看護師2年目で転職はあり?2年目の特徴と転職成功するポイント解説

  • no image0
  • LINEで送る

新卒から1年目は目まぐるしく、あっという間に過ぎていきます。気が付けばマンツーマンで教えてくれていた先輩は離れ、独り立ちを迫られる2年目。

看護師としてひと通りのことは過ごしてきていても、まだまだ新人の域から抜けたという自信はありません。しかし、2年目は転職への気持ちが揺らぐ時期でもあるようです。

2年目というある意味宙ぶらりんな経験の看護師でも、転職ができるのでしょうか。新人でも一人前ともつかない、2年目の看護師の転職について解説していきます。

2年目の看護師の特徴

2年目はとても複雑な時期ともいえます。プリセプティの立場を抜け、独り立ちを促されながらも、まだ完全に業務に精通しているわけではありません。

新人ではないけれど、看護師としての自信はいまだにあるとはいえないという人が多いのではないでしょうか。

看護師2年目とは、どのような状態にあるのでしょうか。その特徴について見ていきましょう。

2年目から3年目へのプロセスは複雑な心理状態

2年目になると、初めての後輩を迎えることになります。

新人に対する指導は当然ながら自分たちを離れ、新たな世代に注目が集まります。

それまで手厚く指導してくれていた先輩看護師たちも、新卒者への対応に追われるようになり、2年目の看護師は質問がしにくくなる時期でもあります。

実はまだまだ自信が持てない部分や、初めての経験も多く残っていますが、それでも新人時代のように気兼ねなく聞ける雰囲気ではなくなってしまうようです。

そのため技術や知識不足への不安を打ち明けられずに、独り立ちしなければならないという恐怖感にとらわれる看護師も少なくありません。

プリセプター役をしている先輩看護師を見ながら、「来年は自分がやらなくてはならないのか」という気持ちにもなります。

初めての後輩

一方、新卒で入ってきた後輩の側から見れば、1年上でも先輩は先輩です。病院内や業務上のことに関しては、先輩は知っていて当然と考えます。

年齢が近いこともあり、中堅の看護師には聞けないことも、2年目の先輩に声をかけやすいと感じるかもしれません。

当然、2年目の看護師が抱いている不安などは知る由もありません。

しかし頼りにされればされるほど、2年目の看護師にしてみれば不安が募っていきます。

本当は自分の方が先輩に聞きたいところを、何とか後輩の質問に答えます。

間違えていないか、そのたびに密かに確認し、正答だったことに胸をなでおろしたりしているのではないでしょうか。

上司や先輩からは、新人看護師への指導についても指示されますが、どのように指導すれば良いのかその方法がわからずに戸惑うケースもあります。

先輩らしさを見せたいと思っても、実質的な部分が追い付いていないと感じる看護師はかなりいるようです。

2年目以降は自主的な学習が必要

マンツーマンで指導してもらえなくなり、自己学習も集団研修もともに時間数が減っていると感じる看護師もいます。

1年目に対して、2年目の看護師の教育プログラムを組んでいる病院はあまり見られません。

1年目はフォロー体制もあり、学び方についても、ある程度先輩の指導を受けていれば、問題なく過ごせる場合が多くあります。

しかし、2年目からは自主的に学習に取り組まないと、誰も進行具合をチェックしてくれなくなります

看護師は資格を取ればそれで終わりではなく、また病院の仕事に慣れれば、生涯安泰という職種でもありません。

同じ疾患を扱っても、患者の年齢や条件によって症状は変わります。

