骨髄穿刺

看護技術情報
  • no image0
  • LINEで送る

1.骨髄穿刺とは

骨髄穿刺(ドイツ語の骨髄からマルクと呼ばれます)とは骨髄を穿刺することで血液を採取し、造血能力や血液の成熟度、異常細胞の有無などを検査するものです。

通常骨髄検査は血液造血組織や細胞の状態を調べるため赤色骨髄を穿刺しますが、成人では検査用の骨髄は採取しやすく大量の骨髄が存在する腸骨もしくは胸骨が穿刺部位として選ばれます。骨髄穿刺は骨髄の造血機能を調べたり、白血病、悪性貧血、再生不良貧血、骨髄腫や癌の骨髄転移の診断または治療効果を調べるために行われます。

2.骨髄穿刺の必要物品

  • 骨髄穿刺針
  • 局所麻酔用1%キシロカイン
  • 滅菌手袋
  • 滅菌穴あきドレープ
  • イソジン
  • ハイポアール
  • 鑷子
  • 滅菌スピッツ
  • 注射針18G、23G
  • シリンジ5ml、10ml数本
  • ドレッシング
  • ガーゼ

3.骨髄穿刺の介助

1.フルネームで患者様の本人確認後、必要性を説明し協力を求めます。

2.必要物品をトレイや台に並べます、無菌のものは処置開始まで開封せず医師を待ちます。

3.腸骨穿刺予定である場合は腹臥位または側臥位、胸骨の場合は仰臥位で寝てもらいます。希望があれば目をガーゼで覆います。

4.医師が穿刺部の皮膚を消毒します。

5.医師が滅菌手袋を着用します。

6.滅菌穴あきドレープを開封し医師へ渡し術野を覆います。

7.18G針を取り付けた注射器で医師にキシロカインを不潔にならないように吸引してもらいます。

8.医師が局所麻酔を行います。

9.麻酔の効果が出るのを待ってから、医師が骨髄穿刺針を胸骨や腸骨に穿刺します。

10.医師が骨髄穿刺針の内筒を抜き、ヘパリン入りの注射器で採取骨髄液を吸引します。検査の内容により、滅菌スピッツや他の特殊な検査容器が必要になります。

11.骨髄穿刺針抜去後、すぐに圧迫止血します。

12.止血確認後、穿刺部位を再度消毒し滅菌ガーゼとドレッシングで圧迫固定します。

看護師がすべきこと

  • 必要物品を準備し、医師が必要としているものを手渡すこと
  • 体位交換などの介助
  • 患者様のバイタルサインや一般状態の観察とともに患者様への声がけを忘れないように行うこと

4.骨髄穿刺の看護

  • 骨髄穿刺は不安や恐怖を感じる患者様が多いので、検査中は特に声がけが大切になります。できるだけ不安や恐怖を感じないよう検査内容や検査の進行状況を伝えて、疼痛がある時は手を上げるなどあらかじめ決めておきましょう。
  • 局所麻酔薬キシロカインによるショックが起こるケースもありますので、バイタルサインや一般状態を注意深く観察しましょう。
  • 穿刺後の止血が不十分な場合は穿刺部から出血が続くことがあり、出血が体内に発生すると血腫を形成します。出血の状態や一般状態、穿刺部や周囲の状態も観察が必要です。また穿刺針による穿刺部周囲の臓器損傷が起こる可能性もありますので、患者様の訴えに耳を傾けましょう。
  • 穿刺部から感染を起こすこともあります。バイタルサインや一般状態、穿刺部周囲の腫脹や発赤など炎症症状に留意しながら観察しましょう。
  • 穿刺部位が適切でなかった場合や圧迫が強すぎた場合、骨折が起こる可能性もあります。一般状態や患者様の訴えに耳を傾けましょう。
この記事を監修した人
ココナス編集部
はる
地方の公立大学病院小児科病棟で2年勤務したのち看護師をやめ都内のIT企業に転職。結婚を機にUターンし専業主婦となる。10年のブランクを経て訪問看護師として復職。その後、急性期病院の外来・救急外来勤務を経て、療養型病院の病棟師長として勤務。家族の都合により上京後は回復期リハビリ病棟に勤務。看護師として通算15年以上の臨床経験がある。現在はココナスにて記事の企画、監修をはじめメディア運営を行う。管理人プロフィールはこちら>>

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナースではたらこ
5位 医療ワーカー

7月・8月はボーナス時期!転職に向けて早めの情報収集を!

7~8月はボーナス支給時期です。夏のボーナス後の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「ボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると出遅れてしまいます。

中途採用で経験者を補充したい医療機関の求人も活発になってきます。大学病院、総合病院、企業の中には、9月~10月に非公開で来年4月の募集を開始するところも多いので早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングを済ませておくといいですね。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