人気の高い自衛隊看護師の仕事内容と求人条件とは

自衛隊病院の看護師求人が公募されることはめずらしい
  
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

自衛隊看護師は、一般的な看護師の仕事よりも特殊な技能が必要になります。仕事は主に自衛隊に所属している職員の看護や、災害現地での看護をすることです。
そのため、自衛隊員同様の体力をつけるトレーニングをしたり、特殊な訓練をしたりする必要もあります。国を守る仕事をしている自衛隊を看護し、災害最前線で被災者を救済する自衛隊看護師になるためにはどうすればいいのでしょうか?

衛隊看護師と一般の看護師の違い

一般の看護師は、病院やクリニックで業務を行いますが、自衛隊看護師との違いは、災害派遣や有事の際に看護要員として出動する可能性があることです。
自衛隊で組まれる隊に所属して前線で看護をするので、一般の看護師と違い体力や忍耐力が必要になります。

自衛隊看護師はどのような場面で活躍するの?

2011年3月11日に発生した東日本大震災などの大地震による災害や、1995年3月20日に東京の地下鉄で起こった地下鉄サリン事件など有事の際に自衛隊看護師は派遣されます。
災害が起こって直ぐに派遣された場合は、救急の患者の看護や避難所の健康管理を中心に行います。被災地などに向かうときは、ナース服ではなく自衛隊の作業服で出動します。

被災地で不安を抱えている人や近隣病院で看護をすることが自衛隊看護師の役割になります。

日本以外に海外でも災害や有事があったときに派遣されることもあります。また、派遣以外にも自衛隊が管轄する病院での勤務も自衛隊看護師が仕事をする場になっているのです。

自衛隊看護師の衛生科ってなに?

自衛隊看護師の衛生科

自衛隊には衛生科という職種があり、その中に自衛隊看護師も含まれています。
自衛隊の衛生科は医官(医師・軍医)や看護官(看護師・准看護師)、薬剤官(薬剤師)などから編成されています。
任務は衛生科部隊や駐屯地医務室、自衛隊病院に配属されます。

自衛隊看護師は入隊した人の中から衛生科を志望した人が、自衛隊看護師に進むことが多いです。自衛隊看護師に就く場合は、自衛隊の衛生科に所属することを覚えておきましょう。

自衛隊職員になる条件

自衛隊職員になるための条件

自衛隊職員になるためには条件があります。自衛隊が募集している種類によってさまざまですが、年齢制限や資格の有無などが関わってくるのです。

また、自衛隊に必要である体力試験があるかどうか気になる方もいるでしょう。自衛隊看護師に就くため、自衛隊職員になる条件はなにがあるのでしょうか。

自衛隊職員は、体力がないと仕事を続けることが難しいのですが、自衛隊職員になるときに体力試験があるわけではありません。
体力は自衛隊職員になってから、訓練でつけていきます。しかし、体力がないと訓練についていくのも大変なので、自衛隊看護師を目指す人はある程度トレーニングをして体力をつけておいたほうが良いでしょう。

年齢に制限はあるの?

自衛隊職員になるための条件として年齢制限があり、看護師免許がある人は36歳未満が対象です。

看護師免許がない場合は、一般では18歳以上27歳未満が募集条件になります。防衛医大看護学科学生(自衛官コース)を目指す場合は、21歳未満が対象となります。

もし、自衛隊の職員を目指すなら若い年齢のうちに決断しなければ職員になることはできません。
資格をもっていても、自衛官になれるのは医師免許をもっている場合のみなので、自衛隊看護師になる場合でもある程度早めの決断が必要になるでしょう。

視力は検査されるの?

自衛隊になるときの試験で、身体検査が行われます。身体検査の内容は身長・体重・肺活量・視力・色覚・聴力・歯・その他(血液検査や尿検査など)が行われます。
身体が健康体で、身長は男子なら155cm以上、女子は150cm以上の者が条件で、肺かつ量は男子であれば3,000cc以上、女子は2,400cc以上が必要です。

視力は裸眼視力が0.6以上の者が対象で、裸眼視力が0.1以上0.6未満の場合は矯正視力(眼鏡などの着用)で0.8以上ある者が合格条件となります。裸眼視力が0.1未満の場合は屈折度測定によって判断されます。

自衛隊看護師になる条件に身体能力も重要になるのです。

必要な資格はなに?