看護師として成長するためには、引き続き学習をする必要があることは自身が一番良くわかっているはずです。

2年目の看護師は、外部からの手引きがなくなることで、勉強の仕方を自分で考えていかなければならなくなります。

責任が増大

1年目よりも重症患者を受け持つことが多くなり、次第にそれが常態化していきます。そのため緊張感や負担感を覚え、プレッシャーからストレスが強まっていきます。

一方でその日のシフトによって、チームリーダーを担うことも出てくるなど、自分の能力以上のことをしなければならない場面も増えていきます。

シフトの状況によっては、日勤のチームメンバーが1年目、2年目だけで構成される場合があるかもしれません。そうなると新人が頼りとするのは、2年目の看護師のみです。

2年目の看護師の肩には、大きな重責がのしかかることになります。

まだ自分のことでも手一杯な2年目の看護師にとって、頼られるのは嬉しさを感じる反面、重荷でもあるはずです。

役割と自分ができることの乖離

2年目になって、1年目の終わりには「できた」と思われていたことが、実は先輩のフォローあってのものだったと気づく場面も多々あります。

思っていたよりできていない自分を再認識して、辛くなるという声も多く聞かれました。

負担や責任は1年目とは比較にならないほど増大しているのに、それに見合った看護師に成長していない自分を感じて落ち込むこともあるようです。

また2年目として成長できていないのを指摘されるのが怖くて、先輩や上司に相談ができないという看護師もいます。

あいまいな状態のままで実践している業務もないわけではなく、今ひとつ自信につながっていないという状況が見えます。

2年目半ばを過ぎると自覚が芽生える

2年目の看護師は、その1年の間に大きな精神的な変化を遂げる可能性があります。

半年程度すぎると、先輩の手を離れた当初に比べ、自信を持って行える看護業務が増えていきます。

教えられた通り、またテキスト通りに行っていたことについて、「これはこういうことだったのか」という実践による理解が加わります。

看護への自信、患者対応や業務に対する余裕が見え始め、2年目の看護師としての役割も考えられるようになります。

責任感や達成感などが得られると同時に、「このままで良いのか」という自分の仕事についての模索が始まります。

職場の人間関係や労働環境、将来的なキャリアに関してもさまざまな疑問や不満がわいてくる時期でもあります。

ひとりの看護師として自分の力で成長し始める、兆しが見え始めます。

2年目の看護師が転職を考えるきっかけ

2年目の看護師が転職をするきっかけとして、どのような理由があるのでしょうか。主な理由について見ていきましょう。

後輩ができたことによるプレッシャー

2年目になったからといっても、いきなり指導体制が変わることについていけない看護師も少なくありません。

それまでの教わる立場から、聞かれる側への転換がうまくいかず、周囲の動きと孤立してしまうという場合も見られます。

特に人手が少ない、中堅看護師が足りていないという職場では、周囲から一人前になることを急かされて自分のペースを見失うという事態も起こります。

上からの圧迫と下からの突き上げに耐えきれず、ストレスが増大していくうちに、転職を考えるようになることは十分にあり得ます。

後輩ができるのはごく当たり前ですが、新人が入ると自分の立ち位置が変わったことを現実として受け止めきれないまま、状態の変化に戸惑うという看護師もいるようです。

業務上のプレッシャー

