[ 記事作成日時 : 2013年8月6日 ]
[ 最終更新日 : 2020年1月25日 ]

献血センターや赤十字血液センターで働く看護師の仕事内容

献血センターの看護師

献血センターの仕事内容は?

看護師の仕事の中には透析看護師、手術室看護師、あるいは献血ルームや献血センター、献血バスで献血を行うなど、専門スキルに特化したものもたくさんあります。

献血センターでの仕事内容はもちろん献血が主なものですから、注射が得意な看護師には向いていると思います。

最初に血液提供者(ドナー)に対して問診などを行い、医師が適否診断を行って「適」となれば採血キットを用意し、穿刺ということになります。

採血中はドナーの状態をよく観察し、無事に採血が終わるように気を配ります。終了後、休憩と水分補給を促すのも看護師の役割のひとつです。

献血センターなどでの仕事は夜勤がありませんので、現在子育て中で夜勤ができないといった人が勤務するには理想的な労働環境だと思います。

赤十字血液センターの求人

日本赤十字社の茨城県赤十字血液センターでは看護師を随時募集しており、勤務先は水戸市、日立市、土浦市、つくば市にある献血施設となります(異動あり)。

仕事内容はドナー(献血者)からの採血と接遇および関連業務で、正社員の月給は198,300円以上(経験により加算あり)、この他に各種手当が支給されます。

勤務時間は水戸・土浦の移動献血勤務の場合が8:30~17:00、水戸・日立・つくばの献血ルーム勤務の場合が9:30~18:00となっていますので、子育て中などで夜勤をできれば避けたい看護師などには格好の求人先ということができます。

年間休日は122日間ありますし、健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金、同基金、制服貸与など福利厚生の点もしっかりしていますので、堅実な転職先を探しているのであればぜひ応募してみたいものです。

出勤が10:30の献血ルームも

パートの仕事が希望というのであれば、同じ日赤の水戸献血ルームまたはつくば献血ルームでも看護師の募集を行っていますので、興味のある人は問い合わせてみるといいのではないかと思います。

准看護師の資格でも応募することができます。

勤務時間は9:30~18:00で給料の方は日給制で8,800円、交通費も実費が支給されます。

役割は採血者からの採血と接遇で、簡単なパソコン操作を行うこともあります。

また、大阪府赤十字血液センターでも阪急や西梅田などにある献血ルームに勤務する看護師を随時募集し ています。

献血ルーム勤務は出勤が10:00(まいどなんば献血ルームは10:30から)ですから、朝、子どもを幼稚園や学校などに送った後でも余裕を持って出勤することができます。

3月は内定辞退や急な退職で追加募集が増える時期

4月入職予定者の内定辞退や家族の転勤や進学による引っ越し、転職を決めかねていたスタッフの退職の申し出などが多くなります。その為、予定人員が確保できなくなり急遽、追加募集をする医療機関が増える時期です。

また、3月末退職予定者が有給消化のため出勤しなくなり、実働スタッフ数が減るため3月中に入職できる看護師を探す職場も出てきます。「3月からでは、もう4月入職に間に合わない」「いい求人はもう残っていない」と考えるのは早計です。

まだまだ、新しい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されます。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。今すぐ登録しておけば、まだ4月入職にも十分間に合います。