透析看護師を辞めたくなる理由とその善後策について解説

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

透析看護師は夜勤のないことが多く、働きやすさから希望する看護師も少なくありません。

一方で透析看護師として働いてみたものの、自分には合っていないのではないかと悩む看護師もいるようです。

透析看護師をした後の転職は果たしてうまくいくのでしょうか。

透析看護師を辞めてしまう前に、考えておくべきこととは?

ここでは看護師が辞める理由や辞めた後のキャリアについて解説していきます。

透析看護師が辞めたくなる理由とは

透析看護師の悩み

透析看護師として働いていて辞めたくなるのは、どのようなときなのでしょうか。

透析看護師の悩みとしては、主に次のようなことが聞かれます。

  • 仕事内容のギャップ
  • 機械の操作・穿刺
  • 人間関係
  • 看護師スキルへの不安

透析看護師として働いてみると、それまで行ってきた業務とのギャップに戸惑う看護師が少なくありません。

特に急性期病院などを経験した看護師から見ると、行う作業が単調に感じられ、刺激が少ない職場と受け止めてしまうようです。

一方で透析治療のメインとなるのは、機械の操作穿刺です。これまで培った看護ケア技術をもつベテラン看護師でも、いちから学び直さなければ業務をこなせません。

機械に苦手意識があったり、穿刺技術がなかなか上達しなかったりすると、透析看護師として働く自信を失います。

透析を行う現場は、一般病棟の仕事と比べても閉鎖された空間です。毎日決まったメンバーと働く上、患者も長期に通ってくる顔なじみばかりになります。

コミュニケーションが良好であれば問題ありませんが、一度人間関係に傷が入ると修復が難しくなります。

透析の仕事は看護師の業務の中でも、特化されたものです。コンソールの操作や穿刺の技術は向上しても、一般的な看護ケアを学ぶ機会はあまりありません。

他の診療科との交流も少なく、看護師としてのスキル向上ができないのではないかと考える場合もあるようです。

透析看護師が辞めた事例

透析看護師が辞めることになった、具体的な事例を見てみましょう。

機械調整に対する不安から精神的に疲れ果てたケース

結婚したので、家庭生活と両立できそうな透析看護師に転職しました。体力的には楽でしたが、精神的なプレッシャーで疲れてしまいました。

基礎疾患がある患者が多く、コンソールに慣れることができても、常に命の危険を考えて何度も確認して神経症のような状態になっていました。

HD中、血圧変動や嘔吐されたり、トイレがひんぱんな患者もいて、何度も体重の測り直しをしながらの作業もありました。

穿刺の針が太く、A側やV側の接続で、患者さんによって間違えそうになったこともあります。

一般病棟でも生命のリスクはありますが、自分の機械操作の間違いでわけのわからないうちに亡くなるようなことはありません。

自分には向かない職場だと思い、再度転職を決めました。

透析クリニックの経営方針で先行きが不安になったケース

透析クリニックで5年ほど勤めていました。前の院長のときには何ら不安がなかったのですが、急に亡くなってしまい、奥様が院長に就任しました。

医師ではなく、また病院経営の経験がないため、嫌な予感はしていたのですが、的中してしまいました。

院長となった数か月後には本院のほかに、さらに小さい透析クリニックを購入し、そのクリニックの大規模なリフォームや最新の機械に多額の費用をかけました。

本院の経営は順調でしたが、そちらの経営が大きな負担となったようで、いつのまにかさまざまな手当が少しずつ減額されるようになりました。

前の院長時代には支給されていたボーナスも廃止となり、給与額はまったく上がっていません。

給料条件が悪いので透析経験のある看護師が集まらず、未経験であまりやる気を感じられない看護師が採用されますが、教育体制がないので、仕事ができずに入ってもすぐに辞めていきます。

