保健師の仕事とは?保健師の年収や仕事内容を職場別に徹底比較

  • no image0
  • LINEで送る

保健師ってどんな職業?

どんな場所で働いているの?

看護師なら誰もが知っている「保健師」という職業ですが、その実態はよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、保健師の仕事内容や魅力などについて、詳しく説明していきます。

ランキング1位 看護roo!
ランキング2位 看護のお仕事
ランキング3位 マイナビ看護師

保健師の仕事とは?

看護師が病気やケガをしている患者さんに対して看護を提供するのに対して、保健師は病気やケガの予防や健康増進のための活動を行うのが主な仕事です。

社会全般に対しての病気やケガの予防を目的とする仕事であるため、保健師が働く環境によって対象者は患者さんだけでなく、一般の健康な方も幅広く含まれます。

保健師の仕事場は、病院はもちろん保健所や市区町村の役所、国民健康保険組合、地域包括支援センター、企業や学校の保健室と多岐にわたります。

これらの勤務地で地域住民や企業の従業員、学校の生徒及び教職員に対して健康管理や保険指導を行ないます。臨床の仕事が主となる看護師と比較して、健診データの入力・分析、報告書作成などのデスクワークも多く、健康教室の企画や開催といった活動を求められることもあります。

保健師の種類

保健師の種類

保健師は働く場所によって、行政保健師、産業保健師、学校保健師に分類されます。

1.行政保健師

行政保健師は、市役所の保健センターや保健所といった行政関連の施設に勤務しています。保健師の約6割が行政の仕事にたずさわっています。

地域に住む新生児から高齢者まで幅広い方を対象とし、人々が健康に過ごすための指導や環境づくりに努めるのが、行政保健師の役割です。

行政保健師は公務員であり、給与面や待遇面などが安定していることから、一度就職すると定年まで勤めあげる方の割合が高くなっています。

採用枠は非常に少なく、例年行われる就職試験の採用倍率が大変高いことも特徴です。行政保健師として働きたい方は、より専門的な準備が必要だといえるでしょう。

行政保健師には「市町村勤務」と「都道府県勤務」の2種類があります。

市町村勤務の保健師

市町村勤務の保健師は各市町村の役所や保健センターなどで働き、より身近な存在として地域の健康を守ります。具体的には、住民健診の計画から実施、評価までの一連の業務や、子供やお母さんに対して健康指導する母子保健業務、地域住民の健康相談など、その業務内容は多岐にわたります。

新生児から介護を必要とする人まで、地域の人々がより健康的に過ごせるよう保健指導や家庭訪問を行います。

都道府県勤務の保健師

都道府県勤務の保健師は、各都道府県庁あるいは保健所で働きます。

業務内容は伝染病やウイルスなどのデータの統計や、各市町村に勤務する保健師への指導など、幅広いものになります。例えば、ある地域に特定の病気が広まった場合、都道府県勤務の保健師が病気についてのデータを統計し、その結果を各市町村の保健師に伝達します。

市町村の保健師に広域的な情報を伝え、連携することで、感染の拡大防止を図ります。

2.産業保健師

産業保健師は企業が雇用し、会社で働く従業員の健康管理を行います。勤務場所は企業の保健室や医務室などがほとんどですが、会社外の診療所で働いているケースもあります。

疾病の予防、健康ケアのアドバイスを主な仕事とし、健康についてのカウンセリングを実施します。産業保健師は従業員の健康を担う役割を果たしているため、生活習慣病や禁煙、メタボ対策、メンタルヘルスに通じている必要があります。

定期検診で社員の健康状態をチェックし、指導が必要と判断された場合には個別に保健指導を行います。また、平成27年12月より施行された「ストレスチェック」など、身体面に限らず、精神面でも社員がより健康に過ごせるよう、さまざまな面から社員の健康状態をアセスメントし、適切な指導を行います。

産業保健師は他の保健師よりも給与が高く、定時に出退勤でき、土日や大型連休時に休みを取りやすいというメリットがあります。

保健師の仕事の中でも特に人気の高い職場なのに対し、求人の数は多くありません。産業保健師の割合は、全体の8%程度となっています。

3.学校保健師

学校に勤務するのが、学校保健師です。生徒や教師に対して、健康に関する知識を提供し、健康管理を行います

ただし学校保健法により、学校保健師としての勤務が可能なのは、大学と専門学校のみに定められています。小・中・高等学校では養護教諭でなければ、「保健室の先生」にはなれません。

一般的な学校においては、子供たちの健康管理のほかに性教育や健康教育を行う必要があるため、教師の資格が求められます。学校保健師は教員免許を持っていないため、児童や生徒に「教育・指導」をすることができません。このため学校保健師の求人は範囲が狭く、求人数も限られています。

4.そのほかの保健師の仕事

多くの保健師に共通する仕事としては、健康診断と特定保健指導があげられます。

健康診断は様々な施設で行われますが、特に病院や健診センターの施設で働く保健師の場合、主な業務はこの健康診断業務です。

特定保健指導はメタボリックシンドロームが生活習慣病の原因になる可能性があるということで、早めに治療して生活習慣病にならないようにするための予防医療です。

この特定保健指導の中で情報提供や動機づけ支援、積極的支援を行うことも保健師の仕事です。

保健師になるためには?

