美容外科で働く看護師の給料事情に迫る!高いのはなぜ?有名クリニック給与ランキングも紹介

  • no image0
  • LINEで送る

一般的な病院で働く看護師の年収は、およそ470~480万円を推移しています。

労働者全体の平均年収が432万円、女性では300万円にも届かないことを考えれば、これでも高額収入の職業であるといえることがわかります。

その中でもたびたび話題になるのが、美容外科クリニックの看護師の給料です。

大規模な病院勤めの看護師と比較しても、破格に高額であるということが言われますが、いったいどれだけの額になるのでしょうか。

また、なぜ美容外科はそれほど給与が支払えるのでしょう。ここでは美容外科の看護師の給与事情について、高額化する理由とその実情について解説していきます。

そもそも美容外科は一般病院と何が違うの?

美容外科の求人を見ると確かにその多くが、「日勤のみ」でありながら、基本月額が30~40万円中には50万円以上というところさえ見られます。

普通診療を行っている病院では、どれだけ大病院でもなかなかこれほどの高待遇は見つかりません。美容外科はなぜこんなに給料が高いのでしょうか。

美容外科の定義

美容外科とは形成外科の一分野に属しており、一般的にいわれる「美容整形」の手術を行う病院やクリニックを指します。

美容外科の施術のもととなっている「美容外科学」では、医学上の欠損や変形の矯正を行うのではなく、基本的には美意識に基づく「見た目の改善」を目指す臨床医学の一つとされています。

容姿を整えるということが目的となっている美容外科では、二重まぶたなど目元の手術、鼻を高くしたり鼻筋を細くしたりする手術、あごや首のたるみをとるフェイスラインの手術、腹部や臀部の余分な脂肪を取る脂肪吸引、乳房の形を整える、または形成する手術、レーザーによるしみやあざの除去といった施術が行われます。

また最近人気のプチ整形といわれるコラーゲン、ヒアルロン酸、ボトックスの注入のほか、肌全体のアンチエイジング術なども美容外科のメニューとなっています。

さらに、わきがや多汗症の治療、女性器の形を整える婦人科形成も美容外科の分野となります。

美容外科でも「○○整形外科」「××形成外科」といった名称で看板が出されている場合もありますが、本来の「整形外科」は骨や関節、筋肉、神経など運動をつかさどる部位の機能障害を治療する医療機関です。

