精神科看護師の仕事内容は楽なの?向いている人やストレスについても解説

精神科 看護師
  • no image0
  • LINEで送る

精神科で働きたいと考えているけど、よくわからないことも多く不安という方もいらっしゃるでしょう。

精神科には、患者の心に寄り添えるというやりがい、魅力ある診療科ですが、他の診療科との違いかあります。

精神科の仕事内容や向いている看護師、給与、メリット・デメリットをはじめとして絶対おさえてほしい情報をここで詳しく紹介します。

ランキング1位 看護roo!
ランキング2位 看護のお仕事
ランキング3位 ナース人材バンク

精神科看護師の仕事内容は本当に楽?

精神科の看護師の仕事内容

精神科の看護師の業務が楽かどうか、その答えは人によって大きく分かれると言えます。

たしかに精神科は投薬治療が中心で、緊急の手術もありません。看護師がおこなう医療行為は限られており、残業も少ないです。夜勤があっても病状が急変する患者はあまりいないため、看護師の負担は少ないと言われています。

しかし、精神科には心の病を扱う科だからこその大変さもあります。目に見えない病状と接するのはケアする側にも精神的な疲労が生じます。人によっては辛い職業でもあるでしょう。

精神科看護師の役割と仕事内容

精神科は身体ではなく精神にかかわる不調をすべて扱います。「神経科」「心療内科」「神経内科」も精神科に含まれます。

扱う病状としては、統合失調症やうつ病、拒食症・過食症、PTSD、パニック障害、アルコール・薬物依存症や老人性痴呆などの幅広い病気があります。

せん妄や幻聴・幻覚など意思疎通を図るのが難しい患者ばかりと考えがちですが、看護師が会話をするのは投薬治療によって落ち着いた状態の患者がほとんどです。

精神科看護師の役割

  • 患者を安心させ、本人の気持ちを症状改善の方向に向ける
  • 本人以外にも患者の家族の相談に乗り、生活指導を行う

精神科に通う患者は正しく状況を説明したり、自分の気持ちを伝えたりするのが困難な場合が多くあります。

そのため、看護師はコミュニケーションを大事にしながら、課題解決のために患者に寄り添うことが必要となってきます。

また、患者だけでなく、その家族も精神的な疲労や不安を感じているため、本人以外のケアも看護師の役割と言えるでしょう。

精神科看護師の仕事内容

  • 患者の容態の観察
  • バイタルチェック
  • 服薬の管理
  • 精神科看護師の業務医療行為はそれほど多くありません。患者の状態を冷静に観察し、少しの変化にもいち早く気づくことが重要な業務となります。日々のバイタルチェックや服薬の管理も欠かせません。

    ただし、精神疾患に加え身体合併症がある患者に対しては、注射や点滴などの継続した医療行為を行うこともあります。

    また、患者の症状によっては自力での生活が困難なこともあります。そのような患者に対しては、入浴や洗顔・整髪・ひげそり・トイレへの誘導などのセルフケアの手助けも行います。

    精神科看護師に向いている人はどんな性格?

    精神科は他の診療科とは異なる緊張感があります。大量出血の現場には出会いませんが、患者の心の均衡がくずれる気配を察知し、患者一人ひとりとじっくり向き合うことが必要です。

    そのため、精神科の看護師には下記のような性格の人が向いていると言えるでしょう。

    • 患者を興奮させない穏やかな人
    • 患者の抵抗にもゆるがない信念を持てる人
    • 温かく見守り続ける心の強さや根気強さを持つ人
    • 患者に安心感をもたらし励まし続けられる人

    混乱から抜け出す手伝いをし、自力で心の平衡を保てるようサポートするのが精神科の看護師の役割です。

    どんな患者にも物怖じせずに、冷静な心と温かい心の両方で接することのできる人が求められます。

    患者の回復とともに学ぶことも多いため、看護師自身の精神的な成長にもつながるでしょう。

    精神科は男性看護師が活躍!

