看護師の30代転職事情 メリット・デメリットから成功への心構えと秘訣まで解説

  • no image0
  • LINEで送る

30代は経験・スキルが蓄積し、看護師としても脂ののった時期といえます。体力面でもまだ十分に期待ができ、精神的にも落ち着きと安定感が出てくる年代です。

その一方で私生活ではさまざまな変化が起き、20代のときとは違う問題も出てきます。30代で転職を考えながらも、不安を感じている看護師もいるのではないでしょうか。

ここでは看護師が30代で転職をするにあたり、知っておきたい諸事情やメリット・デメリット、ポイントや注意点について詳しく解説していきます。

30代看護師の転職事情

30代看護師の転職理由は?

厚生労働省が行った「看護職員就業状況等実態調査結果」の「年齢別、就業継続の予定」によると、「他施設で看護職員として働きたい」の割合がもっとも多いのは20代ですが、30代はそれに次ぐ転職への希望を示しています。

同調査での転職理由では、「出産・育児」「結婚」「給料アップ」「労働環境の改善」などが挙げられています。

30代の看護師が転職をするきっかけとなるのは、やはりライフイベントによる私生活の変化があるようです。

パートナーの転勤に伴い、やむなく転職をするケースもかなり多いようですが、家庭生活や子育てとの両立がしやすい職場を求めて、転職という手段を選択する看護師は少なくありません。

また、30代という分別のある年齢となり、これまでの自身の働き方をふりかえって「このままで良いのか」という焦燥感のようなものをもつ看護師もいます。

現在の職場では叶えられない自分の夢や希望について、転職することにより達成しようとする場合もあります。これまでの仕事とは違う分野へ、方向転換をはかれる最後のチャンスとなる可能性もあります。

30代は私生活の面においても、仕事への考え方においても、分岐点となる年代であると言えるでしょう。

非常勤希望の割合が上昇

日本看護協会が発表した2016年度の「ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人に関する分析」を見ると、看護業界での求職者数が多いのは30~40代となっています。

理由として推測されているのが、“出産や育児により離職した者や、現在の職場での就業継続が難しくなった者の登録が多いこと“です。

注目されるデータとして挙げられるのが、「求職者が希望する雇用形態」です。転職先に「常勤」を希望しているのは20代では8割ですが、30代では6割前後まで低下します。

また求職者の希望する勤務形態にかかわらず、施設種類では「診療所(無床)」や中小規模の「病院」の人気が高いのが特徴です。

子育てや家庭生活の両立などを視野にした場合、夜勤が多い大規模な急性期病院よりも、中小規模の施設の方が働きやすいと見られているのがわかります。

また給料や待遇面で恵まれた常勤をあえて選ばず、無理のない範囲で働きたいと希望する看護師が増えるのも30代以降という現状が浮かび上がります。

体力に任せてがむしゃらに働ける年代から、周囲や生活のバランスを考え、何が大切かを考えて仕事を選ぶ看護師が多くなるようです。

女性が9割を占める看護師業界では、ライフステージの変化により柔軟に働き方を変える様子が見えてきます。

30代は売り手市場?

30代になって20代のときとは違う、体力の衰えを感じている看護師も多いようです。

そのため「以前のように夜勤を多くできないし、転職に不利なのでは?」と考え、不安になってしまうことは想像できます。

しかし実際には看護師の転職において、30代は非常にバランスの良い人材として迎えられています。

看護師は女性のさまざまな職種の中でも、熟練度に対する要求が多い高次元の技術職です。

専門的な学習を終えて国家試験に通ったからといって、すぐに一人前の看護師として通用するわけではありません。

頭で学習することももちろん大切ですが、それよりも重視されるのが「場数」です。いかに多くの症例と接し、患者に対するケアを行ってきたのかが看護師としてのスキルとして備わり、価値となります。

