大学病院看護師は高度な知識や技術が必要?業務内容は?

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

一般病院で働いている看護師の中には、「大学病院はどういうところで、業務内容はどう違うのか?」という疑問を持つ方もいるでしょう。

確かに、大学病院はなじみのない方には未知の世界かもしれません。そこでこのページでは、大学病院の業務内容、一般病院との具体的な違いなどについて紹介していきます。

大学病院の意外な一面が見つかるかもしれません。

大学病院の3つの役割

大学病院には「診療」「研究」「教育・研修」という3つの役割があります。先端医療を推進すると同時に、地域医療に貢献する役割も持っています。さらに、多くの症例を扱うことで医療の研究を行っています。

また、医師や歯科医師の養成という役割も担っています。そのため、学生が医療に参加することがあり、付属の看護科がある大学では、看護学生も大学病院で研修を行っています。

新人看護師を教育する制度が整っている大学病院が多いので、新卒や経験が浅い看護師でも学びながらスキルアップが可能です。

大学病院の看護師の仕事内容、勤務体制

大学病院に興味があるけど、「夜勤ができないと採用されないのでは?」と心配な看護師もいるでしょう。しかし、大学病院には外来もありますし、救急搬送や他院からの転院も毎日のようにあるため、日勤の看護師を多めに配置する傾向があります。そのため、大学病院でも日勤常勤の求人があるのです。

なお、大学病院と一般病院ではシフトに大きな違いはありません。大学病院の中には2交代制のところもありますが、多くは3交代制です。

ただ、病棟によっては検査が多い日や手術がある曜日(科により手術日が決まっています)には早出のスタッフが必要な場合もあります。これは一般病院でも同じことです。

1日の業務の流れは、一般病院とほぼ同じで、『申し送り→バイタルチェック→清潔ケア→カンファレンス→配薬→患者ケア→記録→申し送り』となっています。

一般病院との大きな違い

ここまでの内容においては大学病院と一般病院には大きな違いはありません。

しかし、大きく異なる点があります。それは、採血や点滴をはじめ患者の処置のほとんどを医師または研修医が行うという点です。看護師は点滴の管理やバイタルチェックが主な仕事になります。大学病院では手術や検査を受ける患者が多いのですが、検査室への移送などは看護助手が行います。そのため、看護師は本来の看護業務に集中することになります。

また、一般病院とは雰囲気も大きく違います。大学病院には医師・研修医が大勢いるのが特徴です。それに、大学病院は研修医を育てる機関でもあるので、ベテラン看護師が研修医を育てるという役割があります。

また、ソーシャルワーカーや臨床工学技師、臨床検査技師や薬剤師、PT・OT・STのほか看護助手や病棟クラークなど他職種のスタッフがそれぞれの役割を理解し、チームで医療を行うという意識を強く持っています。

さらに医師と看護師は役割が違うが対等という面もあり、一般の病院のように医師が上で看護師が下という関係性が少ないという特徴があります。

大学病院で働くメリットとデメリット

続いて、大学病院で働く場合のメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

命を預かっているというやりがい

大学病院には、ほかの病院では対応できない重症患者が多く入院しています。生命の危険と隣り合わせの状態の患者が多いので、患者の生命を預かっていると実感でき、そこにやりがいを見出す方が多いようです。

看護師本来の業務に集中できる

大学病院では採血や点滴などの処置や術後の創交換を医師が行うことが多いという特徴があります。そのため、看護師は本来の看護業務に集中できます。

チーム医療で取り組む

患者のためにスタッフ全員でチーム意識をもって回復に向けて取り組めます。

専門的な知識が身につく

症例が少ない疾患や、専門的な治療が必要な患者が多いため、専門性の高い知識を身につける機会が増えます。重症患者や急変の場面にも多く接するため、働くことでスキルアップしていると実感できます。