    精神科では、精神力以外に体力が求められる場面もあります。

    たとえば急性期病棟では、幻覚や幻聴などでパニック症状を起こす患者もいます。正気を失っている患者は全力を出して暴れるため、数人がかりでも大人しくさせるのは並大抵のことではありません。

    そのようなときに男性の力が大いに役立つことから、精神科は男性看護師が活躍しやすい職場と言われています。

    また、寝たきりの患者を介護する体力とは違う体力が必要な場面もあります。

    精神疾患を患っている人のなかには、生活のリズムが取れず、昼夜逆転している人もいます。ひと晩中興奮が収まらない場合には、看護師は休む間もなく対応に追われます。

    夜勤で仮眠休憩が取れないときでも、継続して業務をおこなう体力が必要です。

    精神科看護師の給料・年収を比較

    精神科の年収は他の科よりも高い?

    精神科看護師は高給取りといわれているのを耳にすることがありますが、実際は、他の診療科と比べて年収にどれくらいの違いがあるのでしょうか。

    求人サイトに掲載された情報を基にデータ化された診療科目別年収の平均を見ると、内科が530万円、外科が543万円、小児科526万円、循環器科534万円、消化器科532万円となっています。

    これらの診療科と比較してみると、精神科看護師の平均年収は532万円であり、とりわけ高い金額ではないことがわかります。

    しかし、精神科での勤務は基本的に残業がなく、容体が急変する患者への対応といったプレッシャーも少ないことから、労働への対価として高収入であるという評価につながっているようです。

    また、精神科専門病院は総合病院の精神科に比べ、諸手当など手厚い待遇で募集を行っているところが多く、同じ精神科でも勤務先によって年収に違いがあります。

    精神科看護師の給料の相場

    厚生労働省の調べによると、看護師の都道府県別平均年収は、東京や大阪、神奈川、愛知といった都心部ほど高い傾向にあります。

    精神科看護師の活躍のしかたは様々ですが、ここでは、東京23区内における施設形態別の常勤看護師基本給について、相場となる金額を見ていきましょう。

  • 精神科が設置されている一般病院:21~24万円(賞与実績3.5~4.5ヶ月分)
  • 精神科専門病院:20~22万円(賞与実績4ヶ月分前後)
  • 精神科クリニック:23~25万円(賞与実績2~3ヶ月分)
  • 精神科訪問看護ステーション:16~20万円(賞与実績2ヶ月分程度)
  • このように、病院での勤務が基本給・賞与実績ともに高く、夜勤手当が加わると更に高収入となることが予想できます。

    訪問看護の基本給は、やや低めとなっていますが、オンコール手当や訪問件数手当がつく事業所もあるため、月収としては高額になる場合もあります。

    近年、精神疾患を誰にでも起こり得ることとして気軽に受診できるクリニックや、世代を超えて在宅支援や社会復帰支援を行う精神科訪問看護の需要が高まってきており、看護師の充足をより一層図ろうとする意向が基本給設定の高さとなって表れる傾向にあるようです。

    また、同じ施設形態で差が生じる理由については、病院であれば救急体制の有無や急性期病棟か慢性期病棟かといった忙しさの違い、クリニックであれば専門とする疾患の難易度の違い、訪問看護であれば実務経験の違いなどがあげられます。

    賞与に関しては、基本給が高ければ実積率が低い、またはその逆といったケースが多いようですが、なかには、経験年数に従って変動する基本給に関わらず、一律支給をする訪問看護ステーションもあります。

    精神科看護師のメリット・デメリット

    精神科看護師のメリット

    看護師が精神科で働くメリットとして、次のような点が挙げられます。

  • 患者一人ひとりとじっくり向き合った看護ができる
  • 患者の回復に直接的に関わったという手応えを感じられる
  • 残業がないため プライベートの時間を確保できる
  • 肉体労働を必要とする場面が少ない
  • 心の病を扱う精神科では、長期間にわたった根気強い治療を必要とするため、ゆっくりと時間をかけ、個々の患者に寄り添った看護を実現することができます。

