看護師の寮生活のメリットは家賃だけじゃない?デメリットや規則も紹介

看護師の寮
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師寮は、家賃が安く病院の近くに住むこともできる居住施設です。

遠方からの引っ越しを考えている看護師やお金を節約したい看護師にはありがたい制度です。

しかし寮生活の実際は案外知らないものです。

「家賃はどのくらいなの?」

「設備は綺麗なの?」

「ルールはどうなっている?」

「人間関係は?」

など疑問が湧いてきますよね。

そこで今回はみなさんの不安にひとつずつ答えていきたいと思います。

看護師寮の家賃相場・光熱費はいくら?

看護師の寮生活にかかる費用

看護師寮の家賃はどれくらい?

看護師寮に住もうと考える一番の動機は、多くの方が家賃の安さではないでしょうか?

多くの医療施設が提供する寮費は、1~2万円台です。

首都圏の主要駅から歩いて10分ほどの徒歩圏内において、自分で借りようとすると8~10万円ほど家賃がかかります。

これに比べれば、いかに安いか?がわかると思います。

家賃が一番高い東京でも、おおよその家賃は1~2万円台です。

ただし一番重要なのは、どの寮に住むかで設備、タイプなどに大きな差があるということです。

ここをしっかり知らないと、後で痛い目に遭う可能性があります。

家賃の相場は、職場がある場所や寮の新しさなどによって大きく変わってきます。

この点は事前によく調べておくことをおすすめします。

光熱費は「自分持ち」?

居住費を考えるときに家賃以外で気になるのは、光熱費ですね。

ここもチェックしたほうが良いポイントです。なぜかと言えば、寮によって光熱費が大きく変わる可能性があるからです。

一部の寮では光熱費も寮費に含まれていることもありますが、そのような寮は少数派であり、ほとんどの寮では光熱費は自分持ちとなります。

そして最近でh防災の観点からオール電化の寮もあり、「電気代だけで2万円かかった」という例もあります。

「オール電化だと、高い光熱費になってしまう可能性もある」という点は、あらかじめ気にしておきたいポイントですね。

そして光熱費だけでなくて、「水道やガスなど、どのライフライン業者と契約しなくてはいけないか」についても確認したほうがよいでしょう。

寮によっては光熱費まで無料のケースもあります。浮いた分の給料は貯金に回したり、自己投資に使ったり、エジャーに使ったりなど様々な可能性が考えられますね。

看護師寮の家賃はなぜ安いの?

看護師寮の家賃が安いこと自体は、特に怪しむことでもありません。

その理由は、いたってシンプルで病院側が雇用する看護師の福利厚生として、家賃の一部を負担してくれているためです。

採用時の応募率や入ショック後の定着率をアップさせるための病院側の手段でもありますね。

新人看護師や遠方から引っ越してくる看護師にとっては生活費が削減できるのはありがたいポイントになると思います。

看護師寮に入ることで、居住費という生活費からはある程度解放されるはずだからです。

看護師寮をタイプ別にみる

さて、看護師寮が経済的にはとてもお得なのはわかったと思います。

だいたいどんな看護師寮でも安い。

しかし、一言で「看護師寮」といっても様々なタイプがあります。

どのタイプの寮に住めるかで、ライフスタイルも大きく変わる可能性があるわけですね。

2つの大きなタイプ|独身寮と母子寮

まずは寮を大きく分けると、その種類は「独身寮」と「母子寮」の2種があります。

独身寮|その特徴
  • 独身の職員のみが入寮できる
  • 一般的にワンルームもしくは1K
母子寮|その特徴
  • 母子家庭、シングルマザーの職員が入寮できる寮
  • 独身寮よりも広さがある
  • 敷地内に保育園が併設されており、子育てに優しい設計になっているところもある

多くの寮は、女性看護師を基本的な入居対象として用意されています。

そして、未婚用か既婚用かで分けられているわけです。(もちろん男性看護師が入居できる施設もあります。)

一般的に、夫婦や家族で住むことができる寮を用意しているところはなく、代わりに住宅手当が付きます

用意されている寮全てが女性のみを対象としていることもあり、その場合は男性職員が入居を希望しても断られ、代わりに「家賃補助」が付くというケースもあります。

居住施設のタイプ

様々なタイプがあると言っても、それは入居者タイプで分けるものだけではなく、居住施設としてのタイプがあります。

このタイプが、入居後の生活を大きく異なるものするポイントでもあります。

ここからは、居住施設としてのタイプを紹介したいと思います。

マンションタイプの寮

近年、非常に多いのは普通のマンションを病院が借り上げしているタイプです。

「門限の厳しさ」「異性の招き入れ」「ペットとの同居不可」など、多くの看護師が寮に不満を感じているのではないでしょうか?

