日勤だけの人気看護師求人 デイサービスで働く看護師の業務内容

デイサービス 看護師 求人
  
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

看護師の仕事でもっとも負担となるのは、夜勤業務でしょう。
生活のリズムが取れず、体調も狂いがちです。デイサービスの仕事は日勤業務のみで早番や遅番といったシフトもなく、時間的に安定した毎日が過ごせます。しかしデイサービスの看護師は、どんな仕事をするのでしょうか。その役割について、詳しく見ていきましょう。

デイサービスの看護師はこんな人におすすめ

デイサービスの看護師の仕事内容と役割は?

病院とデイサービスの違いは、何となく知っているという人が多いでしょう。しかし実際に働くとなると、どんな内容の仕事であるのかきちんと把握しておかなければなりません。

同じ看護師という職業であっても、病院とデイサービスでは業務や役割が違います。病院で長い経験がある看護師であっても、新しい職場に戸惑いを感じてしまい、なかなかなじめないという場合も出てきます。
予め病院との違いを理解しておけば、納得して仕事に取り組むことができます。

「利用者」と「患者」という違い

病院とデイサービスのもっとも大きな違いは、ケアを行う対象です。病院の場合は、身体に不調を持った人が患者として訪れます。

それに対してデイサービスの看護師がお世話をするのは、「利用者」です。病院は老若男女すべての層が看護対象ですが、デイサービスを利用できるのは、要支援・要介護認定を受けている高齢者だけです。

デイサービス看護師の役割

デイサービスは“通所介護”とも呼ばれ、利用者が自宅で自立した生活を送るための日帰りサービスを提供しています。
病院では病気やケガの治療を行い、回復を目指しますが、デイサービスではそのような施術を目的としていません。

食事や入浴などの生活支援、心と身体の機能回復訓練、利用者同士の交流をメインとする施設です。医師からの指示によってはある程度の医療行為も行ないますが、どちらかというと見守りの性格が強い仕事です。

病気やケガに対するスポット的な看護ではなく、利用者一人ひとりと向き合い、包括的に支えていくのがデイサービスの看護師の役割です。

病院と何が違うの?

デイサービスの仕事内容

先にあったように、デイサービスはサポートを必要とする高齢者が利用する施設です。

看護師はおもに、利用者の健康管理を行います。

  • 血圧・体温・脈拍などのバイタルチェック
  • 身長・体重、栄養状態などの管理

これらをおこない、正常な生活が送れるよう見守ります。

状況を見ながら本人や家族にアドバイスを与え、健康についての相談に乗るのも看護師の仕事です。

デイサービスの利用者の中には、外科的な障害だけではなく、脳や心臓、内臓疾患を患う人もいます。入浴や食事、運動・リハビリなどサービスを提供する際には、看護師の判断の下で実施します。

デイサービスは病院と違い、身体の状態が悪いときには参加できません。入浴の際には看護師が実施可能かどうかを判断し、利用者の皮膚や外観をチェックすることで疾患や異常の早期発見に努めます。

また必要に応じて入浴後に湿布を貼ったり、塗り薬の投薬をしたりします。食事の様子から正しく咀嚼や嚥下ができているかを判断し、食事の形状についての指示を行います。

看護師以外のスタッフ

デイサービスには、看護師の他に、介護士や生活相談員、機能訓練指導員などがスタッフとして常駐しています。利用者の世話全般を担うのが、介護士です。
ヘルパー、介護福祉士といった、資格による呼び方の違いがあります。

  • 生活相談員・・・ケアマネージャーとの連絡の橋渡しをする他、事務手続き、ケアプランの作成補助、家族や利用者の相談業務などを行います。
  • 機能訓練指導員・・・理学療法士 や作業療法士などが一般的ですが、ときには看護師が指導する場合もあります。

看護師はこうしたスタッフと連携を取りながら、利用者の介助にも参加し、デイサービスの安全な運営に関わっていきます。

医療行為はどこまでできる?