2年目になっても、業務になじめずに悩むという看護師は意外に多いようです。

採血や点滴といった基本的な処置がなかなかうまくできない、業務上の連絡ミスや記録もれなど失敗が続くと、職場に居場所がないと感じてしまいます。

看護師に向いていないのではないかと考え込んでしまいますが、もしかしたら職場のペースが合っていないだけかもしれません。

急性期病棟にはマッチしていなくても、慢性期や療養病棟であれば対応できることもあります。

看護師が働く場所は、それほど狭くはありません。自分の力が発揮できないと感じたら、別の方向性を探ってみるのもひとつの方法です。

1年で見えてきた職場のマイナス面

新人の頃は必死で多少のことには気が付かずにいたけれど、2年目を迎え、職場の「アラ」が見えてくることもあります。

スタッフ間で上下があるナースステーションや、医師のパワハラ、スタッフ同士のこぜりあいといった人間関係には、年次が進むほど嫌気がさしてくるはずです。

また2年目からは残業や時間外業務の割合も、各段に増えていきます。

1年目には感じなかったワークライフバランスの乱れや、サービス残業の多さなど、労働環境の課題も見えてくるかもしれません。

看護師に憧れ、業務を覚えるのに夢中だった新人時代を過ぎると、働くことへの対価を正当に評価してくれる職場へと目が向き始めます。

看護師の現実に目覚めるのも、2年目といえるのかもしれません。

仲の良かった同僚の退職

新人から一緒に支え合ってきた仲間が、結婚したり家族の都合などで異動したりすると、自分の職場について考え直すきっかけとなります。

たとえばほかの看護師が2年目で辞めてしまうと、「私も転職してもいいのだ」ということに気づきます。

そこに職場環境や人間関係の問題が重なれば、自分も転職でリセットしたいと思うようになる可能性が高くなります。

同期ではなくても、可愛がってくれた先輩の退職などが刺激になることも考えられるでしょう。

心のよりどころとなっていた人が退職したり転職したりすると、自分の心も揺れ動きます。

看護師としてのキャリアを再考する

2年目になり仕事が一巡すると、看護師としてのキャリアの見通しにも興味がわいてききます。

他の現場でキャリアを積みたい、この病院ではかなわない分野に進みたいと考えて、転職を検討する看護師も少なくありません。

よく3年目までは同じ職場で、とは言われますが目指すキャリアがその場所にないのであれば、早めの方向転換が必要です。

たとえば専門性の高い仕事であれば、若ければ若いほど習得が容易です。キャリアプランは自分だけのものであり、他人が口をはさむ問題ではありません。

2年目でもやりたいことが見つかれば、すぐに転職という手段で夢をかなえられる方向に進むのは決して悪いことではありません。

物理的に職場に通うのが厳しい

入職前は条件などの良さから通勤距離の遠さに目をつぶったが、1年通ってみてやはりこの先厳しいことがわかるということもあります。

実際、看護師の仕事は9時から5時の仕事とは違い、時間外まで延長してしまうこともしばしばあります。

2年目以降が1年目よりも早く帰れるようになるということは、まずあり得ません。

責任が重くなっていくとともに、帰宅の時間も不定になります。

看護師というただでさえ過酷な職業に対して、長い通勤で負担がかかるのは望ましくありません。

物理的な問題は、時が解決してくれるわけでも、労働環境の改善によって変えられるわけでもありません。

1年目で無理だと感じた時点で、早めに転職をする方が賢いといえるでしょう。

看護師2年目の転職は成功する?

