保育園看護師として子どもと関わりたい!働き方や求人の探し方を紹介

保育園・幼稚園で働きたい看護師
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「保育園看護師ってどんな仕事をするんだろう?」「保育園看護師はどんなことに悩んでいるんだろう?」「看護師の配置基準や求人の探し方って?」

ここでは保育園・幼稚園看護師に関するさまざま疑問を解決するヒントについてご紹介します。

保育園・幼稚園の看護師の仕事内容

保育園・幼稚園看護師はどんな仕事をするの?

保育園の看護師は基本的に医療行為を行わず、園児のケガの応急処置などの対応をしています

主な仕事は下記3つです。

  • 1.園児の健康管理
  • 2.けがや発熱などの応急処置
  • 3.クラスの担任としての役割
  • 4.感染症の予防
  • 5.保育園嘱託医との連携
  • 6.保育園職員の健康管理
  • 7.保護者への健康指導

ここからは具体的な内容について、詳しくみていきましょう。

1.園児の健康管理

保育園の看護師は園児の健康管理をする仕事が主な業務です。検温・視診・触診・服薬の介助などのほかに病後児保育を行います。

また、看護師の専門知識を生かして、園児や職員・保護者にインフルエンザや風邪などの流行性の病気の予防や蔓延を防ぐための指導も行います。

保護者に保険だよりの発行、衛生管理やかかりやすい病気の知識を伝えるなどと、園内の病気予防や病気の早期発見にも注力します

子どもの各年齢に合った指導をすることで、人気のキャラクターを使って注意を集めるなどの工夫をする看護師もいるようです。

2.けがや発熱などの応急処置

基本的に保育園の看護師は採血や点滴などの医療行為をおこなうことはなく、ケガや発熱・嘔吐などの応急処置をします。

保育園には連携している地域の医院もあり、医療行為は病院でおこなうので病院へ搬送するかどうかの判断は看護師が行います。

予防接種も保護者が病院に行って受けさせるため保育園では行わないので、新卒や経験の少ない看護師も問題なく仕事をこなせるでしょう

3.クラスの担任としての役割

保育園により違いはありますが、クラスの担任になれば保育計画を立てることはなくても、 業務内容を日誌に記録するなどの仕事があります。

その他に、0才児のクラス担任になることもあるようです。

0才児は体調が変化しやすく、免疫もあまりないため風邪などの病気に感染しやすいです。

初めて子育てする保護者にとって、0才児のクラスに看護師が配置されていることは大きな安心感へつながっています

4.感染症の予防

保育所は毎日長時間を集団で過ごし、お昼寝やご飯・おやつ、集団での遊びなど子どもたちがお互いに接触する機会も多い場所です。

保育所では感染症の蔓延と重症化の危険性が高く、乳幼児の特性として脱水症状や呼吸困難などに陥りやすいリスクがあります。

手洗いやうがい、予防接種など基本的な対策をするとともに、子どもたちへの健康教育、コップやタオルなどの衛生管理に配慮し、乳幼児の扱いに対するマニュアルを整備する必要があります。

日常的な観察を徹底し、異常の早期発見が看護師の重要な役割となります。

5.保育園嘱託医との連携

保育園では園医と呼ばれる嘱託医と契約しています。定期健診を行い、園児たちの健康管理にたずさわりますが、常駐しているわけではないので、一人ひとりの状態についてすべて把握するのは困難です。

日常的な観察から、医師の診察の参考となる情報を提供するのは看護師の大きな役割です。

検診の際のサポートだけではなく、園児の健康状態について気になることがあれば日ごろから嘱託医に相談し、緊密な連携を持つことが重要です。

6.保育園職員の健康管理

保育園勤務の看護師の仕事は、園児たちの健康管理だけではありません。

保育士、栄養士、調理員、事務員、用務員といった園内で働くすべての職員の健康について、適切な助言を行い、ケアしていく役割を負っています。

保育園全体が健康的で正常に運営されるよう、自身を含めた構成員全員の生活を病気から守るという意識が必要となります。

子どもたちだけではなく、園内全域の健康について、看護師が中心となって取り組んでいきます。

7.保護者への健康指導

子どもを預ける親にとっても、保育園の看護師は頼れる存在でなければなりません。

保育時の健康状態についてはもちろん、その子に合わせた健康管理の知識を保護者に伝えます。保護者から子どもや家庭の健康についての質問があれば、専門職として適切な回答をする必要があります。

わからないことがあれば医師に確認するなどして、親の不安を解消するのも看護師の役目です。

乳幼児の健康や医療の知識を、日々更新する努力が求められます。

保育園・幼稚園の看護師の働き方・勤務形態

保育園・幼稚園看護師の4つのメリット

保育園や幼稚園の看護師は日中の時間で勤務することが多いです。

では、保育園の看護師として正社員になった時や派遣やパートでの勤務形態にはどのような違いがあるのでしょうか?

