助産師の転職は、職場の選び方で働き方も給料も結構変わるって知っていましたか?

助産師転職
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

助産師は子供好きな方などに人気のある資格の一つです。

一般的な看護師と違い、赤ちゃんの取り上げなど特殊な業務ができる一面があるのも特徴の一つです。

助産師の求人は小さなクリニックや大きな病院だけではありません。

ここでは助産師の求人の探し方をご紹介します。

助産師の資格を取るには?

助産師は数ある仕事の中でも、女性だけがなれる特殊な職種です。

かつては特別な資格はありませんでしたが、母体と赤ちゃんの安全を考え助産師の国家資格が誕生しました。

産婦人科医は男性の産婦人科医はいますが、助産師は男性のニーズがないなどの理由から女性しかなることが許されていません。

助産師になるためには、看護師の資格をとったうえで助産師の国家資格試験に通らなければいけません。

また、約1年から2年の研修を学校で受講し、カリキュラムをクリアしなければ助産師になることができません。

通常看護師になるために3年間看護要請カリキュラムがある学校に通うので、助産師になるためには合計で約4年間勉強をしなければいけないのです。

助産師になるための学校は数も少なく倍率も高いので狭き門になります。

助産師になるためには、難関を乗り越える努力が大切です。

大学病院での助産師の仕事内容

助産師の勤務場所

婦人科、産婦人科、周産期医療…仕事内容はどう違う?

大学病院の産婦人科は基本的に正常分娩よりハイリスク妊娠や異常分娩の取り扱いが多くなります。

例えば、胎児異常や高度な妊娠高血圧症候群、他の病気との合併妊娠などです。

最近では不妊治療後の高齢妊娠も増えているので、高齢や不妊治療にともなう異常症例も多くなっています。

また、産婦人科クリニックや助産院からの母体搬送も多くあります。

切迫早産や出産時の異常、出産後の大量出血などさまざまな原因で緊急搬送がされています。

婦人科では、女性生殖器がんや子宮筋腫などの婦人科疾患や更年期障害、不妊症や不育症、出生前診断、遺伝カウンセリングなどの生殖期医療、思春期外来、性同一性障害などを取り扱っている病院もあります。

いずれにせよ大学病院は、産婦人科、婦人科ともに基本的にハイリスクな患者や専門性、緊急性の高い疾患が多く、高度専門医療を必要とする症例を取り扱うケースが多くなってきます。

そのため、助産師もそれに対応した看護や技術が必要となります。

大学病院の産婦人科病棟で働くメリット・デメリット

大学病院で働くメリット
  • 異常分娩をたくさん経験できる
  • 教育体制が整っているので安心
  • 高給与で福利厚生が充実している
  • 働き方に幅があることが多く、ライフスタイルが変わっても働きやすい

大学病院で働く最大のメリットは、クリニックなどでは決して扱わない異常症例や希少症例の妊娠や分娩を勉強できることです。

また、それらに対応する最先端医療を見ることができます。

教育体制も整っているので、新卒やブランクのある助産師でも安心して働くことができますし、転職するときは、充分な経験として評価してもらえます。

他にも、大学病院は給料も比較的よいですし、何より福利厚生が充実している病院が多いので、月給や賞与、各種手当て、休みなどは基本的に安定しておりよい待遇です。

子育て中の方には院内保育所を安く利用できる制度などもあります。

また、働き方に幅があるところも大きなメリットです。

例えば、夜勤ありの常勤だけでなく日勤のみの非常勤、短時間勤務、子どもを幼稚園に行かせている間だけのアルバイトという働き方もあります。

さまざまな働き方ができるところが多いので、ライフスタイルが変化しても働きやすいです。

大学病院で働くデメリット
  • 正常分娩の経験がほとんど積めない
  • 助産師としてのスキルを活かす機会が少ない
  • 産科で働くのではなく、NICUや他科への移動もあり得る
  • 正常分娩の経験を積んだ先輩が少なく助産師としての指導が受けられない