定年までの年数を考えれば、30代にはまだ残された時間がたっぷりとあります。体力的にもエネルギーが十分にあると判断されるでしょう。

30代の看護師は適度な経験と実質的な労働力としての価値から、どのような現場でも受け入れやすい人材としてみなされます。

社会的な看護師不足の中、即戦力として高い評価を得ることができると考えられます。

実際に20代と30代で転職を経験した看護師からも、30代になって仕事先の選択の幅が広がったという声が聞かれました。

そういう点では、30代は転職に向いている年代ということになります。看護師の転職の現場においては、30代だからといって悲観する必要はないと言えるでしょう。

30代看護師が転職するメリット・デメリット

メリット

30代の看護師が転職をすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 経験値・スキルが充実し即戦力になれる
  • 体力があり長期的に働くことができる
  • 多彩な職場から選ぶことができる
  • 望めば他分野に移行できる可能性がある

経験値・スキルが充実し即戦力になれる

30代の看護師がどの職場からも歓迎されるのは、すでに10年近い勤務経験があるため、初期教育などを必要としないからです。

それまでの看護師人生で培われた経験値やスキルは、かなりの専門的分野にでも再就職しない限りは、最小限の日数で新しい職場に適用できます。

医療施設の大小を問わず、どのような現場でも即戦力となる看護師は貴重です。そうした状況下では、30代という年代が看護師としての武器となることは間違いありません。

多少年齢が高めであっても、リーダーになれる人材が必要とされる現場であれば、経験値が高く評価されます。

体力があり長期的に働くことができる

さすがに20代と同様の体力はないとしても、現代社会での30代はまだまだ若手です。看護師の世界でも、十分に頼りにされる存在であることは間違いないでしょう。

専門職である看護師は女性の職種の中でも、60代以降も働き続けられる代表的な仕事です。定年以降の再雇用も視野にすれば、相当年数働くことができます。

雇用する施設では業務内容の理解という面から、一度採用した看護師にはできるだけ長く働いてもらいたいと考えています。

なかなか定着が難しい20代と比較すれば、30代の看護師の雇用は安心感があると思われます。

そうした意味でも、30代の転職にはメリットがあります。

多彩な職場から選ぶことができる

30代には20代にない順応性があります。すでに仕事やプライベートでさまざまな経験を積み、自己中心的でない社会性を身に付けています。

コミュニケーション力もそれなりにあるため、医師や看護師同士の連携や、患者への対応にも不安がありません。

そのため20代では難しい介護系施設や精神系の病院など、さまざまな分野での仕事を探すことができます。

先にあった看護協会の転職に関するデータの中では、ナースセンターに寄せられる施設種類別求人では訪問看護ステーションが最も大きな増加を見せています。

経験の浅い看護師では家族や患者と深く関わる業務に難しさを覚える可能性がありますが、30代の看護師であれば臨機応変の対応やコミュニケーションの維持にも、力を発揮できます。年齢を重ねた分だけ、仕事の幅を広げられるという利点もあります。

望めば他分野に移行できる可能性がある

20代ほどの選択肢はなくなっているにしても、30代ならばまだ他分野へチャレンジできる可能性が残っています。

あまりにも極端な方向転換は難しいとしても、これまでの経験をもとに別な診療科や、異なる業態への転職は十分にあり得ます。

自分の興味や情熱に従い、思い切った転身ができるのも30代がラストチャンスと言えるでしょう。

デメリット

一方で30代の看護師が転職するデメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。

  • 個人の経験値や能力差に開きがある
  • 体力的に厳しい職場もある
  • 専門性の高い職場が選べない場合もある
  • プライベートの両立が図れる職場選び

個人の経験値や能力差に開きがある

30代の看護師の能力やスキルは、当然ながら20代でどのような職場で経験を積んできたかに大きく左右されます。

外来専門で過ごしてきた看護師は、30代でいきなり夜勤のある病棟はかなり難しいと言えるのではないでしょうか。

一般的には急性期病棟から慢性期や回復期・リハビリテーションへの転職は容易でも、その逆はなかなか困難だと言われます。そういった面では20代ではできたことが、30代では時期的に難しくなることもあります。

