看護師の年収の相場と年収をアップさせる方法を教えます!

 
順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク


看護師は収入が多いと思われがちですが、中には現在の給与に不満を持っている人もいるようです。看護師の平均的な年収とは、どれくらいなのでしょうか。
同じ業務のはずなのに、人によって収入に差があるのはなぜ?ここでは看護師の年収の現状をくわしく調べ、希望通りの収入を手にできる看護師となるための方法を探っていきます。

1.看護師の平均年収って本当に高いの?

多くの人が看護師の年収が高いというイメージを持っていると思います。確かに求人広告を見る限りでは、他の仕事と比較してちょっとだけ待遇が良く見えますよね。パートやアルバイトだとしても、看護師業務の時給はかなり高い方に分類されているようです。

看護師という国家資格を持っていれば、仕事に困ることはないかもしれません。けれど看護師は高度な専門知識が必要とされ、体力的にも精神的にも負担の重い職業です。果たしてそれに見合うと感じられるほどの、十分な収入をもらっている人はどれだけいるのでしょうか。

看護ここでは平均的な看護師の給与を労働者全体、さらに同じような現場で働く医療従事者と比べて確認していきます。

看護師の平均年収

看護師の平均年収
平均年収478万円

昔から女性の職業で年収が高いといえば、看護師が挙げられてきました。平成27年厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると看護師の平均的な月給は33万円、ボーナスなどを加えると平均年収は約478万円です。

先のサラリーマン平均には、大企業から従業員10名以上の会社までが含まれています。同じ労働者でも、年収200万円台から1,000万円以上のクラスまでさまざまです。それを考え合わせれば、多くの看護師の年収は一般的なサラリーマンと同等、もしくは上回っていると言えるかもしれません。 看護師の収入は常に一定以上を保ち、極端に下がることはありません。一般的には看護師の給与は高く、安定していると言って間違いなさそうです。

次はさらにわかりやすく、労働者全体の年収と看護師の平均年収を比較していきます。看護師の収入レベルがどれくらいなのか、具体的に見ることができます。

看護師の平均年収を労働者全体の平均年収と比較 

看護師平均年収と労働者全体の平均年収
年齢看護師の平均年収労働者全体の平均年収
20~24歳388万円328万円
25~29歳468万円389万円
30~34歳480万円452万円
35~39歳494万円513万円
40~44歳525万円575万円
45~49歳532万円649万円
50~54歳536万円688万円
55~59歳515万円658万円
60~64歳415万円467万円
65~69歳422万円423万円
70~631万円359万円

労働者全体の平均年収と比べると、看護師の収入は初任給から全体を通して、なだらかに推移しているのがわかります。平均年収では全職種ランキングで15位以内に入っているので、おおむね高収入であると言えるでしょう。

その大きな理由となっているのは、他の仕事よりも若いうちから安定した年収が得られることです。看護師の年収は、20代半ばですでに400万円以上となります。

一方でそれ以降の年代になると、年収の増加が鈍り、他の業種と逆転してしまいます。年収のピークを迎える50代前後では、他業種との差が100万円以上に開きます。一般企業が定年を過ぎる60歳以降になると、看護師の年収が再び高くなります。長い経歴を通じて安定した収入を保てることが、看護師の年収を高い水準に押し上げています。特に女性は60歳を過ぎると働ける場所が減り、急激に年収が下がります。看護師の場合は、年収400万円前後を保ったまま、ずっと現役でいられます。労働者全体で見ると初任給とピーク時の年収の開きは300万円にもなりますが、看護師の場合、その差は150万円程度にとどまります。

看護師は20代から高い給料がもらえますが、年齢による変化はあまりありません。安定した年収を保ちながらも、年次による大きな昇給は期待できない仕事と言えるでしょう。

看護師の平均年収を医療従事者の平均年収と比較

医療業界平均年収ランキング
※今回は、「医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師」を対象としました。
職種平均年収
1位医師1098万円
2位薬剤師532万円
3位保健師528万円
4位助産師515万円
5位看護師478万円