一方、デメリットは正常分娩の取り扱いがほとんどないことです。

助産師は基本的に正常な妊娠や分娩に対して技術や知識を発揮できますが、大学病院ではその力を発揮することができませんし、教えてもらうこともできません。

何年経っても正常分娩の経験も重ねられないので、分娩を経験したくて転職した場合、経験が長くても新人からのスタートとなります。

また、大学病院で働く場合は産婦人科だけでなく、NICUや他科に 異動ということもあるので、そうするとますます助産師としてスキルを伸ばす機会は少なくなります。

大学病院助産師の給料(年収)は

大学病院で働く場合、比較的給料はよいことが多いです。

働く地域や経験年数、夜勤回数などにもよりますが、月収は30万~45万円程度が多いです。

ボーナスも充実しているところが多く、年収は500万~600万くらいにはなります。

基本給だけでなく、資格手当てや各種手当てなどをしっかりつけてくれるところが多いので高くなるのです。

ただし、病院によっては助産師や看護師の数が足りず、残業や夜勤回数が多いところも多いので、ワークライフバランスを考えた上で比較検討する必要があります。

総合病院での助産師の仕事内容

婦人科、産婦人科、周産期医療…助産師の仕事内容はどう違う?

総合病院の産婦人科、婦人科は二極化してきており、産科や周産期医療に力を入れている病院と分娩数の減少によりお産の取り扱いを中止している場合や他科との混合病棟になっているという病院もあります。

産科や周産期医療に力を入れている病院だと、産婦人科病棟をリニューアルして、妊婦さんの数を増やしたり、助産師外来や母乳外来を設けて色々特色を出している病院も多くなってきました。

そういった総合病院では、仕事内容はほぼ産婦人科クリニックと同じで、正常分娩や高度なもの以外なら異常分娩も取り扱います。

NICUを併設している場合はハイリスクな切迫早産や実際の早産、帝王切開も取り扱います。

婦人科は一般的な婦人科疾患や更年期障害、簡単な不妊症などの取り扱いが多くなります。

一方、分娩の取り扱いを中止している病院では、外来で妊婦健診だけを受け付けて、分娩は他の病院に紹介するというケースが多いです。

分娩を取り扱っている病院でも、かなり数が少なく病棟は他科との混合で一日1件程度のお産という場合もあります。

総合病院で働くメリット
  • 産科に力をいれている病院だと正常分娩~軽度の異常分娩まで勉強できる
  • お産件数はさほど多くない場合が多いので、ゆっくり関われる
  • お産だけでなく、他の婦人科疾患や他科の勉強もできる

総合病院で働くメリットは、産科に力を入れている病院だと正常分娩も取り扱うので、助産師として活躍できますし、高度なもの以外なら異常妊娠や異常分娩もあるので「異常」の勉強もできます。

(正常、異常含め)お産件数は中程度のところが多く、妊婦さん一人ひとりとゆっくり関われるのもメリットです。

他科と混合になっていたり、婦人科疾患の手術も比較的取り扱うので、婦人科疾患や他科の勉強も同時にでき経験値を上げることもできます。

総合病院で働くデメリット
  • 産科の規模が小さい場合はほとんど分娩がない
  • 一般的なお産のスタイルしか経験できない
  • 給料が安い

反対にデメリットは、産科の規模が小さい場合は助産師として活躍するというより、看護師として婦人科疾患や他科の患者さんの看護が中心となることが多いです。

また、分娩を取り扱っている病院でも、分娩自体は分娩室での一般的なお産が多く、フリースタイル分娩など助産師としてのスキルを充分に勉強できるとまではいえません。

給料は大学病院や産婦人科クリニックよりは安い場合が多く、看護師と同じ程度の給料しかもらえないというケースもあります。

総合病院助産師の給料(年収)は

総合病院の給料は、大学病院や産婦人科クリニックに比べると比較的安いところが多いです。

月収は30万円前後~40万円くらいで、年収は400万~500万前後です。

福利厚生は病院にもよりますが、まずまず安定しているところが多いです。

給料に差は、分娩の取り扱いが少ない病院だと少なめで、分娩に力を入れている病院だと多少高くなりますが、総合病院の場合は助産師の数が少ない場合が多く、忙しいわりに給料が安いという印象を抱く助産師が多いのが現状です。

産科・産婦人科クリニックで助産師として働く

クリニックならではの仕事の特徴は?業務内容は?