    さらに、看護業務は本来、医師の指示に基づくケアを行うことがメインであることに対し、精神科治療においては、看護師による精神的サポートが大きな要素となり、回復への貢献度も高いことから、看護師がやりがいをより強く実感できる診療科といえます。

    また、身体的には自立した患者が多い精神科では、医療行為や重介護を行う機会が少なく、一般的な診療科に比べて体力面で楽なことに加え、膨大な記録業務がないという特徴があります。

    残業がなく毎日定時で帰宅できる点は、仕事と家庭の両立を目指す看護師や、自分の時間をスキルアップのための勉強に使いたい看護師にとって大きなメリットといえます。

    精神科看護師のデメリット

    メリットが多いとされる精神科勤務ですが、デメリットもいくつか存在します。

  • 一般的な看護スキルを習得しにくい
  • 精神的に大きな労働力を必要とする
  • 医療処置を行うことが少ない精神科では、最新の看護技術や医療機器の取り扱いなどに触れる機会がほとんどありません

    精神科分野の専門性を高めることはできますが、一般的な診療科でもすぐに実践が可能な高いスキルを身につけ、それを維持し続けることは困難な場合もあります。

    また、目には見えない心と対峙する精神科での看護には、決められたマニュアルはありません。

    患者にかける言葉選び一つで状態を良くも悪くもするため、常に神経を遣い、看護師自身が精神的に参ってしまうケースも少なからずあります。

    錯乱状態となり暴れ出す患者や暴言を浴びせる患者もいるなかで、看護師が精神科で働くことのメリットを活かしながら活躍するためには、自らの心の安定を図りながら、いかなることも冷静に受けとめて対応できるしなやかでタフな精神力が求められるようです。

    精神科看護師の求人について

    クリニック

    精神科とともに内科や神経内科を標榜しているクリニックも多く、精神科の経験がない看護師も十分に働ける勤務先の一つとなっています。

    精神症状の軽い患者が大半を占め、リハビリを目的としたナイトケアを実施するクリニック以外、夜勤や残業はほとんどありません。

    しかし近年、仕事帰りに受診できるよう夕方遅い時間まで受け付けを行うクリニックが増えてきているようです。

    東京都大田区にある精神科クリニックの看護師求人例

  • 勤務形態:常勤(日勤のみ)
  • 休日:日曜祝日の他週1日
  • 月給:26万円(内訳 基本給20万円+手当)
  • 賞与:3.8ヶ月分
  • 横浜市にある精神科クリニックの看護師求人例

  • 勤務形態:常勤(日勤のみ)
  • 配属先:外来
  • 休日:日曜固定の4週8休 
  • 月給:26~32万円(手当込み)
  • 福岡市にある精神科クリニックの看護師求人例

  • 勤務形態:常勤(日勤のみ)
  • 休日:年間74日
  • 給与:基本給22~30万円 通勤手当(上限1万5,000円)
  • 賞与:3ヶ月分
  • 総合病院の精神科

    身体症状と精神症状を併発している患者が多いことから、精神科未経験でも一般診療科の経験を存分に活かすことができます。ただし、精神科への転職希望であっても、他科に配属が決まることもあります。

    東京都足立区にある総合病院(精神科あり)の看護師求人例

  • 病床数:306床
  • 勤務形態:常勤(夜勤あり)
  • 休日:年間122日
  • 給与:基本給22万3,000円~ 夜勤手当1万5,000円 職務手当1~5万円ほか
  • 賞与:3ヶ月分
  • 横浜市にある総合病院(精神科あり)の看護師求人例

  • 病床数:188床
  • 勤務形態:常勤(夜勤あり)
  • 休日:年間115日
  • 月給:28万4,180円~(夜勤1回につき1万1,700円の夜勤手当4回分を含む)
  • 賞与:4ヶ月分
  • 福岡市にある総合病院(精神科あり)の看護師求人例

