看護師も取得できる消化器内視鏡技師の資格と認定試験

消化器内視鏡技師の資格と認定試験

満足度 対応
地域
求人数 詳細
看護roo!
看護のお仕事

医療機関は医師と看護師だけではなく、超音波検査士、認定輸血検査技師、一級・二級臨床検査技士などといった専門資格を持ったスタッフが一体となって初めて効率的な医療が行えるものです。内視鏡を扱って医師の監督指導のもとに消化器内視鏡業務に従事する人のことを消化器内視鏡技師といいます。

消化器内視鏡技師とは

消化器内視鏡技師の業務は消化管内視鏡検査と治療の介助(検査の前処置や洗浄・消毒、機器管理など)および補助業務などとなっており、主な職場は各医療機関の内視鏡室などが中心となっています。

内視鏡技師には、第一種内視鏡技師と第二種内視鏡技師があります。

第一種内視鏡技師は、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師など技師制度審議会が定めた日本の国家認定の医療関連者法定免許を有しています。

准看護師の場合は第二種内視鏡技師となります。

内視鏡検査の介助を行う部署に配属された場合は、一定期間内に消化管内視鏡検査技師の認定資格を取得することを義務付けている職場もあります。専門的な知識や技術を身につけるいい機会ですから、関連部署に従事している間に取っておくといいですね。

消化器内視鏡検査技師資格の認定

同資格の認定は日本消化器内視鏡学会が行なっており、認定試験は基礎的医学試験(第二種対象者のみ)と消化器内視鏡学術試験(第一種・第二種対象者)から成る学術試験と口頭試問とによって行われます。

ちなみに第一種対象者とは看護師・助産師・保健師・臨床検査技師・診療放射線技師・薬剤師・衛生検査技師・臨床工学技士、第二種とは准看護師のことを指します。

認定試験を受けるためには条件がありますのであらかじめ確認しておくことをおすすめします。

  • 消化器内視鏡部門で日本消化器内視鏡学会の専門医(非常勤を含む)の指導のもと2か年以上勤務をしていること
  • 規定の講義を修了していること
  • 所属する施設において同学会専門医の推薦と内視鏡従業者として介護実績の証明を受けていること
  • 過去5年以内に内視鏡機器取扱講習会または機器取扱セミナーを受講していること

現在勤務している職場で認定試験受験資格が得られそうにない方は、転職も視野に入れて検討してください。看護師転職サイトで関東・関西・東海に強い『看護roo!』『ナースではたらこ』には科別の求人や専門に特化した医療機関の求人がたくさんありますから認定試験の受験条件を満たす求人が見つかります。

消化器内視鏡検査技師認定試験の受験

同学会指定の講義内容は、消化器に関するものと消化器内視鏡に関するものがあります。

消化器に関する基礎医学講義(20時間以上)

解剖学、生理学、病理学、病理学、薬理学、疫学・衛生学、内科学、麻酔学、外国語(医学用語)

消化器内視鏡に関する基礎講義の内容(20時間以上)

内視鏡学総論、内視鏡検査と診断、内視鏡的治療

資格認定試験の受験料は3000円となっており、試験は毎年3月中旬に東京などで行われています(申し込み締め切りは前年11月)

遠隔地から受験の場合には宿泊予約斡旋を行なっていますのでこちらを利用すると便利です。

試験の合格発表は5月末日ですが、晴れて認定資格に合格した場合、登録料として7000円が必要となります。

内視鏡技師の認定資格の取得には実務経験が必須です。

病院では、資格取得に向けた勉強会が開かれているところもあるので資格の取得を考えている方は資格取得のサポートを行っている病院での勤務が近道です。

ですから、事前に病院がどのようなサポート体制があるのかをチェックしておくことはとても大切です。



おすすめの看護師転職サイト一覧

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

看護師も取得できる消化器内視鏡技師の資格と認定試験の関連記事

«PREV 

»NEXT 

掲載サイト一覧