本人が転職を望んでも、転職市場で2年目の看護師の需要はあるのでしょうか。

ここからは受け入れ先の事情をからめて、考えていきましょう。

マイナス要素は転職理由で打ち消せる

2年目ということだけで、採用を見送るという病院はまずありません。

基本的な看護師としての教育が終了している2年目の看護師は、即戦力としてはまだ多少力不足でも新卒のように一から教える必要がないからです。

不安な要素としては、「3年を待たずに辞めてしまったのはなぜか」「飽きやすく、辛抱できないタイプの人間ではないのか」という点があります。

これは、前職を短期間で辞めている看護師に対して必ず抱く懸念であって、特に2年目に限ったことではありません。

採用する側としてはできるだけ長く勤めてくれる人材を求めるのは当然であり、何が原因で職を離れることになったのかが大きな関心事となります。

そこをあいまいに伝えてしまうと、相手に不信感を与えます。

「求めるキャリアの方向性が違っていた」「1年勤めてみて、この先通勤が難しいと感じた」など、客観的にみて理解が求められるような理由付けをしていきましょう。

2年目の看護師の受け入れ先は多い

2年目は新人とは呼べませんが、完全に「固まった」人材でもありません。新たな職場の体制を、柔軟に受け入れられる余地があります。

先入観も少なく、採用側が必要とする人材に育て上げるのに適した世代です。

しかも、ゼロからの教育を必要としないので、その分のコストがかかりません。

2年目の看護師は自分が考える以上の、活用価値があるといって良いでしょう。

もしも転職を検討している場合に、「2年目の看護師を雇用するところがないのではないか」といった不安があるのならば、それは杞憂にすぎません。

看護師資格をもった人材が、現在の社会でまったく必要とされないというわけはないのです。

むしろ2年目ということが強みにできる可能性もあります。

ただし、豊富な経験を求めるような職場については、まだ難しいと思われます。

状況判断をしながら自分で動かなければならない現場や、高い精神力や人間力を必要とされる現場には、もう少し成熟してからチャレンジするのが賢明です。

自信をもって転職に臨もう

2年目の看護師の特徴でも述べていますが、この時期の看護師はとても微妙な位置にあります。キャリアと呼べるような経験もなく、ひと通りの基礎知識や技術はあっても、どこかに不安が残っている状態です。

しかし、1年間で身に付いたものは必ずあります。

新人とは違い、重症患者を任される機会も増え、また夜勤もこなしているはずです。

現在の職場の居心地が悪いのは、単に相性が悪いというだけのことかもしれません。そう考えれば、転職への自信もわいてくるでしょう。

病院によっては年次に関わらず、新入の看護師を丁寧に指導してくれるところもあります。そうした施設を転職先に選べば、逆に何でも質問しやすくなり、着実な成長が望めます。

2年目の看護師には、看護師としてこれからキャリアを積んでいくための下地があります。

後はしっかりと定着することができて、自分を伸ばせるような職場を探していくだけです。

看護師2年目でクリニックへの転職は可能?

1年間働いてみて、どうしても夜勤に身体がついていかないということが、転職理由となる場合もあります。

夜勤が続けられるかどうかは、体質にもより、夜勤ができないから看護師としてダメということはありません。2年目の看護師が、夜勤なしのクリニックに転職するケースについて見ていきましょう。

クリニックの仕事は病院よりも幅が広い

2年目の看護師が夜勤のないクリニックを転職先として選ぶ場合には、クリニックの特徴についてよく考えておく必要があります。

ある程度の規模のある病院とは違い、クリニックでは看護師の業務が多岐にわたります。

医療機関では規模が大きいほど分業化が進んでおり、たとえば大学病院のような職場では、看護師は診療科の中でも行う業務の範囲が定まっています。

しかし人手の少ないクリニックでは、看護師がさまざまな仕事をこなす必要があります。

クリニックの看護師の業務例としては、以下のようなものがあります。

  • 患者情報の管理
  • 呼び出し
  • 医師の診察・治療の介助
  • 健診業務
  • 採血・点滴・バイタルサイン測定
  • 電話対応
  • 受付業務
  • 薬剤・医療物品・その他の備品の在庫管理や発注
  • 清掃
  • 整理・片づけなど

たとえば大きな病院ならば、治療に使った後の物品処理は清掃担当者が行います。

しかしクリニックの場合には、看護師が汚染の恐れがないよう、きちんと処理をしなければなりません。

本来の看護師の業務内容の点では、2年目の看護師でも十分に務まるかもしれません。しかし、雑用を含めた多岐にわたる仕事をテキパキとこなせるかどうかには、適性があります。

またクリニックの場合、地元密着型が多いため、患者との関わりもより近しいものとなります。そうした付帯的なことも含めると、同じ2年目の看護師でも向き不向きは大きいといえるでしょう。

クリニックの診療科によっては技能が狭まる

今後もクリニックで働き続けるのであれば問題ありませんが、将来的に総合病院などに戻りたいという気持ちがあるならば、クリニック勤めは少し考えた方が良いかもしれません。

もちろんクリニックといっても、診療内容はさまざまですが、ある分野に偏っている場合、一般的な看護ケアの技能が狭くなる可能性があります。

総合病院にいれば汎用性の高い手技や知識が得られ、異動によっていくつかの診療科を経験する機会もあります。

しかしクリニックに長く勤めれば勤めるほど、知識や技能は制限されていきます。

看護師にとって2年目は、まだまだ成長過程にあります。

クリニックへの就職が良い・悪いということではありませんが、知識や技術を広げていく機会は、大規模な病院の方がずっと多いことを理解しておきましょう。

教育制度は期待できない

クリニックの場合、総合病院ほどそこで働く看護師の年次の幅がありません。人数も少なく、教育担当者がいるのは稀です。

元の職場では、新人が入って来たために先輩に質問しづらくなるということがあるかもしれませんが、クリニックでは元々人が少ないために応えてくれる人がいないという可能性もあります。