労働者全体から見れば年収が高いと思われる看護師も、医療従事者の中での順位は低くなります。1,000万円を超える医師は別格としても、看護師を除く3職種はすべて年収が500万円を超えています。

薬剤師の年収が高い理由には、資格取得までに6年以上かかり、合格率の低い難関であることが挙げられます。また最近では法律の改正とともに、ドラッグストアでの需要が高まり、常に求人募集をしています。

保健師になるためは看護師資格をもった上で、さらに国家資格を取得する必要があります。看護師資格取得後に、6ヶ月以上指定校や養成所で決められた学習を行なわなければ、受験資格が与えられません。現在保健師の数は、全国で5万人弱です。看護師の35万人から見ると、かなり少ないですよね。それでも保健師には、看護師ほどの就職先はありません。予防医学に重点がおかれる今では、学校や企業・地域での需要が高まっていますが、人気の高い就職口は競争率も高く、条件の良い就職をするのはなかなか難しいようです。

助産師もまた、看護師資格にプラスして、国家資格が必要となる職業です。基本的な部分については、看護師と大きな違いはありませんが、お産の処置に加えて産前産後のケアや、メンタルヘルスのサポートなどの仕事が中心です。助産師の場合には、分娩手当など特別加算による給与への上乗せが、高額収入の大きなポイントとなっています。

2.看護師の年収の相場を知りたい! 

これまでは社会全体から見た看護師の年収、医療現場で働く職業の中での看護師の位置について見てきました。しかし他業種への転職を考えていないのであれば、「他の看護師たちと比べた自分」が良くわかるデータを見ておかなければなりません。同じ立場の看護師たちと比較すれば、今の給与で働き続けても大丈夫なのかを知ることができます。年代別の看護師の平均年収や、勤務エリアによる年収の差などを確認していきましょう。

看護師の年齢別の平均年収

看護師の年齢別の平均年収
年齢平均年収平均月給
20~24歳388万円33.8万円
25~29歳468万円38.5万円
30~34歳480万円39.8万円
35~39歳494万円40.4万円
40~44歳525万円42.7万円
45~49歳532万円43.5万円
50~54歳536万円43.9万円
55~59歳515万円42.4万円
60~65歳415万円34.6万円

先にもあったように看護師の年収の特徴としては、初任給から高く設定されています。厚生労働省発表による、平成27年の大卒の初任給平均は202,000 円です。すでに20代前半で30万円以上の給与がもらえる、看護師のような職業は、他の仕事ではなかなかないようです。その一方で看護師は新人のうちから、すでにプロとして期待されます。若くても、入ったばかりでも、患者から見れば立派な「看護師さん」です。スタート時からすでに責任は重く、仕事量も圧倒的です。

それでも確かに若いうちは給与面で優遇されている気がしますが、次第にその有利さが薄れていきます。他業種では勤続年数とともに昇給幅が大きくなっていくのに対し、看護師は一定の高さを保ちつつも、上り幅は大きくありません。一般企業では勤続年数とともに、活躍次第では大きな昇給も期待できます。看護師の場合、最初にもらえる給与の額で、おおよその将来的な予測がついてしまうのです。就職した病院の給与体系によって、自分の生涯賃金も見当がつきます。年齢別の平均値と今の収入を比べてみれば、この後、自分の年収がどれだけのレベルになるのか大体の想像ができるでしょう。現在の給与が平均以下であれば、この後平均以上になるとは考えにくいのが看護師の現実です。

看護師の地域ごとの平均年収

看護師の地域ごとの平均年収
都道府県平均年収
東京546万円
福岡462万円
北海道456万円
沖縄438万円

地域別での差を見ると、やはり全体の収入が多い首都圏を中心に看護師の年収も高くなっています。関東圏で500万円を大きく上回るのは東京都だけですが、千葉や神奈川などの周辺エリアでは500万円前後となっています。首都近郊は日本の中心地として大病院の数も飛びぬけて多く、人口が多い分看護師の需要も高いため、高額の給与で募集されるという事情があります。国内全域で見ると、一般的には給与の高い地域から遠く離れるほど、年収も下がります。