しかし、マンションの借り上げであれば、それらを心配しなくてよいケースがほとんどです。

生活する上で、これはかなり大きなメリットになると思います。

メリット
  • 特に看護師寮であることを意識せずに生活することができる
  • 規則が緩い(マンションのルールさえ踏まえて生活していれば、特に病院側から禁止事項を通達されることも少ないといえます。
病院併設タイプの寮

その名の通り、病院に隣接するか、とても近いところにある寮です。通勤に便利な看護師寮です。

メリット
  • 多くの生活面のサポートをしてもらえる
  • マンションタイプと比べて家賃が安く、しかも通勤時間はほとんどかからない
  • すぐに帰宅できる
デメリット
  • 規則や門限に厳しい
  • 病院と併設されていることによって、家に帰っても仕事から切り離されている感覚を持ちにくい
  • 仕事とプライベートを完全に切り替えて生活したい人には向いていない

入居を限定する寮のタイプ

入居する人を限定する寮のタイプがあります。

これらのタイプは明確に入居する対象が決まっており、条件に合わない人にとっては、「寮がある」と言っても存在していても「ない」のと同じ意味になるため、しっかり確認しておく必要があります。

女子寮

女性限定の寮です。

女性看護師のなかには、「女子寮」を希望する人も一定数存在します。

男性が近くに住んでいるのは怖い、女子だけで住んでいる方が気楽でいい、そんな人にとっては女性専用の看護師寮が居心地よく過ごせるでしょう。

メリット
  • 異性がらみのトラブルは避けることができる
  • 独身寮では家賃が安く、生活が楽
母子寮

子どもがいる看護師、特にシングルマザーの看護師にとってありがたいのは母子寮です。

母親からすれば、どんなに条件がいい看護師寮でも、子どもと一緒に暮らせないのであれば住む選択肢はなくなります。

それは、イコール「寮がない」のと同じことになりますよね。

ですから、子どもがいる方は、「子どもとの入居がOK」かは、必ずチェックしたい点です。

メリット
  • 子どもと住める
  • 生活費の負担が軽減
男女共用の寮

また、男女共用の寮も存在します。

特別なルールが別に設けられていることはあまりないようです。

最近は男性看護師の割合も増えているため、アパートを借り上げてそこに男女関わらず入居する、というところが増えてきました。

メリット
  • 男性でも住める
  • 男女共用だからと特別なルールがあるところは少ない

タイプのまとめ

立場や希望するライフスタイルによって、必要な寮のタイプも変わってきます。

転職活動のときに事前に調べて、希望の転職先に自分が必要な寮施設が提供されているかどうか、しっかり知識として学んでおきたい点です。

そうすることで、入職後に落胆して、後悔するということが少なくなるはずです。

看護師寮の設備は?

看護師寮の設備は、寮によってそれぞれです。

設備に対しての予備知識としては、簡単なものになりますが、最低限の内容として以下のことを頭に入れておきましょう。

部屋の設備(家具・家電)は?

看護師寮はタイプだけではなくて、設備そのものも実に様々です。

家具家電が一通りそろっている寮もある一方で、一般的なアパートと変わらず、全て自分で一からそろえる必要があることもあります。

また、オール電化や床暖房がついている寮もあれば、そういった設備がまったくない寮もあります。

同じ職場の寮であっても、場所によって設備が違うということもあるため、

「この職場の寮の設備がいいから」と入寮を希望しても、希望した寮は埋まってしまっていて、別の設備が整っていない寮に入寮することになった、ということもあります。

共用部分がある寮はどんな感じ?

寮によっては、共用部分がある寮もあります。

共用部分があると、人との関わりが出てくるので、嫌な人は入居を辞めるポイントになってしまうかもしれません。

ただ、現在はほとんどがマンションやアパートの借り上げ寮のため、共用部分があるという寮は少数派となります。

あったとしても、ロビーなど、通常のマンションと変わらないため、利用されることは少ないといっていいでしょう。

しかし、これも一概には言えないので、事前にチェックしましょう。

寮を用意している病院は?

さて、ここまで、看護師寮と一言で言ってみても、様々なタイプがあるということが分かったと思います。

これから先は簡単なまとめとして、そのメリットとデメリットについて、ご説明したいと思います。

地域は?病院規模は?

寮はどの病院にでも用意されているというわけではありません。

寮を用意している病院は一般的に「地域の中核病院や大学病院など、病院の規模が比較的大きい」となります。

ある意味では、病院側の負担が増えるという意味からも、経営規模の大きさと関わりが深いのです。

また傾向としては、首都圏の病院では寮を用意していることが多いです。

したがって、寮を探す人たちは、「規模の大きさ」「大都市圏」を意識して、探してみるとより求める情報が見つかりやすくなると思います。

しかし、中には寮が用意されていなくても、代わりに「住宅手当」が充実しているという場合もあります。

「寮は必須条件」と考えている方は、病院選びの際、寮だけに囚われずに「住宅手当」にまで広げて好条件の求人情報を探すのも一つの手です。

看護師寮のメリット&デメリット

看護師寮のメリット
  • 家賃が1~2万円と安い!
  • 設備もしっかりしている!
  • 職場から近い!

