看護師としてステップアップ!看護師管理職の具体的な役割と収入の詳細を知ろう

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師としての出世といえば、看護主任、看護師長、さらに看護部長といった管理職コースをたどることになります。しかし、管理職といってもその役割はそれぞれ違います。

ここでは管理職の具体的な仕事と、給与や年収、キャリアアップの過程について詳しくみていきます。

管理職の具体的な仕事

病院の規模によっても異なりますが、それぞれの病院には「看護管理者」と呼ばれる看護師の管理職が配置されています。

大学病院のような大規模病院では、数多くの管理職が設置されています。

一般的には総看護師長(看護部長)、副総看護師長(副看護部長)、看護師長、病棟主任・副主任、外来主任・副主任、センター長と呼ばれるポジションが置かれていますが、厳密に管理職として区分される役職は病院によって異なります。

ここでは代表的な管理職として、看護主任、看護師長、看護部長の具体的な仕事内容を確認します。

看護主任

看護主任には主任、副主任などがあります。多くの病院では主任から上が、管理職として扱われます。看護主任の具体的な仕事には、次のようなものがあります。

  • 看護師としての一般業務
  • 看護師長の補佐
  • 看護師長からの命令・指示の伝達
  • 上司不在時の代理業務
  • 上司とスタッフとの円滑な関係の保持
  • 看護師たちからの要望のとりまとめ
  • 業務改善の進言・実施
  • 新人スタッフの教育
  • シフト管理
  • 勤務表の作成やシフトの変更

看護師長

看護師長は看護主任と連携を取りながら、部署ごとに看護師を統括し、看護部長など経営陣との仲立ちをします。繁忙期など労働力が不足する場合には、一般看護師と同様に夜勤などをする場合もあります。

  • 所属部署(病棟や外来、各診療科など)の看護環境の整備
  • 看護師の働きやすい環境づくりを上部に進言
  • 現場の状況と経営方針とのすり合わせ
  • 患者や家族のクレーム対応、トラブル対応
  • 患者同士、患者と医師とのトラブル発生の際の仲介役
  • シフト管理
  • スタッフの体調管理
  • 勤務表の作成やシフトの変更・調整などの管理

看護部長

看護部長は経営陣の一員として、看護部門の管理を行います。直接臨床にたずさわることはなく、人材や設備の配置や年間計画の立案と実施など、病院の運営の根幹に関わる仕事をします。

  • 看護師の人事(採用・人員配置)
  • 看護部の年間目標や運営方針の決定
  • 経営会議への出席
  • 新人看護師の指導計画や研修計画などの看護師教育計画の立案
  • 関連部門との調整

管理職の給与

基本給で大きな差が出る

管理職になると各段に収入が上がるイメージを持たれますが、実際の金額はどのくらいなのでしょうか。

日本看護士協会による2012年の調査では、看護主任の基本給は約32万7,000円でした。役職手当は各病院によって異なりますが、5,000円から1万円程度とされています。一方、2017年調査の勤続10年非管理職の看護師の基本給与額は、24万3,736円となっています。

ボーナスや諸手当が基本給換算されることを考えると、基本給の差は全体の収入に大きな影響を与えます。最新の管理職の基本給調査結果はまだ公表されていませんが、基本給の違いはあまり変わっていないと予測されます。

看護師長になると基本給はさらに上がって約37万1,000円、看護部長では約47万7,000円となります。役職手当も2万円程度となり、手取り額に上乗せされます。

看護師の給料は一般的な職業と比較して高めといわれますが、その多くは夜勤手当などによります。基本給ベースで見ると、さほど他の業種と違いはありません。

しかし看護師でも管理職になると、基本給自体が高くなり年収ではかなりの差が出てきます

管理職の給与についての注意ポイント

ただ、病院によっては管理職になると年俸制度に変わり、時間外労働についての法的な規制がなくなります。そのため、実質的には働いた時間から見れば、割り引いて考えなければならない場合もあります。

看護師長以上になると役職手当が増える一方、管理職に専念する傾向が強くなるため、夜勤手当などの時間外手当はつかないことが多くなります。

高収入につながる時間外手当がつかなくなることで、夜勤をフルで行っていた頃と比較しても年収はむしろ下回る可能性もないとはいえないようです。

さらに看護職は、全スタッフ数に対し役職ポストの数が少ないため、昇給の機会そのものが少なく、昇給額の幅も狭いのが現状です。同レベルと考えられる事務系課長と看護師長の給与水準を比較した場合でも、後者のほうが低いという調査結果が出ています。

管理職の年収

年収で比較すると、一般の看護師と管理職ではどのくらい違いが出てくるのでしょうか。

国税庁の平成26年分民間給与実態統計調査結果によると、看護師の平均年収は約532万円となっています。

中間管理職といわれる主任クラスでは約643万円、看護師長・看護部長クラスでは約719万円です。ここでは管理職がまとめられた平均値となっていますが、看護部長の平均年収は一般的には700〜1000万円とされています。

月々の基本給の違いが、年収に大きく反映されていることがここでもわかります。

管理職へのスタート地点である主任を任されるのは、30歳前後です。なるべく若いうちからキャリアを積み重ねることで、生涯賃金に差が出るのは間違いありません。

昇進だけが看護師の道ではありませんが、仕事へのモチベーションとして管理職を目指し、腕を磨くのも充足した人生を実現する生き方といえます。

管理職になるためには

看護師の管理職に対して求められる資質と成長の過程

看護師の管理職になるためには、十分な現場経験とリーダーシップに加え、管理者として備えるべき資質があります。大勢の看護師たちをまとめあげていく調整能力や、タスク管理能力、強い責任感が求められます。

