看護師の平均年収を徹底調査!あなたの給料を必ずアップさせる裏技

看護師 年収 がっかり
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

「看護師の年収って平均いくらなの?」「同じ看護師なのに友達のほうが高い給料をもらっているのはなぜ?」「年次や役職が変わると給料は上がるのかな?」

ここでは平均的な看護師の給与を、労働者全体や医療従事者と比べていきます。

看護師の平均年収を大調査!他職種より高い?低い?

「年収が高い」というイメージを持たれがちな看護師。実際はどうなのでしょうか?

ここでは平均的な看護師の給与を、労働者全体や医療従事者と比べてみましょう。

看護師の平均年収は478万円

  • 看護師の平均年収
  • 平均年収給料の平均手取り金額
    478万円33万円26万円

    平成27年厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均的な年収はボーナスなどを含め約478万円、平均月給は33万円です。一般的に、手取りは月給の75~80%と言われているため、看護師の手取りの平均は26万円ほど。もちろん月々の天引きされる税金によって変わります。

    これらの金額は、労働者全体からすると高いのでしょうか?低いのでしょうか?次の段落で詳しくご説明します。

    看護師の年収は新卒から高いが昇給しにくい?

    次のグラフは、看護師と労働者全体の平均年収を比較したものです。グラフが始まる初任給の時点では、看護師のほうが年収が高いですが、30代を境に大きな差が生まれます。

    労働者全体だけで見ると、初任給とピーク時の年収の差はおよそ360万円。一方看護師の場合、その差は150万円程度です。

  • 看護師の平均年収と労働者全体の平均年収
  • 看護師の年齢別年収グラフ
    年齢看護師の平均年収労働者全体の
    平均年収
    20~24歳388万円328万円
    25~29歳468万円389万円
    30~34歳480万円452万円
    35~39歳494万円513万円
    40~44歳525万円575万円
    45~49歳532万円649万円
    50~54歳536万円688万円
    55~59歳515万円658万円
    60~64歳415万円467万円
    65~69歳422万円423万円

    看護師の年収推移を年代別に見ていくと、20代半ばで400万円以上の年収が見込まれます。しかし30代になると昇給率が鈍り、労働者全体の年収と逆転。年収のピークを迎える50代前後では、他業種との差が100万円以上開きます。

    その後、一般企業が定年を迎える60代以降になると、看護師の年収は再び高くなります。一般的に女性は60歳を過ぎると働ける場所が減り、急激に平均年収が下がりますが、看護師の場合は別です。年収400万円前後を保ったままずっと現役でいられるので、下がり幅が小さいのです。

    看護師の平均年収は、全職種ランキングで15位以内に入るため、おおむね高収入といえます。昇給額は少ないですが、新人ナースの頃から安定した給与をもらうことができるのは、看護師ならではの魅力です。

    <まとめ>

    ・看護師は昇給しづらいが、20代から高い給料がもらえる。

    ・看護師の年収は年齢による大きな変化はないが、生涯を通じて安定している。

    医療業界年収ランキング

    ここでは、医療業界全体から見た看護師の給料事情を見ていきましょう。医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師を対象に平均年収を調べたところ、次のような結果になりました。

  • 医療業界平均年収ランキング
  • 医療従事者年収ランキング ※今回は、「医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師」を対象としました。

    比較的安定した給与を得られる看護師も、医療従事者の業種別での順位は低いことがわかります。1,000万円を超える医師は別格としても、看護師をのぞく3職種はすべて年収が500万円を超えています。

    なぜ、薬剤師・保健師・助産師は看護師よりも平均年収が高いのでしょうか?おもな理由を見ていきましょう。

  • 薬剤師の年収が高い理由
  • 薬剤師は資格取得まで6年以上かかるうえ合格率も低いため、年収が高くなっています。最近では法律の改正にともないドラッグストアでの需要が高まり、人手が足りない職場が多いことも年収が高い理由です。

  • 保健師の年収が高い理由
  • 保健師になるためには、看護師資格に加え保健師の資格を取得する必要があります。看護師よりも難易度が高いことから、年収が高い傾向にあるようです。

  • 助産師の年収が高い理由
  • 助産師は看護師資格に加えて助産師の資格が必要です。助産師の給与には「分娩手当」などが上乗せされるため、看護師よりも高収入となっています。