基本的にデイサービスでは、医師からの指示がない医療行為はできません。
ただし持病があり定期的にケアが必要となる場合には、サービス計画書にその旨が盛り込まれ、定められた処置を行います。

それ以外については、例えばひどい便秘に悩む利用者がいても、摘便や浣腸などを独自の判断で行うことは許されていません。必ず担当医師の指示に従って、処置を実施します。
利用者に対して何らかの医療行為が必要な場合には、ケアマネージャーが担当医師と連絡をとり、処置について話し合います。

看護師はそこで下された判断によって、行動しなければなりません。

看護師が行うことのできる医療行為は、入浴後の薬の貼り換えや塗り直し、すり傷などの軽微な症状への手当です。また、痰の吸引や経管栄養・胃ろうの注入などが認められています。

病院でどれほど長い経験があっても、日常のケアから外れた医療行為について、看護師の独断による処置は禁じられています。しかし家族が家庭内で行う摘便や浣腸などについて質問された場合には、看護師がアドバイスするのは問題ありません。

デイサービス看護師特有の悩み

病院の第一線で働いていた看護師にとって、デイサービスでの仕事を物足りなく感じてしまう場面があります。
本格的な医療行為はあまり必要とされず、胃ろうの管理や痰の吸引、傷の消毒、湿布や軟膏を貼ったり塗ったりというのが、毎日の業務です。

さらに爪切りや耳かきなどのボディケアに、入浴・トイレの介助もしなければなりません。
医療行為を制限されているため、利用者さんが何かを訴えてもすぐに施術ができず、歯がゆい思いをする場合もあります。

病院時代には次々と覚えなければならなかった薬品名や医療用語とも縁遠くなり、技術的な進歩を望むのが難しくなります。看護師としての充実感が薄いと悩む人もいるようです。

逆にあまり経験がないままデイサービスの仕事に就いた場合には、さまざまなシーンで専門職としての判断を求められ、自信がもてないというケースもあります。

他のスタッフとの関係

デイサービスの現場での、中心スタッフは介護福祉士です。看護師としてプライドが高過ぎると、他のスタッフと衝突してしまい、上手く連携ができなくなります。

利用者の症状について気づいても、ケアマネージャーを通さなければならないため、何のための看護師なのかと立場に悩む人が多いようです。
病院勤務の意識を引きずり、なかなか切り替えができないタイプは、精神的に落ち着くまで時間がかかるかもしれません。

デイサービスの給料って?

デイサービスの看護師の年収

デイサービスで看護師が働く場合の、給料面での待遇はどうでしょうか。

デイサービスの看護師の仕事は、病院勤務と比較するとかなり“ライト”な感覚です。重症患者を扱う場面が多々ある病院とは違い、デイサービスで緊急性のある状況は日常的にはあまりありません。

デイサービスは、高齢者が日帰りで利用する施設なので稼働は日中のみ。夕方には利用者がすべて帰宅します。

病院のように、早番・遅番・夜勤もほぼありません。祝日・日曜休業の施設が多く、病院と比べると格段に休みが取りやすくなります。

仕事が楽な分、収入が低くなるのは当然ともいえます。看護師の収入の中でも、夜勤や残業代が占める割合はかなり大きい金額です。
手当がほとんどつかない日勤のみの仕事で、病院以上の給料を求めるのは難しいでしょう。

実際にはどれくらいの給料がもらえるのか、デイサービスの看護師の収入について詳しく見ていきましょう。

病院勤務との給料との違い

デイサービスの看護師の給料は常勤の場合、平均で25万円前後です。年収ベースでは、ボーナスなどの関係で差が出ますが、300〜350万円が平均的な金額です。看護師の平均年収が472万円なので、
病院に勤めている看護師と比較するとかなりのダウンです。

デイサービスのパートや派遣の時給相場は1,600~1,700円。こちらも一般的な看護師の時給が2,000円前後なのに比べると、低めの設定となっています。

デイサービスの看護師がもらえる手当

一般的な看護師の平均月収は33万円ですが、基本給平均は約25万5,000円です。手取り額の中には、夜勤手当や残業手当が含まれます。
夜勤手当は一回あたり、5,000〜10,000円の上乗せです。毎月の高額な手当分が、病院勤務の看護師の給料を高くしているのです。

それに対して、デイサービスはあまり多くの手当が発生しません。手当が加算されなければ、ほぼ基本給通りの手取りとなります。
デイサービスの看護師の給料が、一般的な看護師の基本給平均に近い数字となっているのも、うなずける話です。

加えて、デイサービスの場合は国の方針で利用者の支払う金額が制限されています。

介護福祉法により、介護度の高い人ほど少ない負担で施設を利用できるように設定されています。施設側が勝手に利用料を引き上げられない事情が、そこで働く看護師の給料額にも影響しています。