北海道には比較的大企業の支社が置かれており、地域的にまとまっていることもあるため、大規模な病院が存在しています。地域医療にも力を入れているところが多く、最北にありながら、看護師の年収としては中間クラスです。

福岡は地理的に首都圏から離れていることもありますが、気候が温暖で物価全体が安いため、給与が抑えられています。このために看護師の給与水準も、低くなっていると考えられるでしょう。

沖縄は労働者全体の平均年収が330万円台と、日本でもっとも低い地域です。その中では、看護師の年収438万円は決して安い方ではありません。他業種との年収比較をすると、もっとも看護師年収が高い東京都の方が、ランクが下がります。こうした地域との関係を考えれば、年収アップが確実に期待できる首都圏へと向かう看護師が多い一方で、物価の安い地元を選ぶ看護師がいることも、十分にうなずけます。

看護師の男女の年収の違い

看護師の男女の平均年収
平均年収平均月給
486万円33.5万円
477万円32.9万円
長い間、看護師といえば女性の代表的職業でしたが、最近では男性看護師の目立つ病院が多くなってきました。比率としてはまだかなり低いものの、30代以降では1~2割と増える傾向が見られます。年収で見ると、男性の方が全体で10万円程度上回っています。理由としては、看護師を目指す男性の場合は4年生大学を卒業するケースが多く、そのため初任給が高くなっていることが考えられます。また男性の看護師を受け入れやすい病院には、大学病院などの大規模な施設が多いというのも理由のひとつでしょう。救急医療など特殊環境を選びながら、さまざまな資格取得を志す人も少なくありません。男女の性差から生じる金額の違いというよりは、少数派である男性看護師の個人的な条件が反映されている結果なのかもしれません。
これまで女性優位だった看護師の世界では、一般社会ほど年収の男女格差は見られません。他の業種のように数百万円単位での差が生じることはなく、もっとも男性看護師の年収が高い50代前半でも30~40万円程度の違いです。その後は男女差が逆転し、女性の方の年収が上回っています。これは高い年齢層に属するほど、男性看護師の層が薄くなるのが原因と思われます。今後、男性の割合が高まるにつれて、年収の格差はより小さくなっていくのではないでしょうか。

3.なぜ看護師の年収に差がつくの?

これまでさまざまな角度から、看護師の年収について見てきました。年齢や勤続年数、地域性などによる違いは理解できますが、同じような環境で働いているのに年収に差がつくのはなぜでしょうか。似たような場所で働く同年代であっても、給料に大きな格差が生まれるのには理由があります。そのポイントをきちんと把握しておかなければ、例えば看護師の年収が高いエリアで就職をしても、就業後に思ったほど給与がもらえないということにもなりかねません。看護師の年収を構成するしくみを知り、確実な年収アップにつながるためには、どこをチェックすれば良いのかを見ていきましょう。

看護師の年収に差がつく3つの要素

看護師の年収の要素となるのは、12か月分の基本給と、日々の業務で発生する各種手当、そしてボーナスの3つです。就職を考えたとき、毎月の給料にばかり目を奪われがちですが、トータルで考える必要があります。何かを見落としていると、年収が思ったより少なかったという結果になるかもしれません。年収を構成する各要素を詳しく見ていきましょう。

基本給:給与の基本となる賃金です。時給・日給・月給・年棒など形態が違っていても、基本となる金額を基本給と呼びます。

手当:基本給以外に諸費用として支払われる賃金です。職務手当や扶養手当など、固定された手当の他、勤務時間外、条件によって支払われる手当もあります。基本給と固定された手当を合わせて、月給として表示する会社もあります。

ボーナス:特別手当、賞与などとも呼ばれます。一般的には、夏と冬に支給されます。ボーナスの計算は、手当を除く基本給で計算されます。

基本給と月給の違いを知っておきましょう。月給にはさまざまな手当分が含まれています。例えば求人票に「賞与・2カ月分」と記載がある場合、月額30万円もらっていてもボーナス1回分は60万円とはなりません。基本給が20万円ならば40万円、夏・冬合わせて年間80万円です。ボーナスは各種の手当を外した、基本給をベースに考えます。もちろん賞与という記載がない場合には、ボーナスはつきません。

4.看護師の年収をアップする方法を知りたい!