美容外科と呼ばれる分野は、機能的な異常や障害を扱うのではなく、個人の意志による施術や治療を行います。

美容外科は自由診療

それでは一般的な整形外科や形成外科との違いは、どこにあるのでしょうか。もっとも大きな違いは、美容外科が「自由診療」であることです。

自由診療は主に厚生労働省が承認していない治療や薬を使用する際の制度ですが、美容外科の場合も健康に関わる治療でないことから自由診療とされています。

自由診療では公的保険がきかないため、全額自己負担となります。

また診療報酬制度が適用されておらず、医療スタッフの配置やベッド数などについても一般の病院の規定数とは異なります。

診療にかかる費用は患者の10割負担となりますが、診療報酬で制限されていないため、美容外科の施術は施設で自由に設定できるのが特徴です。

もちろん、美容外科にも医療法や医師法に定められた規定はありますが、一般的な病院で行われる診療よりもずっと自己裁量が広いことには間違いありません。

施術に制限がなく化粧品の販売も自由

自由診療である以外、ほかの病院では見られない特徴として、サービスの提供に制限がないということが挙げられます。

もともと、身体に健康上の問題があるわけではないため、「治療」という概念から外れます。

「治す」ために通うのではなく、個人的な満足感を得るために通院するのが美容外科です。普通の病院ならば、回復というゴールがありますが、美容外科にはそれがありません。

従って、美容外科を訪れる「患者」が満足するまで施術を続けることができます。

美容外科では「患者」というよりも、サービスを受けに訪れる「顧客」といった方が正しいのかもしれません。

「顧客」の希望があれば、美容外科ではサービスを提供し続けることができます。

また美容外科では診療の延長上として、ドクターズコスメなどの化粧品を販売することが可能です。

「患者のために、療養の向上を目的として行われるもの」であれば、そうした商品の販売には問題ないとされています。

サービス提供の回数や期間に制限がなく、物品の販売が比較的自由であることなどは、美容外科の大きな特徴といえます。

美容外科の看護師の給料が高い理由

美容外科の運営が、いろいろな点で一般の医療機関と異なることがわかってきました。

美容外科で働く看護師の給料が高いのには、こうした背景が関係していますが、そのほかにも理由があるようです。

自由診療や経営の状態が給料に反映される

一般的な病院では診療報酬制度によってさまざまな制限を受けるため、勝手に収益を上げる施策を打つというわけにはいきません。

しかし医療保険の適用から外れており、診療報酬による制限のない美容外科では、提供するサービス内容やメニュー価格の設計によって経営状態をコントロールすることができます。

もちろん同じ施術に対して極端に高い価格設定をしてしまうと、顧客がほかのクリニックに流れて競争に負けてしまう可能性があります。

美容外科は縛りが少ないだけに、逆に競争は激化してきます。しかし、腕さえ良ければ多少料金設定が高くても、顧客は集まります。

信頼のおける医師の手で、確実に美しくしてもらいたいというのは、美容外科を訪れる客がもっとも求めるところです。

美容外科では一般的な病院の運営とは違い、事業所全体の収益が看護師の給与に反映されやすいといえます。

美容外科にはノルマがある?

自由診療である美容外科には、一般企業の営業と同じく売り上げ目標があります。

診療報酬が定められている普通の病院ではほぼなじみのないことばですが、サービス業の性格が強い美容外科ではある意味当然とされています。

企業の営業では売り上げ達成のために、個人のノルマが課せられるという話をよく耳にしますが、美容外科の中には看護師にもノルマのあるところも見られます

美容外科の運営体制としては、大きく3つのタイプがあります。

  • 個人に売上目標としてノルマが設定されている
  • 全体の売上目標は設定されているが個人のノルマはない
  • 明言はされないがノルマの達成が雰囲気的に求められる

美容外科の看護師で「年収1,000万円以上が可能」とうたわれている求人では、ノルマが設定されているケースが多いようです。

またノルマ達成の雰囲気があるというのは、明確な指示がないけれど個人の売上順位が貼りだされるなど、実質的に求められているケースを指します。

美容外科の収入を押し上げる報奨金制度

もうひとつ一般的な病院にはない、美容外科の特殊なシステムとしてあげられるのが、報奨金制度です。

報奨金は普通の病院で給与に付加される手当とは、まったく種類が異なるものです。

報奨金については、その事業所によって支給の基準が異なりますが、基本的には全体の売上が良好な場合にその一部がスタッフに還元されます。

業績が上がるほど、スタッフに支払われる報奨金も高額になるというシステムを設定している美容外科は多いようです。

仕事に対するモチベーションとなり、スタッフが一丸となって良質なサービスの提供を目指します。

またノルマ達成に対しての歩合制や、顧客からの指名数によって報奨金が定められているという事業所もあります。

一般的な病院では、日常的な業務への頑張りが長期的な観点で昇格や昇給に結び付くことはあっても、毎月の給料に反映されることは考えられません。

自分の頑張りようが収入に直結するという、医療業界では非常にめずらしいシステムこそが、破格の収入に大きく関係しています。

接遇スキルが高給に導く指名制度

美容外科によっても異なりますが、顧客が担当看護師を指名できる制度を導入しているところもあります。

美容室や飲食業などでは良く見られる制度ですが、一般の医療施設ではまずあり得ません。しかし美容外科は個人の容姿に関わる、とてもセンシティブな場所です。

自分が思い描く理想の姿となるための施術に関し、適切なアドバイスをくれる信頼できる看護師を指名したいと願うのも当然です。

親身になって相談ができる心地よい対応や個人的な相性の良さなどから、多少の指名料を支払ってでも担当してほしい看護師を選択できるのは、顧客満足度を高めるために有効なシステムといえます。