教育・研修制度が整っている

研修や勉強会が多く、内容も充実しているので最新の技術を学ぶ機会に恵まれます。また、第一線で活躍する医師から直接指導が受けられるのも大きなメリットです。

デメリット

採血や点滴の技術が身につかない

採血や点滴などの処置や術後の創交換は医師が行い、看護師は介助のみになるため、一般の病院で働いている看護師のように処置ができず技術が身につかないとか忘れてしまうといった不安があります。これはメリットでも挙げた点ですので矛盾すると思われるかもしれませんが、看護師本人のキャリアプランによってメリットにもデメリットにもなるということです。

業務が忙しく、時間外や持ち帰りの仕事が多い

大学病院は毎日忙しいうえ、時間外の勉強会も多くあります。その結果、患者の退院指導や、生活指導など受け持ち患者のための資料は持ち帰って作成することになります。また、勤務中は休むヒマがないので体力的にきついと感じる方が多くいます。

無力感を感じる

大学病院では重症患者が多く、治療の甲斐なく亡くなる方が多いという現実があります。長くかかわった患者が急変することもあり、無力感におそわれてしまう看護師も多くいます。なかには死と向き合うことに疲れ、精神的にバランスを保てなくなるケースもあります。

大学病院の看護師に求められるスキル

大学病院だからといって、特別に必要なスキルはありません。新しいことやわからないことを一生懸命吸収しようとする前向きな姿勢や、自分から進んで学び技術を身につけようとする姿勢があれば問題ありません。ただ、大学病院にはさまざまな症例の患者がいるため、疾患について日々学ぶ必要があります。

上にも書いた通り、大学病院では採血や点滴は医師が行うことがほとんどです。そのため看護師は輸液の管理や輸液ポンプなどの操作、呼吸器の管理などの知識が必要です。

また、生理学や解剖学を理解したうえでエビデンスに基づいた看護を行うことが求められます。病院により看護計画の立て方は違いますが、看護計画をしっかり立てられるかどうかも大切です。

応募時のアピールポイント

大学病院では急変時の対応が多いので、しっかり対応できるようにACLSプロバイダーコースを受講しておくといいでしょう。

また、高度なスキルを身につけられる姿勢が求められるので、タフな精神力と体力、向上心が重要視されます。応募時には前向きさや元気なところをアピールしましょう。

また、専門看護師や認定看護師の資格は大学病院に採用されるときに必要というものではありませんが、看護師として長く働くために取得をおすすめします。大学病院に入職し、臨床で学びながら取得する看護師が多いようです。ぜひ、挑戦してみましょう。

大学病院出身の看護師が転職で不利になることがある?

続いて、視点を変えて「大学病院で働いた看護師がそれ以外の医療機関に転職する場合」についてみていきます。

大学病院という医療の最先端といえる現場で働いたのであれば、どんな職場でもやっていけるのではと思いがちです。しかし、大学病院で働く看護師は採血や点滴の技術が身につきません。それが転職時には採用担当者から「即戦力として働けず基礎から教えないといけない」と判断され、採用に不利になるケースがあるのです。実際に大学病院出身者だからというだけで書類選考で落としてしまう病院もあります。

また、設備が整った環境で働き続けたあとに、一般病院やクリニックに転職することで今まで使用していた医療機器がない場合や、体制が整っていないことにカルチャーショックを受けるケースもあります。そういう方はいつまでも環境になじめない傾向があるため、大学病院での経験が長ければ長いほど敬遠されてしまいます。一般に大学病院での勤務経験がある看護師は扱いづらいという印象を持たれがちです。

