消化器外科で看護師が目指せる資格

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師としてのスキルアップを目指すなら、どのような資格が取得できるのかも非常に重要なポイントです。

消化器外科で勤務することで、看護師はどのような資格を目指すことができるのでしょうか。また、どのような職場が資格取得に適しているかについてもご説明いたします。

がん看護専門看護師

消化器外科はがん患者が非常に多いと言う特性上、がん看護関連の資格取得を目指せる診療科としても知られています。

がん看護を専門に扱う日本看護協会の認定資格として、「がん看護専門看護師」があります。

がん患者の精神的・身体的苦痛を理解し、患者と患者の家族の生活の質を高める高度な看護を提供するためには、必要な資格と言えるでしょう。

看護学系の大学院において修士課程を修了し、看護師としての現場経験が5年以上、がん看護を扱う分野における経験が3年以上ある場合、認定審査に合格することで資格取得ができます。

看護実践の報告も兼ねて、5年に一度の資格更新を行う必要があります。

がん化学療法看護認定看護師

がん治療に、化学療法は欠かせません。「がん化学療法看護認定看護師」は、がん化学療法薬を安全に取り扱い、投与・管理を含む作業を専門的に行うための認定看護師です。

副作用の症状の緩和とセルフケアの支援も行いますので、がん患者を対象とする診療科なら、どこでも必要とされる資格と言えます。

看護師として実務経験が5年以上あり、そのうち3年以上はがん患者と接する職場にいた経験があることが、条件として必要になります。

この条件を満たす看護師が認定看護師教育機関で専門の教育を6カ月以上にわたって受け、審査に合格することで、資格が付与されます。

がん性疼痛看護認定看護師

がんは非常な痛みを伴うことも珍しくありません。痛みの個別ケアとコントロールするための薬剤使用についての専門的な知識を身につけたのが「がん性疼痛看護認定看護師」です。

認定看護師ですので、看護師として実務経験が5年以上あり、そのうち3年以上はがん患者と接する職場にいた経験があり、認定看護師教育機関で専門の教育を6カ月以上にわたって受け、審査に合格することが求められます。

がん放射線療法看護認定看護師

がん治療には放射性療法も欠かせません。放射線治療の副作用の緩和と、安全な治療環境の提供を行うのが「がん放射線療法看護認定看護師」です。

他の認定看護師と同様、5年以上の実務経験と3年以上のがん患者の看護を行い、認定看護師教育機関で専門の教育を6カ月以上にわたって受け、審査に合格することで、資格が付与されます。

緩和ケア認定看護師

終末期の患者も消化器外科には多いです。呼吸困難や浮腫・疼痛を緩和し、患者と家族の苦しみや悲しみのケアを行うのが「緩和ケア認定看護師」です。

5年以上の実務経験と3年以上の終末期患者の看護を行い、認定看護師教育機関で専門の教育を6カ月以上にわたって受け、審査に合格することで、資格が付与されます。

目指せる資格が非常に多いのが、消化器外科の特徴とも言えます。スキルアップのために、目標を定めて行きましょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