労災病院で働く看護師の年収は?

年収 看護師 労災
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
全国に展開している労災病院。しかし、看護師として働く場合、その実態が今ひとつイメージできないという方も多いのでは?働き方、待遇、歴史、収入…様々なポイントがありますが、このページでは、特に気になる「年収」にスポットをあてていきます。労災病院で働く看護師はどれくらいの年収を得ているのでしょうか?その実態に迫ります。

労災病院看護師の給料について知りたい

新卒での初任給は?

労災病院は全国にあるため、地域によっても差があります。

東京にある東京労災病院の場合、平成25年現在で、専門学校卒で諸手当込みで約21万円、大学卒の諸手当込みで約22万円となっています。

これらには夜勤手当なども含まれていることが多いため、実際には20万を超えるかどうか、であることがほとんどのようです。

残業手当や夜勤手当は?

労災病院では、残業手当や夜勤手当について、具体的な金額は提示されていません。

しかし、公務員の待遇に基づいているため、「残業代が支払われない」ということはないので、「残業代をつけにくい」という病院に比べると、残業手当は多いといえます。

また、夜勤については8回以内と規定されているため、「夜勤を多くやることで稼ぎたい」という方にとっては、夜勤によって大幅に給与を上げるということはできなくなっています。

労災病院で働く看護師の給与額は

労災病院は全国にあり、地域によっても差が大きいため一概には言えませんが、おおよそどの地域においても「特別高い、低いということはない」ようです。

たとえば、東京にある東京労災病院の場合、基本給は20~21万円であり、これにもろもろの諸手当が付くと掲載されています。

首都圏内ではおおよそ基本給は20~21万円で推移しているため、平均的な給与であるといえるでしょう。

ボーナス(賞与)は他の病院と比べて…

ボーナスについて、全ての労災病院が記載しているわけではないので一概には言えませんが、東京労災病院では「昨年度3.95か月分」と明記されています。

病院の経営状態によってボーナス金額が増減している昨今において、1~2か月分という病院も多い中、約4か月分のボーナスというのは良い待遇であるといえます。

労災病院で働く看護師の年収を知りたい

労災病院で働く看護師の年収額

労災病院は、公務員基準のため「働いている年数が長ければ長いほど、年収が上がる」システムとなっています。

正確な金額は病院によって異なりますが、経験5年目であれば、月収約30万、年間450~500万となっています。

民間病院や国立病院と比べると…

一般的に、「看護師は初任給こそOLよりもいいけれど、年数を重ねるとどんどん追い抜かされる」と言われています。

これは民間病院では昇給額が微々たるものであることに由来しています。

一方、労災病院では公務員基準に基づいて計算されているため、年齢を重ねるほどに昇給を見込めます。

よって、年齢が上がれば上がるほど、民間病院と比べ給与額はUPを見込めます。

昇給について知りたい

役職アップ、スキルアップによる昇給は?

労災病院では、役職によってどれだけ昇給するか、という具体的な提示はされていません。

しかし、公務員基準で比較してみると、役職がUPするごとに手当はUPしているので、労災病院において役所による昇給UPは期待してよいといえます。

また、スキルアップのための資格手当も福利厚生として記載している労災病院が多いため、金額の程度はわかりませんが、ない病院も多い中、記載してあるだけでも充実しているといえるのではないでしょうか。

年次(定期)昇給はある?

労災病院では、公務員の基準に基づいて、年次昇給があります。

民間病院の場合、ひどいと数百円といったところもありますが、労災病院では数千円から数万円であることが多いようです。

また、勤続年齢が上がれば上がるほど、昇給額もUPするため、「長く勤務したい」という方にはうってつけの職場であるといえます。

労災病院で働く看護師の定年は?退職金は?

看護師の定年は何歳?

労災病院では、60歳定年を採用していますが、申請を行い双方で合意されれば、最長65歳まで雇用可能となります。

しかし、労災病院は忙しい病棟が多く、また退職金も他の病院に比べかなり恵まれているので、実際に65歳まで働く方は少ないようです。

労災病院の看護師の退職金は

労災病院の大きなメリットの一つとして、「充実した福利厚生」があげられます。

勤務年数が30年を超えている場合、退職金は3000万を超えるとの情報も!

ただし、この期間には多くの女性が経験するであろう「出産」や「結婚」などによる休職期間を除いた場合であるため、実際に30年を超えた勤務年数によって3000万を超える退職金を受け取れる方はかなり少数であるようです。

基本的に1年以上働いていれば退職金は支給されますが、その際は微々たる金額となってしまうため、引っ越し費用の足しほどにしかならないのが、実情です。

総合病院がおすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

10月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

「冬のボーナスをもらってから転職しよう」

しかし、11月からでは、条件のいい求人の倍率は高くなるため希望の就職先に転職することが難しくなります。

10月から転職サイトに登録をして、いち早く条件のいい求人に応募できる状態にしておきましょう。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