保健師資格は看護系大学で保健師のカリキュラムを専攻し、国家試験に合格することで取得できます

ただ、一度看護師として働いた後に保健師の資格取得を目指す場合には、看護系大学に編入するか、全国でも数校しかない保健師養成学校へ入学しなくてはいけません。

働きながら保健師を目指すのは、恵まれた環境や周囲のバックアップが必要であり、容易なことではありません。

保健師の資格取得については保健師資格はどうやって取るの?少ない保健師求人を見つける方法とはで詳しく紹介していますので参考にしてください。

また、保健師には、高いコミュニケーション力が求められます

保健師は看護師よりも限られた時間で対象者の情報を集め、アセスメントを行い、適切な指導を行わなくてはいけません。とくに「情報を集める」という部分においては、コミュニケーション力が極めて重要です。

行政保健師であれば地域住民と、学校保健師であれば児童や生徒らとよりよいコミュニケーションをとることが、病気の予防や健康増進につながります。

保健師の給料は看護師よりいいの?保健師の職場別年収比較

気になる給与面ですが、看護師の資格にプラスして保健師資格が必要となる割に、年収は大幅アップとはいかないようです。

保健師の平均年収は、約380万~480万円となっています。(看護のお仕事調べ)

手取りでは25万から30万円程度となり、看護師の平均年収である約450万円と比較すると、ほぼ同じか、むしろ若干低い結果となっています。

保健師は看護師の上位資格であるにも関わらず、このような結果となっている背景には、手当の有無が大きく関係しています。

保健師の勤務先では、入院患者をもっているところが少なく、残業もほとんどありません。行政機関や企業、学校といった職場では、定時出勤・定時退社が一般的です。

病院勤務の看護師と比較するとシフト制がなく、給与の中でも大きな割合を占める夜勤手当が付きません。そのため基本給が高めで資格手当があったとしても、年収ベースでは看護師よりも低くなる傾向が見られます。

しかし身体的にもきつく、不規則勤務を強いられる看護師と比較すると、同水準の給与であればかなり魅力的な条件であるといえます。

保健師の職場には大きく分けて3つの種類があり、職場によって給料も大きく差があります。

行政保健師の給料

行政保健師の給料は、都道府県や市町村の自治体ごとに給与体系が規定されています

公務員の給与は、社会全体とのバランスを取りながら調整されていますが、企業のように業績によって上下することはありません。

公務員であるため、初任給こそ平均18万円と低いですが、勤続年数が上がるごとに給料も上がり、勤続30年にもなると平均35万円と、夜勤をしている看護師とほぼ変わらない水準まで上がります。

何より公務員として、給料以外に退職金など福利厚生が大変充実しているため、生活の安定度は抜群です。人気は非常に高く、常勤として採用されるためには、倍率の高い採用試験を突破する必要があります。

産業保健師の給料

企業で働く産業保健師の給料の金額は、勤め先の企業の規模に大きく左右されます。会社内に保健師を置く企業は、一定以上の規模があるため平均月収は35万円程度です。行政保健師と比較しても、かなり高額といえます。

基本的には定時に始まり定時に終わり、お盆や年末年始の休暇なども取りやすいため、非常に恵まれた労働環境といえるでしょう。

学校保健師の給料

学校保健師の給料は行政保健師や産業保健師に比べて低く、平均で25万円ほどとなっています。公立学校よりも私立学校の方の給料が、高い傾向にあります。

高額な給与は期待できませんが、カレンダー通りの勤務であり、一度就職することができれば、安定して働くことができるというメリットがあります。

保健師の給料は勤続年数により上昇することが期待できます。

看護師の場合、「初任給は高いが勤続年数を重ねても給料がなかなか上がらない」ということが多いですが、保健師は行政保健師をトップとして、全体的に看護師と比較して給料が経験年数に応じて上がりやすいという特徴があります。

これは、看護師の給料が夜勤手当など、手当によって左右されやすいことに比べ、保健師は手当による上昇ではなく、基本給や経験年数に応じた調整手当によって給料が上がることに由来しています。

初任給こそ看護師よりも低い保健師ですが、経験年数が長くなればなるほど給料は高くなる傾向にあり、勤続年数が30年を超える50代には、年収も550万円越えが見込めるというデータもあります。

そのため、保健師は「どれだけ長く勤続できるか」が、年収を高くする大きなポイントであるといえます。

保健師として働くメリットは?

