看護師給与に含まれる手当て

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師給与の問題点

看護師の給与は高く待遇もいいというのが世間一般の認識ではないかと思います。確かに看護師の給料の相場は月30万円~35万円程度(平均年収約470万円)ともいわれています。

ただ、看護師の仕事は非常にハードで高額と言われている給与でも仕事内容を考えるとまだまだ低いというのが実情のようです。また、賃金上昇を表す昇給率カーブがなだらかなことからも判るように昇給率が低い、給与のなかで基本給の占める割合が低いなどの問題点が指摘されています。

その他にも看護師の給与には勤務先の規模や勤務地域(都道府県)による格差が大きいという問題もあります。看護師の平均年収が500万円を軽く超える都道府県もあれば逆に400万円に満たない都道府県もあり、同じ看護師の仕事をしていても年収に100万円以上もの格差が生じています。

諸手当が看護師の給与を高くしている

看護師の給与が高い割に基本給の占める割合が少ないということは、その分諸手当が占める割合が多いということで、特に看護師の給与は手当ての種類も豊富です。

看護師の給料の手当項目を見てみると賃貸住宅の費用を補助する住宅手当や交通費を補助する通勤手当だけでなく、超過勤務手当や家族手当、調整手当、役職手当、精勤手当、皆勤手当などがあります。その他にも看護師ならではの手当といえる資格手当や呼出手当、拘束手当、交替勤務手当、夜勤手当、深夜勤割り増し手当、休日勤務手当、休日勤務割増し手当などもあります。

これらの手当がすべての病院で支払われるわけではないようで、支給やその金額が法律で義務づけられている手当もあれば、病院などの雇用側が自由に支給の有無、金額を決定できる手当もあります。

割増しが義務付けられている手当

看護師の給与には数多くの種類の手当がありそのほとんどが病院などの雇用側が金額を決定していますが、中には手当の支給額について法律で定められているものもあります。

看護師に限らず、1日の労働時間は法律で8時間以内(週40時間以内)と決められていますが、これを超える労働は時間外労働(残業)となり一定割合を割増しした賃金を支払わなければならないことになっています。(労働基準法)看護師の場合交替勤務でよく深夜も働いていますが、これらの深夜労働(PM10:00~AM5:00)に対しても割増し手当の支払いが法律で規定されています。

本来は法律でも規定されている時間外勤務手当ですが、施設によっては時間外労働に対して賃金を支払わないサービス残業を強いるところも少なくないようですので転職の際は要注意です。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