指名料は施術料とは別料金となり、指名された看護師の給料に反映されます。

看護師には必須といわれるコミュニケーション能力や美容外科に関する学習の成果が、直接的に自身の収入に加算されるのは喜ばしい限りといえるのではないでしょうか。

高い給料は欲しいけれど…気になるノルマについて

日勤だけの仕事をしていて1,000万円を超える収入となるような仕事は、看護師としてほかにはまず見当たりません。

しかし気になるのが、ノルマや報奨金です。美容外科の看護師には、いったいどのようなノルマが課せられるのでしょうか。

施術のカウンセリング時のノルマ

顧客に対して看護師がどのような提案をし、それに従ってどのような施術が行われたかによって美容外科の売上は大きく変わります。

先にもあったように美容外科は「治療」するための場所ではなく、見た目の「満足度」を得るための場所です。

そういう意味では「顧客満足度」を追求する、究極の職場ともいえるでしょう。訪れた顧客に対して、どんな提案ができるのかは看護師のカウンセリングの腕にかかってきます。

施術についてのノルマがある美容外科では、看護師が顧客に提案して契約した施術や治療の合計金額を基準とします。

顧客の希望を満たし、なおかつさらにその上を行く満足度を提供するために、どのような施術が適当かを説明し、納得を得ます。

そうした美容外科では上位に入った看護師に対して、順位に応じた割合で報奨金が付与されるシステムが多いようです。

また美容外科オリジナルの施術や、季節ごとにピックアップされた施術を多く売り上げることで、評価が上がるというケースもあります。

適切なカウンセリングが行われ、施術に対する顧客の満足度が高ければ、次回の指名にもつながります。事業所のためだけではなく、看護師自身にも大きなメリットとなります。

美容外科の経営に関わる主体的な部分だけに、カウンセリング時の営業に力を入れている事業所は多いようです。

物品の販売ノルマ

美容外科の多くが、保湿機器やマッサージ器具などの美顔アイテムやドクターズコスメなどの化粧品を販売しています。

待合室や窓口付近に陳列しているだけの美容外科もありますが、施術後のケアとして積極的に販売をしているところも少なくないようです。

これらの物品の販売についても、看護師のノルマとなっている事業所があります。

ドクターズコスメや美容機器類は原価率が低く、売れるほど美容外科の収益に大きく貢献します。

看護師に対してはノルマの達成率や販売数に応じた歩合給が給料に反映されたり、販売への貢献度によって報奨金が支給されたりします。

「ノルマなし」と求人条件にあっても、実際には販売数によって報奨金が支給されていることもあるようです。

確かに明確なノルマではないにしても、売上がある看護師とない看護師では、給与の手取り額が大きく変わってくるため、無視できない問題です。

一般の病院で勤めてきた看護師の中には、営業に拒否反応を示す人も多いようです。

しかし担当している顧客に対して、施術後の自宅でのケアに商品を勧めるとすんなりと購入してくれるという場合が大半だといいます。

カウンセリング時の接客の良し悪しが、最終的には商品販売についても影響を与えるということのようです。

どのくらいの美容外科でノルマがあるの?

先に運営方針には3つのタイプがあることを紹介しましたが、実際にはどの程度の美容外科がノルマを設定しているのでしょうか。いくつかの例を見てみましょう。

大手美容外科クリニックの体験談

  • 売上目標:あり
  • 個人の売上ノルマ:なし
  • 報奨金:あり

大手美容外科は全国展開を行っており、店舗ごとに年・四半期・月・週などの売り上げ目標が置かれています。達成されるとすべてのスタッフに報奨金が支給されますが、売上の歩合ではなく、年次に合わせたものとなっています。

経営側から看護師に対してノルマの強制はなく、また売り上げについての圧力もあまりありませんでした。年に1度、各看護師の提案からの売り上げ合計に対し、上位5名まで賞金がもらえます。しかし、日常的にはあまり意識せずに働くことができて、逆にのびのびと業務に集中できたと思います。

