老健(介護老人保健施設)の看護師求人の探し方 看護師の役割と仕事内容

老健で働く看護師
  
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

老健(介護老人保健施設)の看護師の役割や仕事内容は病院とどのように違うのか、よくわからないという方もいると思います。

医療行為が少なくケアが多い老健の看護師のメリット・デメリットや、求人の探し方も紹介するので、ぜひ細かくチェックしてみてください。

老健(介護老人保健施設)とは

老健(ろうけん)とは介護老人保健施設のことです。介護施設は介護が必要な高齢者が自立できるよう支援する為の老人施設で、24時間365日運営されています。

混同される施設として、「特別養護老人ホーム」と、「療養病院」があります。特別養護老人ホームは住民票を移して永住するタイプの老人用施設で、療養病院は介護保険適用型の病院です。病院ですので、最長でも6カ月以上滞在することはできません。

老健の利用者と受けられるケア

介護老人保健施設は、入院治療の必要のないほど症状は安定しているけど、リハビリを必要とする介護保険が適用される方を対象としています。利用者の年収などの条件によって異なりますが、月額8万円から13万円ほどで利用できます。

施設から家庭へ戻っても日常生活ができるよう医師や看護師、作業療法士、理学療法士、管理栄養士、支援相談員、ケアマネージャーなどの多種多様な専門スタッフが協力してケアします。介護老人保健施設の目的は在宅復帰ですので、主にリハビリテーションなどの医療サービスを行うという特徴があります。もちろん利用者の為に食事や入浴・排せつなど日常生活のサポートも行いますし、レクレーションなども行われています。

老健で働く看護師の役割

老健では、バイタルチェックや服薬管理などが必要となりますので、もちろん看護師も勤務しています。老健における看護師の主な仕事内容・役割は利用者の健康管理で、バイタルチェックや薬の管理、観察、容態が急変した場合医師への連絡や病院への付き添いなども行います。

病院勤務の看護師なら点滴など医療行為は毎日の様に行いますが、老健で働く看護師の場合、医療行為を行うことは少ないです。その他にも他のスタッフと協力して食事や入浴、トイレの介助などのサポートも行います。

老健で働くメリットとデメリット

老健の場合、夜勤のあるシフト勤務となり日勤と夜勤、変則勤務形態があることは総合病院と変わりはありませんが、残業がそれほど多くないという特徴があります。「病院」ではなく「保健施設」ですので、看護師がフルタイムで働くことは少ない点がメリットです。また、入所している方とじっくりかかわることができる点もメリットといえます。

デメリットとしては、「看護師」として勤めても、看護以外の仕事が多く、介護や入所者の生活のケアなどの業務も多いので、看護職としてのやりがいを感じられないと思う場合がある点です。看護職としての能力の向上よりは、「介護」や入居者の体調が急変した時の「医師との連絡」といったことがらが業務内容のメインとなるります。

老健の配置基準

介護老人保健施設には医師や薬剤師、看護職員、理学療法士、作業療法士、栄養士、ケアマネージャー、相談員等のスタッフの配置基準が明確に決められています。

例えば医師や理学療法士、作業療法士の場合の人員基準は「常勤換算で利用者数を100で除した人数以上を配置」、栄養士は「1人以上を配置」することとなっています。相談員とケアマネージャーは「100:1以上の比率で配置」と規定されています。

看護職員及び介護職員の場合は「利用者と看護・介護職員3:1以上の比率で配置」するようになっており、看護職員と介護職員の配置割合は看護職員が7分の2、介護職員が7分の5となっています。看護職員とは正看護師および准看護師のことです。

老健で働く看護師の勤務形態と給与

看護師を求める老健は多くありますが、常勤ではなくパートや非常勤として求人されることが多数を占めます。正職員として採用されるかどうかもしっかり把握しておく必要があります。また、日勤の募集が多いので、生活は規則的になり時間の余裕も生まれますが、給与面は病院勤務の常勤看護師より低くなります。

ただし、経営状態がいい法人グループの施設の場合は、待遇が良く給料も病院勤務と変わらないところもあります。看護師の転職サイトで紹介されている求人情報を見てみると、東京都渋谷区の老健施設では正看護師の給与が32万円以上(年収470万円~520万円)、勤務は2交代勤務、休日が4週8休制(年間休日数113日)、月平均残業時間5時間となっています。

老健の看護師求人の選び方

老健だけでなく老人保健施設や介護施設なども、看護師求人サイトや看護求人照会サービスで、情報を探すことができます。大抵のサイトでは、「病院」や「福祉施設」などと施設形態を絞って検索する機能が付いています。

老健看護師は、介護士や理学療法士・作業療法士、そして看護師同士が共同して業務を行うことが必要とされていますので、他の業務も拘らずに協力できる人材が望ましいです。どのような看護を求められているのか、勤務体制はどのようになっているのかに注目して、勤務先を選ぶことが必要です。

中には、看護師と介護スタッフとの対立が多いところも少なからずあります。職場の人間関係は求人票からはうかがい知ることはできませんが、施設見学を行うなどして、職場の雰囲気を見ておくことも大切です。

老人保健施設の詳しい情報は看護師専門の転職支援サイトや求人サイトのコンサルタントがよく知っていますので、転職後に後悔しないためにも、求人探しには看護師求人サイトを利用してみるといいですね。



おすすめの看護師転職サイト一覧


看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

4月入職希望の方は早めの登録がおすすめ

人気がある求人や急な欠員は公開されずに募集が終了してしまいます。

今の時期は特に非公開求人として紹介される求人が増えています。

看護師転職サイトによって持っている求人情報が違うので、複数の転職サイトに登録しておくといいですね。どの転職サイトも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