しかし誰もが最初から管理職としての能力を発揮できるわけではありません。業務を進めながら管理職として成長の過程をたどり、少しずつ自信を深めていくのです。

看護主任の中間管理者としての発達過程

  1. 看護主任としての業務を習得する
  2. 取り組むべき課題を見出しそれに対して行動する
  3. 看護主任としての成果を考えて取り組む
  4. 看護主任としてのやりがいや自信を得る
  5. 病院全体を考えた職務の遂行

初めて就任した直後は、一般スタッフの違いや看護主任として何をするべきかに迷いながら先輩や上司のやり方をまね、助言に従って行動していきます。自分なりに看護主任としての在り方を考え、業務を習得するのに精いっぱいの状態となります。

次の段階では基本的な業務を踏まえ、経験に基づいて先のことを予測しながら行動できるようになります。見通しを立てて自分の業務を遂行するだけではなく、管理する業務内での課題を見出し、改善する手段を模索していきます。

3年目以降では、看護主任としての行動が成果につながっているのか検証される時期です。自分が目標とするようなチーム作りに近づいているのか、スタッフの育成が順調に行われているのかなど、具体的な結果となって現れます。

管理職としての責任の重さを日々感じると同時に、一連の経過からやりがいや自信が得られるようになります。

スタッフとのあつれきに苦しんだり、理解されなかったりとさまざまな困難があっても、最終的に受け入れられ、協力体制が整うことで自信が深められていきます。

チームや自身の業務がスムーズに進められるようになると、さらに広い視野で仕事を見直すことができるようになります。病院全体の医療施設としての役割、他の部署との連携を意識しながら看護主任としての自覚を一層深め、業務を遂行していきます。

最初は落ち着かなかった管理職というポジションも、業務の中で管理者としての責任を再確認しながら、次第に管理者としての覚悟を身に着けていけるはずです。

名ばかりの管理職とならないためには、スタッフの意見に耳を傾け、真摯に業務と向き合う姿勢が求められます。

管理職(主任・師長・部長)へキャリアアップする研修

日本看護協会では看護師の管理職にも専門的な研修が必要と考え、研修を行っています。研修後には、認定看護管理者認定審査が行われます。

すでに管理職としてのキャリアをスタートさせた看護師に対して、さらに管理者としての能力を強化、管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させることができる人材として認める制度です。

研修は役職や経験に合わせ、ファーストレベル・セカンドレベル・サードレベルの三段階に分けられています

認定看護管理者教育課程の研修内容

ファーストレベル(主任クラス)

  • 看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を身につける
  • 看護を提供するための組織化ならびにその運営の責任の一端を担うために必要な知識・技術・態度を身につける
  • 組織的看護サービス提供上のいろいろな問題を客観的に分析する能力を高める
  • 研修時間:150時間

セカンドレベル(看護師長クラス)

  • 第一線監督者または、中間管理者に求められる基本的責務を遂行するために必要な知識・技術・態度を身につける
  • 施設の理念ならびに看護部門の理念との整合性をはかりながら、担当部署の看護目標を設定し、その達成をめざして看護管理過程が展開できる能力を高める
  • 研修時間:180時間

サードレベル(看護部長クラス)

  • 社会が求めるヘルスケアサービスを提供するために看護の理念を掲げ、それを具現化するために必要な組織を構築し、運営していくことのできる能力を高める
  • 看護事業を起業し運営するにあたって必要となる経営管理能力に関する知識・技術・態度を身につける
  • 研修時間:180時間

どうやったら管理職になれるのか?

基本的に、看護師が管理職となるためのオフィシャルな要件はありません。看護主任の場合には、一般的に臨床での看護ケア経験が10年以上必要といわれています。

昇進の経緯では、私立病院と国立系の病院とでは多少の違いがあるようです。

私立病院では一般スタッフの中から看護師長が、看護主任となる能力と資質があると認めた人材を推薦し、上層部が受諾すれば昇任します。

一方国公立系では、管理者研修や認定試験を設けている病院が多く見られます。上司から推薦を受けたスタッフが受講・受験し、合格すれば管理職となります。

いずれにしても、自己申告ではなく、推薦がきっかけとなるのがポイントです。

病院によっては査定項目を規定して、一定以上の水準であれば昇進の対象とされるシステムをもつところもありますが、協調性や責任感といった人間性が評価基準に加味されます。

看護師として技能的に優秀であっても、管理職に向かないというタイプもいますし、またその逆のタイプも考えられます。

看護ケアの技能と経験はもちろんですが、管理職に求められるのは人を見る力と、たくさんの人間をうまく動かすためのマネジメント能力です。

キャリアアップへの道として管理職を目指すのであれば、それぞれの役割に対して必要とされることや、重視されることを理解しておかなければなりません。

マネジメント、育成と教育、病院の経営理念などを自分なりに学んでおくことが、管理職にステップアップするために役立ちます。

一看護師としての職務を忠実にこなす一方で、他部署の連携やスタッフ同士の協力体制に気を配り、調整をするように努めます。全体を見通す能力を認められれば、必ず管理職へのチャンスが巡ってくるはずです。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