看護師転職のベストな時期は?知らなきゃ損する求人探しのタイミング

看護師転職のベストな時期は?知らなきゃ損する求人探しのタイミング
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

どの時期が看護師の求人を探すのにベストなの?

今のタイミングで転職して次の職場に馴染めるの?

実際に転職をしようとしても、このような疑問を持つ方はたくさんいると思います。

この記事では、希望求人への転職を実現するためにはどの時期に転職活動を行うのがベストなのかをご紹介します。

また、経験年数の違いによる転職活動のポイントについてもお伝えします。

看護師の退職が多い9月~3月は転職にオススメの時期

どの時期に退職するスタッフが多いかご存じでしょうか。それは9月〜3月にかけてです。

この時期は退職者が多いということで必然的に求人数も多くなり、希望条件に沿った求人を探しやすくなる傾向があります。

また年度末に辞めようと考えている看護師も、事前に退職希望を伝えているため、病院側では年度末までに退職者が何名いるか、を正確に把握しています。

ですから早めのうちに看護師を募集し、いい人材を他よりも早く確保しようという病院の求人も多くなります。

なかでも、転職を考え始めた看護師は期の変わり目である9月・10月に職場選びを始めます。

そのため9月・10月は転職する看護師が多いため、病院になじみやすいでしょう。

研修制度や条件が整っていて働きやすく人気がある医療機関がいち早く求人募集を開始します。

転職活動をする際は、この時期を逃さぬよう、注意しましょう。

人気のある医療機関派9~10月に求人募集開始!

11月・12月はボーナス支給後に転職を決意する看護師が多い時期

多くの看護師が賞与をもらったあとに退職を決意し、転職活動を始める11月・12月も求人がたくさん出てくる時期です。

また、4月入職を見込んだ、良い求人案件も多く出回る時期でもあります。

最も、上半期の看護師の補填と考えて募集をかけている病院求人もあるため、注意が必要になります。

看護師が好条件で入職出来る時期は2月・3月

看護師が好条件で転職できる時期

退職する方が有給休暇を消化するために2月・3月には休みに入ってしまいます。

そのため、2月・3月から入職できる方はとてもいい条件で転職できるようです。

また、どの医療機関でも4月のスタート時期にしっかりナースやスタッフをそろえておきたいと考えます。

転職する看護師は4月から新規スタートを切れるため、環境的にも新しい職場になじみやすいでしょう。

職員を揃えるため、他の医療機関との差別化を図り、求人の条件をよくしていることもあります。

そのため、2月・3月は特にオススメな転職時期であると言えるでしょう。

8月は国公立病院で働きたい看護師にベストな転職時期

国公立病院で働きたい看護師にオススメの時期が8月です。

8月は、国公立の病院が求人募集をかける時期にあたります。

国公立の病院で働きたいと考えている看護師にとっては、1年の中で最も転職活動に向いている時期だといえるでしょう。

ただし、ライバルが多いので転職活動の内容は濃いものにしていかなければなりません。

新人・3年目・5年目… 看護師それぞれの転職

何年間看護師経験をした後に転職をするかという時期についても転職を成功させるための重要なポイントとなるでしょう。

看護師経験年数について、新人と3年目そして5年目についてそれぞれのポイントを確認していきます。

新人看護師の転職

新人看護師が転職する場合のメリットとしては以前勤めていた病院のやり方に染まっていないという点があげられます。

確かに、採用する側としては最初から仕事を教えなければならないという負担は生じます。

しかし、新人であれば新しい業務のやり方や職場にもなじみやすいだろうと考え、転職に有利に働く可能性もあります。

逆に、デメリットとして以前勤めていた病院での勤務が長く続かなかったという点がマイナスな印象につながる可能性は否定できません。

それに対してどのように対策をとって転職活動を行うかがポイントになります。

看護師経験3年での転職

看護師が転職を考える場合、看護師経験3年というのがターニングポイントの1つとなるでしょう。

その理由は、経験年数3年の看護師は即戦力として見てもらえる可能性が高くなるからです。

新人と比較すると有利な転職活動が展開できるでしょう。

給料が安い、職場になじめなかったなどのネガティブな理由ではマイナスイメージを相手方に伝えることになるでしょう。

そうではなく、キャリアアップやスキルアップなどキャリアプランにおいて前向きな理由での転職が求められるということを理解しておきましょう。

看護師経験5年での転職

看護師経験5年となると即戦力として計算でき、管理職を任せらえると考えられることもありますので転職に有利になる要因として期待できます。

問題になるのは、むしろ前職の辞め方かもしれません。

看護師経験5年の実力がある職員は職場での役割も重要なことが多く、抜けるのは現場にとって大きな痛手になるケースが多いです。

辞める際にトラブルが発生することがないよう細心の注意を払って退職することをおすすめします。

看護師が転職の際に気をつけるべきポイント

看護師が転職する場合は、春夏秋冬、どの時期を選んで転職するかが重要です。

転職を成功させるコツは、転職に適した時期なのかを冷静に判断してから活動に入るということです。

求人サイトやハローワークなどで積極的に求人情報を集め正しく読み取ることも重要です。

また転職する際は、しっかりと退職意思を職場に伝え、円満退職ができるように細心の注意を払うことが必要です。

看護師として活躍できる場所を見つけるためにもご紹介した転職時期や注意点を守って自分が求める職場を見つける努力を惜しまないようにしましょう。

→看護師の転職について詳しく知りたい方はこちら
看護師転職時期の5つのポイント
  • 10月~3月は、看護師の退職が多いため、求人が探しやすい。
  • 9月・10月は人気医療機関がいち早く求人募集を開始するため、特におすすめ。
  • 看護師が好条件で転職できるのは2月・3月!
  • 国公立病院で働きたい看護師におすすめの時期は8月!
  • 転職を成功させるコツは、転職に適した時期なのかを冷静に判断してから活動に入ること。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与の常勤求人が多い『ナース人材バンク』

高給与の常勤求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方、常勤の求人を希望している方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