大学病院の中途採用事情

続いて、大学病院の中途採用事情について見ていきましょう。

大学病院中途採用の特徴

民間病院に比べ、大学病院は採用のハードルが高い傾向にあります。

特に、転職回数が多いと書類選考で不合格になるケースが多くなっています。

たとえば「30歳で転職回数4~5回」という看護師ですと、書類選考を通過するのは厳しいでしょう。

ただし、やる気と実力がアピールできればこの限りではありません。

また、タイミングとしては新年度を迎える前に転職することをおすすめします。

4月は新卒が入職するため、中途採用の看護師の教育が後回しになってしまうのです。

新年度を迎えたばかりの時期は避けるのが得策です。

求人情報の探し方

大学病院の求人はどのように探せばよいのでしょうか。主な方法は以下の通りです。

大学病院のホームページ

採用する側が作成したホームページだけに、教育体制や勤務条件が詳しく掲載されています。

ただし、職場環境や人間関係といった内部情報は把握できません。

実際に働いている知人から話を聞く

該当する知人がいれば、という話ですが、公式の情報では把握できない内部事情について教えてもらえます。

ただし、あくまで個人の主観になるため注意が必要です。

看護師専門の転職サイトに登録する

公式の情報から内部事情まで、専門のエージェントから詳しく教えてもらえます。

大学のホームページと知人の情報のいいとこ取りといえる方法です。

もっとも効率的な方法といえるでしょう。

選考プロセスとポイント

大学病院のほとんどが、応募書類送付後、面接という流れです。

小論文が必要な場合もあります。

応募書類は、看護学校の卒業証明書や成績証明書などが必要になります。

取り寄せる場合は1週間~10日程度かかるため、余裕を持って取り寄せるようにしましょう。

面接は質問数が多く、志望理由やスキルアップの展望を深堀りされる傾向にあります。

自己分析など事前準備はしっかり行いましょう。

以下に、志望動機や小論文の書き方、面接のポイントを紹介します。

なぜその大学病院を志望したのか

大学病院は、その地域の中核病院です。

三次救急の病院がほとんどであり、その強みは大学病院によって異なるはずです。

その強みをしっかり認識し、志望する「必然性」を明確にしておきましょう。

「なぜここで働きたいのか?」を明らかにし、口頭でも語れるようにしておきましょう。

看護師としてどのようにスキルアップしたいのか

大学病院を志望するということは、スキルアップへの情熱は強いはずです。

その内容を、具体的に記載することが大事です。

漠然と「スキルアップがしたいから」ではなく、「どんなスキルを得たいのか」が大事です。

また、得たスキルを生かして今後どのような看護師になっていきたいかをしっかり書くことで内定をぐっと引き寄せることができるでしょう。

さらに、「そのスキルを得るにはここで働く必要がある」というストーリーをしっかり作っておくことも大事です。

勤務年数と気になる離職理由は?

いざ働けることになったら、できるだけ長く働きたいものですよね。

ここでは大学病院で実際に働く看護師たちの気になる勤務年数や離職理由について見ていきましょう。

退職するまでの勤務年数は以下の3パターンが多くなっています。

パターン1:3年

奨学金の返済が終わるタイミングであったり、また基礎教育が終わって他の職場に行ってみたいという理由で、退職するケースが多いようです。

パターン2:1年未満

予想以上に多忙だったり、看取りがつらかったりという理由で退職するケースがよく見られています。

パターン3:5~10年

長年働いてきて、他の病院も見てみたいという理由や、結婚や妊娠など家庭の事情が主となっています。

以上3つのパターンから、大学病院勤務の看護師は、20~30代前半が多いことがわかります。

また、上記パターンに当てはまらない50代の看護師も多く、「中堅」の立場にあたる層が薄いことが職場の特徴となっています。

これは同時に、新人を教育する層が薄いということもできます。

これを補うために20?30代前半の若手が新人の教育係を担うケースが多いようです。

大学病院勤務を希望するなら、転職コンサルタントに相談を

大学病院の勤務は重症患者が多く、一般病院では扱わないような症例もあることから難しさがあります。一方で勉強の機会が多く、最新医療を学べるというメリットがあり、やりがいにつながります。

最先端医療に興味があり、大学病院に転職を希望する方は、まず転職看護師専門の転職サイトに登録することをおすすめします。転職サイトのコンサルタントは看護師転職のプロフェッショナルです。このページではわからなかった大学病院の実態について詳しく教えてくれるでしょう。そして、あなたのキャリアや希望条件にピッタリの大学病院を紹介してくれます。

大学病院への転職には、ぜひコンサルタントを活用してください。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