中規模美容外科クリニックの体験談

  • 売上目標:あり
  • 個人売上ノルマ:なし
  • 報奨金:あり

首都圏を中心に展開する、中規模の美容外科チェーンです。全体の売上目標はありましたが、個人的な売り上げノルマは設定されていませんでした。しかし月に1度ミーティングが行われ、その中で売り上げ順位が発表されたり報奨金が支給されたりしていたため、売り上げを意識せざるを得ない雰囲気でした。

個人の売り上げを上げるためには、接客スキルや施術スキル、美容外科についての知識が必要となるため、新人のうちは報奨金獲得が難しく感じられました。勤務が長い看護師ほど、高額の施術を行う顧客の担当を任されるため、売り上げ順位もほぼ年次通りになることが多かったようです。新人でも積極性のある看護師は、報奨金獲得に意欲を燃やしていました。

個人経営の美容外科クリニックの体験談

  • 売上目標:なし
  • 個人売上ノルマ:なし
  • 報奨金:あり

カウンセリングを行うのは、受付を兼ねた専任のカウンセラーでした。売り上げ目標は医師とカウンセラーが立てており、看護師は施術の補助やレーザー照射を行うくらいでした。一応、クリニックオリジナルのドクターズコスメや脱毛などのキャンペーンについて勧めるようにいわれていましたが、特にノルマはありませんでした。

事業所全体で月の売上げを達成するとスタッフ全員に報奨金が支給されました。また個人売上げの高い看護師には、報奨金も支給されました。日常的には看護師に対しての、ノルマや販売などへの圧力はまったくありませんでした。

美容皮膚科の体験談

  • 売上目標:あり
  • 個人売上ノルマ:なし
  • 報奨金:あり

美容皮膚科をメインとする個人経営のクリニックです。毎月の売り上げ目標は伝えられていましたが、個人のノルマがなかったため、意識していたスタッフはあまりいませんでした。売上目標が高めに設定されていたため、いつもそこそこの成果でしたが、たまに達成できると、スタッフ全員に達成額を超えた部分を一律支給してもらえました。

報奨金がもらえると嬉しかったですが、どちらかというとかなりゆるい感じで設定されていたと思います。ノルマがないのが気楽でした。

皮膚科保険診療メインの美容外科の体験談

  • 売上目標:なし
  • 個人売上ノルマ:なし
  • 報奨金:なし

美容外科ではありましたが、内容的には保険診療がメインとなっていため、売り上げ目標もスタッフには伝えられていませんでした。ただ看護師長だけは、売り上げノルマがあったと後から聞きました。報奨金も一般スタッフにはありませんでしたが、全体的に経営状態が良いと金一封が院長から支給されました。

体験談を見ると、強制的に個人にノルマを設定している美容外科はそれほど多くはないといった印象があります。

ただ、顧客がついていたり商品の販売数が多かったりする看護師と、そうした売り上げの無い看護師とでは、収入に格差が生まれ、院内での扱いも多少変わってくるようです。

本人がどう考えるのか、働く場所をどう選んでいくかといったところで収入にも違いが出てくるといえます。

一般病院から美容外科に転職した看護師の体験談

一般的な医療施設から美容外科に転職した場合に、大きな違和感などはないのでしょうか。

総合病院から転職を果たした看護師の例を見てみましょう。

現在31歳で、2年ほど前に総合病院から美容外科クリニックへと転職しました。急性期病棟では患者の生命と向き合い、昼夜を問わず業務に飛び回る生活に充実感はありましたが、30代を前に体力・精神力ともに不安を覚え始めました。特に辛かったのは、懇意にしていた患者の死でした。

精神的な落ち込みからの立ち直りに時間がかかり、続く夜勤で体力が奪われるのを感じました。思い悩んだ末、転職先として選んだのが美容外科クリニックでした。夜勤がなく、人の死に関わることもなくなる上、人の喜ぶ顔が見られるというのがもっとも大きなポイントでした。