自衛隊職員になるために必要な資格は特にありません。自衛隊看護師になるためにも、看護師免許をもたなくても自衛隊職員になってから看護師免許を取ることができるのです。

看護師免許をもっている場合は、年齢制限が緩くなるなど条件が変わるので、先に取得しておくと自衛隊看護師の道が近くなる可能性があります。

自衛隊看護師の倍率は?

自衛隊看護師になるためには、多くの応募者よりも良い成績を収めて自衛隊職員に合格しなければいけません。

例えば、防衛医大の看護科(自衛官コース)の2016年の倍率は20.5倍、2015年は32.8倍、2014年は40.0倍でした。防衛医大の看護科(技官コース)の2016年の倍率は9.0倍、2015年は11.0倍、2014年は11.7倍です。
2014年からは下がっているとはいえ、とても高い倍率で人気の高い職種ということを理解できるはずです。

自衛隊看護師になるために必要な経歴

自衛隊は年齢や体力などの条件から若いうちから入った方が良いと考える人もすくなくありません。
しかし、他の職に進んでから自衛隊看護師に憧れて自衛隊に入隊を希望する人もいるでしょう。

自衛隊看護師になるために経験しておいたほうがいい経歴はあるのでしょうか。また、中途採用で自衛隊看護師になることができるのでしょうか。

自衛隊病院の看護師になるには特殊な経歴が必要?

自衛隊病院の看護師になるためには、自衛隊に所属して看護師や准看護師になるのが条件なため、特殊な経歴などは必要ありません。
もし、看護師の経験があれば、自衛隊職員に合格して隊内の教育機関で研修をうけた後、資格がない人に比べ即戦力としてみてもらえる可能性はあります。

しかし、必ず経験をしておいたほうがいい経歴はないので、安心して応募して大丈夫です。

中途でも自衛隊病院で働くことは可能?

中途採用で自衛隊看護師をうけることもできます。自衛官(看護師)の募集要項に記載してある条件では、36歳未満の資格所有者であれば、自衛隊の試験に通れば自衛隊看護師の道が開かれます。

必ずしも防衛医大を卒業していなければ採用されないわけではありません。

一般的な中途採用とは流れが違いますが、21歳未満の高卒者ならば、防衛医大の看護学科学生に応募することができ、受験に合格すれば防衛医大で看護師免許を取得し自衛隊看護師になることもできます。

中途採用や防衛大看護学科学生は、一般の看護師募集に比べ年齢条件が厳しく限定されているので、自衛隊看護師を目指す場合は早めに行動をしたほうが良いでしょう。

自衛隊看護師の職務内容

自衛隊の肩書もつく自衛隊看護師は、看護以外にも大掛かりな救助などしなければいけないのか疑問にもつ方もいるでしょう。
実際に行っている職務はどのようなものがあるかをみてみましょう。

自衛隊看護師の仕事の内容は?

自衛隊に所属している自衛隊看護師は、自衛隊管轄の病院で看護業務を行いますが、仕事内容は病院内での看護以外もあります。
災害や有事が起こり、自衛隊に出動要請がかかったときは看護師も出動するのです。

看護師は衛生班として、活動拠点で看護活動を行ったり、現場で救命活動のサポートをしたりするのが自衛隊看護師の重要な任務になります。

自衛隊看護師は海外派遣にいくの?

もし海外で大きな災害などが起きた場合も自衛隊看護師は出動します。海外派遣で自衛隊員が活躍するときにも、自衛隊員の怪我や被災者のケアが必要になります。

そのため、自衛隊看護師のサポートが必要であり、海外派遣でも外せない存在となるのです。

自衛隊看護師は転勤が多いの?

自衛隊看護師は転勤が多い職業です。
自衛隊病院が日本各地にあり、その病院に転勤になることがあります。また、自分の部隊が異動になったときも転勤をすることになります。

あくまで環境によりますが、一般の看護師より転勤回数が多くなるでしょう。

自衛隊看護師の訓練は厳しい?

「自衛隊看護師は看護を主とするので他の自衛官に比べ訓練も厳しくはないのでは」と考えている人もいるのではないでしょうか。

実は、自衛隊看護師も厳しい訓練をうけているのです。災害の現場に行けば、道路が封鎖されていたりして必ずしも自動車やバイクが使えるとは限りません。
そういうときでも問題を想定して約30kgの荷物を背負って20kmを徒歩で歩く歩行訓練や、ほふく前進、射撃訓練を行います。
夜はテントをはってキャンプをするなどして、いざというときに対応できるようにします。
厳しい訓練を乗り越えた人が、自衛隊看護師として活躍できるようになるのです。

自衛隊看護師になるメリット

自衛隊看護師のメリット

厳しく転勤が多い自衛隊看護師。更に海外出張まであり大変なイメージが多いですが、自衛隊看護師にもメリットはたくさんあります。

自衛隊看護師の給料は高いの?

