救命救急センターの看護師として働きたい!適性や仕事内容を紹介!

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

救命救急センターの看護師って、どんな仕事をしてるの?

転職して、ずっと憧れだった救急看護師になりたい!

救急は部署のなかでも人気が高いため、働きたくてもなかなかチャンスがないという看護師さんも多くいます。この記事では救急看護師のやりがいや苦労、給与事情、求人の探し方について紹介。救急看護師を目指している方は、ぜひご覧ください。

救命センターの看護師の役割と仕事内容

救命救急センターは二次救急で対応できない重症患者を受け入れます。一次及び二次救急の急患も診察するため、患者が途切れることはありません。

救命センターの患者は、集中治療室への入院が必要な方ばかりです。看護師は心肺停止の患者の救急蘇生の処置や、骨折の応急処置、頭部外傷など緊急性の高い対応をします。患者とその家族のサポートも、看護師の大切な業務

運ばれてくる患者の多くは突然容体が急変した方や、不慮の事故に遭った方なので、精神面のケアが必要です。患者に寄り添い、不安を取り除くことが求められます。

救命救急センターのなかには、とくに高度な診療を提供する「高度救命救急センター」があります。高度救命救急センターは重症急性中毒症や重症熱傷症など、特殊疾病の患者に対して高度な医療を提供する医療機関です。

ここで働くナースには、強い精神力と体力、スキルが求められます。24時間体制で救急車を受け入れるので、一瞬でも気を抜けない状況が続くでしょう。

救急看護師のやりがいってなに?

救命救急センターで働く看護師がもっともやりがいを感じるのは、患者さんの容態が好転し、救うことができたときです。

いつ、どんな状態の患者が運ばれてくるかわからない環境だからこそ、現場には常に緊張感があります。決して楽な仕事内容ではありませんが、やりがいや達成感があるからこそ頑張れるという看護師は多いようです。

また、救急救命センターでは医師、看護師以外にも臨床工学技士などたくさんの職種の方が働いています。患者を救うという一つの目標に向かって一致団結できるという点も、やりがいを感じるポイントでしょう。

救急看護師の大変なことってなに?

救急センターで働く上で大変なことは、強い精神力と体力が求められるという点です。患者のなかには、直視できないほどの重傷を負った方や、心肺停止状態で運ばれてくる方もいます。その場で死亡確認が行われることも珍しくないため、精神的に滅入ってしまう方もいます。

また、救命救急センターで働いていると、忙しいときは食事やトイレに行く時間もありません。常に冷静に対応できる精神力と、激務にも耐えられる体力、この2つが求められるのが救命救急センターで働く看護師なのです。

救命ナースに必要な知識と精神力

救命ナースには、一般病棟よりも豊富な知識と強靭な精神力が求められます。 24時間365日、予測不可能な患者が訪れるため、臨機応変な対応力も求められます。 心肺停止や呼吸困難など、緊急度の高い状態の患者が搬送されたり、入院中の患者が急変した場合、正しく状況を理解し、何をすべきかすぐに判断する必要があります。日頃から処置の方法を学んだり、研修に参加し知識を増やすことが重要です。

なお、看護処置のポイントは「救命救急ケアマニュアル」や「最新救急・重症集中治療ガイドライン」などのテキストに詳しく記載されているので、必ず熟読しましょう。

はじめの頃は刻一刻と変わる周囲の状況に圧倒され、何もできなかったという看護師もいるようです。救命医ですら、足や腕を切断された患者が運ばれると戸惑うことがあります。 救命看護師は深刻な多発外傷から目を背けず、ドクターの補助に徹することが第一の使命です。

工場地帯を有する地域の救命救急センターにおいては、重症外傷を負った患者が搬送されることがよくあるため、看護師にはより強靭な精神力が求められます。

「精神力が強い人」というと、気が強いナースを思いうかべがちです。しかし救命救急センターには穏やかなナースもたくさん働いています。性格だけで向き・不向きは判断できないといえるでしょう。どのような性格であれ、いかなる患者が搬送されても受けとめられる度量の深さを持つ人でなければ勤まらない部門であることは確かでしょう。

救急看護師になるにはどうしたらいいの?

救急看護師はどこで働けるの?

救急看護師になるためには、まず「どの規模の救急センターで働きたいか」を検討しましょう。

1次救急は、おもに開業医や地域の休日夜間急病センターが担っています。そのため救急看護師として働くためには、最低でも2次救急か3次救急を扱っている病院に就職する必要があります。2次救急は24時間体制で手術設備も整っている一方、医師は専属ではなく、所属している医師が輪番制で担当します。

3次救急は24時間体制で、2次救急では扱うことが難しい重篤な患者を受け入れることができる救急救命センターを完備しています。所属する医師は救急専属です。救急看護師を目指す方は、2次、3次のどちらで働きたいか選びましょう。

他の科目からの転職はできるの?

