痰の性状と疾患

看護技術情報
  • no image0
  • LINEで送る
喀痰

喀痰とは粘膜から分泌される粘液が異物を巻き込み作られもので、咽頭から排出される塊です。

通常は粘液は自然に排出されますが、何らかの異常により粘液が過剰に分泌されて排出できず、塊となって咽頭より出てくるものです。喀痰が生じる原因は様々なものがありますが、代表的なものは風邪、ハウスダスト、気管支炎、気管支喘息、タバコの吸い過ぎ、肺癌などです。喀痰の性状や色、粘性は痰が発生するしくみや分泌される部位によって異なるため、診断を行う上での貴重なエビデンスとして臨床において利用されています。では、喀痰の性状と、その喀痰から疑われる疾患を見ていきましょう。

1.膿性のもの

細菌が存在し、白血球や上皮細胞などの組織を含みます。

白黄~淡黄色細菌性感染症が疑われます。急性咽頭炎、急性気管支炎や急性肺炎の場合は、このような性状の喀痰が見られます。
緑色緑膿菌などの色素により緑色になり、古い膿も混じっています。びまん性汎細気管支炎、慢性気管支炎、気管支拡張症の増悪などの場合は、このような喀痰が見られます。
さび色膿に少量の血液が混入している、肺炎球菌が関連する、腫瘍や肺膿瘍によって破壊された組織が混じって場合に見られる喀痰です。肺炎球菌性肺炎、肺腫瘍、肺化膿症などの場合に多く見られます。

2.粘液性のもの(粘り気があるもの)

杯細胞や気管支腺などからの分泌過剰により起こります。

透明~白色非細菌性の感染により起こり、非細菌性感染症、アレルギー性気管支炎、COPD(慢性閉塞性肺疾患)に見られます。

3.泡沫性のもの(泡状のもの)

肺循環のうっ血により起こります。

ピンク色肺毛細血管から漏れ出た血液と肺胞からの空気より、ピンクの泡沫状喀痰を形成します。肺水腫によく見られます。

4.漿液性(粘り気がなく透明のもの)

毛細血管の透過性亢進により起こります。

透明~白色肺胞上皮癌や気管支喘息で見られます。

5.血痰(喀痰に血液が混入しているもの)

肺血管の破綻による出血により起こります。

茶色または暗赤色血液の糸状の線が混入した喀痰は咽頭や喉頭に原因があるケースが多く、全体的に赤い痰は下気道の問題によるものが多く見られます。疑われる疾患は肺癌、気管支拡張症、肺結核症、肺真菌症、肺梗塞、グッドパスチャー症候群(自己免疫疾患で球体腎炎と肺胞出血が起こり、血痰、喀血、呼吸不全や浮腫、乏尿などの症状が出ます)などに見られます。

痰が関係する疾患の知識がもっと欲しいなら

自分の技術に不安を感じたり、知識が欲しいと思ったなら転職を検討してみてはいかがでしょうか?

「教育制度が整ってる病院で働きたい!」・「スキルアップしたい」・「給料が安い」など転職の理由は人それぞれ。

モヤモヤと転職しようかと悩むよりは一歩踏み出してみるのもいいでしょう。

自分の将来のため行動することはとても大切です。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

7月・8月はボーナス時期!転職に向けて早めの情報収集を!

7~8月はボーナス支給時期です。夏のボーナス後の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「ボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると出遅れてしまいます。

中途採用で経験者を補充したい医療機関の求人も活発になってきます。大学病院、総合病院、企業の中には、9月~10月に非公開で来年4月の募集を開始するところも多いので早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングを済ませておくといいですね。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