正社員の働き方

保育園の看護師は各自治体により配置が異なり一概には言えませんが、厚生労働省は0才児を9人保育する場合に看護師の常駐を義務付けています。

保育所保育指針の改定などもあり、保育園看護師のニーズは高まっているといっていいでしょう。

常勤の正職員は早番遅番などの職員ローテーションに入ることもあるので夜間も保育している保育園の場合は、夜勤を行なうことになります。

求人へ応募するときは、勤務形態や保育園の運営時間などはよく確認してみましょう。

派遣やパートは子育て看護師向き

派遣やパート、アルバイトの看護師は契約時に勤務時間を自分の都合に合わせて決めることができるので、子育て中の人に向いていると言えます。

家事や育児で多忙な家庭との両立には、日中の定時勤務や短時間勤務は無理がなくおすすめです。

また子育てをしているという点では保護者と同じ目線に立つことができるので、共感しながら仕事ができ保護者からの信頼も得られやすいでしょう。

保育園・幼稚園の看護師の年収

保育園や幼稚園の看護師の給料は、夜勤のある病院の給料に比べると低く設定されています。

保育士の給与基準に合わせているようですが、保育士よりは看護師の方が高い給料額となっています。平成24年の賃金構造基本統計調査では平均の給与は保育士が21.4万円です。

保育園看護師は保育士よりも高く、年収にして400万前後くらいです。

なぜそのような金額になるのか、詳しくご紹介しましょう。

平均的な保育園看護師の給料

各看護師 平均年収(夜勤・ボーナス含)
保育園看護師 約325万円
保育園以外の看護師 約480万円

保育園看護師の平均年収は、夜勤ありの看護師の平均年収約480万円に比べて低いと言えます。

一般に公立や認可保育所では給料が高い傾向があり、認可外では予算が少ないことから低く設定されています。

保育園看護師の月の平均給与は20万~25万円くらいで、ボーナスや諸手当を入れた年収は325万円程度となり一般的に見ても低目の給与です。

一方で保育士の給与の改善が検討され始めた今後については、保育園看護師の給料も上がっていく見込みと言えます。

また非常勤の看護師は時給1,000円から1,200円ほどで、同じ年代の保育士との比較では高めの設定になっています。

給料が低いワケ

保育園は日中の保育が多数のため看護師は夜勤がないことが多く、また保育士の給与に基準を合わせていることもありボーナスなどを含めても年収を低く設定されがちです。

また保育園は国や自治体の助成金や保育料などで運営されていて予算が決まっており、営利を目的にしないことも理由の1つでしょう。

保育園・幼稚園の看護師の悩み

保育園・幼稚園看護師の悩み

保育園で働く看護師の悩みとしてあげられることに、「保護者との関係が大変」というものがあります。

基本的には感謝されることが多いのですが、さまざまな保護者への対応は気を遣うものです。ですから時には悩んでしまい、辞めたいと思うこともあるかもしれないのは残念なことです。

