看護師の採用の可否を決める?正しい職務経歴書の書き方

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

求人へ応募する際に履歴書と並んで重要なのが、職務経歴書です。

実は、転職において職務経歴書は、履歴書にもまして採用の可否に大きな影響を与えます。

応募先の施設にとって本当に必要な看護師であるかどうかは、職務経歴書に記された内容によって判断されます。

そうは言っても、初めての転職で職務経歴書をどう作成して良いかわからないこともあります。ここでは採用担当者に認められる、正しい職務経歴書の作成について解説していきましょう。

看護師の職務経歴書の基礎知識

職務経歴書の果たす役割

履歴書は求職者の個人的な情報を記載したプロフィールの役割であるのに対して、職務経歴書は過去の職歴を元に、どのようなスキルをもっているのかを詳細に伝える役割を果たします。

履歴書はパンフレットのように要約されたものですが、職務経歴書では経験してきた仕事について、さらに具体的に説明していきます。

履歴書の職歴欄だけでは、実際の業務内容や役割まではわかりません。

職務経歴書では人材としての価値を明らかにするために、仕事内容やスキル、実績などを詳しく記載します。

同じ看護師という職種であっても、診療科によって業務は多種多様です。また同じ診療科であっても、ひとりひとりの看護師の経験値はまったく異なります。

採用担当者に対し、ほかの看護師との差別化して実務的な能力をアピールするためには、職務経歴書でうまく伝える必要があります。

そのためには自分の視点ではなく、応募先の視点をもって職務経歴書を作成していかなければなりません。

職務経歴書は採用時にのみ使われる

履歴書は個人の基本的な情報を伝えるものであるため、居住場所、学歴、職歴、過去の転職の状況などが記載されています。

入職後にも人事管理をするための書類として、長く保管されます。

職務経歴書は看護師として求められるスキルやキャリアを、どの程度保有しているか判断する材料となります。また履歴書の記載事項との矛盾点がないかも、併せて確認されます。

職務経歴書では単に過去の業務を羅列するのではなく、仕事に対する意欲や自身をいかに理解してもらうかというプレゼン力が必要です。

基本的には採用時にのみ必要とされる書類ですが、だからこそ書類に運命を預けるつもりで作成に臨まなければなりません。

職務経歴書には規格がない

職務経歴書には履歴書のように、JIS規格といった決められたフォーマットはありません。

基本的にはどのようなスタイルであっても構いませんが、応募先から指示があればそれに従います。

自由に作成して良い場合には、インターネット上からテンプレートをダウンロードするか、パソコンで作成していくと良いでしょう。

見やすくするために表形式でまとめるのが一般的なので、手書きはおすすめできません。

履歴書は手書きが推奨されますが職務経歴書は記載項目が多く、途中で訂正したり追加したりする必要が出てくるため、職務経歴書の作成にはパソコンが適しています。

どうしても手書きにしたい場合には、市販の用紙を利用するようにしましょう。

表形式にしても、内容がダラダラと長文になるのはNGです。箇条書きと大見出し・小見出しを利用して簡潔にまとめます。

フォントはビジネスシーンで活用の多い明朝体を使用し、サイズは10.5~11ptが適当です。表題となる「職務経歴書」はやや大きめに、中央ぞろえとしてください。

枚数は多くても、A4サイズ2枚までにとどめるのが良いとされています。

職務経歴書の形式

職務経歴書の書き方としては、主に「編年体形式」と「キャリア形式」の2種類があります。

「編年体式」は、これまでの職歴を時系列に記載する一般的な形式です。

あまりキャリアのない看護師でも、長く看護師として活躍した人でもどちらにも使える汎用性の高い書き方です。経歴を重ねてきた歩みが良くわかるという、メリットがあります。

