企業の看護師求人に特化!「メディプラBiz」の評判は?

メディプラbiz
  • no image0
  • LINEで送る

「メディプラBiz(ビズ)」という転職サイトをご存じですか? 製薬・医療企業に特化した転職サイトで、薬剤師の求人などで耳にした方も多いでしょう。

実はこの「メディプラBiz」、看護師の転職サポートもしており、「製薬・医療企業で看護師資格を生かしたい」という方の強い味方となってくれる転職サイトです。

どうして製薬・医療企業の転職に強いのか、利用するメリット・デメリット、どういった方に向いているかなど、「メディプラBiz」について詳しくご紹介しましょう。

ランキング1位 看護roo!
ランキング2位 看護のお仕事
ランキング3位 ナース人材バンク

製薬・医療企業に強い! 企業看護師を目指すなら「メディプラBiz」で転職

製薬・医療「企業看護師」へ転職するメリット

そもそも数が少ない、製薬・医療企業の看護師求人。一般的な看護師専門転職サイトでは非公開求人となり、あっという間に決まってしまう案件です。

そういった企業看護師に転職するメリットは以下の6つが挙げられるでしょう。

  • 日勤のみ
  • 土日祝日が休み
  • 福利厚生が充実している
  • キャリアチェンジを目指せるがある
  • 体力面・精神面の負担が少ない
  • 時短勤務、パート勤務などが選べる

これだけメリットがあるにもかかわらず、企業に勤務する看護師は全体の1%にも届きません。(厚生労働省「看護職員の現状と推移 平成24年」

もともとの求人数自体が少ないため、企業に転職したくてもできない看護師が多いというのが実情です。そういった製薬・医療企業の求人に「メディプラBiz」はどうして強いのでしょうか?

「メディプラBiz」には、他の看護師転職サイトにはあまり見られない、大きな特徴があります。

看護師「専門」転職サイトではないからこその強み

病院や施設の求人とともに、企業の求人も扱っている看護師転職サイトは複数あります。

しかし、「メディプラBiz」のように企業、特に製薬・医療関連企業に「特化した」看護師転職サイトはほとんどありません。

「メディプラBiz」がほかの看護師転職サイトと一番違う点は、「看護師“専門”転職サイトではない」ところ。実は、これが最大のメリットとなっています。

「メディプラBiz」のサイトを見てもらえばわかる通り、薬剤師、MR、管理栄養士、医師、獣医師など、看護師以外の資格を持つ人向けの求人も網羅しています。

そのため、製薬・医療企業と深く幅広いネットワークが築け、取り扱う求人が多く集まるのでしょう。

企業に特化している高い専門性、企業への就職に対する豊富な知識、そして取り扱っている求人数の多さから、「メディプラBiz」は企業側からも求職者側からも高い信頼を得ているのです。

創業140年のワタキューグループの一員

「メディプラBiz」を運営しているメディカル・プラネットは、明治5年設立、創業140年となるワタキューグループの一員です。

もともと、綿の製造業でスタートしたワタキューグループは、戦後、病院ベッドの寝具のクリーニング業を手掛けるようになり、福祉事業に進出。

今では、健康・医療・福祉関連の総合サービスを展開しています。

リネンや売店運営など、施設内の業務をトータルにサポートしている「ワタキューセイモア」なじみ深い看護師も多いのではないでしょうか。

そんなワタキューグループの一員であること、そして運営会社が医療・福祉業界に特化した総合人材サービスを一筋で行っていることから、病院・企業からの信用が高い、ということも、「メディプラBiz」の特徴の一つとなっています。

企業看護師はどんな仕事?「メディプラBiz」で扱う主な職種は5つ

「メディプラBiz」で取り扱っている看護師向けの企業求人には、大きく分けて5つの職種があります。

どういった職種の求人があるのか、それぞれみていきましょう。

治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーターとは、医師と治験を受ける患者様、そして製薬会社の橋渡し的な存在。治験が正確・円滑に、そしてスムーズに進むようにサポートするお仕事です。