結局、前からいる自分にばかり負担がかかり、サービス残業を強いられるようになりました。これ以上このクリニックにいても、先行きが見えず、辞めることにしました。

透析の現場ではこれまで看護師をしていてもまったく違う技術を必要とされるため、フォロー体制がない場合には、大きな不安を感じてしまいます。

看護師の中でも透析看護師の離職率が高めなのには、定着できるだけの土台がない現場の状況や指導者不足が、関係しています。

透析を必要とする人が年々増加傾向にあるにもかかわらず、対応できるスタッフの育成が間に合っていないという現実が見えてきます。

透析看護師の経験で身につけられるスキル

穿刺の技術は他の診療科でも通用する

透析看護師として働いたときには、どのようなスキルが身につけられるのでしょうか。

透析に用いる針は通常、16G~18G程度です。採血などに使用する注射針は21G、点滴に使用する注射針は20G~23Gなので、かなりの太さがあります。

患者になるべく苦痛を与えず、穿刺できる技術があれば他科でも重宝されるでしょう。

透析を受ける患者は他の疾病も併発していることが多く、透析中に急変する恐れもあります。

看護師は常にモニターチェックして、異常兆候に早期対処することが求められます。

さらにモニターだけでなく、瞳孔や顔色からフィジカルアセスメントを頻繁に行い、患者の急変に備える能力も習得できます。

こうした高い観察力や洞察力は、どんな場にいても看護師として役立つのスキルとなります。

患者対応スキルが向上する

透析患者にとってよい看護師とは、穿刺が上手丁寧にコミュニケーションを取ってくれる看護師です。透析は4時間前後、安静にしていなくてはなりません。

しかも大抵の患者は透析治療を週に2~3度受けているため、そのたびにただひたすら時間を過ごさなければなりません。

テレビや雑誌などで気を紛らわせることはできますが、毎回同じ状態でいるのはとても辛いことです。

透析看護師には患者の気分を明るくし、治療に対して積極的な気持ちにさせるという役割もあります。

透析を受ける患者は一般的に高齢者が多いため、日々接することで、高齢者への対応力も自然に身についていきます。

高齢者のわがままや苛立ちを受け止め、ときに発せられる暴言にたいしても寛容に対応できるスキルは、どのような医療施設であっても必要とされます。

透析看護師のキャリアへの考え方

その道を究めてワンランクアップする

看護師としてのキャリアを考えるのであれば、透析看護師として道を究めるというのもひとつの方法です。

透析看護師として働いていることに抱く不安が、将来性や看護師スキルについてのものであれば、透析のエキスパートとなってゆるぎない自信をつけていくことで、解決できます。

透析の作業自体は、看護師であれば他の資格がなくても、実施可能です。

しかし、ワンラックアップするのであれば、透析認定看護師、透析療法指導看護師、透析技術認定士といった資格の取得が有効策となります。

辞めたい理由が透析の業務自体でないのならば、職場環境を変えて再チャレンジできます。

指導や教育制度が整備されており、資格取得のサポートがある病院を選べば、せっかく身についた透析の経験もムダにはなりません。

透析看護師としての適性への不安

コンソールの操作に対する抵抗や、穿刺技術への自信のなさ、患者対応など、透析に関わる業務自体への不適合を感じるのであれば、他の診療科への転身を考えるべきかもしれません。