それでもデイサービスが良い理由

デイサービス看護師の給料は、病院勤務と比較すると収入的には高くありません。しかしそれでも、デイサービスで働くのには次のような大きなメリットがあります。

  • 生活時間の余裕
  • 休日の確保
  • 復職しやすい
  • 利用者とのふれあいの時間がもてる
  • 急性期の“患者”はいない

何といっても病院のようなイレギュラーな勤務が必要ないのは、最大のメリットです。

デイサービスでは、決められた時間が来れば利用者は帰宅し、病院のように24時間体制を強いられません。
次々に押し寄せる患者に勤務時間の延長も珍しくない病院と違い、自分の時間を自由にできます。
仕事終わりに食事や映画に行けるなど、普通のOLのような生活が可能となります。加えて年末年始やお盆期間中には休業する施設も多く、家族と休みを合わせられます。

デイサービスでは、看護師の専門性は求められず、看護師としての勤務経験があれば十分に対応できる仕事内容です。新しい医療機器や薬、技術の変化が激しい病院とは違い、ブランクがあっても即日仕事に就くことができます。
本格的な医療行為がないので、安心して復職の場にできるでしょう。

患者一人一人と向き合う時間がある

多忙な病院看護師には、ゆっくりとひとりの患者と向き合う時間がありません。デイサービスでは、利用者や家族とコミュニケーションをとりながら、その生活に関わっていきます。

利用者の個性を尊重し、1人1人に合った対応をしていくゆとりがあります。

デイサービスの利用者は基本的に「元気のあるお年寄り」です。治癒の場ではないため、病中や重症者がデイサービスに参加することはありません。
高齢者の施設なのでもちろん緊急の場合はありますが、その場で処置することはなく病院に搬送します。

デイサービスの看護師は、利用者の日常的な健康状態を管理し、楽しく毎日を送れるように配慮するのが役目です。高いレベルの医療処置は行いませんが、本人と家族を支えながら、利用者の穏やかな生活に貢献します。

デイサービスの看護師はこんな人におすすめ

デイサービス看護師に向いている人

看護師の資格を持っていれば、病院に勤めるのが当たり前と考えます。しかし、看護師には他にもたくさんの働く場所があります。

例えば他にやりたいことがあり、単発で仕事をしたいのであれば、ツアーナースやイベントナースといった選択もできます。派遣看護師として、献血車で働くこともできます。
企業専属の看護師であれば、定時に出社し、定時に退社ができます。医薬研究に関わりたいのであれば、製薬メーカーに就職するという方法もあります。
子ども好きならば、保育所の看護師がぴったりでしょう。看護師であっても、働くスタイルや仕事への希望はそれぞれです。

忙しくても安定した高額の給料を望む人は、大病院での看護師業務を選べば叶えられます。もっと生活に時間的なゆとりが欲しいと考えたら、働き方を変えていけば良いだけです。

これまでデイサービスの看護師の仕事を詳しく紹介してきました。デイサービスで楽しく働ける看護師とは、どのような人なのでしょうか。さらに考えていきます。

家庭との両立がしたい人

デイサービスは、日勤のみの業務で、ほぼ定時に帰宅ができます。病院のように緊急搬送など突発性のある出来事がなく、仕事と家庭の両立がしやすい職場です。

病院勤務の看護師が家庭を持っている場合、特に子どもがいると周囲に協力者が必要となります。保育施設が充実している病院も多数ありますが、完全な夜間対応をしているというわけではありません。
家族の在宅が確実でなければ、夜勤のシフトは自由に入れられません。

デイサービスは利用者が帰ってしまえば、それ以上のトラブルはまずありません。安心して気持ちを切り替えられることで、家庭生活にも良い影響を与えます。

多くの場合、デイサービスは社会的な休日と合わせて休みを設定しています。病院勤務では、家族の休みと合わせられないことも少なくありませんが、デイサービスならばその点も安心です。

通常規模のデイサービスでは、常勤の看護師は最低1名ですがなかには看護師の休みの対応策として、非常勤を置くか、看護師派遣業者と契約をしています。病院ほどの専門性がないため学校行事参加のための有給休暇も、比較的取りやすいと考えられます。

デイサービスは、家庭生活を大切にしながら看護師として働きたい、という人におすすめの職場といえるでしょう。

看護師の経験を生かしてゆったり働きたい人

かつては大病院の急性期医療に関わり、第一線で働いていたけれど身体を壊して休職している。子育てのため数年のブランクがあるけれど、また看護師として働きたい。
デイサービスはそうした事情を持つ人に、看護師資格が活かせて復職へのハードルが低い就職といえるでしょう。