産科・産婦人科クリニックは、それぞれ特色を持たせて運営している病院が多くなってきました。

例えば、フリースタイル分娩に力を入れているところ、院内助産院を設置しているところ、入院中のアメニティや病室を綺麗にして対応しているところなどです。

そのため、人気のある病院だとかなり正常分娩の件数も多く、助産師として多くの分娩を取り扱うことが主な仕事となります。

また、帝王切開や中絶手術に対応する病院では、OP前後の患者対応やOPの外回り、直接介助にも入ります。

異常分娩や異常妊娠も軽度なものは取り扱うので、異常妊娠や異常分娩の対応もしなくてはいけません。

助産師外来や母乳外来、院内助産院などを設置している病院では、助産師経験年数が3年目くらいからは1人で担当していきます。

産科・産婦人科クリニックの特徴は、規模にもよりますが、大学病院や総合病院とは違って分娩担当、OP担当などと分業はしないので、産科に関わることは妊娠期~産褥期、新生児、手術、助産師、母乳外来などさまざまなジャンルを全て取り扱うのが業務の特徴となります。

助産師がクリニックで働くメリット・デメリット

クリニックで働くメリット
  • 正常分娩をたくさん経験できる
  • 分娩以外の帝王切開や中絶手術なども勉強できる
  • 院内助産院や助産師外来など助産師としてのスキルを伸ばせる
  • 給料が比較的よい
クリニックで働くデメリット
    • 忙しい病院では残業や夜勤回数が多い
    • 教育体制が整っていない病院もある
    • ライフスタイルが変わると働きにくくなる場合もある

クリニックで働くメリットはなんといっても正常分娩やフリースタイル分娩など助産師としてのスキルを充分に発揮できるところです。

分娩数が多いところでは、分娩経験もたくさん積むことができます。

また、帝王切開や中絶などの手術もOPナースではなく、同じ助産師が扱うので正常分娩以外の勉強もできます。

給料も比較的よい場合が多いです。

一方、デメリットは忙しい病院だと残業や夜勤回数が多く、夜勤中も一切仮眠が取れないという病院もあります。

また、大学病院や総合病院ほど教育体制が整っておらず、また規模が小さいと助産師の数が少なく先輩がいないので新卒だと不安に思う助産師も多いです。

産科クリニックは忙しいことや働き方も夜勤ありの常勤か外来パートくらいしかないので、妊娠や出産でライフスタイルが変わると働きにくくなることが多いです。

クリニック助産師の給料(年収)は

クリニックの給料は、病院にもよりますが比較的よいことが多いです。

特に人気のあるクリニックや分娩件数が多いクリニックでは高給与であることが多いです。

月収は30万円~50万円、年収は500万円~650万円くらいにはなります。

ただし、福利厚生は病院によってかなり差があり、賞与が少ないところ、休日が少ないところ、手当てが少ないところなどもあるので注意が必要です。

おすすめの看護師転職サイトはこちら

順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

助産院で助産師として働く

助産院ならではの仕事の特徴は?業務内容は?

助産院は正常妊娠、正常分娩しか取り扱いません。

そのため、正常な妊婦の妊婦健診、正常な分娩、正常な新生児、正常な産褥婦の助産や看護が主な仕事となります。

自宅分娩を取り扱っている場合は、昼夜問わず、陣痛が始まれば駆けつけて分娩の業務を行ないます。

助産院は正常な妊娠や分娩しか扱いませんが、正常をみるためには全ての異常を知っておく必要があるので、助産院で働く一番の難しさは正常か異常かの判断だといえるのです。

また通常、医師がおこなう妊婦健診を全て助産師が担当するというのも大きな特徴です。(何度か医師の検診はあり)

他にも、母乳ケアや育児指導も大きな仕事の一つです。

最近では、分娩は取り扱わず、母乳指導や育児指導を中心に扱っている助産院が多いので、産後の母親のメンタルケアやフィジカルケア、母乳や育児のアドバイス、地域の母親教室の開催などをおこなっています。

助産師が助産院で働くメリット・デメリット

助産院で働くメリット
  • フリースタイル分娩などさまざまな助産を学べる
  • ベテラン助産師にさまざまな知識や技術を教えてもらえる
  • 母乳、育児指導もたくさん学べる
助産院で働くデメリット
  • 経験がないとできない、求人自体ほとんどない
  • 責任が重い
  • 昼夜問わずオンコールがある
  • 給料が安い

