【グリーフケアアドバイザー】資格と業務内容

  • no image0
  • LINEで送る

グリーフケアアドバイザーとは

グリーフとは、死別などによる深い悲しみや悲観の事を言います。人の死とは突然のもので、心の準備は無いに等しく、更に家族や親兄弟など共に生きてきた人の死に対しては自力で乗り越えるのは容易ではないと思います。そのため、気持ちが不安定になり、また身体的にも違和感を感じ、人生に対して前向きになれない方も多くいます。

そんな状態の人に寄り添い、援助することをグリーフケアと言い、そしてグリーフケアのスペシャリストの事をグリーフケアアドバイザーと言います。グリーフケアアドバイザーは「日本グリーフケア協会」による認定資格で、人との死別以外にも、日常生活による精神的ストレスやショックなどの症状を持つ方も支援しています。

グリーフ自体は正常人に発生する正常反応と考えられているようで、その為、誰にでもなりうる可能性があります。グリーフケアアドバイザーは、とてもデリケートで難しい仕事内容に感じるかもしれませんが、悲しみの世界にいる方に救いの手を差し伸べ、救出するという大切な役割を担っているやりがいのある仕事のようです。

グリーフケアアドバイザー資格の取得方法

グリーフケアアドバイザーの資格取得方法ですが、この資格には、2級(初級)、1級(中級)、特級(上級)があり、それぞれの資格取得のための認定講座を受ける必要があります。講習は2級が1日間、1級が2日間、特級が3日間となり、級が上がるごとに講習期間も長くなるようです。

受験資格は18歳以上となっていますが、1級と特級は、下位級の終了認定を受けた方でないと、受講することができないシステムのようです。また、特級は日本グリーフケア協会の推薦が必要となるので、申し込みしても必ず参加できるというわけではないようです。受講会場は、東京都渋谷区にある「伊藤塾5館号」で、年に2回開催しています。

申し込み方法は、ネット上のフォームより受け付けていますが、2級と1級は定員制なので、定員がいっぱいになると締め切られてしまいますので要注意です。受講希望者が多く、とても人気のある資格なので、日本グリーフケア協会ホームページのお知らせ欄を常にチェックしておくと、認定講座に参加できる可能性が高くなります。

グリーフケアを活かす

これまでにグリーフケアアドバイザーの研修を受けた方には、葬儀関係者や寺院関係者、心理関係者など、様々な職業の方がいます。その中でも、グリーフケアに関心があり、スキルアップを目指している看護師の受講者も結構いるようです。

看護師は、患者だけではなく、その家族とも接する機会が非常に多く、また大切な人を亡くした家族に寄り添うこともあります。そんな時に、グリーフケアについての確かな知識があれば、適切な対応ができ、立ち止まった時間を進める手助けが出来るので、看護師の方におすすめしたい資格のひとつです。

日本グリーフケア協会では予習や復習の為の推薦図書を紹介していて、看護師の方向けの本も多くありますので、関心がある方は、まず一度目を通してみることをおすすめします。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

3月でも4月入職に間に合う!早めの登録がカギ

転職シーズンに入り転職活動も活発になっています。4月入職に向けてあたらしい求人もどんどん決まっていく時期ですがまだ4月入職には間に合います。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めています。新着求人は早い者勝ちでどんどん決まっていきます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選びのコツ
  • 看護師の関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師とは?
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職成功のコツ

掲載サイト一覧