ほかの仕事を考えないわけではありませんでしたが、前職での収入は年収で450万円。このレベルを落とさないようにするのは、やはり看護師以外にはないと思いました。転職エージェントに登録すると、すぐに条件に合うクリニックを紹介されたのですが、その高額の待遇に驚きました。夜勤がないのにいずれも800万円以上、中には1000万円を提示するクリニックもありました。ただ転職エージェントの担当者からノルマの話を聞かされ、そうした営業の経験がないことに不安を覚えて、条件にノルマのないことを付け加えました。

提案された求人の内容では、ノルマの有無で月収にかなり差があったようです。

例えばノルマなしのクリニックでは基本給が月35万円でしたが、ありでは50万円。あくまで基本給なので、これに各種手当が付きます。

ノルマなしでも十分に前職を上回るということで、選んだ病院でしたが、実際には「ソフトなノルマ」が待ち受けていました。

個人的には数字を負わされるわけではなかったようですが、個人の売り上げが月ごとに公表され、報奨金が支給されたようです。

最初こそ戸惑いましたが、もちまえの接客スキルによって次第に報奨金を獲得する機会が多くなってきました。ポイントは「押し付けの営業」ではなく、相手をよく観察した上での適切な提案をすること。業務上で一般病院のとの違いに、いち早くなじめたことも成功のカギとなりました。

まず、接する相手を患者ではなく、「お客様」として扱うこと。病気の治療の場合には、医師が方向性を決めていきますが、美容外科での主導権は顧客にあります。こうした違いに的確に把握しどのような施術をしたいのかなど、顧客が求めていることに対して、きめ細かな対応ができれば必然的に売り上げにつながります。

美容外科では看護師に求められる役割が、病院とは変わってきます。自分がそこで何をすれば良いのか、どのような気遣いが求められるかを知れば、美容外科で頼りにされる看護師になれるはずです。

好条件の待遇にひかれて、美容外科を転職先に選ぶ看護師は少なくありませんが、一般の医療施設とのあまりの違いになじめず、辞めてしまう看護師もいるようです。

こちらの看護師さんの場合は、もともと患者とのコミュニケーションをとるのが得意ということもあり、親身になってカウンセリングができたことが美容外科にマッチした要因といえます。