これに対して「キャリア式」は、キャリアごとに職歴をまとめて記載する方法です。

応募先が特に専門性を求める職場であれば、実績が伝わりやすくアピールしたい部分を強調して書くことができます。

経歴がコンパクトにまとまるため、有能さが良く伝わるというメリットがあります。

看護師職務経歴書作成のポイント

キャリアの棚卸を徹底しよう

自分で自信をもって推奨できるスキルと強みを見つけ出さなければ、採用担当者に響く職務経歴書は作成できません。

そのためにはこれまでの歩みを振り返り、徹底的にキャリアの棚卸を行う必要があります。

まずは履歴書に記載している職歴を点検し、抜けや省略がないかを確認していきましょう。

そこからひとつひとつの職歴に対して、行った業務や役割をできるだけ詳細に書き出していきます。

例えば、手術室看護師の経験があった場合には、器械出しと外回りのどちらを受け持ったのか。具体的にはどう動き、何を行っていたのか。

その際に行った患者とのコミュニケーションをとる工夫やチームの一員として働くための心構え、手術に関する学習方法など関連するすべてを思い出していきましょう。

実際に職務経歴書に記載することではなくても、業務にまつわるエピソードが必要になった場合に活用することができます。

仕事や業務について詳しく書き出せたら、そこからポイントとなる部分を絞り込んでいき、職務経歴書に記載する内容を整理していきます。

ここから自分の経歴を伝えるのには、「編年体形式」と「キャリア形式」のどちら適しているのかを判断できます。

見やすさ・読みやすさが深い理解につながる

職務経歴書は一度で作成できるものではありません。何度も加筆と削除を行いながら、最終的にはA4サイズ1~2枚に収まるように調整していきます。

職務経歴書作成についてのポイントとしては、次のようなものが挙げられます。

  • 行頭をそろえる
  • 見出しを利用する
  • 可能な限り箇条書きでまとめる
  • 履歴書との整合性に気をつけて正確に書く
  • 面接を想定して作成する
  • 応募先を意識して書く

