助産師の仕事内容は看護師よりも大変!気になる勤務時間と給料

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師の中でも、助産師の仕事内容について「詳しくは知らない」という方、「分娩介助が主な仕事」と思っている方は、多いのではないでしょうか?

しかし実際には、助産師には分娩以外にも様々な仕事があるんです。

そこで今回は、看護師間にも意外と知られていない、助産師の仕事内容いついてご紹介したいと思います!

1.助産師の仕事は分娩だけじゃない!

日本助産師会では、助産師を次のように定義しています。

「厚生労働大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、褥婦もしくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子」

つまり、助産師の仕事は分娩介助だけでなく、妊婦や褥婦、新生児まで、人が妊娠・出産し、子どもを育てるまでをトータル的にサポートする仕事だ、ということが言えます。

看護師も産前・産後においてサポートをすることはできますが、助産師はより専門的な知識と経験を持っているため、分娩介助を含め、より主体性をもってトータル的にサポートすることができます。

よって看護師は、産科領域においては医師の指示の元働くことが原則であり、看護師が独立することはできませんが、助産師は助産師のみで「助産院」を開設し、独立して産前産後をトータルサポートすることができます。

2.助産師の仕事内容は勤務機関によって異なる

助産院以外で助産師として働くには、大きくわけて4つの機関があります。

そこで、それぞれの機関においての、助産師の仕事内容をご紹介していきます!

総合病院、医療センターで働く

総合病院や医療センターの多くは、一般産科の他に、合併症を持つ妊婦や褥婦、胎児や新生児を扱う、ハイリスク産科を扱っています。

よって、総合病院や医療センターで助産師として働くと、一般産科の他に、ハイリスク産科についても学ぶことができます。

また、産前の助産師外来や、産後の母乳外来を開いている病院も多く、トータル的に妊産婦をサポートできる環境が整っているだけでなく、近隣の産科・助産院と連携しており、妊産婦や新生児が救急搬送されることもあり、救急処置についても多く学ぶことができます。

一般産科に加え、ハイリスク産科、救急処置など、産科内でも様々な症例を学び、経験することができるため、助産師の職場の中でも特に忙しい職場ではありますが、その分やりがいや学べます。

クリニックで働く

クリニックでは産科医の元、主に正常に経過している妊産婦および新生児のトータルケアを行います。

総合病院や大学病院ではハイリスク産科も扱っていますが、クリニックでは基本的にリスクが少ない妊産婦および新生児のみが対象となります。

よって、助産師が中心となってケアを行う機会が多く、、より多くの妊産婦や新生児をケアしたいと考えている助産師にとっては、良い環境だといえます。

一方で、万が一のことが起こった場合、十分な医療設備が整っていないことから、より助産師一人ひとりの判断が重要となるため、助産師としての責任はより重くなる、というデメリットがあります。

また、クリニックの場合は医師の考えがそのままクリニック全体の考えとなるため、医師と考えが合わないと働きづらくなってしまうというデメリットがあります。

大学病院で働く

大学病院では、NICU(新生児集中治療室)やGCU(新生児回復治療室)、MFICU(母体・胎児集中治療室)といった高度医療設備を整えています。

そのため、一般産科も受け付けてはいるものの、メインはクリニックや総合病院では対応しきれないハイリスクの妊産婦、胎児や新生児のケアとなっています。

よって助産師にとって大学病院で働くと、全国的に少なく、珍しいハイリスクの妊産婦や胎児・新生児の症例をケアする機会も多く、より助産師としての知識と技術が求められるとともに、成長できる機関であるといえます。

一方で他の機関に比べ、一般産科の割合が低いこと、また、大学病院という性質状、医学生や助産学生などが分娩介助を行うことも多いため、助産師が中心となって行う分娩介助の機会は、他の職場と比べると少ないというデメリットがあります。

NICU(新生児集中治療室)・GCU(新生児回復治療室)で働く

NICU・GCUと他の機関の大きな違い、それは看護師も多く働いている部署である、という点です。

NICUやGCUでは、新生児のケアはもちろんのこと、助産師として、母子のコミュニケーションを助け、より良い母子関係の構築を援助する必要があります。

看護師も産科について授業を受け、実習を行ってはいるものの、助産師に比べると、新生児や母子関係の構築についての知識や経験については、大きく劣っています。

よって助産師と看護師が足並みをそろえるためには、双方に多くの努力を要します。

また、助産師の資格取得にあたっては、多くの方が「分娩介助ができる」という点に魅力を感じて取得しています。

NICUやGCUでは分娩介助はなく、助産師の資格がなければできない、という医療処置はないため、助産師としてのやりがいを見出しにくい、というデメリットがあります。

3.助産師の仕事は看護師と比べてなにが大変?

