婦人科看護師の仕事内容や患者に対しての本音を暴露!

婦人科看護師の本音
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

実際に婦人科で働いている人は、どういった不満を持っているんだろう?

婦人科看護師の本音が知りたい!

婦人科への転職を検討している際、気になるのは「婦人科看護師として働く人は、仕事に対してどんな不満や愚痴があるのか」という点ですよね。

今回は、婦人科看護師の様々な本音を、探っていきたいと思います!

1.婦人科看護師の悩みとは?

婦人科看護師として、多くの方が悩むのは「コミュニケーション」です。

妊娠や中絶、悪性腫瘍や女性器を失う恐怖など、患者さんによって様々な不安を抱えています。

患者さんによってどのように支えてほしいかは異なるため、「どのようにコミュニケーションを取り、支えて行けば良いのか」と悩んでしまう婦人科看護師さんは、多くなっています。

また、患者さんに寄り添いたいと思っていても、多忙であることから患者さんの希望するコミュニケーションが取れず、思わぬ暴言を受けてしまったり、精神的に疲労が蓄積してしまうことも珍しくはありません。

それでも、コミュニケーションを通して患者さんと信頼関係を築くことができ、患者さんから様々な相談を受けられるようになった時、婦人科看護師としてやりがいを感じることができます。

2.婦人科看護師の仕事に対する本音

婦人科は、患者さんの人生を大きく変えるきっかけになりやすい診療科です。

不妊治療や中絶手術といった、患者さんの子どもについて扱うこともあれば、女性器疾患の治療によって、妊娠しにくい、あるいはできなくなってしまう方もいます。

精神的に辛い状況である患者さんに対し、看護師としてコミュニケーションをとることは、難易度としては大変高いですが、その分達成できたときのやりがいは大きいものとなっています。

また、婦人科は入院期間が短く、患者さんの入れ替えが激しい傾向があります。

そのため仕事量も多く大変ですが、仕事を通して多くの医療技術と知識を得ることができますし、何よりコミュニケーション力がとても鍛えられる診療科である、といえます。

患者さんは女性だけなので、男性に対し苦手意識を持っている看護師さんでも働きやすい環境と言える一方、病棟に関わるほとんどの人が女性となるので、女性特有のトラブルも起きやすく、一度起こると解決するまで大変、という一面も持っています。

3.婦人科看護師の患者に対する本音

婦人科を受診する患者さんの多くは、強い不安を抱えています。

「生理での出血が止まらない」「胸にしこりがあるのを見つけてしまった」など、自身で女性器に対し異常を見つけ、精密検査を受けるために来院しているからです。

また、子どもを授かるために不妊治療を受けている人がいる一方で、様々な理由から中絶手術を受ける方もいます。

そうした、患者さん一人ひとりの精神状態に寄り添い、少しでも穏やかに治療を受けられるよう援助を行うことが、婦人科看護師の役割です

患者さんによっては、精神的に不安定となり、暴言を受けることもあります。

そういった時、「理不尽に怒鳴られるなんて」と思うこともありますが、冷静に「この人は今、精神的に大変な時だから」とある程度受け流し、次の患者さんのケアを行う「気持ちの切り替えの早さ」が、婦人科看護師に求められます

逆を言えば、この切り替えが上手にできないと、婦人科看護師側が精神的に疲れてしまいやすく、仕事を続けることが難しくなってしまいます。

4.婦人科看護師に対する患者の本音

看護師は、患者さんにとって一番身近に感じることができる存在です。

だからこそ、自分が不安な時には側についていてほしいし、話を聞いてもらいたいという希望を持っています。

自分がこの後どうすればいいのかわからず、看護師さんに聞きたいのに、看護師さんはあわただしく動き回っていて、声をかけてもそのまま行ってしまった時。

医師から女性器病気の宣告を受けた後、待合室に戻ると看護師さん同士が笑いながら何かを話していた時。

たとえ故意に行っていなくても、患者さんにとってはとてもショックを受けることであり、「もっと信頼できる病院に掛かりたい」と思ってしまうものです。

婦人科は特に、多くの患者さんが女性器の疾患を抱えることで、「自分は今後、どうなってしまうのだろう」という不安を抱えています。

看護師として、どの患者さんも強い不安を抱えていることを理解し、少しでも患者さんの不安を軽減するために、普段からの行動から注意することが、結果として患者さんからの信頼を得ることにつながります。

5.婦人科看護師の年収に対する本音

婦人科は週に何件もオペ出しがあり、患者さんの回転も速く、急性期の中でも特に忙しい病棟の一つです。

また、婦人科単科ではなく、産科も兼ねている病棟だと、産科の状況に応じて応援に行くケースもあり、忙しさに拍車をかける結果となっています。

そんな中、婦人科看護師としての年収は他の診療科と大差はありません

産婦人科の場合は助産師も同じ職場で働いていますが、助産師は資格手当が別途でつく他、基本給も看護師に比べると高く設定されていることがほとんどです。

仕事量としては大差がないのに、給料では大きく差が出てしまうことに対し、資格の差があるとは言え、どこかで納得できない、と感じてしまうのが本音です。

忙しさに応じて、その分残業代がきちんと支払われればまだいいのですが、サービス残業となることもあり、婦人科の看護師さんが年収について「満足している」と答える割合は、かなり低くなっているのが現状です。

6.婦人科看護師の本音で出た悩みは解決できる!

婦人科看護師の様々な本音をご紹介してきましたが、これらの本音は、「どの婦人科の職場でも必ずある悩みや愚痴」ではありません。

中には、婦人科看護師として働きやすく、年収にも満足している職場で働いている方もいらっしゃるんです!

私もそういった職場で働きたい!と思っても、ハローワークやナースバンクでの求人情報では、そういった「本当に知りたい情報」は、手に入りにくいもの。

そこでお勧めなのが、転職サイトを利用して、より多くの情報を収集することです。

転職サイトでは、独自のルートで病院の内部事情についても多くの情報を持っています。

転職サイトを上手に利用し、それらの情報を集めることで、より婦人科看護師として満足できる職場に巡り合うことができるんです!

あなたもぜひ、転職サイトを使って、婦人科看護師としてより働きやすく、満足できる職場に巡り合ってみませんか?

この記事のまとめ
  • 婦人科はコミュニケーション力がとても必要とされる診療科である。
  • 中絶手術や不妊治療など、患者さんによって抱えている不安は様々。
  • 仕事をこなしながら、常に患者さんの精神状態に寄り添わないといけない。
  • 仕事量の割には他の診療科との年収が大差ない。
  • 婦人科で満足して働くには、内部事情をしっかり把握しおくことが重要。
  • 転職サイトには、婦人科に特化した求人情報もたくさん!上手く利用してみよう。

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

10月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

「冬のボーナスをもらってから転職しよう」

しかし、11月からでは、条件のいい求人の倍率は高くなるため希望の就職先に転職することが難しくなります。

10月から転職サイトに登録をして、いち早く条件のいい求人に応募できる状態にしておきましょう。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