  • 病床数:330床
  • 勤務形態:常勤(夜勤あり)
  • 休日:土日祝日および年末年始
  • 給与:俸給21万6,400円 地域手当2万1,640円
  • 諸手当:夜間看護等手当8,600円/回 専門看護手当(専門看護師5,000円/月、認定看護師3,000円/月)扶養手当、通勤手当、住居手当
  • 賞与:約4.3ヶ月分
  • 精神科病院

    患者の重症度によって開放病棟と閉鎖病棟があり、暴れ出す患者を抑制する必要性から男性看護師が多く活躍していることや、コミュニケーションスキルの重要性により年齢制限が比較的緩やかであるという特徴が精神科病院にはあります。

    東京都町田市にある精神科病院の看護師求人例

  • 病床数:261床(男女別の開放病棟・閉鎖病棟あり)
  • 勤務形態:常勤(夜勤あり)
  • 休日:年間110日
  • 給与:基本給23万円 調整手当6万円 夜勤手当(閉鎖病棟1万3,000円/回、開放病棟1万1,000円/回)閉鎖病棟手当7,000円、住宅手当、家族手当
  • 賞与:3.9ヶ月分
  • 横浜市にある精神科病院の看護師求人例

  • 病床数:210床(急性期病棟なし)
  • 勤務形態:常勤(夜勤あり)
  • 休日:年間104日
  • 月給:30万8,000円(基本給17万5,000円、資格手当1万円、特別手当4万8,000円、夜勤手当5万8,000円、皆勤手当1万7,000円)
  • 賞与:3ヶ月分
  • 福岡市にある精神科病院の看護師求人例

  • 病床数:150床(慢性期病院)
  • 勤務形態:常勤(夜勤あり)
  • 休日:4週7休+祝日
  • 給与:基本給20万円 夜勤手当9,500円/回(月3~4回)
  • 賞与:3.2ヶ月分
  • 精神科に特化した看護訪問ステーション

    精神疾患のある患者宅を訪問し、自立した生活を送れるよう支援する訪問看護は、今後ますます期待される医療分野であり、精神科に特化した事業所はまだ数が少ないものの増加傾向にあります。

    オンコール当番制をとっている事業所もありますが、基本的に日勤のみの勤務で、休日も確保されています。

    東京都大田区にある精神科専門の訪問看護ステーションの看護師求人例

  • 勤務形態:常勤(日勤のみ)
  • 休日:年間124日
  • 給与:基本給14万5,000円 資格手当3万円 訪問手当5万円 歩合手当330円/1件 首都圏手当2万円など
  • 特徴:精神科専門の訪問看護ステーションを全国展開している企業が母体
  • 横浜市にある訪問看護ステーションの看護師求人例

  • 勤務形態:常勤(日勤のみ)
  • 休日:年間120日
  • 月給:入職1年目モデル(年俸制)33万円~、オンコール手当1,000~2,000円、実働手当4,500円、訪問手当3,000円/1件、通勤手当、家族手当等込み
  • 特徴:精神科認定看護師所属 精神科の利用者3割
  • 福岡市にある精神科訪問看護ステーションの看護師求人例

  • 勤務形態:常勤(日勤のみ)
  • 休日:年間124日
  • 給与:基本給28万円 車両借上手当1万5,000円 ガソリン代支給
  • 賞与:年2回
  • 特徴:オンコール無し 無料駐車場有り
  • おすすめの看護師転職サイトTOP5

    看護roo!
    看護のお仕事
    ナース人材バンク
    4位 マイナビ看護師
    5位 ナースではたらこ

    10月は12月退職や4月入職の動きが活発化!転職に向けて早めの情報収集を!

    10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

    大学病院、規模が大きな病院、企業の中には、9月~10月に非公開で来年4月の募集を開始するところが多いので、早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングを済ませておくといいですね。

    新着の条件がいい求人は看護師の転職サイトに登録済の方に優先的に紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

    条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開の求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

    • no image0
    • LINEで送る

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの転職の希望条件はどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 看護師の病院選び
    • 看護師の人間関係の悩み
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の転職
    • クリニック看護師
    • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
    • ブランク看護師の復職

    掲載サイト一覧