准看護師と正看護師、資格と仕事内容だけでなく給料にも○○万円以上の違いがあった!

pixta_5382037_M (1)
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

准看護師の資格は昭和24年に看護師不足を補うため、そして進学率が低かった当時の女性の就職口を作るために設けられました。

今回は同じ現場で働きながら異なる特徴を持つ正看護師と准看護師という2つの資格について、准看護師資格が持つメリットと将来性についてご紹介します。

准看護師にできることできないこと

准看護師と正看護師の違い

正看護師と准看護師の大きな違いは資格を交付している機関の違いです。

正看護師が取得しているのは国家資格で、厚生労働省の国家試験に合格しなければなりません。

一方で准看護師の場合は国家資格ではありません。准看護師になるには、准看護学校に通ったあと都道府県の知事試験に合格することが条件です。

准看護師と正看護師の業務の違い

准看護師の仕事は正看護師資格と同じく、患者の心や体に寄り添い、診療や入院生活のサポートなどを行うことです。ただし准看護師の場合、看護の仕事を自分の判断で実行することはできません。

准看護師の位置づけとして「医師、歯科医師、又は看護師の指示を受け」て、看護業務を行うことが法で定められているからです。

このため、看護師業務をする際には必ず医師か正看護師からの指示を受けてから動かなければいけなくなります。病院によっては看護師のサポートとして雑用を行うことが業務のほとんどとなってしまうケースもあるのです。

准看護師は管理職につけない

医師や看護師からの指示のもとでのみ動くことが可能となる准看護師は責任を持つことができる範囲に限りができてしまいます。

そのため、複数の看護師を統括する看護主任や看護師長、看護部長といった責任業務を持つ管理職に就くことはできません。

さらに、看護の仕事について更なる専門性を持つ認定看護師や保健師、助産師の資格を取得したいと思っても、正看護師の資格を取得しなければ目指すことすらできないのです。

これは、助産師などの資格取得の条件として、看護師養成課程が修了していることと看護師国家試験に合格していることが必須となっていることが理由となっています。

准看護師と正看護師の給料の差

正看と准看ではほとんど同じ仕事をしていても、年収にして平均100万円以上の差がある職場も多いです。 准看護師と正看護師の給与差

  • サポートメインの業務となってしまいやすい
  • 管理職の役職に就けない
  • 看護師の中でも特別に専門的な知識を持つ資格を取得できない

准看護師は正看護師とは違い国家資格ではなく、必ず医師か正看護師の指示を受けて業務にあたらなければなりません。

このようなことから、ほとんどの場合、正看護師と比べると准看護師は収入が低くなってしまうのです。

准看護師が管理職になるには

准看護師で管理職を目指すのはまず無理だと言われていますが、なかには准看で看護主任になり、後輩看護師の指導や監督にあたっている人もいますので、一概に「准看で出世は無理」とは言えません。

しかし、最近は正看護師であっても4年制大学卒でなければ管理職になれない職場も増えてきていますので、准看護師で主任になることは難しくなるといえるでしょう。将来キャリアアップを考えているという准看護師であれば、正看護師の資格を取ることをおすすめします。

医療機関の中には正看の資格取得を支援してくれる病院もありますので、現在の職場では正看になるための勉強ができないというのであれば、まずはそのような医療機関への転職を考えてみるのも悪くはないと思います。

決して楽な道ではありませんが、准看護師として働きながら夜間の専門学校に通って正看免許を取る人も多く、熱意と体力があれば挑戦してみるべきだと思います。通信教育もありますので、夜勤などで夜間に通えない人は通信教育で看護師国家試験受験資格を取ることも検討してみてください。

正看護師にキャリアアップで給料up

准看護師として仕事を続けていく中で、収入を上げたい、上位の役職を目指したい、専門性の高い資格を取得したいと考えるようになった場合には、将来的に正看護師へのキャリアアップを目指すこともできます。

准看護師として3年以上の実務経験を積み、全日制で2年間、あるいは定時制で3年間の修学をすることで、正看護師資格を取得するための試験の受験が可能となるのです。

准看護師として10年以上の経験を持っている場合には看護師学校養成所の通信課程を2年修学することで同じく正看護師の資格試験を受験できます。

また、2018年度入学者からは入学要件として10年以上と定められていた実務経験が7年に短縮され、より短い期間で正看護師を目指せるようになります。

このような条件を満たして実際に正看護師となる試験を受けた人のうち、通学制の学校へ通ってから受験した人の合格率は約90パーセント、通信課程で受験した人の合格率は約80パーセントとなっています。

正看護師と准看護師… それぞれの就職先

正看護師であっても准看護師であっても看護師が活躍できるのは医療に関わる現場となります。一般的な就職先としては、病院や診療所・クリニック、介護施設です。

中でも一番多くの看護師の就業先となっているのが病院です。

特に正看護師の就職先としては圧倒的な数を誇ります。具体的には、正看護師全体の約70パーセントの人、准看護師でも約40パーセントの人が就職先を病院にしているのです。

