場を知っているのならば、それに越したことはありません。

東京では、第二新卒OKの求人について、大規模な病院、クリニックともあまり違いが見られません。

ただ、業務上での自信がなければ、就職後に研修を行ってくれたり、プリセプターを付けてくれる病院を選ぶのがおすすめです。

そうしたフォロー体制は、ある程度大きな病院でなければ整っていないため、クリニックは選択肢から外した方が良いということになります。

転職先が大阪の場合

関西の大都市、大阪でも第二新卒を受け入れている病院は多数あります。特に目につくのは、特養などの介護施設の求人です。

急性期の臨床に自信がない人でも、こうした施設であれば対応ができるので、選択肢のひとつとして考えるのも良いのではないでしょうか。

看護師としてスキルを積みたい場合には、やはり大規模な病院が狙い目です。サポート体制を充実させており、新卒や第二新卒をフォローアップしてくれる病院もあります。

クリニックの場合は、即戦力として求められることが多いので、第二新卒OKであってもどの程度の経験が必要か事前の確認をしておいた方が良いでしょう。

地域性としてはアットホームですが、その分患者からの相談ごとも多いので、対人スキルがポイントになりそうです。

クリニックの業務内容は大病院と異なり、急性期医療などのスキル向上を目指す人には向きません。

将来を見越すのであれば、先に育成システムが整った大規模病院への就職を目指し、十分な知識と経験を糧に、地域医療の現場であるクリニックへ転身するという方法もあります。

転職先が札幌の場合

札幌を中心として、北海道全域でも第二新卒の求人は多数見られます。

高齢者が多い土地柄、非常に多くあるのがケアミックス系、特養などの介護関連施設、訪問看護ステーションなどの求人です。

経験が浅くても仕事に入りやすい一方で、急性期医療などについて学ぶ機会がありません。

また、こうした介護系の仕事では、看護業務と介護業務の境目がなく、体力も必要です。需要は多いものの、業務内容に物足りなさを感じることも考えられます。

札幌の場合には、北海道の中でも大規模な病院が多数あります。ほとんどが第二新卒の受け入れに前向きで、十分な指導体制を整備しています。

診療科を自分から希望できる病院もあり、そうした職場を選択すればスキルアップの方向性も明確にしていけます。

経験の少ない看護師も、温かくフォローしながら育成していくという病院が多く見られます。

第二新卒が看護師転職サポートを利用した方がイイ理由

自分でいざ求人を探そうとしても、研修や教育体制、新人看護師のサポート体制が実際に整っていて採用を積極的にしてくれる病院、

かつ自分のやりたい仕事ができて、前の職場での悩みを解決してくれて・・・と自分に合う求人を見つけ出すのだけでも一苦労です。

また、理由は何であれ、「すぐに辞めてしまったのに現場に戻れるはずがない」と精神的にかなり負担がかかっている人もいるでしょう。

その中で第二新卒・既卒などの新人看護師が転職活動をするのはかなりエネルギーのいることです。

離職した原因を解決できる職場選び

前回の職場で、人間関係がよくなかった、教育制度が充実していなかったなどの悩みがあった場合は、スムーズに採用してもらえたとしても

離職の原因になったことが解決されなければ、結局新しい職場でも仕事を続けることができず離職することになってしまいます。これでは意味がないですよね。

だからこそ、看護師転職サポートのプロに相談することが最善の道なのです。

第二新卒の看護師転職の志望動機

第二新卒の看護師の転職は志望動機を具体的に伝える!

第二新卒の看護師の志望動機ですが、臨床経験が少ないとしても、これから積極的に知識や技術を身に着けていきたいという強い意欲が伝われば問題ありません。

ただし、「勉強がしたいから」や「教えてほしい」などの理由だけでは合格は難しいでしょう。

また、「なぜ他の病院ではなく、この病院で働きたいのか」「なぜこの科目を希望しているのか」を具体的に伝えることが重要です。

志望動機の書き方に困ったら

履歴書の書き方に困ったら転職サイトのコンサルタントに相談

こういった志望動機の内容は素人だけではなかなか考えるのは大変だと思います。

看護師転職サイトに登録しておけば、転職のプロが受かる志望動機の書き方を教えてくれます。

また、志望動機だけではなく、コンサルタントがひとりひとりの希望やスキルに合った最適な求人を探してくれます。

一人で転職活動を進めるのに比べて、成功する可能性がぐんと上がるはずです。

コンサルタントは求人を探してくれるだけでなく、丁寧なカウンセリング、働き方や転職活動中の悩み、面接のやり方、転職情報などの相談にも乗ってくれるので安心して進めることができます。

第二新卒のための面接と履歴書対策

経験の浅いうちに前職を辞めてしまったことについて、どうしても自身が引け目を感じてしまうかもしれません。

しかし、選ぶ側から見れば過去の状況がどうあれ、今後しっかりと責任を持って働いてくれる人物を採用したいというだけです。

前の仕事を離職した理由はどうあれ、ネガティブにとらえる必要はありません。

自分の考えとして、将来を見据えた選択であったことをしっかりと話しましょう。そこから、志望動機へとつなげていけば、応募に関して説得力を増します。

若いうちだからこそのやり直し、仕切り直しであり、決してそれだけが不採用の理由にはなりません。

面接で気を付けるポイント

そもそも面接するのは、採用する意志があるからです。むしろ決断を持って前職から撤退し、新たに自分にふさわしい職場を選ぼうとしている旨を伝えることで、明確な意見の持ち主だと判断されるでしょう。

面接では、看護師としての意識の強さと同時に、新たな職場で学んでいく素直さをアピールします。

自分なりの勉強法や話を聞くときに気をつけていることなど、面接官に可能性を感じさせるエピソードを織り交ぜて話を進めます。

面接官にときどき視線を合わせると、堂々として見えます。おどおどとせず、普段の自分のままを見てもらおうと思えば、極端に上がることはありません。

履歴書のポイントと書きかた

履歴書を作成するときには、面接で話す内容を意識してください。提出書類と話す内容に、食い違いがあっては意味がなくなります。

離職した原因を隠す必要はありませんが、絶対に前職場の悪口にならないように気をつけましょう。職場に対して悪感情を持つ人間だと評価されるのは、避けたいところです。

過去の出来事を長々と書かず、今後の自分の方針やどうなっていきたいのかを具体的に述べます。

第二新卒はまだ十分な若さがありますが、それが未熟さとならないように注意をしてください。前職での具体的な経験や、果たした役割を記載すると新卒との差別化になります。

新人看護師の転職先にピッタリの求人が多い看護師求人サイト

関東・関西・東海に強い『看護roo!』『看護のお仕事』などの看護師専門の転職サイトに登録しておくと、

新人看護師向けの求人情報はもちろんのこと、求人先の雰囲気、魅力、注意点などの詳しい情報も求人紹介の際に教えてくれます。

新人や第二新卒看護師の場合は、転職エージェントとの相性が大きく影響するので、同時に2~3サイト登録して求人内容や条件、コンサルタントの対応をしっかり比較することが大切です。



おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

5月・6月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