    看護師の年収の相場~年齢、エリア、男女、病院別~ 

    ここからは看護師のみに焦点をあて、年代別・エリア別・男女別・大学病院別の年収についてご紹介します。ご自身の年収と照らしあわせながら見ていきましょう。

    看護師の年収が安い

    看護師の年齢別の年収 ~20代から60代まで~

  • 看護師の年齢別の平均年収
  • たとえば同じ看護師仲間と話しているときに、相手の給与が自分よりも高くてビックリした、なんて経験はないでしょうか?とはいえ、その友達が特別高い給料をもらっているのか、自分の給与が低いだけなのか、なかなかわかりませんよね。

    まずは、看護師の年齢別の平均年収をご紹介しましょう。

    年齢平均年収平均月給
    20~24歳388万円33.8万円
    25~29歳468万円38.5万円
    30~34歳480万円39.8万円
    35~39歳494万円40.4万円
    40~44歳525万円42.7万円
    45~49歳532万円43.5万円
    50~54歳536万円43.9万円
    55~59歳515万円42.4万円
    60~65歳415万円34.6万円

    看護師の年収は、初任給から高いのが特徴です。20代前半で30万円以上の給与がもらえる職業は、なかなかありません。それもそのはず、患者から見ればたとえ新人であっても立派な「プロの看護師」です。働き始めた瞬間から重たい責任を負うことになります。そんな重責の分、高い初任給であるとも言えるでしょう。

    一方で、看護師は昇給しづらいという特徴もあります。一般企業の場合、勤続年数や活躍ぶりによっては大幅な昇給が期待できます。しかし看護師は、一定の給与水準を保ちながらも大きく昇給することは望めません。

    そのため、現在の給与が平均以下であれば、これから大幅に昇給するとは考えづらいのが現実です。

    <まとめ>

    ・新人看護師であっても、20代前半から平均月給は30万円を超える

    ・今の給与が平均以下であれば、今後大幅に昇給することはあまりない

    看護師の地域別の年収~東京・福岡・北海道・沖縄~

    都市部と地方間で最低賃金や物価に違いがあるように、看護師の年収にも地域差があります。ここでは東京を始めとするおもな都道府県別の平均年収をご紹介します。

  • 看護師の地域ごとの平均年収
  • 看護師 都道府県別 年収
    都道府県平均年収
    東京546万円
    福岡462万円
    北海道456万円
    沖縄438万円

    都道府県別に看護師の年収を見ると、労働者全体の収入が多い首都圏を中心に高い傾向にあります。関東圏で年収500万円を大きく上回るのは東京都だけですが、神奈川県や千葉県といった近隣エリアも年収500万円を超える傾向にあります。 病院の経営状況にもよりますが、一般的には給与の高い地域から遠く離れるほど、年収は下がります

  • 東京の特徴
  • 首都近郊は人口が多い分、大病院の数が飛びぬけて多く、看護師の需要も高いのが特徴です。そのため、高収入の求人が多いです。

  • 福岡の特徴
  • 福岡は首都圏から離れていることに加え、気候が温暖で物価全体が安いため、給与が抑えられています。そのため看護師の給与水準も低い傾向にあります。

  • 北海道の特徴
  • 大企業の支社が目立つ北海道には、大規模な病院がいくつもあります。地域医療に力を入れているところが多く、最北にありながら看護師の年収としては中間クラスです。

  • 沖縄の特徴
  • 労働者全体の平均年収が330万円台と、全国でもっとも低い沖縄。そのようななかでは、看護師の平均年収438万円というのは比較的高いほうでしょう。給与アップが確実に期待できる首都圏での就職を希望する看護師もいれば、あえて物価の安い地元を選ぶ看護師もいます。

    看護師の男女別の年収

    以前は看護師といえば女性の代表的職業でしたが、最近は男性看護師の活躍も目立ちます。ここからは、看護師の年収の男女差を見ていきましょう。

    これまで女性優位だった看護師の世界では、一般社会ほど年収の男女格差は見られません

  • 看護師の男女別の平均年収
  • 看護師の男女別の年収
    平均年収平均月給
    486万円33.5万円
    477万円32.9万円

    平均年収で比べると、男性の方が10万円ほど上回っています。理由としては、男性看護師の多くは四年生大学を卒業していること、男性看護師を受け入れる病院は大学病院や総合病院など大規模な医療施設が多いことがあげられます。
    また、救急医療などの特殊環境を選んだり、資格取得を志す男性も少なくありません。そのような条件も反映されているのかもしれません。