病院の種類としては、厚生労働省や独立行政法人などが運営する国立病院、公的な団体や社会保険関係の法人運営による病院、公立病院、国立・私立・公立の大学病院、公益法人・社会福祉法人・医療法人といった一般病院や個人病院などがあります。

病院以外の診療所やクリニック

病院に次いで多い就職先となっているのが診療所・クリニックです。正看護師の場合は全体の約15パーセント、准看護師の場合には全体の約30パーセントが診療所・クリニックで働いています。

医療法による診療所・クリニックとは病床数が19床以下となっている施設です。診療所・クリニックに就職する看護師は、病院と比べると、正看護師の数の倍ほどの准看護師が就職しています。

診療所・クリニックと同様に正看護師の倍近い就職率を見せているのが介護施設です。正看護師が全体の約10パーセントの就職先であるのに対し、准看護師は約22パーセントが就職先としています。

その他にも看護師が就職する先には訪問看護ステーションや学校、保健所、市町村の施設などといったところもあります。

准看護師の高齢化と看護師資格の一本化

准看護師はもともと進学率の低い女性を支援することを目的の1つとして設けられた資格です。しかし昨今は女性の進学率が高くなり、高校へ進む人が増えています。

社会人から准看護師を目指す人

シングルマザーや育児を終えた主婦が准看護師の資格を取得するケースが増えています。

正看護師に比べると准看護師として資格を取得する方が、資格取得にかかる期間や費用を短く安くおさえられるため、社会人からでも目指しやすいからです。

ただ、社会人から准看護師となった場合にはスタートが遅い分、新卒に比べて仕事を続けられる期間も短くなります。実際に現在准看護師として活躍する年代の多くが40代から50代となっているため、このままでは准看護師の人数が急激に激減する日が訪れる可能性が高いのです。

これからの准看護師の需要

日本は今後、高齢化社会となることが予想されていて、医療現場では正看護師だけではなく、准看護師の需要もさらに増えていくことが予想されます。

病院では新卒の正看護師を採用するところが増えていますが、正看護師だけでは看護師の需要に供給が追い付かなくなる懸念もあります。准看護師の活用により現場の人手不足を補う方法も可能ですが、先を見た場合には准看護師の高齢化問題が壁となってしまうでしょう。

また、日本看護協会では看護師の価値を上げるために看護師資格の一本化の検討を進めています。これが実現されれば、准看護師がいなくなり、社会人から看護師を目指す人による人員を得ることができなくなるのです。

しかし、准看護師は現在、診療所・クリニック、介護施設といった地域に密着した医療の場で働く人が少なくありません。診療所やクリニックでは金銭的な問題から正看護師ではなく准看護師を積極的に採用することも事実です。

このようなことから。看護師資格の一本化は思うように進んでいないともいえるようです。ですから、これからも准看護師の需要はあり地域医療において重要な役割を担ってるといっていいでしょう。

必要性が大きくなる准看護師

正看護師と准看護師は、同じ医療の現場で患者のためのサポートを中心とした業務を行う仕事ですが、実際の業務内容や就業環境には違いがあります。待遇面や勤務体制といった点などです。

高齢化社会が進むことにより正看護師だけでは追い付かない高まる需要の中で、今後、准看護師の必要性は大きくなると言えるでしょう。

正看護師に比べて費用面などにおいても資格取得の壁が低い准看護師は、看護師を目指す人にとっても貴重な資格となります。

准看護師を取り巻く社会状況

しかし、社会を取り巻く状況の変化により今後は准看護師の人数が減少してしまう可能性もあります。また、准看護師資格と正看護師資格を一本化しようという動きもでています。

ただ、看護師資格の一本化には収入の低い准看護師の就業状況を高めたいという思いもあるようです。正看護師へのキャリアアップを目指す際には、准看護師の資格を持ち、実務経験を積んでおくことは資格取得の土台となります。

自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能となるといった准看護師ならではのメリットに魅力を感じ、資格の取得を目指すのであれば、まずは正看護師と準看護師のそれぞれの資格が持つ特徴を知り、将来のキャリアアップへの計画も含めて検討すると良いでしょう。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 医療ワーカー

7月・8月は準備期間!転職に備えてサイトへの複数登録を! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「求人情報が出る9月から、転職先を探せばいい。」では、転職活動のスタートが遅すぎます。

良い条件の求人に出会うためにも、一足早く転職サイトへ登録をして、準備をすることをおすすめします。

自分にあったコンサルタントを見つけるためにも、複数の転職サイトに登録しておきましょう。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

准看護師と正看護師、資格と仕事内容だけでなく給料にも○○万円以上の違いがあった!の関連記事

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