透析は看護師の仕事の中でも、やや特殊な位置づけにあります。

もちろんすべての看護師の仕事が同じではありませんが、針を刺して機械操作をするのがメインという業務はほかの診療科には見られません。

体内の血液を浄化して入れ直すという作業自体に、恐れを抱くのであれば、透析看護師には向かないということになります。

また新卒で透析看護師になった場合には、看護師の仕事のイメージとかけ離れていることに疑念をもってしまう可能性があります。

透析看護師を続けるつもりがないのであれば、若いうちにさまざまな経験を積んでおく方が将来のためであると言えます。

透析看護師からの転職事情

給与額が下がる覚悟は必要

透析看護師から一般的な看護師業務に転職した場合、もっとも気になるのが給与額です。

透析の仕事は日勤のみで行われることが多く、完全予約制であるため残業もほとんどありません。

定時に出勤し、定時に終業できる看護師の業務は基本的には外来しかありませんが、外来看護師の給与は透析看護師を大きく下回っています。

もしも同じような労働条件でほかの診療科の外来で働くとすれば、給与額はかなり下がることを覚悟しなければなりません。

透析看護師と同等かそれより上を目指そうとするのであれば、夜勤のある病棟勤務を選ぶ必要があります。

ギャップを克服できるうちの転職がおすすめ

透析看護師は高い穿刺技術を必要とされるため、ほかの診療科から見ても大変な仕事と見なされているようです。

そのため透析看護師をしていたからといって、転職が不利になるということはないと言えます。

逆に透析看護師の経験が長い看護師自身が、一般的な業務に対応できるのかどうか、不安を持つことがあるかもしれません。

しかしどのような転職であっても、まったく同じ状態にある職場はありません。新しい職場になじめるかどうかは、当人次第であるといえます。

ただあまりに透析の現場での経験が長くなりすぎると、他科の業務になじむまで時間がかかります。

年齢的にも新しい職場とのギャップが克服できるうちに、転職するのがおすすめです。

透析看護師からの転職を成功させるために

透析看護師の何が問題かを見極める

現在の職場を辞めたい、と考えたときに、透析看護師として働く何が自分にとっての問題なのかを見極める必要があります。

透析の仕事自体が合わないのか、職場の体制が悪くてうまく働けないのか、看護師としてほかの業務に興味があるのかといった点を良く検討しないと、次の職場選びを誤ってしまう可能性があります。

透析看護師を完全に辞めてほかの診療科を探す、泌尿器科など多少でも知識が活かせる職場を選ぶなど、現在ある問題を考えることで、次への道が見えてきます。

まずは自分の気持ちをしっかりと見極めることが、もっとも大切な指針となります。

教育体制が整備されている病院を選ぶ

透析看護師を辞めてほかの業務に就く場合にも、新人看護師に対する教育体制が整っているかどうかは大きなポイントとなります。

これまで透析しか経験がない場合には特に、「異なる業務にスムーズになじめるか」という不安があるでしょう。

プリセプター制度がある、新人研修の期間を長くとっているなどの病院であれば、経験不足の看護師の受け入れ態勢に力を入れていることになります。

教育や指導の体制の不足は、病院側の経営の余裕のなさの表れともいえます。病院スタッフの教育を重要視している病院こそが、将来的な安定性を確保できる施設です。

丁寧な指導があれば透析看護師としての経験を活かしながら、新しい業務にも安心して対応していくことができます。

希望を叶えるため転職サイトを活用する

ひとりで転職活動を進めていくのには、多くの困難があります。

透析看護師としてのキャリアがどこまで活かせるのか、自分が本当にやりたい仕事は何か、どのような働き方を望んでいるのかなどの疑問に対して、自身で答えを出すのはなかなか難しい作業です。

加えて病院の内部事情を探るのは、何の手段をもたない外部の人間には無理な話です。

応募先の病院が公開する情報は、外見的なことであり、教育制度があるとしても、本当に自分にとって有効なのかどうかまではわかりません。

そこで活用したいのが、看護師に特化した転職サイトです。転職サイトに登録すれば、担当のアドバイザーが詳しく状況を聞き取り、方向性を定めてくれます。

透析看護師のキャリアが通用する病院や、新たなチャレンジができる職場を探し出してくれるでしょう。

採用されるためには不足している部分をどのように補って見せれば良いかなど、プロの視点からのアドバイスが提供されます。

透析看護師として働いた経験は、決してマイナスにはなりません。それをプラスとしてどこまで大きくできるかが、転職結果に反映されます。

これまでのキャリアを否定することなく、自信をもって転職に臨んでいきましょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