    勤続年数で見ると、男性看護師の年収がもっとも高くなる50代前半においては、男女の年収差は30~40万円程度です。しかしその後は男女が逆転し、女性の年収が男性を上回ります。これは年齢を重ねれば重ねるほど、男性看護師が少なくなるためだと思われます。

    今後、男性看護師の割合が増えるにつれ、男女の年収格差はより少なくなっていくでしょう。

    大学病院別年収ランキング

    看護師の年収は勤務先によっても変わります。なかでも高度医療を学びながら、看護業務に専念できる大学病院は、比較的給与が高い傾向にあります。 ここでは、私立・国立の大学病院別の平均年収をランキング形式でまとめてみました。

  • 私立大学病院の年収ランキング
  • 順位私立大学病院平均年収
    1位 慶応大学 550万円~
    2位 近畿大学 527万円~
    3位 順天堂大学 512万円~
    4位 大阪医科大学 497万円~
    5位 関西医科大学 470万円~
    ※「平均年収」は新人看護師の初任給×12ヶ月とボーナス、手当等を合計したもの。

    次に、国立大学病院の年収ランキングです。

  • 国立大学病院年収ランキング
  • 順位 国立大学病院 平均年収
    1位 大阪大学 555万円
    2位 富山大学 521万円
    3位 京都大学 519万円
    4位 九州大学 519万円
    5位 東北大学 511万円
    ※「平均年収」は新人看護師の初任給×12ヶ月とボーナス、手当等を合計したもの。

    私立大学病院は、関東・関西の名だたる病院がランクイン。国立は地方の大学病院が高給の傾向にあります。
    私立・国立ともに上位5大学は平均年収は400万円台後半~550万円ほど。20~24歳の看護師の平均年収が388万円であることを考えると、大学病院は比較的高い給与をもらえることがわかります。

    同じ看護師なのに年収に差がつく要素とは

    看護師の年収に差を感じる

    ここまでさまざまな切り口で、看護師の年収について見てきました。年齢や勤続年数、地域などによって年収が変わることはわかりました。しかしなかには「同じような環境で働いているのに、年収に差があるのはなぜ?」と疑問を抱いている方もいるはず。それは、年収を構成する基本給などが人それぞれだからです。

    ここからは、看護師の年収を構成する要素を知ることで、確実に年収アップするための方法を探っていきます。

    看護師の年収に差がつく3つの要素

    まずは基礎知識として、年収を構成する要素をご説明します。看護師の年収を構成するのは(1)基本給(2)各種手当(3)ボーナス(賞与)の3つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • 基本給
  • 給与の基本となる賃金。時給・日給・月給・年棒など給与形態が違っても、基本となる金額を基本給と呼びます。ちなみに看護師の平均基本給は約25万5,000円です。

  • 手当
  • 基本給以外に諸費用として支払われる賃金です。職務手当や扶養手当など、固定された手当のほか、勤務時間外、条件によって支払われる手当もあります。基本給と固定された手当を合わせて、月給として表示する会社もあります。

  • ボーナス
  • 特別手当」「賞与」などとも呼ばれ、一般的には夏と冬に支給されます。ボーナスは手当をのぞく基本給で計算します。看護師の平均ボーナスは、夏と冬を合わせて年間80万円程度が一般的です。

    これら3つの要素を合わせた金額が「年収」と呼ばれるものです。なお、「月収」はボーナスや各種手当を含む「年収」を12等分したもの。よく混同されがちな「月給」は、1ヶ月の基本給と各種手当を含んだ金額です。

    <例>

    Q.「賞与・2ヶ月分」と求人票にある場合の賞与はいくら?(月収30万円の看護師の場合)

    A.基本給が20万円ならば、基本給×2ヶ月分=40万円、年間80万円のボーナスとなります。月収30万×2ヶ月分=60万円とはなりません。
    ボーナスは各種手当をのぞいた基本給をベースに考える、と覚えておきましょう。

    看護師の年収をアップさせる3つの方法とは?