保護者への対応は慣れていくことも必要で、保育園での大切な仕事のひとつと捉えていきましょう。

保護者との人間関係

保育園での仕事は人とのコミュニケーションがほとんどと言ってもいいくらい人間関係は大切です。

時には少しの誤解や気持ちのすれ違いから、保護者からクレームが来ることもあるかもしれません。

しかし、誠実な対応を続けることで信頼関係を作ることできるのです。

クレームのきっかけはちょっとしたことかもしれませんので、普段からよいコミュニケーションを心がけ信頼関係を築いておくことで避けられる場合もあるのです。

保育園看護師を辞めたいと思う時

保育園の仕事を辞めたいと思う看護師の中には保護者との関係のほかにキャリアアップにつながらない、保育の仕事の割合が多く大変だということもあるようです。

保育園では保育の仕事も多く医療行為を行わないので、看護師のキャリアを築くことは難しい場合があります。

看護師としてのキャリアを積みたいと考えている方は、保育園の看護師になり続けることを検討する必要があるでしょう。

保育園・幼稚園の看護師の役割ややりがい

看護師は保育園や幼稚園では園児の健康管理、ケガや病気の応急処置、病院への搬送決定などの仕事をします。

このほかにも保護者への指導などの役割があります。

病院とは違い医療行為は基本的にしませんが、子どもたちを病気から未然に防ぐという点ではやりがいを感じることが出来るかもしれません。

子どもの成長にかかわることができる

保育園には就学前の幼児が保育されています。保育園や幼稚園では季節の行事やさまざまな遊びを楽しみながら、同年齢・異年齢児と触れ合って成長していきます。

これは豊かで幸せな子どもの成長のために、保育士が保育計画を立案しておこなうものです。

看護師も、その中で専門性を生かしながらかかわっていきます。子どもの成長は早いので、毎日見ていても感激する場面がたくさんあります

子どもとの触れ合いは大人の心を癒してくれるものでやりがいのある仕事です。

アレルギーを持つ子どもの対応

近年アレルギーを持つ子どもは増加する傾向にあります。アレルギーに対する研究は進みつつあるので、最新の専門知識を学んでおくことは大切です。

またアレルギーは一人ひとり原因や症状に違いがあり、対応には細やかな気配りが必要です。

病院での診断をもとに保護者と連携をとりながら食事や日頃の生活を支援していくことで、子どもが健やかに成長していけるように配慮します。

特に食事では医療機関でアレルゲンが特定されている場合、間違えて摂取しないように職員に周知させることも大切な仕事のひとつです。

保育園や幼稚園で役立つ資格やスキル

保護者にとっても保育園に看護師がいることは安心できる大きなポイントです。

保育園でも看護師を常駐させる方向へ動き始めているため、これからのニーズは高まっていくと考えられています。

しかしどうすれば、人気が高い保育園の看護師への転職が叶うのでしょうか?

採用に結び付きやすい資格

採用においては制限をかけて、さらに優れた人材確保をする動きが見られているので資格の取得もおすすめです。

保育園での仕事に役立つ主な資格には「ベビーマッサージ」「ベビーシッター」「レクリエーションインストラクター」などがあげられます。

小児科の経験がなくても、このような資格を取得しておくことは他の人よりも就職に有利に働くことでしょう。

ベビーシッターの事業セミナーや研修等、開催されているようなのでチェックしておくことをおすすめします。

小児科の勤務経験は有利

保育園では即戦力になる人材を求めているため、小児科勤務や子育ての経験がある看護師は優先的に採用されます。

経験がなくこれから保育園看護師をしたいと考えている人は、小児科へ勤務してから応募することもひとつの選択肢です。

保育園では看護師が1人で勤務することが多いため、さまざまな判断を任せられることがあり、その際に小児科の経験が役立ちます

採用は経験者を優遇し、40才くらいまでとしている保育園もあります。また常勤でなくても、非常勤の求人があれば応募し勤務することで常勤へと替わるケースも多くあります。

保育園で看護師が仕事をすることはこれからの増加するニーズに答えていくことになり、多くの子どもの健康に貢献するものとしてやりがいのある仕事と言えるでしょう。

保育園看護師の配置基準

保育園の看護師求人は、配置の増加によって今後増えていくと予想されています。

しかし、あまり求人を見かけないという現状もあるようです。これには保育園の看護師は人気があることや、一度採用されると継続して勤務することが多いので欠員がでないことが考えられます。

1969年に初めて厚生労働省から保育園へ看護師を配置するように法律が定められ、通達がありました。

時代の流れとともに変遷していますが、まだすべての保育園へ看護師が配置されることは実現できていないようです

法律の上でも曖昧な部分があるのは、保育園が児童福祉法に基づくものだからと言えそうです。

当初は9名の0才児に1名の看護師という配置基準だったようですが、100名の在籍児に対して1名の看護師という保育園もあり自治体などによっても異なった配置となっています。

保育園看護師の少ない求人を探すには?

保育園の看護師求人は、保健師や助産師との競争関係もあり倍率が高くなっています。

看護師募集の求人を探すのに、保育園の看護師求人は病院求人と比べると大変少ないので転職サイトへ登録をしておくことは、早い時期に求人情報が入ってくるのでおすすめです。

保育園の看護師求人は非公開のことが多いため、自分で探すことは難しいのです。

自治体や私立の保育園など運営母体によって看護師の配置や仕事は異なっているという現状があります。

求人に応募するときには、保育園看護師の仕事内容や求人について知っておいた方がいいでしょう。

職場ごとの仕事内容もきちんと確認するには、転職支援のプロである転職コンサルタントへ相談することがおすすめです。

この記事のまとめ
  • 保育園看護師の仕事は基本的に医療行為を行わず、園児のケガの応急処置などの対応
  • 保育園看護師は保育士よりも高く、年収にして400万前後くらい
  • 保育園の看護師求人は非公開のことが多いため、自分で探すことは難しい
  • 転職支援のプロである転職コンサルタントへ相談することがおすすめ

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与の常勤求人が多い『ナース人材バンク』

高給与の常勤求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方、常勤の求人を希望している方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