新卒から専門的な診療科で仕事をしてきた看護師の中には、点滴や採血が苦手という人も珍しくはありません。

20代ほど新しい仕事への柔軟性が期待できなくなっているという点では、これまでの経験値が転職先の選択に大きな影響を与えると言えます。

また経験の浅い20代と比較すると、元々の資質による差が目立ってくる年代でもあります。

同じ診療科を同じ年数経験していても、能力に格差が生じるのはどうしようもないことです。採用側の厳しい目からは、候補者の格差がしっかりと見えてしまいます。

体力的に厳しい職場もある

いくら収入を大幅アップしたいといっても30代の看護師が転職して、例えばICUに入り、夜勤を数多く入れるようとするのは現実的ではありません。

まだ体力が残っているとはいっても、20代ほどの無理が利かなくなってくる年代ではあります。身体を壊すような転職ならば、しない方がましです。

先にもあったようにこれまで比較的時間に余裕があった職場から、急性期の多忙を極める現場に変わるといったことはかなりの困難が伴います。

今は大丈夫でも2年後、3年後を見据えた選択が重要です。自分の健康や体力と相談しながら、職場選びをしなければならない年齢であることも、忘れずにいなければなりません。

専門性の高い職場が選べない場合もある

大学病院などの研究が盛んな施設では、中途採用を行っていない場合が多く見られます。これは専門性の高い看護師を育成するために、新卒採用に重点を置くためです。

いくらやる気があっても、若いうちから学習と鍛錬を重ねている看護師には追い付けない分野もあります。

またこれまで経験してきた医療行為とまったく異なる業務内容である場合には、いちから学習するのがかなりの負担となります。

専門性が高い診療科や、特殊な医療行為を行っている施設の場合には、希望しても年齢的な壁により叶わないというケースもあります。

プライベートの両立が図れる職場選び

30代の転職理由にもなっているライフステージの変化により、プライベートとの両立ができる職場という制限が設けられてしまうこともあります。

20代であれば自分の興味に従い、どのような職場を選んでも問題ありませんが、家族ができて生活が自分だけのものでなくなれば、仕事にもそれなりの制約ができます。

夜勤の緊張感を好み、できればシフトに入れて欲しいと思っていても、家族の反対にあって叶わないという例も聞かれます。

30代での転職では、求められる期待に応えられるだけの能力をもちながら、私生活との板挟みになって悩むという場面に遭遇する可能性が大きくなります。

キャリアと生活のいずれに重点を置くのか、厳しい選択を迫られる年代とも言えるでしょう。

30代看護師が転職する際の留意点

転職の目的を把握する

30代の看護師といっても、転職に際しての事情は人それぞれです。中には年齢に関係のなく、職場の人間関係やキャリアアップといった理由で転職を心に決めている看護師もいるはずです。

30代に限らず、看護師の転職で必要なことは自分がなぜ転職をするのかの目的を明確にすることです。

ここがきちんと自分でわかっていないと、転職先の選択に迷いが生じたり見当違いの職場に就職してしまったりすることにもなりかねません。

ライフステージの変化による転職の場合

結婚や出産・子育てといったライフステージの変化に合わせた転職であれば、プライベートの生活について項目立てを行い、仕事量の目安を決めていきます。

例えば子育ての場合では、周囲の育児への協力がどの程度得られるのか、院内保育所の要・不要、働ける時間帯、夜勤の可否など、想定されるあらゆる項目をひとつひとつ書き出して、それに対しての答えを付けていきます。

保育所への送迎から子どもの世話の時間、家事時間の配分、夫の育児や家事への参加など、できれば曜日ごとに区切って現実的な路線で職場を決めていく必要があります。

子どもが小さい場合には、大人のような融通は利きません。

自分自身をしっかりと理解する

30代という時期について何を優先すべきなのか、自分がしっかりと理解していなければ、仕事を始めてしまった後からさまざまな悩みを抱えます。

転職の目的が明確になれば、職場をどのような観点から選ぶのかもわかりやすくなります。応募先の条件を絞り込む際にも、時間をかけずに済むようになります。逆に目的が把握できていないと、目先の条件に惑わされて大失敗の転職となるかもしれません。