また、家賃が安い物件であれば、様々なメリット・デメリットがあって当然ですね。

「デメリットもあるけど、それでも住みたい!」「メリットが魅力的すぎるから、デメリットは気にならない!」など、いろいろなパターンがあると思います。

その両方を知った上で入居することを決められるように、ここでは、その両面を並べてみたいと思います。

看護師寮ではお風呂やトイレもしっかりと備わっていますし、エアコンやキッチン設備なども完備されているので、何の不自由もなく生活を送ることができるでしょう。

また、職場から近い場所に寮があることが多く、職場から近いということもメリットになります。

万全なサポート体制

万全なサポート体制は、寮の大きな特典の1つです。

室内機器の故障に無償で対応してくれることも寮のおすすめポイントです。

エアコンやIH、全自動バスなど備え付けの機器に関してはトラブルが起こっても修理代がかからず直してもらえる寮もあります。

看護師寮は職場に近くて安い

激務である看護師にとって、職場からの近さも大きなメリットとなります。

しかし問題は家賃との折り合いです。特に都会であればアパートやマンションの家賃は大幅に跳ね上がり、新社会人の生活を圧迫してしまいます。

一方で、格安の物件でも職場から離れていると、毎日の通勤が大変です。

特に3交代制を実施している病院への通勤はつらいものになってしまうでしょう。

寮で生活することにより通勤問題が解決するのなら、入寮を検討するメリットは大きいでしょう。

看護師同士のコミュニケーションが増える

寮生活を始めると仲間が出来やすいというのもまた、メリットの一つでしょう。

同じ寮に住んでいる看護師同士、通勤や退勤で顔を合わせるようになり、コミュニケーションをとるきっかけが増えます。

職場や患者の話など、共通の話題は尽きないため、看護師同士はすぐに仲良くなれることでしょう。

一人暮らしでは孤独や不安がつきものですが、それを分け合える仲間ができることで、生活面で心強くなりますし、仕事のモチベーションも上がります

仲のよい看護師ができると、仕事においても心強いでしょう。

先輩看護師と仲良くなるために

新人看護師はマンツーマンなどの方法により先輩から指導を受けますが、きつい言い方に傷つくこともあります。

また、職場での人間関係になじめずに孤立してしまうこともあるかもしれません。

しかし、同じ寮の先輩看護師と早い段階で仲良くなっておけば、失敗をしてもフォローしてくれる可能性があります。

先輩を通して、他の看護師とも打ち解けられることでしょう。

人間関係を円滑に築いていくためには、寮生活が大きく役に立つといっても過言ではないでしょう。

看護師寮のデメリット
  • 寮と職場が近い
  • 設備がしっかりしていないことがある

寮と職場が近い

寮生活のデメリットで一番大きいのは、「寮でのトラブルが職場に直結する」ということです。

例えば、寮生活で人間関係に問題が起きた場合は、仕事もやりづらくなってしまうでしょう。

また、「災害時など、他の職員が出勤できない状態となった時は、寮に住んでいる職員が呼び出される可能性が非常に高い」です。

首都圏において雪が降って交通網が麻痺してしまったときなどは、寮に住んでいる人に連絡がいって、

出勤できなかった人の代わりに働く、ということもあるようです。

設備が悪くても変えられない

寮の設備が古く、住み心地がよくない場合もあります。

確かに寮は家賃を削減できますが、あまりにも不足している要素が多いのなら、「少し家賃が高くなってもいいから他のアパートを探そう」と考える看護師もいるでしょう。

まずチェックしておきたいのは、風呂とトイレが共同でないかどうかです。

特に女性看護師にとって共同の風呂やトイレはストレスを招きがちです。また、エアコンの有無も快適性を決定づける大きなポイントです。

古い建物の寮だと、真夏や真冬には過ごしにくく、体調不良を起こしてしまうケースも報告されています。

ハードな仕事を健康体で乗り切るために、室内環境には気を配りたいところです。

その他、防音や日当たりなど、人によって気になる点はさまざまでしょう。

パンフレットだけを読んで判断するのではなく、入寮前に見学することによって、納得のいく看護師寮を探すことをオススメします。

看護師寮でよくある疑問や悩み

パートや派遣でも入寮できるの?

パートや派遣でも入寮できる看護師寮

入寮は正社員を優先し、かつ、寮の部屋数が限られているため、常勤の正社員で独身ならば優先的に入寮できることが多いようですgが、パートや派遣、臨時職員に関しては入寮が許可されないこともあります。

自分が入寮の条件に当てはまるかしっかりと確認をし、手違いのないように準備しましょう。

門限は? ペットは? 寮の規則はかなり厳しい?