ぎっしりと文字が詰め込まれ、一目見て相手がうんざりするような職務経歴書では勝負になりません。

見やすく、一文は短くが基本です。見やすく、読みやすい職務経歴書ほど、担当者は応募してきた看護師に対して理解を深めてくれます。

履歴書との重複は避け、詳細を補足する目的に沿って作成します。また双方の矛盾点がないか、しっかり確認しておきましょう。

職務経歴書は面接の際の資料となります。質問に対しての回答や説明を想定しながら、書くことが大切です。

応募先が求めている看護師像を意識し、自身のキャリアの中から一致する点をアピールポイントとして作成していきましょう。

看護師の職務経歴書の書き方の具体例

職務経歴書は自分をアピールするためのツール

職務経歴書の目的は、採用に値する看護師であることをアピールすることにあります。

>応募先が求めているのどのような看護師なのかをしっかりと調査し、それを満たしている人材であることを証明していかなければなりません。

自分本位で書きたいように書いても、伝わる職務経歴書にするのは困難です。

どのような表現が応募先の担当者に自分の能力や適性を正しく伝えられるのか、具体的な書き方について見ていきましょう。

職務経歴書に書く主な内容としては、

  • 職務経歴とその業務内容および成果
  • 取得資格
  • 自己PR

の3つがあります。

職務経歴とその業務内容および成果

すでに履歴書に記載している職歴について、さらに情報を追加していきます。

基本情報として、経験業種、勤務期間、雇用形式、勤務先名・部署または診療科目・病床数・職員数などを記載します。

今まで勤めてきた企業、病院、または施設の基本情報を調べ、正確に書くようにします。

特にこれといった決まりはないので、追加したい項目や特記事項があれば足していきましょう。

次に基本情報の下に業務内容を書いていきます。業務内容には配属先、配属先での業務内容、担当業務やそれによる実績・成果を記入していきます。

働いた施設、診療科、部局、役職に加え、具体的な業務を書き入れます。班長やリーダー、委員会など役割があれば忘れずに記載しましょう。

「いつからいつまで、どこにどのように勤め、そこでどのような経験をし、なにを学んだか。」を簡潔に伝え、アピールしましょう。

取得資格

取得資格は、今現在持っている免許や資格を古いものから順に正式名称で記入します。取得した年月日も正確に記載してください。

医療関連の資格はもちろんですが、業務に役立ちそうな資格は書いて構いません。

例えば、近頃は電子カルテの普及が進んでいるため、パソコンスキルや資格は歓迎されます。

また外国人の患者が多い地域の病院などでは語学力の必要性が高くなってきているため、英語検定やTOEIC・TOEFLなどの語学資格も優遇されるケースがあります。

民間の資格であったとしても、自己PRにつながりそうなものは積極的に書いてくようにしましょう。

自己PR

自己PRの作成は、応募書類の中でも悩むところです。自己PRでは、経験した業務のなかから具体的な例を取り出し、自分の持ち味や得意分野を強調します。

職務経歴の業務に関わる中で、自身が心がけてきた点などもアピールポイントにできます。

患者の家族との関わり方や、業務のこなし方に工夫した点があれば、具体的にエピソードを書いてください。

例えば、引き継ぎのフォーマットを提案し、効率の良い業務運行に役立ったといった積極的な姿勢は好ましく受け取られます。

新人教育に携わった、臨床研究会に所属していたなど、適性や興味について印象づける要素も大切です。

またリーダー的な立場を経験しているならば、難しい現場に立ち会った際の自分流の平常心の保ち方、レベルの違う看護師をまとめるときの工夫などは、どんな病院でも必要とされる能力です。

委員会や研究活動への参加は、向上心を認めてもらえる良い例です。辛い経験、苦しい経験から学んだこと、経験を経たコミュニケーションの技術向上などは、くじけない頼もしさを感じさせます。

例えどれほど優れた人材であっても、人との調和に欠け、謙虚な心のない看護師は採用されません。

自己PRの書き方によって、病院の採用担当者は敏感に看護師としての適性を把握します。

真摯な姿勢で努力を忘れず、業務を確実にこなしていける看護師像を、エピソードとして自己PRに反映させましょう。

履歴書作成のよくある悩み

履歴書との自己PRと同じになる

履歴書にも職務経歴書と同じく自己PR欄があります。その場合、同じ内容を記載してしまっては意味がありません。

履歴書の場合には、紙面の関係で自己PR欄のサイズも制限されています。

「私の強みは〇〇です」「〇〇の業務には自信があります」という言い切りをしておき、職務経歴書でその裏付けとなる根拠を記していくという手法がおすすめです。

具体的なエピソードや数値的な根拠を示し、履歴書の自己PRの内容を強化していきます。

また履歴書には主に「看護師としての人間性・特徴」を重点的に書き、職務経歴書では「今までの経験を踏まえて、今後どのように活かそうと思っているのか」を記載する方法もあります。

いずれにしても、まったく同じ内容を重複して記載するのでは、応募についての熱意が疑われます。面倒がらずにしっかりと考え、説得力のある自己PRを作成してください。

理想的な枚数に収まらない

職務経歴書は内容が薄すぎると、就職にかける熱意が疑われますが、枚数が多すぎるのも担当者から嫌われます。

内容を削る必要があるときには、項目ごとにもっとも本筋となる部分を残して削除していきます。

重複の説明や表現が饒舌になっている箇所を探しながら、できるだけ短い文に直していきましょう。

いかに読み手にストレスを与えないようにするかを考え、余分な説明を省き、適切なことばを選んで表現することが大切です。

何を書いて良いかわからない

職務経歴書作成のポイントは理解できたけれど、やはりどこから手を付ければ良いのかわらかない、またキャリアの棚卸をしてみても強みやアピールポイントが見付けられない…。

そのように考えて悩んでいるのであれば、転職サイトの活用がおすすめです。

元々書類の作成が苦手な人であれば、ひとりで煮詰まっていても先には進めません。

転職サイトに登録すれば、看護師の転職を数多くサポートしてきたプロからアドバイスが受けられます。

経歴の詳細の記録から、その中にある強調すべき経験や自分自身の長所など、職務経歴書の中に記載する価値のあるポイントを見つけ出してくれます。

業界に通じたアドバイザーに従い、応募先が求める看護師像にマッチした職務経歴書に仕上げることで、必ず良い結果を得ることができるでしょう。

職務経歴書作成は転職活動においてとても大切ですが、作成自体することが目的ではありません。専門家の力を借り、効率的に効果の高い応募書類を作成していきましょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

12月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

12月は冬ボーナス後の転職や年内の退職を考えている方の動きが活発になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