「救急の経験はないが、転職して救急看護師になりたい」と考えている方もいるでしょう。決して不可能ではありませんが、ハードルはかなり高いでしょう。なぜなら救急看護師は、すべての診療科に対する一通りの知識はもちろん、どんな状況下においても冷静に対応できる判断力、体力が求められるからです。

医療機関側も未経験者の採用はためらう可能性があります。転職活動の際は、面接などの場において「なぜ救急をやりたいのか」「どれだけやる気があるか」といった点を積極的にアピールすることが大切です。また、救急救命センターのみ募集している職場はまずないため、看護師向けの転職サイトで求人を探すことをおすすめします。

救急看護師の給与はいくら?

救急看護師の給料は、常勤(夜勤あり)の救急外来の平均年収は501万円ほどです(『看護roo!』参照)。病棟の平均年収が483万円であることを考えると、年間約20万円ほど高いことがわかります。

これは通常の給料に加えて、残業手当や救急センターの看護師にのみ支給される手当が加算されるためと考えられます。一部の病院では「特殊業務手当」を支給したり、オンコールを導入している職場では「オンコール手当」を支給しているところもあります。より高収入の職場に転職したい方は、残業代や各種手当の有無も確認するようにしましょう。

救命救急センターで働くための資格とスキル

ここからは、救命救急センターで働くために必要なスキルや資格を紹介しましょう。

技術面では心肺蘇生術であるBLS(一次救命処置)やACLS(二次救命処置)、頭部外傷であれば意識レベルの確認や止血、包帯法、骨折時の応急処置があります。そのほかにもスピードと正しい判断力、体力も求められるでしょう。

救急対応では、まず気道が確保できているか、呼吸に異常はないか、脈や顔色、意識レベルを確認し、即時評価を出します。次に応援要請をしますが、ポイントとしては自分の名前、部署、場所、状況、何が必要なのかを伝えます。こういった対応も即時できるようにします。

スキルの習得は、基本的には本人の努力次第です。激務のなかでも継続して学ぶ姿勢が大切です。搬送されることが多い疾患に関しては、病態や検査、治療、看護での対応などをまとめておくと、次回同じことが起こったときにすぐに対応できるでしょう。

救命救急センターで有利な資格としては、救急看護の認定看護師や日本救急医学会が実施している「ICLSインストラクター」があります。 トリアージや救命技術のスキルに関しては、日本救急看護学会が実施している「トリアージナース育成研修会」や「外傷初期看護セミナー(JNTEC)」などに参加し、技術を習得するのがおすすめです。

救命看護師の適性は自分にはわからないもの

命をつなぐ最前線に身を投じることは、看護師冥利に尽きます。しかし憧れだけで救命救急センターの仕事が務まるかどうかは別問題です。

不本意な異動で救命配属となったナースでも、向上心をむき出しに踏ん張れるタイプの方は、救命看護師の適性を見出すことができます。とりわけ手術担当の看護師は、ハングリー精神が欠かせません。知識を吸収していくことも大切ですが、何より大事なのは、何事にも動じないハートを持っていることではないでしょうか。

救命救急センターを経験すれば、どの診療科でも勤まるだけの技量を身に付けることができます。特定の診療科にかかる患者を、区別せず対応するためです。救急外来を担当すれば、一般外来も難なくこなせるでしょう。

ICU・ACUの担当になれば、病棟勤務の復帰のハードルは下がります。救命看護師の魅力は、その汎用性です。救命救急センターという特殊な環境で働くことは、看護師としての能力を最大限に広げてくれるのです。

救命救急センターの看護師求人の探し方

救急看護師になるためには、救命センターに確実に配属される求人を探す必要があります。救急はあくまで病院の部署のひとつです。採用側の考えによっては、希望とは異なる部署に配属されることもあり得るのです。そのため救命救急センターで働くためには、救急看護師として働ける求人を見つけられるかどうかがカギとなります。

救命救急センターの看護師求人を探すために活用したいのが、看護師向けの転職サイトです。転職サイトを使えば、自分では交渉しにくい配属先についてもキャリアアドバイザー(転職コンサルタント)が交渉してくれます。救急看護師を目指す方は、まずは転職サイトに登録し、希望を伝えてみましょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

12月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

12月は冬ボーナス後の転職や年内の退職を考えている方の動きが活発になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