自衛隊看護師の給与は階級や勤続年数などにより変わってきます。給与の月額は約20万円から35万円ほどで、そこに手当がついた分が給料として支払われます。

このほかに年2回のボーナスや昇給制度などがつくので、年棒は月給を12カ月でかけた数字よりは高くなります。
初めのうちは300万円から350万円程度ですが、全体の相場では500万円から550万円と、一般の看護師の年収相場が400万円程度ですので給与面は高い部類にはいるでしょう。

自衛隊看護師は国家公務員なの?

国立病院に勤務している看護師は国家公務員で、都道府県立病院に勤務している看護師は地方公務員扱いになります。
自衛隊は特別職国家公務員です。自衛隊に所属している看護師も、自衛隊の肩書があるので特別職国家公務員に値します。

クリニックや病院に所属している看護師に比べ、公務員に値する自衛隊看護師は安定した職種といえるでしょう。
公務員なので、待遇なども恵まれているのも自衛隊看護師のメリットといえるでしょう。

自衛隊看護師の待遇は?

自衛隊看護師は自衛隊の待遇をうけることができます。自衛隊の営舎内で暮らす自衛官は、宿舎を無料で借りられるほかにも光熱費や食事代などを支給や貸与してもらえます。
そのため、日々の生活費にお金がかからないのもひとつの待遇になります。

また、営外居住が認められた場合は、光熱費や宿泊費が自分負担になる代わりに、営外居住手当が給与に加算されて支給されるのです。
保険も手厚くかけられ、生命保険のほかにも家族団体傷害保険などに入ることができます。年金制度も退職共済年金のほかに、若年定年退職者給付金や傷害共済年金があるので退職後の補償も一般看護師よりも手厚くなります。

福利厚生として、防衛省共済組合施設や提携している施設を割安で利用できるなどのメリットや、健康管理も自衛隊内にある医務室で人間ドッグなど多彩にうけることができます。
週休2日制で休みも保証されているのも、特別国家公務員特有の待遇の良さでしょう。

自衛隊看護師求人の探し方

厳しくも安定していて人気が高い自衛隊看護師はどのように求人を探せばよいのでしょうか。

自衛隊看護師になるのは難しい?

厳しい訓練がある自衛隊看護師になるのは簡単ではありません。競争倍率も高く、自衛隊看護師に就くには難易度が高い職種といって良いでしょう。
また、自衛隊看護師として就業し始めてからも体力や厳しさについていけない人もいます。自衛隊看護師として勤めていくのは根気や強い精神も必要になることを覚えておきましょう。

自衛隊看護師の求人募集はよくある?

自衛隊看護師は求人募集を行うことがあります。受付は時期が決まっており、毎年9月に行われます。その年の11月に試験が行われ、来年の1月に合格発表があります。

自衛隊看護師を望む人は、募集受付の時期に気をつけるようにすることが大切です。自衛隊看護師の試験に受かるのは大変ですが、合格し仕事に就ければやりがいのある仕事です。
自衛隊看護師になって、困っている人の力になる頼りがいのある看護師を目指しましょう。

自衛隊看護師になりたいけど…

前述のとおり自衛隊看護師になるのはとても大変です。

もし、自衛隊看護師になりたくても条件のクリアができなかったり、試験をうけても不採用になってしまったりした場合は、日赤病院や労働者健康福祉機構(労災病院)など類似した待遇の病院を選んではいかがでしょうか。

また、独立行政法人国立病院機構に所属している病院に務めると国家公務員になります。「どうしても自衛隊看護師になりたい!」と考えている人以外は他の道を考えてみるのも選択肢のひとつでしょう。



おすすめの看護師転職サイト一覧


看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

4月入職希望の方は早めの登録がおすすめ

人気がある求人や急な欠員は公開されずに募集が終了してしまいます。

今の時期は特に非公開求人として紹介される求人が増えています。

看護師転職サイトによって持っている求人情報が違うので、複数の転職サイトに登録しておくといいですね。どの転職サイトも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