その業務内容は多岐にわたり、治験内容や実施する医療機関によっても変わりますが、治験を受ける患者様へ直接説明する機会もあり、看護師の資格をより生かせる企業のお仕事の一つといえます。

臨床開発モニター(CRA)

臨床開発モニターとは、治験全体を取り仕切る役割を担っています。

コーディネーターが「スムーズに治験が進むよう調整する役割」だとしたら、モニターは「治験が正確に行われているのかを監視する役割」といえます。

新薬は開発されても、治験をクリアしなければ日本国内において承認はされません。

よって臨床開発モニターは新薬が一日でも早く承認され、多くの患者を救うためのお手伝いをするお仕事、といえます。

クリニカルスペシャリスト/フィールドナース

クリニカルスペシャリスト/フィールドナースは、営業やMRへ同行し、自社の製品をより多くの施設や病院に正しく使ってもらえるように、製品の操作方法を説明する他、病院や学会、展覧会などに出向き、医師や看護師から直接要望を聞いたうえで、看護師としての経験をもとに、製品の細かい改善点を企業へフィードバックするお仕事です。

他の職種と比べ、特に自分の経験のある領域の製品を担当することで、これまでの経験を存分に発揮することができる職種となっています。

電話相談(カウンセラー)

製薬・医療関連企業には日々、健康相談や製品の操作説明に対する問い合わせが寄せられます。

それらの相談や問い合わせに対し、看護師の資格を生かしつつ、一般の方へはよりわかりやすく、医療従事者にはより専門的な視点から解説し、説明するのが、電話相談(カウンセラー)の主なお仕事です。

それが、電話相談(カウンセラー)の主なお仕事です。

相談者と直接会話をし、相手の疑問や不安を解消するお手伝いをすることで、大きなやりがいを得ることができます。

企業内にある医務室での看護業務

企業内になる医務室で、社員の健康管理などを行います。

体と心、両面からケアを行ったり、社内で健康診断を行う際の準備・フォロー、体調が崩した社員や来客への対応などをが主な仕事となります。

社員向けに健康指導の資料を作ったり、医務室にかかった社員のカルテなどを作ったりと、事務的な仕事が多いといえるでしょう。

企業特化の「メディプラBiz」転職に向いてる看護師とそのメリット

「メディプラBiz」は、「企業特化」という大きな特徴を持つ転職サイトです。企業に転職したい看護師にはおすすめな転職サイトですが、どんな看護師に向いているでしょうか。

利用するメリットは?くわしくご紹介しましょう。

「メディプラBiz」向き看護師1:キャリアチェンジをしたい方

本当は企業で働きたいけれど、今まで医療施設でしか働いたことがないために、何から始めていいのかわからず、そのままずるずると医療施設で働いている。

そんな看護師は少なくありません。

「メディプラBiz」は企業求人に特化しているため、企業勤務は未経験でもチャレンジしたい看護師の強い味方になってくれます。

仕事の幅を広げたい、キャリアチェンジしたいという方にはぴったりな転職サイトでしょう。

「メディプラBiz」向き看護師2:会社員として働きたい方

冒頭でご紹介したように、企業看護師は日勤のみ、土日祝日が休み、時短やパート勤務が選べることも、といった形態で勤務ができます。

たとえば、小さな子どもがいる、家族の介護があるなどで夜勤や土日祝日出勤が難しい方は、会社員として働ける企業看護師は大きなメリットがあるでしょう。

「メディプラBiz」向き看護師3:体力面、精神面での負担を軽減したい方

デスクワークが主になるので、体力面の負担が少ないのはメリットでしょう。

また、患者と相対する機会が少なく、難しい処置が要求される場面もほとんどないことから、医療ミスやインシデントを起こしてしまうかもしれない心配から解放されるでしょう。