クリニックによっては医師が教育熱心で、しっかりとフォローをしてくれるというケースもありますが、そうした恵まれた環境はあまり期待できません。

クリニックの方が大規模な病院よりものんびりしていて、覚えることが少ないと考えていたら、逆に質問ができず困る場面が多くなる可能性もあります。

業務のやり方や、物品の位置程度は教えてもらえても、医療知識に関する教育は望めないと覚悟しておく必要があります。

2年目の看護師のクリニックへの転職は本人次第

2年目でもクリニック勤めができないということはありませんが、看護師としての技能の習得や成長という意味では、大規模な病院のようにはいきません。

クリニックでの仕事に何を求めるのか、また将来的にどのような看護師になりたいのかといった重視する点によるため、考え方は本人次第です。

たとえば美容クリニックのような、やや特殊な職場の場合、若年層を積極的に採用しているため有利になることもあります。

ただそうした職場にまだ経験が浅いうちに入ってしまうと、その後、一般病院への就職が難しくなります。

結婚し、子育てをしながら将来的にもクリニックで働こうという計画であれば、2年目でクリニックに転職することに何の問題もありません。

看護師2年目の転職と結婚

2年目の看護師では結婚とからんだ転職も少なくありません。2年目看護師の結婚と転職について見ていきましょう。

結婚による他県への転職

看護師の悩み相談などには、「2年目で結婚して他県でも働けるか」といった質問が見られます。

また実際に2年目で夫の転勤に伴い、他の病院で働く経験をしたという看護師の体験談も見られます。

就職して2年ほど経つと、早い人なら結婚を考える年齢に差し掛かります。キャリアとライフイベントの板挟みになり、思い悩む人も多いようです。

看護師資格は全国共通であり、どこに行っても仕事がないということは考えられません。特に地方に行くほど、看護師不足は深刻になり、2年目でも求人に困ることはないでしょう。

ただ問題となるのが、経験が乏しく、ひとつの現場しか知らないということです。

都市の急性期病院から地方の療養型施設に転職したところ、機材もやり方も古く、処置の安全性にも疑念を抱いたというケースがあります。

またそうした施設では年配の看護師が多いため、看護師の教育に関する意識がほとんどなく、ろくに指導してもらえない可能性があります。

看護師としての業務にはそれほどの違いがなくても、地域特性や風土が異なれば働きづらさを感じてしまうということは考えられます。

経験の少ない2年目の看護師には、そうした違いが厳しく感じられるかもしれません。

家庭との両立

2年目を過ぎると看護師としての責任や重圧が、大きくなっていきます。結婚して家庭を持つことについて現状維持ができるか不安になり、転職を考えるという場合も多いようです。

ポイントとなるのは、自分がどの点を重視するかということです。

急性期病棟に勤めていて、夜勤回数も多い場合、子どもが生まれると負担は大きくなります。

日勤のみの外来やクリニックへ転職する方法もありますが、そうなると将来的なキャリアが制限されるのは間違いありません。

将来も現在と同じく急性期などで働きたいと考えるのであれば、せめて3年までは現在の職場で経験を重ねる方が良いかもしれません。

クリニックに関する部分でも出てきましたが、自分の看護師としてのキャリアをどう考えるかで選択は分かれます。

パートナーとも良く話し合って、将来的にも悔いのない結論を出すことが大切です。

看護師の転職2年目と3年目で違いはある?