キャリアアップのつもりの転職がこれまでと何も変わらずにただ忙しくなっただけ、といった失敗は20代であればまだしも、30代では貴重な時間をムダにすることになります。

30代の転職を効率良く、確実に成功させるためにも、自分自身で目的を理解しておく必要があります。

看護師人生の方針を定める

30代は看護師として、どのような働き方をしていくのかを定める時期でもあります。

高い志をもっている看護師であれば、仕事にまい進できる環境を目指さなければなりません。家庭生活を重視し女性としての幸せを考える場合でも、長い看護師人生にあって仕事上で目指す看護師像は失いたくないものです。

私生活がどうあっても、看護師としてはプロでいなければなりません。それが無理なくこなせることが、転職先を決める前提となります。

人によっては収入のためというケースがあっても当然といえますが、それでも人をケアする仕事である以上、看護師としての姿勢は同じです。

20代を看護師として過ごしてきて、自身の得意とするところ、性格、興味はおよそわかってきているはずです。それを今後の看護師人生にどう生かしていくのかを考えるのも、30代は好機といえます。

ポイントを抑えて転職先を選ぶ

目的や方向性を定めたうえで、具体的に職場選びをする際のポイントを考えていきます。一般的には、次の4つがポイントとなります。

  • 仕事と家庭やプライベートとの両立
  • 将来的なキャリアアップ
  • 職場の人間関係
  • 適正な収入が得られるか

先に上げた転職の目的や将来に向けた看護師人生の方向性などから、各自が重視する条件が設定されます。

4つのポイントはそれに深く関わると同時に、条件付けで悩んだ時に立ち返る基本となります。

例えばほかの3つのポイントがまあまあであっても、職場の人間関係が不穏な場所では長く働き続けることが難しくなる可能性があります。

似たような条件の転職先がある場合には、4つのポイントに自分なりに重みづけをしてみて、選択の判断基準にするようにすれば、後悔する可能性を小さくできます。

30代看護師が転職する際の心構え

30代看護師が転職する際には、20代のときとは違う心構えが求められます。

人間関係の和

キャリアや技術、スキルをそれなりに身に付けた30代の看護師にとって、捨てきれないプライドがあっても不思議はありません。転職先でもつい気を張って、強気な態度に出てしまうかもしれません。

しかし転職をするにあたって、そうした態度は障害にしかなりません。自分の気持ちを一度リセットし、余分な気負いは捨てて素直な態度でいることを心がける必要があります。

30代は上にも下にも同僚がいる、中間的立場です。年齢的に、両方の仲立ちをする役割をも期待されます。採用する側の意図をくみ取り、人間関係の和を保てる努力をしていかなければなりません。

30代では新しい職場に対する自分自身について対応と、自分が入ることでさらに人間関係に円滑さが増すように努めていくことが必要です。

郷に入っては郷に従え

どの病院にもそれぞれに歴史があり、独自の運営方法があります。業務についても、自分がこれまで行ってきたものと「ずいぶん違っている」と感じることが多いかもしれません。

一見非効率に感じても、そこで働くメンバーや施設の状況に合っているという場合もあります。「前職場では〇〇だった」という発言は徹底して控えるように気を付けていきましょう。

気になる点があっても入職後はしばらく様子を見てください。新しい職場での業務に十分に慣れた後で、それでもやはり改善の必要を感じるのであれば提案を行えば良いことです。

「郷に入っては郷に従え」は30代看護師の転職においても、必要な意識です。

経験値やスキルがあるからといって、自分がよく知らない場所のやり方を否定するのは賢い方法ではありません。

まずはその場の方法になじむこと。評価や批判をするのであれば、中で働き、自分の務めを十分に果たせるようになった後でも遅くありません。入職して間もない頃の発言は、的外れな意見となることもあります。