精神的なストレスが軽くなる職場・職種となります。

企業特化の「メディプラBiz」転職のデメリット

「企業看護師」は、看護師の資格を生かしながらも企業に勤める会社人でもあります。そのため、「転職してみたけれど、なんだかしっくりこない」という看護師も少なくありません。

そんな失敗をしないために、デメリットもしっかりしったうえで「メディプラBiz」を利用しましょう。

「メディプラBiz」に向かない看護師1:看護師としてのキャリアアップを目指したい方

企業看護師となる=臨床経験の中断となります。一旦、患者と相対して看護をする現場から離れてしまうと、日々、変化・発展を遂げている医療現場に戻るのは難しいでしょう。

製薬・医療企業への転職はキャリアチェンジにはなりますが、臨床経験を積んで看護師としてのキャリアアップを目指したい方には遠回りとなってしまうかもしれません。

「メディプラBiz」に向かない看護師2:企業への転職にこだわっていない方

「これまでと同じ病院や介護施設で働くのもいいし、企業看護師というのも憧れる」。そんな方には、「メディプラBiz」は向かないといえるでしょう。

「メディプラBiz」を運営しているメディカル・プラネットは、実は看護師専門転職サイト「看護師プラネット」も運営しています。

こちらは、通常の看護師専門転職サイトで、病院や介護施設など一般的に看護師の求人が多い案件を多く紹介しています。

つまり、メディカル・プラネットはあえて、企業にこだわって転職先を探している看護師へターゲットを絞り、「メディプラBiz」を運営しているわけです。

そのため、看護師の資格を生かしながらも、あくまで企業人として勤務することをより深く理解できている方に向いた転職サイトといえるでしょう。

「メディプラBiz」に向かない看護師3:より多くの求人から選びたい方

「メディプラBiz」が製薬・医療といった企業に強いとはいっても、もともと求人数自体が少ない職場です。実際、看護師の求人全体の中で、企業に絞った場合、その数は1%にも満たないのが現状です。

そのため、多くの求人から選ぶことは難しく、通勤できる範囲・勤務できる時間帯などの条件が合う求人自体がないことも。特に、都市部以外の場合は厳しいといえるでしょう。

多くの求人から条件にあったものを選びたい方、転職を急いでいる方には、「メディプラBiz」は向かないかもしれません。

「メディプラBiz」の基本情報

運営会社 株式会社メディカル・プラネット
対応地域 全国
サポート内容 求人紹介/履歴書添削/職務経歴書添削/面接対策/条件交渉/退職サポート
お問合せ受付時間 平日9:00~18:00(土曜・日曜・祝日を除く)
プライバシーマーク 取得 厚生労働大臣認可 取得

看護師さんが企業で働きたいと考えた時、「メディプラBiz」は高い専門性と充実の求人数から、断トツでおすすめできる転職サイトです。

経験豊富な専門のコンサルタントが、あなたの希望や不安をしっかりカウンセリングしたうえで、あなたに合う企業の求人を紹介してくれます。

看護師からのキャリアチェンジや仕事の幅を広げたいと考えている方、または看護師としての自分のキャリアについて悩んでいる方は、ぜひ「メディプラBiz」に登録し、専門のコンサルタントへ相談してみてください。

きっと、看護師としての新しい道を示してくれるはずです。

製薬・医療系企業への転職なら『メディプラBiz』

全国対応

『メディプラBiz』

製薬・医療系企業への転職なら、メーカーや商社・受託臨床試験機関の求人数が最も多い 「メディプラBiz」がおすすめ。 医療機関以外で働いたことのない人も専門性が高く経験豊富な担当者の手厚いサポートがあるので心配ありません。 企業の求人も紹介してくれるのでキャリアチェンジを目的としている人には最適。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

12月は年内の退職希望者や4月入職希望者の転職活動が本格的になる時期!

12月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

1月以降は看護師転職サイトへの申し込みが増えてきます。3月末をめどに転職しようと思っている方も、早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングをすませておくといいですね。

新着の条件がいい求人は看護師の転職サイトに登録済の方に優先的に紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開の求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