    「私の年収、平均年収よりかなり低い…」「どうしたらもっと年収を上げられるの?」 いろいろな年収データと自分の年収を比較したことで、不安を感じている方もいるでしょう。そんな方に向けて、ここからは今の職場でできる3つの年収アップの方法を見ていきます。

    管理職へ昇進して基本給と手当を上げる

    年収を上げるためには、給与の大部分を占める「基本給」を上げることがカギです。大幅に基本給を上げる方法として、管理職に昇進するという方法があります。まずはこちらの例をご覧ください。

  • 昇進した場合
  • 昇進前昇進後
    ・月給40万円
    (内訳 基本給32万円 手当8万円)
    ・ボーナス80万円
    ・年収560万円
    ・月給48万円
    (内訳 基本給38万円 手当10万円)
    ・ボーナス95万円
    ・年収671万円

    上の例の看護師は、看護部長などの管理職にキャリアアップしたことで月8万円昇給しています。また、昇給したことで各種手当の金額も増えています。年収に換算すると100万円以上の差となり、仮に同じ待遇で定年(65歳)まで勤務した場合には1,300万円もの差となります。

    昇進するためには、資格試験に挑戦したり、勉強会に参加したりするなど努力を重ねることが大切です。日々の行動を見直すことも必要でしょう。

    当然ながら、昇進は周囲が認めてくれてようやくできるものです。そのため昇進して年収を上げるためには、ある程度の時間が必要です。

    夜勤の回数やシフトを変えて手当を増やす

  • 夜勤を月3回から月6回に増やした場合
  • 同じ職場で年収を上げる2つ目の方法は、「働き方を変えて手当を増やす」です。昇進には時間がかかりますが、業務ごとにもらえる手当であれば、ある程度自分でコントロールできます。まずは具体的な収入アップの例を見てみましょう。

    月3回の夜勤の場合月6回の夜勤の場合
    月給35万円
    (その内 夜勤手当2.1万円)
    ・ボーナス85万円
    ・年収505万円
    ・月給38万円
    (その内 夜勤手当5.2万円)
    ・ボーナス85万円
    ・年収541万円

    上の例では、月3回の夜勤を6回に増やし、うち2回を二交代制として計算しています。シフト体制は病院によって異なりますが、夜勤の回数を増やすと計算上では年36万円の差が出ます。

    特に夜勤手当は1回ごとの加算が大きく、収入がすぐにアップします。労働基準法では午後10時から午前5時までの労働対価として、給与の25%以上の賃金を支払う義務が定められています。2016年時点の夜勤手当の平均は、三交代制準夜勤4,076円、三交代制深夜勤5,023円、二交代制夜勤10,772円です。

    夜勤の回数を増やせば、手軽に収入をアップさせることができます。しかし、日勤とのつながりやローテーションの関連もあるため、シフトに入る回数は自分でコントロールできるとは限りません。また、時間と体力に余裕がある方でなければ長続きしないでしょう。

    資格をとって専門看護手当をもらう

  • 資格を取得して資格手当をもらえる場合
  • 資格取得前資格取得後
    月給35万円
    ・ボーナス85万円
    ・年収505万円
    ・月給36万円
    (その内 資格手当1.0万円)
    ・ボーナス85万円
    ・年収517万円

    スキルアップにもつながる資格取得は、年収アップにもつながります。看護師のなかでも専門性の高い知識の保有者に与えられる資格として、専門看護師と認定看護師があります。

  • 認定看護師
  • 救急看護や訪問看護など21に分かれた特定分野のエキスパートとして認定される。

  • 専門看護師
  • 看護を取り巻く環境の中で家族・地域・医療従事者と連携しながら総合的にサポートを行なう。

    資格手当の平均は、専門看護師は月1万832円、認定看護師は月9,773円です。 このほかの看護師の資格としては、保健師、助産師、臨床心理士、介護福祉士などがあります。いずれも医療業界の中では評価の高い資格ですが、先の2つの資格と同じく、取得の難易度は高め。看護師として通常勤務をしながらの資格取得は、ある程度の覚悟が必要です。

    なお、医療機関によっては資格手当がないところもあります。実際に資格手当を支払っているのは施設の半数以下で、賃金表上では資格を評価していない病院が多いので注意が必要です。

    スキルアップとともに昇給を狙うのであれば、その病院が資格手当を出しているのか、よく確認しましょう。

    看護師の年収を大幅UPさせる唯一の方法~年収600万も!