30代看護師の転職を有利にするために

採用時に一目おかれる資格取得

30代は経験・スキルが充実した看護師として、どの医療現場でも重宝される年代ですが、さらに自分の価値を高める手段として看護のプロを極める資格の取得があります。

認定看護師」や「専門看護師」など、ある分野に精通した証明である資格を保有していれば、施設が行っている施策への参加を期待されて採用につながる可能性が高くなります。

もちろんこれらの高位資格の取得には、時間も費用もかかり、非常な努力がともないます。だからこそ、転職の際にはそうした努力ができる看護師として、向上心を高く評価してもらえるはずです。

すでにリーダーや管理者としての役割を果たした経験があるのであれば、「認定看護管理者」を目指すという手もあります。未来の幹部候補として、マネジメント的な位置づけでの採用も期待できます。

採用されやすい30代の看護師の傾向

30代の看護師は需要の高い年代ではありますが、やはり採用のされやすさという点では最終的に、個人の資質によって大きな違いが出てきます。

いかに看護師不足であっても、転職活動がうまくいかない看護師がゼロというわけではありません。

30代で採用されやすい看護師の傾向を見ておきましょう。

まず重視されるのは、経験値です。30代であれば誰しもそれなりの経験が期待されるのは当然ですが、特に自分なりの看護観をもち、積極的に業務を遂行してきた人材と認められれば、良い条件での採用につながります。

また快活でコミュニケーションに長けた看護師は、どこの職場でも歓迎されるでしょう。

具体的な経験年数としては、6年以上のキャリアがあれば即戦力として見なされます。

30代であれば未経験の診療科への転職も、まだ高い可能性があります。外科や内科など、汎用性の高い診療科での臨床経験があれば、比較的どの科の業務にも適応できるでしょう。

ただ耳鼻科や眼科の外来といった特殊性の高い診療科だけの経験となると、少し難しくなります。こうした場合には、同じ診療科への転職を希望する方が採用の確率としては高いと考えられます。

採用されにくい30代の看護師の傾向

これまで見てきたように30代で求められる看護師は、経験値や高いコミュニケーション能力、人間関係の円滑化を図れる存在といったところがポイントとなります。

そこから見ると採用されにくいのは、コミュニケーションが取りづらいという印象を与えるタイプや、自分の意見に固執しているように思えるタイプということになります。

また、年齢にそぐわない幼い印象を与えるタイプも、30代の看護師としては頼りなく思われるかもしれません。

大切なのは、自分自身で何ができて何ができないのかを良く把握し、それを明確に伝えられるかどうかです。多少のブランクがあったとしても、それを埋められるようなやる気が、発言から感じられれば採用される可能性が高まります。

逆にいくら素晴らしい経歴の持ち主であっても、チームの一員としてなじむのに時間がかかりそうなタイプは敬遠されます。

これは30代に限った話ではありませんが、中間に位置する年齢だけに年上、年下とも上手にコミュニケーションを取れるということが重視されるのは間違いありません。

売り手市場といわれる30代看護師としての立場を十分に活かすためには、転職後にどれほどの力が発揮できるのかを採用側にうまくアピールする必要があります。

これまで行ってきた業務経験、看護ケアにかける思いなどを「大人のことば」できちんと述べられること、穏やかで安定感があることなどが採用の可能性を広げます。

30代看護師の転職をサポートするサイトを活用しよう

30代の看護師の転職には専用サイトの活用がおすすめ

働きながら転職活動をする際にはもちろん、退職後に時間をかけて転職活動をするときでも、自分ひとりで動くのには限りがあります。

30代の看護師ならば応募先に困ることはまず考えられませんが、それだけ選択肢が多いということでもあります。

働き口がたくさんあるからと、適当に選んでしまうと就職後に後悔することにもなりかねません。

いくら30代であっても、短期的に転職を重ねるのはやはりイメージは良くありません。また年齢が高くなると、それだけ就職条件も不利になっていきます。

できれば30代のうちに、残りの看護師人生を託せる職場を見つけられるのが理想的です。そうした意味でも、看護師の転職に精通したプロの力を借りるのがもっとも効率的で安全です。

