【面接前必見!】看護師の面接でよく聞かれる7つの質問と答え

看護師 面接
 
順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク


看護師の転職時の面接の対応は合否を左右する重要なポイントです。事前にチェックして自分なりの答え方を準備しておけば面接も落ち着いて受けることができるでしょう。 代表的な質問内容と、答え方の例、さらにあなたから面接官に聞くことで好印象を与えられる質問について紹介していますので参考にしてください。

面接時の代表的な質問と回答例

面接対策として重要なのは事前準備です。想定される質問から自分なりの回答を考えておくことが必要です。

Q.この病院にした理由

面接を受ける病院の情報をあらかじめホームページやパンフレットから集め、自分がこの病院のどのようなところに惹かれ、応募しようと決めたのかを伝えましょう。病院のビジョンや大事にしているポイントを押え、自分自身の意識とすり合わせておくことも重要です。

また、なぜ自分がこの病院にしようとしたかを思い出してみましょう。魅力を感じた点や、応募先で勉強したいことなどを失礼のないように具体的に話してみましょう。

これは、もっとも代表的な質問で重要な質問であると言えます。病院を選んだ理由で言葉が詰まってしまったら面接の通過は厳しいでしょう。転職サイトを利用すると、コンサルタントのアドバイスのもと、面接前に十分な答えを用意することができます。

Q.この病院で何をやっていきたいか

ただ自分のやりたいことを伝えるだけではなく、今までの経験と今後の目標を交えて話していくと説得力があり、しっかりとした印象を与えられます。

何をやっていきたいかが不明確では自分の経験や強みを生かすことができません。

さらに、あなたが採用されることによって病院にもたらせれるメリットについても説明できると面接官の心をつかむことができるでしょう。

Q.なぜ転職しようと思ったか

転職理由のポイントは、あまり素直になり過ぎないことです。たとえば「人間関係が悪化して…」「夜勤が多かったため」「給料が少なかったので」などの前向きではない理由はたとえ事実であっても、面接の答えとしては向きません。

転職をネガティブなことではなく、自分を見直す新しいチャンスとしてとらえて話してきましょう。また、実際に特定のスキルや資格を取得する目標があるのであればぜひ伝えてください。

Q.前院を退職した理由

面接では、退職理由について問われる可能性が高いですから、答えを用意しておきましょう。

育児や介護、療養などの「仕方がない」理由の場合は正直に話し、現在はどのような状況であるかを伝えましょう。人間関係や待遇面などの場合はたとえ事実であっても、面接官に良い印象を与えません。

面接官に好印象を与えるにはポジティブな転職であることをアピールする必要があります。そのようなテクニックをキャリアコンサルタントにアドバイスしてもらいましょう。

Q.自分の看護観

必ずと言ってよいほど、面接時に聞かれる質問です。しかし、とっさに面接官の望む回答をすることは難しいという人も多いです。

「看護師を目指したきっかけ」から始め、「どのような看護師を目指しているか」を伝えていきましょう。

さらに「看護師として大事にしていること」を具体的なエピソードとともに話しますと、説得力が増し、しっかりしている印象を与えられます。

答えが難しい質問ではありますが、逆に言えば自分がどのような看護師であるかを知ってもらえる質問です。面接サポートでは病院の方針なども含めて、求められる回答を準備できます。

Q.今までどんな技術や仕事を経験したか

所属科や業務名について話すだけではなく、そこで身に付いたことや気付いたことを今後どう活かしていきたいと思っているかを伝えていきます。

それに合わせて今後の目標について話せたら、より良いです。

看護業務以外にもプリセプターやチームリーダーの経験、その他にも業務上で大きく学ぶ機会になった経験は惜しまず積極的に話していきましょう。

Q.心に残っている患者様とのエピソード

印象的なエピソードはあなたの良さをアピールできる大切な質問です。今までの経験や業務で得た知識や能力、成果をもってあなたが入職後「どのように役立つことができるか」を伝えていきます。

「心に残っている患者様とのエピソード」や「今までで一番勉強になった瞬間」など、自分の看護観に影響を与えた出来事は、自分の性格・特徴を交えてみたり、自分らしく伝えて最大にアピールしていきましょう。

面接で逆に質問した方が良いこと・質問しない方がいいこと

看護のお仕事キャリアコンサルタントからのアドバイス

積極的に質問したほうがいい内容

  • 入職したら自分がどんなことに携われるのか
  • 病院がどういう取り組みをしているか
  • どういう処置や治療をしているか

といった、仕事内容に関することです。入職したらどういう看護をしたいか」ということも積極的に話すと、仕事に熱心に取り組んでくれる人という印象を持ってもらえますよ!

質問しないほうがいい内容

給与や待遇などの条件に関することです。面接の場で、求職者の方が給与や条件に関することばかり質問すると、条件だけで判断していると思われてしまいあまりいい印象を持たれません。できればエージェントを通して確認してもらう方がいいですね。

コンサルタントの対応満足度NO.1『看護のお仕事』

看護のお仕事

転職が成功すれば転職祝い金12万円が支給されます。 希望の求人が見つかるまで徹底して探してくれる サポート力と我慢強い交渉力が評価され『サービス満足度』『コンサルタントの対応満足度』『友達に進めたいランキング』で1位に選ばれています。今後の働き方や職場の悩みや相談にも乗ってくれるので転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

面接は志望動機をさらに詳しく話す場所!!

あらかじめ履歴書や職務経歴書などを送付しているためある程度の志望動機や経歴などは相手にも伝わっていますが、面接というものは履歴書では伝えきらない部分を話したり、相手の知りたい箇所を直接話すことで補う場でもあります。

前でもご紹介した通り、面接時には履歴書に書いてあった志望動機についてより詳しい話を求められたり、以前の病院の退職理由や転職の理由を話さなければならなくなります。

ですから、履歴書にどのような内容を書いたのかはしっかりと覚えて、面接時にはその補足ができるようにしましょう。病院側に沢山の情報を伝え自己PRをすることがしっかりと査定してもらうための第一歩となります。

看護師の志望動機の書き方については通常の転職活動とは少し異なります。

面接が不安ならぜひ利用したい看護師求人サイトとランキング

面接サポートがある『看護のお仕事』関東・関西・東海に強い『看護roo!』『マイナビ看護師』などの看護師求人サイトを利用して応募する場合は、面接に同行してくれることがあります。また、面接時の答え方など応募先の病院に合わせた具体的なアドバイスをもらえます。

面接に不安がある方や、競争率が高い人気求人に応募する予定の方は、面接や履歴書で大きく差が付きますので看護師求人サイトを積極的に利用することをお勧めします。

看護師求人サイトを利用した場合、医療機関によっては面接とは名目だけで顔合せの意味合いが強く、行くだけで採用が決まることが多いのです。もちろん、いくつか面接を受けて気に入ったところを選べばいいので気が進まない場合は断っても問題ありません。



おすすめの看護師転職サイト一覧

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働くママナースにおすすめ
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 人間関係でもう迷わない!
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円
  • 保育園・幼稚園看護師への転職!
  • 休日が多い病院の選び方

掲載サイト一覧