各機関の助産師の仕事内容をご紹介してきましたが、では助産師の仕事は看護師と比べて特になにが大変なのでしょうか?

よくあげられる2点について、解説します!

不規則な勤務時間

助産師として働く上で必要なものの一つに、「体力」があげられます。

初妊婦は、陣痛がきてから分娩に至るまで、平均で16時間ほどかかりますが、この間、助産師は随時、陣痛の程度と新生児の心拍を確認し、経過を見守り、適切な処置や介入を行わなくてはなりません。

助産師一人につき、妊婦一人を相手にできればまだよいですが、中には同時に複数の妊婦のケアや処置を行うこともあります。

いくら看護師が手伝いに来たとしても、看護師には認められていない経過中の介助も多いことから、助産師が中心となって仕事をこなさなくてはいけません。

そのため、勤務時間は決められているものの、助産師はどうしても残業やオンコールによって勤務時間が不規則になりやすく、看護師に比べて体力的にも大変な仕事であるといえます。

常に緊張しながらの業務

出産は、いつ、どこで始まるかわかりません。

看護師も患者さんがいつ急変するかわからない、という緊張感がありますが、助産師はいつお産が始まってもいいように、常に緊張しながら業務にあたることが求められます。

一般産科でも緊張感はありますが、特にハイリスク産科の場合は、わずかな異常でも、見落とすことは許されません。

中には、胎児に少しでも長くお腹の中で成長してもらうよう、出産の兆候が見えていても、ぎりぎりまで妊娠を継続させなくてはいけないケースもあります。

こういったケースにおいても、助産師は常に、妊婦と胎児、二人分の命を守らなくてはいけません。

命がけの出産を扱っている職種だからこそ、責任は重く、常に緊張しながらの業務となるため、看護師の仕事と比べ、体力的にも、精神的にも大変な仕事であるといえます。

4.看護師にはない助産師の仕事のやりがいとは

助産師の仕事のやりがいは、何と言っても新しい命が誕生する瞬間に立ち会えることです。

看護師も立ち会うこと自体はできますが、分娩時の介助を行うことはできません。

分娩時介助ができることは、助産師だけに許された特権であり、最大のやりがいであるといえます。

助産師として接する妊産婦の中には、赤ちゃんに会えない方もいらっしゃいます。

そういった悲しい経過を知っている助産師だからこそ、より誕生する瞬間に立ち会えることに対し、やりがいと喜びを感じることができます。

産科は、病院の中で唯一「おめでとうございます」という言葉が使える病棟です。

明るい感情が多くの割合を占める病棟だからこそ、助産師は精神的、体力的に大変な仕事であっても日々頑張ることができるのです。

5.助産師の給料は看護師よりも高い?

看護師よりも高い!助産師の平均年収

助産師の年収を調べてみると、看護師より平均して約80万円、年収が高いことがわかりました。

これは、助産師は看護師の上位資格であるために、看護師に比べ基本給が高いこと、そして分娩手当や資格手当といった、助産師にしかつかない手当があることに由来しているものと考えられます。

また助産師は、看護師に比べて経験を重ねれば重ねるほど、年収が高くなる傾向にあるほか、独立して助産院を開院すれば、さらなる年収UPも期待できます。

このように助産師は看護師に比べて給料がよい、ということが言えます。

充実した手当とその金額

助産師には、基本給に加えて、様々な手当がつきます。

その筆頭としてあげられるのが、「分娩手当」です。

全ての職場でつくとは限りませんが、多くの職場では、分娩介助を行うごとに、分娩手当がつきます。

額は職場によって幅がありますが、おおよそ数千円から一万円ほどが相場となっているようです。

また、分娩手当以外にも、助産師資格を持っているということで、平均二~三万円の資格手当がつく職場や、夜間の人手不足に対応し、オンコールに対応するごとに数千円のオンコール手当がつく職場もあります。

助産師の年収は、こういった手当の額が大きく関係するので、より給料の高い職場に転職するためには、基本給などのほかに、各手当の額についてもしっかり調べてから転職されることをお勧めします。

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

11月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