病院勤務では常に情報が更新されています。例え小さな個人病院であっても、数年経てば扱う薬品が変わります。大きな病院になるほど、医療技術や機器類も含めて新しい知識が必要になります。
デイサービスで成される医療行為は、ごく初歩的なものに限られています。

数年間のブランクを経ても、十分に通用する作業ばかりです。病院のような慌ただしさがなく、ゆっくりと利用者の状態を観察しながら、生活のためのサポート行うのがデイサービスの看護師です。

専門的な知識は必要ですが、最新の技術は求められません。病院看護師として培われた、対人技術が活かされます。

デイサービスの看護師に必要なのは、コミュニケーション能力と観察力です。看護師としてゆったりと働きたらき続けたいと望む人には、最適な現場となるでしょう。

デイサービスの求人の探し方のポイントって?

看護師がデイサービスの求人を確認する際、給与や待遇など一般的な条件の他にも注意をしておくポイントがあります。

デイサービスには、実は複数の種類があります。施設の規模によって、仕事の内容にも多少の差があります。一般的にデイサービスと呼ばれる、主な施設の違いを確認しておきましょう。

  • 小規模型通所介護事業所

利用者が10人以下。看護師が必ずしも常勤でなくても良いとされています。普通民家で開設しているところもあり、比較的介護度の低い利用者が多いデイサービスです。

  • 通常規模型介護事業所
  • 利用定員は10~50人で、看護師1人以上の常勤が必要です。ただし同一敷地内に関連施設があり、看護師が駆け付けられる状態であれば例外となります。
    有料老人ホーム・ショートステイが併設されている場合もあり、介護度が高い、認知症が進んでいるなどの利用者に対してもサービス提供している施設もあります。

  • 療養型通所介護事業所
  • 主に重病・難病によって介護度の重い利用者を専門とする生活支援施設。介護サービス計画に基づいて、入浴、排せつ、食事等の介護を行います。利用者9名以下の、手厚いケアを特徴とするデイサービスです。

  • 認知症対応型通所介護事業所
  • 急性期ではない脳血管疾患、アルツハイマー病などによる認知症の人を対象とし、機能訓練や日常生活のサポートを行います。

  • リハビリ型介護事業所
  • 主治医からのリハビリテーション指示書に基づき、理学療法、作業療法その他のリハビリテーションを行います。

    このようにデイサービスの施設によって、看護師の業務内容に違いがあります。
    要介護度の高い利用者が多い場合には、それなりに看護師が扱う介護の負担も大きくなります。

    機能回復訓練を主体とする施設では、その方面の知識が豊富な看護師が歓迎されます。求人している施設のデイサービスの規模や実施内容を良くチェックし、応募先を検討する際の参考にしましょう。

    2015年の高齢者人口は総人口1億2,711万人に対して、3,392万人です。今後の20年でさらに345万人が高齢者の仲間入りをし、3人に1人が65歳以上となると予測されています。

    老人ホームに入所する人がいる一方で、自宅での生活を望んでいる人も多いようです。
    身体の機能が衰えたとき、頼りにされるのがデイサービスの存在です。ひとり暮らしや、高齢者夫婦、家族同居であっても日中は留守になるという家庭もあるでしょう。

    現在もデイサービスの利用者数は増え続けています。それに従い、デイサービス施設での看護師の需要も高まり続けるでしょう。

    病院という選択肢しかなかった過去に比べ、看護師の働き方は広がっています。自分の生活スタイルに合わせ、デイサービスで働くという選択肢を考えてみる価値は、十分にあります。

    

    おすすめの看護師転職サイト一覧

    
    看護roo!
    看護のお仕事
    ナース人材バンク
    4位 マイナビ看護師
    5位 ナースではたらこ

    4月入職希望の方は早めの登録がおすすめ

    人気がある求人や急な欠員は公開されずに募集が終了してしまいます。

    今の時期は特に非公開求人として紹介される求人が増えています。

    看護師転職サイトによって持っている求人情報が違うので、複数の転職サイトに登録しておくといいですね。どの転職サイトも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    首都圏・中部圏・関西圏対応

    看護roo

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

    高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

    日勤だけの人気看護師求人 デイサービスで働く看護師の業務内容の関連記事

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの悩みはどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
    • 人間関係で悩まない!
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の復職のポイント
    • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

    掲載サイト一覧