小児科看護師の業務内容は?クリニックでの注意点や転職のコツを解説

小児科で働く看護師
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

小児科の業務の特徴とは?他の診療科と違うところ

一般的なイメージは、原因が判らないが体調不良になった子どもをとりあえず連れていくのが小児科だと思います。

この小児科が対象とする患者は生まれたばかりの乳児から15歳の思春期までとされていましたが、最近では成長を続けている青年期まで小児科の対象とするという考え方もあるようです。

病院によっては小児外科という診療科目を設置しているところもありますが、一般的な小児科は、内科や皮膚科、循環器科、精神科など外科以外の総合的な治療を行うという特徴がある診療科目です。

小児科で扱う病状は以下のように非常に広範囲です。

  • 各種感染症
  • 血液性疾患
  • アレルギー疾患
  • 消化器疾患
  • 腎臓疾患
  • 精神疾患
  • 循環器疾患
  • 健診や予防接種など予防医学的な業務
  • 小児科の求人は少ない?!

    小児科を要している病院は、採算が取れないという理由から減少傾向です。

    そのため、実際に小児科で働きたいと思っても、自分ひとりで一から小児科のある病院を探し、さらに求人情報まで探すというのは他の診療科に比べさらに難しくなっています。

    そこでオススメなのが「転職サイト」を利用しての転職です。あなたにぴったりの小児科を探し出してくれる転職サイトを探す方法として、ぜひこのランキングを参考にしてみてください

    小児科の看護師に求められるスキル

    小児科は総合的な診療が行われますので、そこで働く看護師にも総合的な知識・技術が求められます。

    ただし、小児科だからといって他の診療科目と仕事内容が大きく異なることはなく、病状観察や医師の介助、検査や処置、患者指導や家族への指導及び説明など基本的な業務内容はほとんど変わりません

    入院設備がある場合、入院している患児は先天性疾患や、予後不良な疾患である事も多く、家族も含めた精神的なケアが重要となります。成人と違い小児は急変することが多く、すこしの変化も見逃さない観察眼や検査値の把握も必要です。

    また、ぐずったり診察を嫌がったりすることが多々あります。特に注射など必要な治療や検査に対する理解を得ることが難しく、安静を保持することも困難です。このような時に親御さんと一緒になだめてスムーズに治療や診察がうけられるようサポートするのも小児科看護師の大事な仕事です。

    小児科看護師には看護師としての基本的なスキルはもちろん、子供やその親御さんと意思疎通を図るためのコミュニケーション能力も求められますが、これはある程度経験を積みながら養う必要があります。

    スキルアップを目指したい方は・・・

    今までのスキルに加え、より小児科になるためのスキルを磨くために、転職を考えている方には、転職サイトを使うことをお勧めします。

    転職サイトでは自分の希望スキルを磨ける職場を、あなたに代わって探してくれます。

    さらに、転職について現在の職場を穏便に辞める方法や、転職希望先の面接対策など、様々な転職にまつわるアドバイスを全て無料で受けることができるんです!

    ぜひこのランキングからあなたの力になってくれる転職サイトを見つけてくださいね。

    【小児科クリニック】看護師の仕事内容と注意点

    小児科に確実に転職したい!となると候補に挙がってくるのが「小児科クリニック」です。

    今まで病院しか経験がなかった方にとっては、クリニックに転職するということは不安の多いことだと思います。

    そこで小児科クリニックに看護師として働く上でのポイントをご紹介していきましょう。

    小児科クリニックの仕事のやりがいと苦労すること

    小児科クリニックは、一般のクリニックに比べて「より丁寧な対応」が必須です。

    小児科で主に扱っているのは、0歳から15歳までの小児と呼ばれる子供たちです。

    子供に治療を行う際、子供ゆえに治療の必要性が理解できず、治療中に暴れてしまったり、泣き叫んでしまうことも多くあります。

    そうした時、小児科の看護師として安全に治療を受けられるよう、子供の理解力に応じた丁寧な対応が必須となります。

    例えば赤ちゃんが診察を受ける場合、付き添いの親御さんに少しでも赤ちゃんに安心してもらうために「しっかりと抱っこしていてください」「声をかけてあげてください」など、より具体的に親御さんにしてもらいたいことを説明します。