また自分も美容に興味があり、施術に関しての知識の吸収を楽しみながら、仕事ができているといいます。

有名美容外科の給料ランキング

最近は美容外科にも大小さまざまな規模があります。ここでは美容外科の具体的な、給料事情をランキングで紹介していきましょう。

1位:品川美容外科

報奨金・インセンティブありとなっているため、営業ノルマがある可能性があります。

初任給として月額給与は36万円、単純計算では36万円×12ヶ月=432万円ですが、実際にはさまざまな加算がつけられるようです。

実際に1年目の看護師であっても、月給45万円くらい出るといわれているため、1年目でも年収が500万円以上と考えられます。

口コミでも給料の高い美容外科として高く評価されています。

2位:湘南美容外科

初任給は品川美容外科と同額の、月額給与36万円となっています。報奨金・インセンティブ面で多少落ちるようです。

年収は最低でも432万円ですが、全国展開をしている関係上、地方の給与はやや下がると考えられます。

年2回の賞与は、全体の業績次第となります。好調であれば年収は500万円以上も期待できます。

3位:高須クリニック

派手なCMで有名な高須クリニックも、初任給の月額給与は36万円です。特に報奨金やインセンティブの定めがないため、年収は432万円~という設定となります。

ただ求人では35~50万円と記載されているので、何らかの加算があると思われます。

口コミを見てもノルマの厳しさなどについてはあまり見られないため、職場としての雰囲気は悪くなさそうです。

4位:共立美容外科

上位3つのクリニックと比較すると、初任給の月額給与は27万円となっているため、やや見劣りします。

しかし業績による加算として、別途月数万円のインセンティブがあり、実際には30万円以下となることは少ないと思われます。

年2回の賞与があるため、450~500万円ほどの年収になると予測されます。

またこのクリニックでは、これまでの看護師の経験年数によって経験加算を付けているので、年次によっては27万円に大きくプラスがある可能性が高くなります。

5位:大塚美容形成外科

基本給は20~25万円と、一般的な病院並みですが職務手当が定額で10万円となっています。そのため月額では30~35万円と悪くはありません。

また皆勤手当て5,000円や、家賃補助2万円など、公務員並みの手当が付いています。

賞与は年2回で計3ヶ月分ですが、前年度実績を踏まえているため、高額化していける可能性があります。

公表されている給与金額を見ると、800万円、1,000万円というほど高くはない印象があります。

しかし実際に内部で働いている看護師の声からは、かつての急性期病院から倍増した、夜勤なしでも200万円の上乗せになったという話が聞こえてきます。

病院にはないインセンティブや報奨金により、提示されている以上の給与がもらえる可能性があるようです。

美容外科への転職を成功させるために

一般的な医療機関との違いを把握しておく

日勤のみで給料が高い、というだけで美容外科に転職してしまうと、業務内容の違いに戸惑うことになります。

美容整形と聞くと命の危険がなく華やかなイメージがありますが、自由診療が行われる現場はサービス業としてのシビアな一面があります。

看護師に対しても、病院のような看護ケアのみが要求されるわけではなく、接客やときに営業といったこれまでの業務とはかけ離れたものが求められます。

そうした違いや自分の適性を見誤ると、せっかく入職しても短期間で辞めてしまうことになりかねません。

待遇の良さに目を奪われることなく、美容外科で行われているサービス提供について、よく研究してから転職を検討することが大切です。

高給の内容をよく確認する

美容外科の看護師の給与事情を見ると、基本給は一般的な病院と変わらなくても、営業ノルマや販売ノルマ、指名料などによる歩合給を含めることで、月給や賞与が高くなっているという傾向が見られます。

極端に高額な収入を提示されているときには、必ずそうしたノルマや報奨金の制度を確認する必要があります。

営業・販売ノルマや指名料はすべての美容外科にあるわけではありませんが、明らかにされていなくても、それに近い制度があるかもしれません。

中には幸運にも歩合給制度がないにも関わらず、基本給が高く報奨金が支給されるという事業所も見られます。

ただそうしたところでは顧客が富裕層であるなど、接遇やマナーが厳しく、看護師に対しても高いレベルが求められると考えられます。

高い額の給与が掲載されていると、つい心惹かれてしまうのは理解できますが、その理由をきちんと把握しなければ思いがけない失敗をしてしまうことになります。

慣れない営業活動や苦手な接客を強いられることのないよう、予めよく確認しておかなければなりません。

わかりにくい美容外科の情報を得るには転職サイトの活用がおすすめ

診療報酬制度で制限される病院とは違い、その美容外科がどのような方針で運営されているのかにはかなりの幅があります。

歩合給の有無や、基本給とのバランスは、それぞれの美容クリニックで設定が異なります。一般的な病院以上に、人情報を見ただけではなかなか判断しづらいと言っても良いでしょう。

ノルマについての現実的な扱いも、求人票には現れません。個人での転職活動に不安がある場合には、ぜひ転職サイトを利用してみてください。

転職サイトのエージェントを通せば、外部からは見えにくい美容外科の内情について情報を得ることができます。

さまざまな事業所の詳細条件を一括で提供してもらえるため、比較も容易です。

また自分が看護師として美容外科業界の適性があるのかといった、根本的な部分についても相談できます。

大規模な急性期病院で経験を積んだ看護師であっても、美容外科についてはまったく知識がなくて当たり前です。

経験豊かで実績のあるエージェントから、信頼性の高い情報を得ることで、自分に合う美容外科を探し出すことができるでしょう。

給与面と働く条件面で照らし合わせ、間違いのない職場選びを実現していきましょう。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