    昇給する、夜勤回数を増やす、資格を取得するなど、今の職場で年収を上げる方法についてご紹介してきました。しかしどの方法も「年収が上がるまでに時間がかかる」「体力が必要」などデメリットもあります。

    ここからは、年収を大幅にアップさせるための唯一の方法として、「転職」という選択肢をご紹介しましょう。

    目指せ!看護師の年収600万!

    まずは、転職した看護師の給与アップの例を見てみましょう。

  • 転職をした場合
  • 転職前転職後
    月給30万円
    (基本給25万円)
    ・ボーナス90万円
    ・年収450万円
    ・月給38万円
    (基本給30万円)
    ・ボーナス110万円
    ・年収566万円

    転職前と転職後の給与の差は一目瞭然。月8万、年100万以上も収入が増えています。同じ業務内容や労働時間であっても、職場を変えることで大幅に収入が増える可能性があるのです。あなたが持っているスキルや、住んでいる地域、病院の規模によっては、年収600万円も夢ではありません

  • 転職したことで給与アップした女性の話
  • 4歳の子どもを抱える30歳のシングルマザーの女性は、日勤を中心に働いていました。「将来のために貯金したい」と思っても、なかなか手当も増えず、収入が低いのが悩みでした。

    そこで思い切って「福利厚生が整った病院に転職しよう!」と決意。時間をかけて探した結果、院内託児所があり、育児補助や特別手当が充実した病院への転職が決まりました。

    新しい職場は、前職よりも通勤時間は長くかかりますが、託児施設が併設されているので勤務時間を気にせずに働けるようになりました。規模が大きい病院のため、基本給もアップ。育成補助金も出るので、貯蓄に回せる額が多くなり、将来の不安も消えたそうです。

    転職を決意するのは、なかなか勇気のいることです。しかし生活に不安を抱えて暮らすよりは、思い切って環境を変えたほうが将来のためでしょう。

    看護師の給与は、将来的に大幅に上がることは期待できません。そんななかで短期間で確実に年収上げるためには「転職」は非常に有効な手段です。転職ならば、すべての人に収入アップのチャンスがあるのです。

    看護師という特別な国家資格を十分に活かし、よりよい人生とするためには、まずは動き始めることが大切。この記事でご紹介したいろいろな年収アップの方法を、ご自身にあてはめて考えてみてください。

    絶対失敗したくない!転職情報を手に入れる方法

    あなたは今の年収に満足していますか?今より年収があと50万、100万単位で年収が上がったらどうでしょう?ワンランク上の暮らしは、毎日を充実させることにもつながり、プライベートにも良い影響がありそうですよね。

    人生の長い時間を職場で過ごすわけですから、仕事内容はもちろん、収入にも満足したうえで働きたいものです。

    とはいえ、いざ良さそうな求人情報を見つけても「仕事量が多いキツい職場なのでは」「人間関係が悪く、離職率が高いのでは」という疑いも持ってしまいますよね。

    そんな時に活用したいのが、看護師専門の転職サイトです。忙しい毎日のなかで自力で転職活動を進めていくのは大変ですが、転職サイトに登録すれば、あとはコンサルタントがあなたに合う職場を探してくれるのです。具体的には、転職サイトは次のようなサポートをしてくれます。

  • 看護師専門の転職サイトによるサポートの例
  • ・直接病院側と交渉しづらい給与金額の交渉をしてくれる

    ・具体的な業務内容、職場環境、人間関係などを教えてくれる

    ・残業代や手当額を教えてくれる

    ・転職サイト側が厳選した病院のみを紹介。ミスマッチが起こりにくい

    このほかにも、離職率や働く人々の看護観、夜勤体制の詳細など、働くうえで大切な内部情報も教えてくれます

    「今よりもっと年収を上げたい」「ストレスなく働きたい」など、新しい働き方を少しでも望む方は、ぜひ転職サイトに登録してみてください。

    まずは情報収集し、ほかの病院の実態について知ることが収入アップへの第一歩となりますよ。

    

    おすすめの看護師転職サイト一覧

    看護roo!
    看護のお仕事
    ナース人材バンク
    4位 マイナビ看護師
    5位 ナースではたらこ

    5月・6月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

    職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

    そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

    転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    首都圏・中部圏・関西圏対応

    看護roo

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

    高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの悩みはどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
    • 人間関係で悩まない!
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の復職のポイント
    • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

    掲載サイト一覧