助産院は正常分娩しか取り扱わないので、助産師としてのスキルを全て発揮することができます。

1人の妊婦、1人の産婦とゆっくり関わり、産婦らしいお産、満足できるお産を経験することができます。

また、今では珍しい4人目以上のお産など経産婦のお産もたくさん経験ができます。

ベテラン助産師ばかりなので、助産師としてのスキルや知恵をたくさん教えてもらえるのも助産院ならではのメリットといえます。

一方、デメリットは助産院は基本的に新人が働くことはできません。

5年以上は経験し、正常も異常もしっかり見てきた助産師がさらにスキルアップを目指して働く場です。

最近では分娩を取り扱う助産院も減り、個人(1人)で開いているという助産院が多く、求人もほとんどありません。

また、助産院は近くに医師がいるわけなく、全ての判断をまず助産師がしなくてはいけないので責任がとても重いですし、分娩があればオンコールで呼ばれ、いつでも仕事をしなくてはいけないので体力的にもきついです。

給料もとても少ないケースが多いです。

助産師が助産院で働く助産師の給料(年収)は

助産院の場合は、常勤職員というより長年経験を積んだ助産師がパートできているというケースが多く、比較するのが難しいです。

ただし、自分で開業し、仕事を受ける数が多くなれば給料は高くなります。

母乳外来や育児指導、教室の開催、訪問指導などをこなして給料を上げていくというケースが多いでしょう。

助産師が転職するなら求人情報のここをチェック!

月間の分娩件数、中絶件数

助産師が転職する場合、何を目的に転職するかでチェックすべきところが違ってきます。

その中でもまず分娩件数は最低限見ておくべき情報です。

特にたくさん分娩を経験したいという方、反対に少しゆっくりしたいという方には必要な情報となります。

正常分娩の経験をたくさん積みたい場合は、ある程度分娩件数が多いところが有利です。

年間の分娩件数が600件以上あるところを選びましょう。

反対に少しゆっくりしたい場合は、600件以下のところを選びます。

ただし、たくさん分娩を取りたい場合は教育体制や助産師の数も見ておく必要があります。

教育体制が整っておらず、助産師の人数も少ないと分娩は取れても1人で見なければいけなくなるからです。

少しゆっくりしたい場合も助産師の数は質問して知っておくようにしましょう。

特に、夜勤の助産師が1人(看護師の人数は含まず)というところは要注意です。

助産師の数が少ないと分娩件数が少なくても結局、忙しいということになりかねません。

少なくとも夜勤の助産師を2人以上配置している病院を選ぶようにします。

中絶件数は発表していない病院が多いですが、分娩件数や大規模な病院では比較的多く取り扱います。

中絶件数が多いからと言って助産師が毎日、中絶手術を扱うわけではないので、参考程度に知っておくとよいでしょう。

分娩の種類(無痛分娩、自然分娩など)、不妊治療の内容など

最近は、特に産科クリニックでは無痛分娩やフリースタイル分娩など特色を出す病院が多くなってきました。

自分のやりたい助産があれば、その特色を見て転職する病院を選択するとよいでしょう。

フリースタイル分娩や自然分娩を意識している病院では、異常があってもすぐに帝王切開にはせず、できるだけ待つお産を実践していることが多く、助産師として活躍できる場面も多いです。

助産師としてのスキルを伸ばしたい場合は、フリースタイルや正常分娩を意識している病院を選ぶとたくさん経験を積むことができます。

また、無痛分娩や不妊治療に力を入れている病院もあります。

無痛分娩は医療介入となりますが、分娩の一つの形として注目が集まっている分野なので、興味がある場合はチェックしてみるとよいでしょう。

不妊治療を取り扱っている場合は、産科も高齢出産やハイリスク分娩が多少多くなります。

不妊治療から継続して妊娠~分娩に至る過程を見守ることができることや、不妊治療の勉強もできるので興味がある場合はチェックしておきましょう。

転職理由(目的)によって職場を選ぶことが大事

給与をアップさせたいなら?