    そうすることで、赤ちゃんと親御さん、双方の不安を少しでも軽減するように看護を行います。

    このように、小児科の看護師として、患児だけでなく、その親御さんに対しての対応が求められます。

    また、小児では成人に比べより血管が細く、見えづらくなっているため、点滴や注射時にはある程度の技術が必要となります。

    特に小児の場合は一度でも失敗してしまうと、拒否がより強くなるだけでなく、保護者の不安もより大きいものとなってしまいます。

    そのため、小児科クリニックに未経験で就職する場合には、看護師がこれらの処置を行うかどうかを事前に確認しておくことをお勧めします。

    【小児科クリニック】職場の人間関係は院長が大切

    クリニックは病院よりもさらに少ない人数で仕事をしているため、より人間関係が重要となります。

    クリニックの場合は病院とは違い、クリニックを経営している医師が院長なので、院長の意向がそのまま職場に影響してしまいます。

    面接や診察などで威圧的な雰囲気を感じる、看護師を下に見ている、患者さんに対して丁寧に接しているなど、院長の仕事と人柄をよく見極める必要があります。

    また、看護師も長年勤めている方が全体を取り仕切っていることが多いため、いかにこの方々と良好な人間関係を築けるかがポイントとなります。

    特にクリニックでの平日休み取得は病院に比べて人数が少ないことからとりにくいケースが多いため、子育て中や家庭の事情で平日休みをある程度取得したい方は、「平日の有給に対して理解があるかどうか」という点はぜひチェックしておきましょう。

    働きたい地域が決まっている方は転職サイトを利用しよう

    小児科のクリニックは少子化の影響もあり、地域の中でも数が偏っているのが現状です。

    そのため、小児科クリニックへ転職したいと思っても、自分の今住んでいる地域に小児科クリニックはどれだけあるのか、またあったとしてもそのクリニックで求人を行っているかどうかなど、詳しい情報収集を自身で行うのは難しいことです。

    そこでお勧めしたいのが、転職サイトを活用することです。

    今回ご紹介しているランキングの転職サイトでは、あなたに代わってご希望の地域で求人を出している小児科クリニックを探してくれるだけでなく、転職がうまくいくように面接や履歴書の書き方などをすべて無料でサポートしてくれるんです。

    ぜひ、転職サイトを活用してあなたの希望にあった小児科クリニックへの転職を成功させてくださいね。

    小児看護専門看護師をめざして就職に有利に

    小児科看護師としてスキルアップを図りたい、小児ケアについて知識を高めたいというのであれば、小児看護専門看護師の資格取得を目指すのもおすすめです。

    専門看護師資格とは日本看護協会が設けている制度で、特定の専門看護分野で卓越した看護実戦能力があると認められた看護師に与えられる資格です。

    資格を取れれば小児科の求人に合格しやすいです。

    また、人気の幼稚園の看護師などにも就職で有利になります

    この資格には、小児看護の他にがん看護、精神看護、地域看護、老人看護、母性看護などを含めて11種類もの分野があります。

    小児看護では、小児患者が健やかに成長・発達できるような療養生活支援および他の医療スタッフと連携した高水準の看護提供が求められています。

    この資格取得には、看護大学修士課程修了していることや専門看護教育課程で所定単位を取得していること、実務研修通算5年以上(内専門看護分野3年以上)等の条件をクリアして認定審査に合格する必要があります。

    サポートが必要な小児専門看護師

    看護師として働きながら専門看護師を目指すためには、大学修士課程を終了しなくてはいけないため、認定看護師に比べてよりハードルは高くなっています

    そこで重要なのが「職場が専門看護師の資格取得をサポートしてくれるかどうか」ということです。

    約2年という長期にわたり大学院に籍を置かなくてはならない専門看護師の場合は、認定看護師以上に職場のサポートが必要不可欠です。

    「職場では何のサポートもないけれど、専門看護師を目指したい」という方は、サポートしてくれる職場に転職するという方法があります。

    ランキングにてご紹介している転職サイトを使うことで、専門看護師の資格取得をサポートしてくれる病院に転職でき、自分の夢にまた一方近づくことができます

    ぜひ、ランキングを参考にしてあなたの夢の第一歩を踏み出してみてください!

    

    おすすめの看護師転職サイト一覧

    看護roo!
    看護のお仕事
    ナース人材バンク
    4位 マイナビ看護師
    5位 ナースではたらこ

    5月・6月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

    職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

    そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

    転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    首都圏・中部圏・関西圏対応

    看護roo

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

    高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

    小児科看護師の業務内容は?クリニックでの注意点や転職のコツを解説の関連記事

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの悩みはどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
    • 人間関係で悩まない!
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の復職のポイント
    • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

    掲載サイト一覧