量では騒音と私物に注意

現在の看護師寮はひと昔前の共同生活のようなものとは異なり、プライベートが確保され、門限も設定されていないところが多くみられるようになりました。

「集団生活を行う上で守られるべき項目」さえしっかり従えばアパートやマンションなどで暮らす場合と大きな違いがないことがほとんどです。

一方で、ペットの許可です。

ペットを許可しているところはあまり見かけないため、ペットをどうしても飼いたい人は、自分で賃貸マンションやアパートを探す方が良いと思います。

借り上げマンションでもルールがある?

看護師の借り上げマンション

「私の寮は借り上げのマンションだから、規則を多少破っても大丈夫」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そこはあくまでも寮です。規則を破ってしまうとそのトラブルが波及的に職場にも影響を及ぼす可能性も出てきてしまいます。

例えば女性寮で男性は原則的に入ってはいけないのに、規則を破って入れてしまい、それが他の入寮者にばれてしまったとします。

他の入寮者が事務や上司に「寮でルール違反をしている人がいる」と報告されると、最悪退寮処分になることも考えられます。

そのため、病院側が管理をしているというよりも、他の入寮者同士でルールを管理している、暗黙のルールがある、との心構えをもって入居したいところです。

勤続年数による縛りはある?

また、入寮希望が多い場合は、勤続年数によって入寮期間に縛りがあることもあります。

これは、遠方から引っ越してきて入職する場合に寮が空いていないということは、新たな職員を確保できないということになってしまうからです。

縛りの期間も様々ですが、おおよそ3~5年入寮していると、退寮について話しを持ちかけられるケースが多いようです。

苦手な先輩と住むことに・・

寮生活は人間関係の構築に役立ちますが、仕事の人間関係をプライベートにまで持ち込んでしまうこともありえます。

そりが合わない先輩看護師がいたとして、普通なら帰宅すれば顔を合わせずにすみます。

しかし、寮が同じであれば、プライベートでもコミュニケーションを取る機会が生まれてしまうこともありえるのです。

結果、ストレス解消ができず、重い気持ちのまま次の勤務に向かうことにもなります。同じ寮の人間に恵まれなかったら、憂うつな寮生活を送ることになるでしょう。

入寮前にデメリットを把握しておけば、対策を練る時間を十分に確保できます。

自分が抱いている問題点が解消可能なものかそうでないのかをよく考え、メリットと比較して決断するようにしましょう。

看護師寮がある病院の探し方

そもそも、寮は空いているものなの?

入寮を希望していても、寮が空いていないということは実際に起こることです。

しかし、寮は遠方から入職のために引っ越してくれるということも意味しているため、病院側としてはできるだけ寮が満員となっていないように、調節しているところが多いようです。

そのため、必ず空いているとは言えませんが、空いていることが多いと考えてよいでしょう。

寮がある看護師求人はどう探す?

一般的に、首都圏内においては中規模以上の病院ですとほぼ寮を用意しているといっていいでしょう。

寮つきの病院を探している場合には、求人サイトなどでアイコン表示されているところも多いため、そちらを利用されたほうが効率よく探すことができます。

また、地方においても県庁所在地では比較的寮を用意してくれていますし、

寮として存在はしていなくても、住宅補助にて寮のような低価格で賃貸に住むことができる場合もありますので、就職を希望する病院に一度問い合わせてみることをお勧めします。

看護師寮の引っ越しで挨拶は必要?

看護師の寮への引越し手当

挨拶は絶対するべき?

入寮した際、多くの方が悩むのが「挨拶はするべきかどうか」です。

借り上げマンションやアパートで大家さんが同じ敷地内に住んでいる場合には、

鍵を紛失した際など何かとお世話になるため、挨拶に行ったほうがよいでしょう。

また両隣および自分の部屋の真下に住んでいる方に対しては、

今後生活するにあたって迷惑をかけてしまう可能性もあるため、挨拶をした方が無難です。

挨拶の品としては、以前は洗剤が良いとされていましたが、現在は好みが分かれてしまうことが多いため、ばら売りされているBoxティッシュなど、身近に使えるものがおすすめです。

引越し時に手当や補助金が出る?

遠方から入職のために引っ越しをする場合、一部の職場では「引っ越し手当」として引っ越し費用(支援金)の全額または一部を負担してくれるところがあります。

「引っ越し費用がないから、転職が難しい」とお考えの方は、引っ越し費用を負担してくれる職場を探すというのもよいでしょう。

しかし、このような制度を設けている職場は一部となっているので、事前の確認は必須です。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

12月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

12月は冬ボーナス後の転職や年内の退職を考えている方の動きが活発になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