看護師の平均年収との比較で、思ったよりも自分の年収が少ないのに気づいた人がいるかもしれません。それならばもっと給与の高いところで働けば良いのですが、そう簡単にはいかないのが人の生活です。給与以外では今の職場に不満がなく、転職に気が進まないという人もいるでしょう。転職をせずに、収入を増やすことはできるのでしょうか。答えは“イエス”です。

方法を知り、努力をすることで、環境を変えなくても収入を上げることは可能です。着目するのは、先に挙げた年収の3要素。基本給・手当・ボーナス、自分でも改善できそうな要素はどれでしょうか。それぞれについて向上させる手段を考えることで、年収アップの道は開けます。

現在と同じ職場で働きながら収入を増やしていくための、主な方法3つを見ていきます。

昇進して基本給と手当を上げる

・昇進した場合
昇進前昇進後
・月給40万円
(内訳 基本給32万円 手当8万円)
・ボーナス80万円
・年収560万円
・月給48万円
(内訳 基本給38万円 手当10万円)
・ボーナス95万円
・年収671万円

基本給は、すべての収入のベースとなります。年収を底上げしていくためには、基本給を見直すのがもっとも近道といえます。例では昇進により8万円の昇給となったケースを紹介していますが、ポジションの変更に伴い、各種手当もアップしていきます。年収では100万円以上もの差となり、仮に同じ待遇で65歳の定年まで継続した場合には、最終的に1,300万円もの違いとなります。

役職の昇進は、もちろん自分が決めることではありません。しかしそれを理由に努力をしなければ、現状は何も変わらないでしょう。

資格試験に挑戦したり、積極的に勉強会に参加したりするなど、昇進につながる方法はあります。昇格の大きなきっかけは、上司からの推薦によるものが一般的です。自助努力と、日頃の行動の見直しが昇進につながります。自身の仕事への気構えと姿勢こそ、年収アップのカギを握るものと言えるのかもしれません。

働き方を変えて、手当を増やす

・夜勤を月に3回入っていた人が6回に増やした場合
働き方を変える前働き方を変えた後
月給35万円
(その内 夜勤手当2.1万円)
・ボーナス85万円
・年収505万円
・月給38万円
(その内 夜勤手当5.2万円)
・ボーナス85万円
・年収541万円

同じ環境で働きながら収入を上げていく2つ目の手段としては、働き方を変えて手当部分を増やすという方法があります。昇進するためには資質や行動が認められなければならず、今すぐ収入に直結させるのは無理です。しかし業務ごとにもらえる手当であれば、自分でもコントロールが可能です。

特に夜勤手当は1回毎の加算が大きく、収入に即時反映できます。労働基準法では午後10時から午前5時までの労働対価として、給与の25%以上の賃金を支払う義務が定められています。2011年時点の夜勤手当の平均は、三交2代制準夜勤4,399円、三交代制深夜勤5,490円、二交代制夜勤11,276円となっています。

上記にあげた例では、月に各3回引き受けていた夜勤を6回に増やし、内2回を二交代制として計算しています。病院ごとにシフト体制には違いがありますが、夜勤を増やした結果、計算上では年収に36万円の差が出ます。日勤とのつながりやローテーションの関連もあるため、自分の思い通りになるとは限りません。それでも時間と体力に余裕があるのであれば、もっとも手軽に収入をアップさせる方法であることに間違いないでしょう。

資格をとって専門看護師手当をもらう

・資格を取得して資格手当をもらえる場合
資格取得前資格取得後
月給35万円
(その内 夜勤手当2.1万円)
・ボーナス85万円
・年収505万円
・月給36万円
(その内 資格手当1.0万円)
・ボーナス85万円
・年収517万円

自分のスキルアップにもつながる資格取得は、年収アップにもつながります。看護師の中でもさらに専門的な知識の保有者に与えられる資格には、専門看護師と認定看護師があります。