保健師の仕事のメリットには、次のようなことがあげられます。

  • 生活時間が安定しておりワークライフバランスが得られやすい
  • 体力に合わせて長く働ける
  • 業務への裁量が広い
  • 身近な相談役として社会貢献が感じられる

看護師と比べた場合のもっとも大きなメリットは、シフトがなく、毎日ほぼ同じ時程で働ける点にあります。定時に出退勤できるので、プライベートの時間が確保でき、家族と生活を合わせることができます。休みが固定されているので、趣味や旅行の計画も立てやすくなります。

身体を使う仕事ではなく、デスクワークが主となるので、年齢を重ねても続けられます。また、出産・育児後などライフイベントからの復帰もスムーズです。

看護師のようにチームで働く現場と比べ、一定の範囲の業務を任せられるため、自己裁量で決められることが多くなります。それだけ責任もありますが、やりがいを感じられる仕事です。

保健師が接する人々のなかには、なんらかの事情を抱えている人も多くいます。なかなか泣き止まない赤ちゃんのお世話に疲れてしまったお母さん、突然叫び声をあげる親の介護に困り果てた家族…そういった方々の悩みを聞いたうえで、対象者が安心して生活するためのサポートができたとき、保健師として大きな貢献感をもつことができます。

保健師の仕事は辛い?保健師として働くデメリットは?

一方で、保健師の仕事にはデメリットもあります。

  • 看護師よりも給与が安くなる場合もある
  • 看護技術の向上は期待できない
  • 精神的負担を感じる場合がある
  • 身辺に規律が求められる

勤務先の状況にもよりますが、夜勤のある看護師と比較して実際に手にする給与が低くなることもあります。シフトの組み方で手当てを増やせる看護師と比べると、収入面で自由が効かないというデメリットがあります。

看護師としてどれほど優秀だとしても、臨床の機会がない保健師では活かす場がありません。新しい看護技術を習得することも、困難となります。

また、行政、産業、学校のいずれの勤務先であっても、現在もっとも求められる役割はメンタル面のサポートです。相談者の重い話に自分まで気落ちしてしまったり、うまくカウンセリングできずに悩んだりすることもあり得ます。

健康指導を行う立場上、自身にも規律が求められます。例えば看護師ならばそれほど問題とならない喫煙も、「喫煙は身体によくないから止めましょう」と言う立場である保健師としては歓迎されません。

「指導する立場」として、高いコミュニケーション能力や指導力が求められること、常に周囲から健康のお手本として見られるということは、保健師の大変な部分だと言えるでしょう。

保健師は人気が高い!求人はどう見つければいいの?

少ない保健師の求人

看護師よりも夜勤のある職場が少ないうえ、カレンダー通りの勤務スタイルを採用している職場が多い保健師は、人気のある職業です。

特に高い給与や良い待遇が期待できる求人には、応募が殺到します。

ハローワークなどに求人が出たとしても、人気が高いためすぐに募集が締め切られることもしばしばです。そのため、求人情報を見つけることさえ難しいのが現状です。

そこで活用したいのが、看護師専門の転職サイトです。

転職サイトに登録し、あなたの希望をコンサルタントに伝えておくと、あなたに合いそうな保健師の求人が出た時点でコンサルタントから連絡が入ります。

数が少ない保健師求人だからこそ、いくつかの転職サイトに登録しておくのが就職を有利に進めるポイントとなります。

人気が高い求人の場合、応募書類や面接で、いかに担当者に良い印象を与えられるかが鍵となりますが、自分ひとりではどのように進めて良いか悩みます。

転職サイトのコンサルタントに相談すれば、履歴書の添削や面接指導も行なってくれるため内定率アップが期待できます。

数ある転職サイトの中でも、「看護のお仕事」「MCナース」は保健師の求人が充実しているので特におすすめ。

保健師としてよりよい求人に出会うためにも、まずは転職サイトを利用してみてくださいね。

取扱い求人数12万件以上の看護のお仕事

全国対応

看護のお仕事

希望の求人が見つかるまで徹底して探してくれる サポート力と我慢強い交渉力が評価され『サービス満足度NO.1』『コンサルタントの対応満足度NO.1』『友達に進めたいNO.1』に選ばれました。職場の悩みや今後の働き方の相談にも乗ってくれるので転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

保健師の仕事とは?保健師の年収や仕事内容を職場別に徹底比較の関連記事

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