看護師に特化した転職サイトを活用すれば、数多くの情報に触れられるだけでなく、その内容の良し悪しの判断をサポートしてもらえます。

本当に自分に合った求人であるか、素人には見分けがつきません。転職のエキスパートの力を借りることで、満足できる転職が果たせるようになります。

転職サイトを活用するメリット

転職サイトを活用するメリットを見ていきましょう。

  • 効率の良い転職活動ができる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 転職サポートが充実している
  • 就職後のフォローアップがある

効率の良い転職活動ができる

転職サイトを活用することで、転職活動にかかる時間が短縮されます。自分の条件に合った求人を探すのは、想像する以上に時間がかかるものです。

30代はライフステージが大きく変化するなど、自分の時間が取れなくなる世代です。特に働きながら転職活動をする場合には、膨大な情報の中からえり分けて選んでいく時間を取るのは困難です。

転職サイトを活用すれば、自分の希望条件を伝えておくだけで複数の候補案件を提供してもらえます。基本的な条件がそろっている求人情報の中から、より詳細な条件に合わせて選択をしていけば良いので、時間が大幅に節約できます。

また求人情報のピックアップにプロの目が加えられることで、より質の高い応募先を見つけることができます。

非公開求人を紹介してもらえる

今はインターネットを介して一般の求職者でも、多数の求人情報を見ることができますが、実は良い求人ほど非公開となっています。

給与や待遇が良い求人には応募者が殺到するため、病院側では一般へは非公開として転職エージェントに人選を任せます。

個人で行う転職活動では、こうした好条件の求人を見逃す可能性が高くなります。転職サイトを利用すれば、それだけ良質な求人情報への選択肢も広がります。

また転職エージェントのもとには毎日多くの求人が寄せられます。一般公開されるよりもいち早く情報がもらえるというのも、大きなメリットです。

転職サポートが充実している

転職エージェントでは、転職の事情に精通した担当アドバイザーによる手厚いサポートを提供しています。

転職についての不安についての相談はもちろん、自己分析、応募書類の作成から面接対策、さらに面接の日時の調整や労働条件の交渉代行までしてもらえます。

転職活動の経験があるとしても、少し時代が変われば採用までの戦略も違ってきます。

最新の情報に照らし合わせながら、応募先に合った対応の仕方を考え、採用までしっかりとサポートしてもらえます。

病院の内部事情などは、外部から転職者が伺うのは難しいものです。豊かな実績をもつ転職エージェントであれば、業界情報にも通じているため知りたいことについて答えてくれるでしょう。

就職後のフォローアップがある

入職した後で事前に聞いていた条件と違う場合など、本人からはなかなか上司に相談しづらいものです。また窓口がどこなのかよくわからないと、不満を抱えたまま働き続けなければなりません。

転職サイトを活用すれば、採用されてそこで終わりではなく、入職後のフォローにも期待できます。働き始めた後からの悩みごとや相談にも応じてもらえるので、心強く感じられるでしょう。

30代の看護師の転職は、若い時代にもまして慎重に行う必要があります。もっとも充実している世代だからこそ、自分の生活や将来への希望に沿った職場を見つけ出さなければなりません。

経験やスキルをムダにせず十分に活かせる職場、また家族やパートナー、誰よりも自分自身が納得し、満足できる職場を探していきましょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

12月は年内の退職希望者や4月入職希望者の転職活動が本格的になる時期!

12月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

1月以降は看護師転職サイトへの申し込みが増えてきます。3月末をめどに転職しようと思っている方も、早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングをすませておくといいですね。

新着の条件がいい求人は看護師の転職サイトに登録済の方に優先的に紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開の求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