認定看護師:救急看護や訪問看護など21に分かれた特定分野のエキスパートとして認定される。

専門看護師:看護を取り巻く環境の中で家族・地域・医療従事者と連携しながら総合的にサポートを行なう。

これらの資格についての手当の平均は、専門看護師1万832円、認定看護師9,773円です。しかし、実際に資格手当を実施しているのは施設の半数以下となっており、賃金上では、資格を評価していない病院の方が多いようです。スキルアップとともに昇給を狙うのであれば、自分の勤務する病院が資格手当を出しているのか、事前に確認しておく必要があります。

この他の看護師の資格としては、保健師、助産師、臨床心理士、介護福祉士などがあります。いずれも医療業界の中では評価の高い資格ですが、先の2つの資格と同じく、取得の難易度は高め。看護として通常勤務をしながらの資格取得は、かなりの覚悟が必要です。資格を取る目的が収入の向上であるとしたら、苦労をして資格を取っても努力に報われるほどの収入アップとなるかは微妙です

5.どうすれば年収を大幅にアップできるの?

・転職をした場合
転職前転職後
月給30万円
(基本給25万円)
・ボーナス90万円
・年収450万円
・月給38万円
(基本給30万円)
・ボーナス110万円
・年収566万円

同じ看護師の仕事でも働く環境によって、生活のしやすさが格段に向上する場合があります。

ある30歳のシングルマザーは4歳になる子どもがいるため、日勤を中心に働いていました。手当が増えず、同僚よりも収入が低くなりがちなのが悩みでした。将来を心配し、なるべく貯金も増やしていきたいと考えて転職を決意。院内託児所があり、育児補助や特別手当の充実した病院を、時間をかけてじっくりと探したといいます。半年後にようやく条件に合う勤め先が見つかり、転職をしました。前職よりも通勤時間は多少かかりますが、託児施設が併設されているので、時間を気にせずに働くことができています。ひとまわり規模が大きい病院になったこともあり、基本給もアップ。育成補助金も出るので、貯蓄に回せる額が多くなったと話しています。

長く働いていると、その病院の待遇が当たり前になってしまいます。転職を決意するのは勇気のいることですが、生活に不安を抱えて暮らすよりは思い切って環境を変えるのが正解です。看護師の給与は、将来的に大きくアップすることが期待できません。また上記の例のように、病院側の体制が充実していれば、働く側への恩恵が大きくなります。看護師という特別な資格を十分に活かしより良い人生とするために、時には転職という決断が必要となることもあります。

6.失敗しないための転職情報の手に入れ方を知りたい!

現在の収入に不満があっても自分だけで転職先を探すとなると、何かと不安が先に立ちます。求人票に公表されている条件が良いほど、「仕事量が多くきつい職場なのではないか」「人間関係の雰囲気が悪く離職者が多いのではないか」など疑いたくなりますよね。せっかく転職したら、新しい就職先ではできる限り長く勤めたいもの。良い収入を得て、定年まで働けるのが理想的です。そのためには、事前の情報収集は欠かせません。

しかし、個人的に内部事情まで知ることは、ほとんど不可能ではないでしょうか。働きながら、いくつもの病院について調べ、就職活動を進めるのもひとりでは大変な負担がかかります。

仕事先を変えようかと悩んだら、転職サイトへの登録がおすすめです。看護師専門の転職サイトでは、多くの病院とのつながりを持ち、個人の条件に合わせた勤務先を探すことができます。経験豊富なコンサルタントが、就職への不安や疑問について相談にのってくれます。将来的な方向性へのヒントやアドバイスも、もらうことができます。転職サイトを活用すれば、孤独感を持たず転職活動を進められ、詳細な情報が手にできます。個人で動くよりも、ずっと効率の良い転職ができます。転職は人生の大きなイベントです。納得できる収入で働くためにも、転職サイトを大いに役立ててください。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ



利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

人気がある求人は公開されずに募集が終了するものが多くなっています。下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、複数の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どの求人サイトも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働くママナースにおすすめ
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 人間関係でもう迷わない!
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円
  • 保育園・幼稚園看護師への転職!
  • 休日が多い病院の選び方

掲載サイト一覧