看護師としてスタート後の1年の違いは、一般的な職業にもまして差があります。看護師の転職で2年目と3年目では、どの程度の違いがあるのでしょうか。

3年目は独り立ちが完成している

どのような職場でも、「まずは3年の我慢が大切」という話が聞かれます。新人から仕事を開始して、3年くらいたてば仕事の基礎部分は身に付いているでしょう。

後輩も2年下まで入職するため、その扱いにもだいぶ慣れてくるはずです。

看護師の場合には、3年目くらいからプリセプターの担当となることが多くなります。

新人に対して指導ができるようになれば、自分自身の知識も定着し、看護師としての自信が深まっていきます。

患者の病態についても、3年分の知識は相当になると考えられます。

ひと通りの症例を経験しており、次にやるべき行動への判断も的確になってきます。

看護師としての独り立ちが完成し、積極的に看護ケアに関わっていけるようになります。

こうしたことから、転職する場合にも、3年目はかなり有利です。

まだ柔軟性が十分にあり、基礎部分がしっかりと身に付いているため、どこの職場でも即戦力として通用します。

体力がある上、患者とのコミュニケーションにも慣れてきているため、急性期・慢性期・療養施設を問わず活躍することが期待されます。

自分が望めば、訪問看護ステーションなど新たな分野にも転職することは難しくありません。

看護師としての基本的な知識と技術の獲得に加え、経験によって培われた対人スキルが、さらに看護師としてのキャリアアップに役立ちます。

2年目は準新人

3年目と比較すると、2年目はまだ半人前というイメージが残ります。新人ではないが、安定感のある3年目の看護師と比較すると、頼りないと思われる部分があるのは否定できません。

転職先でも3年目が即戦力であれば、2年目は準新人です。

たとえば介護系など、2年目では入職に難のある職場でも、3年目ならばやっていける可能性が高くなります。

そうした意味ではたった1年の違いで、転職の幅がぐんと広がることは間違いありません。

2年目の看護師が3年目よりも有利だとすれば、専門性の高い分野への転職かもしれません。

そうした特殊な分野であれば年齢は若ければ若いほどよく、逆に一般的な病院の知識がまだ浸透しきっていない方が、先入観なく新しい仕事になじんでいけるでしょう。

看護師の2年目と3年目では、仕事に対して向き合う姿勢や後輩への責任感など、年数以上の開きがあることは確かです。

それが転職する際にどのように影響を与えるのかは、選択する方向によっても変わってきます。

2年目での転職で成功にするためのポイント

看護師の2年目は初めての後輩ができるなど、自分の在り方にも大きな変化を求められるときです。環境が変わることで、これまで気づけなかった違和感や、仕事のしづらさなどを感じる場合もあります。

2年目での転職は決して無理なことではありませんが、職場環境を変えることで自分の目指すキャリアが実現するのか、あるいは自らの考え方を変えていくべきなのかを良く見極めて決断する必要があります。

転職の優位性から見れば、もう1年頑張って3年目を過ぎてから転職した方が条件も有利になり、応募先の幅も広げられます。

しかし現在の職場が自分にとって居心地が悪く、心身ともに疲れてしまうような場所であれば、無理に我慢するのは勧められません。

転職をしたい理由は人それぞれですが、自分なりに何がしたいのか、どのような看護師として働きたいのかを明確にし、十分に状況を見極めた上で転職に舵を切っていくようにしましょう。

2年目看護師は、実質的に初めての転職経験となります。

ここでつまずいてしまうと、今後も転職をくり返すリスクを背負います。

2年目での転職であることをマイナスにせず、キャリア上、労働環境上の条件を満たす職場を探すためには、独自の転職活動では限度があります。

看護師専門の転職サイトを活用し、実績と経験が豊富なアドバイザーの力を借りるのがもっとも安全で効率的です。

転職の原因となった課題をクリアし、ここからの新しいキャリアを継続していけるように、妥協のない転職先を探していきましょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

11月は年内の退職希望者や4月入職希望者の転職活動が本格的になる時期!

11月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

1月以降は看護師転職サイトへの申し込みが増えてきます。3月末をめどに転職しようと思っている方も、早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングをすませておくといいですね。

新着の条件がいい求人は看護師の転職サイトに登録済の方に優先的に紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開の求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