正しい吸引の方法(口腔・鼻腔)

看護技術情報
  • no image0
  • LINEで送る

目的

  • 気道を確保するために、口腔内や気道に貯留している唾液や痰を吸引により除去する。
  • 肺炎などの感染症や気道閉塞を防ぐ。

必要物品

吸引器 吸引用カテーテル(14F) 手袋 マスク エプロン(必要時) 水の入った万能壺 アルコール綿 ガーグルベースン(口腔内吸引時使用) ビニール袋 ティッシュペーパー(必要時) 聴診器 パルスオキシメーター

事前準備

解剖生理

  • 鼻腔の長さは7~8cm。
  • 咽頭の長さは12~15cm。

1.患者に説明し体位を整える。

  • 吸引の必要性があるか確認をする。
  • 吸引の方法や目的、苦痛が生じる事を説明する。
  • 吸引しやすい体位である仰臥位にする。
  • 口腔内の吸引では顔を横に向ける事で誤嚥を防ぐ。

2.吸引器が使用出来るか確認する。

  • 吸引瓶に水道水100ml以上入っている事を確認する。
  • 吸引器の開閉バルブを開き、吸引管を指で摘んで閉じて、圧の上昇を確認する。

手順・方法

1.吸引用カテーテルを接続して吸引の準備をする。

  • 手洗い後に手袋、マスクを装着して、カテーテルの接続部分のみパックから出して無菌的に吸引管と接続する。
  • 利き手ではない方の母指でカテーテルの接続部分を折り曲げて閉塞させる。
  • 閉塞させたまま、空いた方の手で吸引器のバルブを開き、吸引圧を-20kPa(-150mmHg)に調整する。
  • カテーテルをパックから全て取り出し、先端から7~10cmの所を持つ。
  • カテーテルを湿らせるために、少量の水道水を吸引する。

2.口腔内または鼻腔内の吸引を行う。

  • 閉塞させたまま、患者に声を掛けながら、静かに口腔内(7~8cm)もしくは鼻腔内(15~20cm)から挿入する。
  • カテーテルを目的の部位まで挿入したら、閉塞していた母指を放し、吸引を開始する。
  • こよりを捻じるようにカテーテルを抜く事で気道内の分泌物を吸引する。
  • 1回の吸引は10秒以内に留める。

3.カテーテルの片付けを行う。

  • カテーテル接続部からアルコール綿で挟み、カテーテルの先端まで付着物を拭き取る。
  • 水道水を少量吸引し、カテーテル内部の付着物を吸い取る。
  • 吸引バルブを閉じた後、接続部からカテーテルを外し、捨てる。 ※コスト面により、破棄せず保管容器に戻す場合もある。

4.患者と分泌物の観察を行う。

5.記録を行う。

  • 手袋を捨て、手洗い後、観察した内容の記録を行う。

観察項目

  • 口腔内・鼻腔内の出血や傷の有無
  • 義歯の装着状態
  • 口腔内の貯留物、食物残渣の有無
  • 鼻から喉にかけての貯留物の位置
  • 顔色
  • むせこみの有無
  • 呼吸状態(喘鳴、呼吸数、チアノーゼの有無、SpO2など)
  • 患者の訴え(呼吸苦、痰のからみなど)
  • 吸引中の表情の変化
  • 分泌物の性状(喀痰の色、量、粘稠度、血液混入の有無など)
  • 挿入するカテーテルのサイズ、長さ、吸引圧、吸引時間は適切であるかどうか。
  • 聴診器で副雑音の確認
  • 酸素飽和濃度

看護のポイント・コツ

  • むやみに行わず、必要に応じて施行する。
  • マスク・手袋を着用し感染源にならないようにする。
  • 嘔吐反射を防ぐために、口蓋垂を刺激しないように挿入する。
  • 鼻腔内の吸引では、顔を上向きにして、頚部が伸展位になるようにする。
  • 吸引時のカテーテルのピストン運動は粘膜を損傷する恐れがあるので行わない。
  • 適切な吸引圧で行わないと粘膜を損傷する恐れがある。
  • 分泌物が多い時には、数回にわけて吸引を行う。
  • 吸引をしやすくしたり、分泌物による汚染を防ぐために、吸引前後はカテーテルの内腔に水を通す。
  • 1日1回は吸引瓶を交換する。瓶の70~80%まで液が溜まっていたら適宜交換する。
  • 痰が固い場合には、摂取水分量の検討を行う。

注意点

  • 吸引時間が長い事による低酸素状態、肺胞虚脱、無気肺:胸部痛や呼吸苦を訴えた場合には吸引を中止し、呼吸状態の観察を行い、改善がなければ医師を呼ぶ。
  • 吸引圧が高い事による気道粘膜の損傷や出血:少量の場合は経過観察。量が多い場合には、顔を横に向けて誤嚥を防ぐ。
  • 迷走神経の刺激による不整脈や血圧の変動、心拍数の増加:吸引を止め安静を保ち、気道を確保する。
  • 手技的な問題による感染:感染に対応した看護。手技を必ず守る。
  • 吸引の刺激による嘔吐:顔を横に向けて誤嚥を防ぐ。

吸引に不安があって転職に興味があるなら

自分の技術に不安を感じたなら転職を検討してみてはいかがでしょうか?

「教育制度が整ってる病院で働きたい!」・「スキルアップしたい」・「給料が安い」など転職の理由は人それぞれ。

他人に「そんな理由で転職するの?」と片づけられることでもありません。

モヤモヤと転職しようかと悩むよりは一歩踏み出してみるのもいいでしょう。

自分の将来のため行動することはとても大切です。

この記事を監修した人
ココナス編集部
はる
地方の公立大学病院小児科病棟で2年勤務したのち看護師をやめ都内のIT企業に転職。結婚を機にUターンし専業主婦となる。10年のブランクを経て訪問看護師として復職。その後、急性期病院の外来・救急外来勤務を経て、療養型病院の病棟師長として勤務。家族の都合により上京後は回復期リハビリ病棟に勤務。看護師として通算15年以上の臨床経験がある。現在はココナスにて記事の企画、監修をはじめメディア運営を行う。管理人プロフィールはこちら>>

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

11月は年内の退職希望者や4月入職希望者の転職活動が本格的になる時期!

11月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

1月以降は看護師転職サイトへの申し込みが増えてきます。3月末をめどに転職しようと思っている方も、早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングをすませておくといいですね。

新着の条件がいい求人は看護師の転職サイトに登録済の方に優先的に紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開の求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