給料をUPさせたい場合は、大学病院や産科クリニックがおすすめです。

比較的給料や福利厚生が充実していることが多いです。

ただし、給料は夜勤回数や忙しさなどとも関係するので、給料はいいけれど、夜勤や残業が多く、休みは少ないというケースもあります。

ワークライフバランスを考えて選択することが大切です。

また、地方より都市圏の方が給料は良い傾向にあります。

統計によると比較的、関東や関西は給料がよく、九州方面は安いケースが多いです。

引越しも可能という場合は、全体的に給料が高い地域に引っ越すというのも一つの方法です。

スキルアップをしたいなら?

助産師としてスキルアップしたいという場合は、助産師外来や母乳外来、院内助産院など病院として特色を持っている病院を選ぶとよいでしょう。

特色があるということは、それだけ産婦人科に力を入れている証拠なので、入職してもたくさん学ぶことがあります。

実際には、自分のやりたい助産と病院の助産が合うかどうかをしっかり確認して、それぞれで見極めることが大切です。

総合病院や大学病院では、院長先生や役職のある医師が産婦人科や小児科病棟の先生だと、周産期に力を入れているケースもあるのでチェックしてみてもよいでしょう。

キャリアアップしたいなら?

キャリアアップしたいという場合は、なるべく教育体制を明確に打ち出している病院を選ぶとよいでしょう。

大学病院や総合病院などでは、個々の教育体制を持っており、何年目までに何ができるようになるかや教育目標などが明確になっています。

そのため、キャリアアップがしやすいですし、自分の次の目標も見えやすいです。

転職する場合も、自分の今までの経験でどこまでできるようになっているかを当てはめれば、さらにスキルアップを目指すことができます。

また、研修や研究発表に力を入れている病院を選ぶのもよいでしょう。

最先端の技術や知識をたくさん取り入れることに積極的な病院は、勉強をする時間をきちんと取ってくれるのでスキルアップが目指しやすいです。

キャリアチェンジしたいなら?

キャリアチェンジしたい場合は、自分の今までの職場とは違う形態の病院を選ぶようにすると勉強になります。

正常分娩が多い産科クリニックに勤めていた方は、異常分娩や最先端医療が学べる大学病院を選択するとよいですし、病院だけでなく保育園看護師で働くという場合もキャリアチェンジしながら助産師としての今までの経験も生かすことができます。

看護師から助産師へ 給料と業務の違いとは?

業務内容の違いは?

産科看護師と助産師の大きな違いは「お産が取れるか取れないか」です。

その他は基本的に一緒ですが、お産が取れるというだけで、分娩係りの仕事がプラスされることが大きな違いとなります。

分娩係りとは、主に陣痛中の産婦の看護や分娩の取り扱い、産後2時間までの急性期を看ることです。

助産師として、1人の産婦のお産進行や異常の有無などをアセスメントし、正常分娩に導くというのが大きな役割です。

異常に傾いた場合は医師に報告し、最終的に無事に出産を終えられるように促すことも大切な仕事です。

他にも、助産師として妊婦がより正常な経過をすごせるよう妊娠中の指導をおこなうことも大切な役割です。

マイナートラブルの対処やメンタルケア、母親になる準備などさまざまな指導内容があります。

他にも、助産師外来や母乳外来、院内助産院の助産師としての役割も担います。

年収は?ブランクをどうカバーする?

助産師の平均年収は看護師の平均年収と比べて100万円くらいは高くなっています。

そのため、看護師から転職した場合も、勤める病院によっては1年目から看護師のときより年収がアップするか同程度ということが多いです。

ただし、看護師のときの経験が助産師になったときに反映され経験加算がつくということはありません。

いくら看護経験があっても助産師としては1年目なので、ストレートで助産師になった人と同じ給料からのスタートとなります。

給料の実際は、新人~3年目くらいまでは、年収300万~400万程度、4年目以降になると400万~500万円くらいにはなります。

5年目以上になると年収は600万円以上になることもあります。

看護師からの転職で給料が減ってしまった場合は、夜勤回数を増やせば給料のアップが見込めますが、それもある程度助産師としての経験を積まないと助産師として夜勤に入ることはできません。

ただし、産科看護師の経験が長ければステップアップも早いため、夜勤回数も早めに増やしてもらえるので、給料アップも望めるでしょう。

どこで働く? おすすめの職場は?

