[ 記事作成日時 : 2017年1月11日 ]
[ 最終更新日 : 2021年3月24日 ]

看護師転職サイトの祝い金や支援金はもうないの?禁止の理由や支援金の仕組み

看護師転職サイトの祝い金

看護師転職サイトで転職すると支援金や祝い金がもらえるの?

どうすれば祝い金がもらえるの?金額や条件は?

2021年3月までは、入職をすると支援金や祝い金がもらえる看護師転職サイトがありました。しかし、2021年4月の法改正で支援金や祝い金の支給は禁止されたため現在は支援金がもらえる転職サイトはありません。

ここでは支援金制度廃止の理由、禁止される前の転職支援金制度・支給条件・支給額についてご紹介します。

      
転職サイト 総合評価・特徴
看護師転職サイトランキング1位看護roo!
看護roo!
星の数4.4

・利用者満足度が96.2%
・どこよりも詳しい病院情報提供
>>>公式サイトはこちら
看護師転職サイトランキング2位レバウェル看護ロゴ
レバウェル看護
(旧 看護のお仕事)
星の数4.3

・給与アップできる好条件求人も多数
・徹底したサポート力と待遇交渉力
>>>公式サイトはこちら
看護師転職サイトランキング3位ナース人材バンク
ナース人材バンク
星の数4.2

・高給与/好条件 非公開求人多数
・地域専任スタッフが求人の特徴を把握
>>>公式サイトはこちら

看護師の転職で支援金や祝い金がもらえるの?

2021年3月までは転職支援金や祝い金を支給しているサイトがいくつか存在しましたが、現在は転職支援金がもらえる看護師転職サイトはありません。

2021年4月の法改正により、お祝い金や支援金の名目で求職者の申し込みを勧奨することは禁止されたためです。

祝い金禁止
「就職お祝い金」などの名目で求職者に金銭等を提供して求職の申し込みの勧奨を行うことを禁止しました。
令和3年4月1日から職業安定法に基づく指針が一部改正されます。
「お祝い金」その他これに類する名目で、求職者に社会通念上相当と認められる程度を超えて金銭などを提供することで求職の申し込みの勧奨を行ってはいけません。
・求職の申し込みの勧奨は、金銭の提供ではなく、職業紹介事業の質を向上させ、それをPRすることで行ってください。
・職業紹介事業者が、自ら紹介した就職者に対し転職したらお祝い金を提供するなどと持ちかけて転職を勧奨し、繰り返し手数料収入を得ようとする事例があります。このような行為は、労働市場に おける需給調整機能を歪め、労働者の雇用の安定を阻害する行為であり、行ってはいけません。

転職支援金や祝い金制度が禁止になった理由

本来の支援金制度は、転職する看護師に少しでもメリットがあるように、紹介会社の広告費や宣伝費の予算を看護師の祝い金として還元していたものです。

看護師転職サイトは、支援金支給と宣伝することで、より多くの求職者に登録してもらうことができます。そして、登録した看護師が転職した病院から紹介手数料を得ることができるのです。

しかし、一部の紹介事業者や担当キャリアアドバイザーの中には、転職サポートを担当した看護師に対し、支給条件を満たす期間のみ在職させ、その後はお祝い金が支給されるからと再転職をすすめて繰り返し手数料収入を得ようとする事例がありました。

このため、看護師は短期間で転職を繰り返すことになり、看護師としてのキャリア構築に悪影響を及ぼすこと、採用する側も何度も紹介料を支払わなければならず、採用コストがかさむことや人手不足解消につながらないことが問題視されていました。

2018年1月1日から施行された職業安定法(平成29年改正 )では、紹介した求職者への対応に関する留意点として、「紹介により就職した看護師に対し2年間は転職を進めてはいけない」「勧誘するに当たってはお祝い金等の金銭を支給することは望ましくない」を含む4つの事項が提示されていましたが、今回の改正はより踏み込んだ内容となりました。

転職支援金や祝い金がもらえた看護師転職サイトと支給条件

転職支援金や祝い金を受け取るためには、「看護師転職支援金の制度」を実施している看護師転職サイトを利用し、各サイトの支給条件を満たす必要がありました。

規定の期間在職していることや、転職後の雇用状況や役職によって支給額が違いますし、手続き方法もサイトにより違っていました。

2021年3月まで看護師転職お祝い金支給のサービスを提供していた看護師転職サイトの中で、代表的な『看護プロ』の条件をまとめてみました。

支給額 3万円(夜勤あり常勤の場合)
支給条件 入職6か月以上在籍しアンケート提出

『看護プロ』では登録すると専任のコンサルタントさんが担当してくれ、希望の求人が見つかるまでサポートしてくれます。条件がいい非公開求人も多いことで有名です。

お祝い金目的で登録した看護師からも、キャリアアドバイザーの対応やサポート力が高く評価されています。

看護師転職サイトの選び方

看護師転職サイトは、看護師にとって働きやすい好条件の職場を提供することが1番大切だと考えているため、丁寧にヒアリングし求職者の希望に沿ったサポートを心掛けています。転職後のギャップがないようにできるだけ詳しい情報を提供し、今後の働き方の相談にも乗ってくれます。

良い転職先を決めるためには、看護師転職サイトが保有している求人の質やキャリアアドバイザーの対応、サポートの質を見極めることが大切です。

1.担当のキャリアアドバイザーを見極める

看護師転職サイトでは専任のキャリアアドバイザーがつきます。

キャリアアドバイザーは、転職を急がせずに求職者に合わせて、かつ素早い対応をしてくれるのが望ましいです。

また、看護師の転職になるので、看護業界に精通している必要があります。 キャリアアドバイザーとしての経験年数が浅いと、なかなか病院の情報を把握していなかったり、求職者にとって必要な情報を提供できないことがあるかもしれません。

頼れるキャリアアドバイザーに出会えれば、自分の意見も言いやすくなり、理想とする転職に近づけることができるでしょう。

2.転職サイトの口コミを確認する

転職支援金や祝い金を貰う以前に、看護師転職サイトそのものののサービスが良くなくては、転職をすること自体難しくなります。

看護師転職サイトによっては、希望のエリアの求人数が少なく希望通りの求人を紹介してもらえなかったり、実際に働いてみたら契約書に書かれていた給料と金額が違ったということもあります。

看護師転職サイトに登録する際は、利用者の口コミをみて、実際に転職成功した看護師がいるかしっかり確認しましょう。

3.病院や施設利用者の声や現場の様子を確認する

求人を紹介された場合、その病院や施設の利用者の声も確認しておくと良いでしょう。患者さんや利用者の評価は、病院紹介サイトなどに載っているので、違う目線から転職先を見てみることも大切です。

可能であれば、実際に現場に行ってみることをおすすめします。看護師経験がある方ならば、病院を訪れれば少なからず病院の雰囲気を感じ取ることができ、希望に合う転職先かどうかを判断する材料になると思います。