看護師が改めて助産師の免許を取って働く場合は、最初は教育体制がしっかり整ったところで助産師としてのスキルを身につけることがまずは大切です。

看護師としてのキャリアはあっても助産師としての経験はないので、新人として扱われます。

そのため、まずはある程度分娩件数があり、教育体制の整ったところで経験を積み、助産観を養ってから自分の興味やスキルアップの目的に合わせて転職するというのも一つの方法です。

助産師から看護師へ 給料と経験を活かす職場

看護師になると給与が下がるって本当?

助産師から看護師になる場合は、給料は下がることが多いです。

助産師の場合、助産師の資格手当てや夜勤手当が高いため、看護師より平均して給料が高くなることが多いからです。

働く地域や病院にもよりますが、毎月の給料は10万円程度、年収は100万円程度下がる場合もあります。

また、助産師の資格があってもNICUや他科など看護師として就職した場合も給料は同じように下がってしまいます。

ただし、病院によっては看護師としての採用でも助産師としてのスキルや経験が役に立つという場合は、手当てとして加算してくれる場合もあります。

助産師経験を生かせる職場は?

助産師としての経験が活かせる職場はやはり女性や子ども、周産期に関わる科です。

NICUや小児科、保育園看護師などは助産師の経験を活かすことができるでしょう。

また、不妊治療専門病院の看護師なども経験や知識が活かせます。

帝王切開や中絶などでOP室経験がある場合は、OP室ナースとしても経験が活かせます。

看護師としての経験不足をどうカバーすればいいか

看護師として長く働いていた場合も他科に転職するときは、基本的には一からのスタートです。

助産師から看護師に転職するときも同じです。

基本的な採血や点滴、OP後の看護など一般的な看護は助産師としての経験があればできるので、怖がらず、新しい気持ちで再度勉強するしかありません。

患者さんの年齢層や性別、病気を持つ人を看護する看護師と正常な人を看護する助産師とでは視点も違ってくるので戸惑いもありますが、看護師から助産師になる場合より、助産師から看護師になる方が慣れるのは早いでしょう。

助産師の転職!志望動機の書き方や面接のコツ

助産師としての経験がなくても転職できる? 最低限必要なスキルは?

助産師として転職する場合、基本的には3年未満であれば新人と同じ扱いになります。

また、経験があっても分娩経験数が50件に満たない場合も新人と同じ扱いになります。

そのため、もちろん転職は可能ですが、新人としての入職ということになります。

助産師として転職するときに最低限必要なスキルは、分娩の取り扱いです。

つまり、1人でお産が取れるか否かで大きく違ってきます。

人員の少ない小さな産科クリニックなどでは、経験があり一人でお産が取れる助産師を求めていることが多いので、3年未満の経験年数や50例以下の分娩経験の場合は断わられる場合もあります。

医療機関だけじゃない? 助産師の資格が活かせる職場

医療機関以外で助産師の資格を活かせるのは、地域で働く助産師です。

自治体が主催する母親教室や育児相談会、母乳相談などの教室に呼ばれる場合や、新生児訪問などでも活躍できます。

また、最近は保育園でも看護師の配置をするところが増えているので、保育園ナースとしても活躍できます。

面接の受け答えは?

助産師に必要なのは、もちろん分娩のスキルや指導スキルが高いことなので、ある程度、経験や知識があることは有利になりますが、一番大切なのは人柄です。

特にこれから母親になる女性や子ども達をサポートするという役割があります。そのため、相手の気持ちをくみ取る思いやりや優しさがある人が好まれます。

また、表情や雰囲気、言葉などが柔らかくにこやかな人が助産師には向いています。

そのため、面接ではできるだけ表情は柔らかく、笑顔でいることが好印象になります。

メイクもナチュラルなものがよいでしょう。

面接官の心に響く志望動機の書き方

なぜ助産師になったのか、どんな助産をしたいのかなどを書き、助産師としての意欲を伝える文章がよいでしょう。

また、経験がある場合は、今までどんな助産をしてきて、これからはどんなことを学びたいかなど自分の意志を明確に現すことも大切です。

反対に今までの経験を誇示したり、自分の助産観にこだわりすぎるのは良くありません。

あくまでも学びたいという謙虚な気持ちを大切にしながら、自分の助産への思いも伝えるのがベストです。



おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

5月・6月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