看護師は性格がきつい人が多いのはなぜ?注意したい看護師4つの特徴

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

上司には腰が低いくせに、部下に対してはやたら上から目線

お気に入りの子に対しては笑顔で挨拶するのに、気に入らない子はスルー

こんな性格の悪い看護師、あなたの周りにもいませんか?

今回はそんな看護師に振り回されているナースへ、ぜひ知っておいてほしいポイントをご紹介します!

一体なぜ?看護師の性格がきついと言われる理由

看護師は他職種の女性に比べ、性格がきついといわれてしまうことが多いようです。ではなぜ、性格がきつくなってしまうのでしょうか?その理由を考えていきましょう。

看護師は精神的にタフでないとやっていけない

看護師の仕事はとてもハードです。24時間365時間のシフト勤務なため、生活は不規則となり、部署によっては残業も多くなります。

ただでさえ過酷な労働環境なのに、女性特有の人間関係の複雑さも加わり、精神的にも体力的にも疲労がたまりやすい職場です。

よって、このような現場でも生き残っていくためにはある程度気が強く、「私は私!」と思えないと、やっていられないというのが現状なのです。

新人時代は「ありえない。私は先輩のようにならない」と思っていても、経験を重ね、新人へ指導をしているとき、気が付いたら自分も同じようなことを後輩にやってしまった方も少なくないとか・・・。

職場環境によって性格はきつくなっていく

また、同じ看護師でも職場環境によって、性格は変化していく傾向にあります。よく言われているのが、内科と外科の違いです。

内科は検査などで時間に追われることはありますが、慢性疾患の患者さんが多く、全体的にゆったりとした雰囲気になります。

よって看護師も、病棟の雰囲気から穏やかになる傾向にあります。

一方、外科は手術前後で時間に追われやすく、また急性期病棟は入退院も激しいために看護師は常に忙しく、時間に余裕を持ちにくい傾向にあります。

仕事に対応するためテキパキと動かなくてはならず、穏やかな性格の方もきつくなりがちです。

全ての方が当てはまるわけではありませんが、病院、病棟および職場環境によって性格が変わる、というケースは看護師の職場において多く見られます。

あなたのまわりにも!性格の悪い看護師4つの特徴

同じ看護師でも、性格は人によってバラバラです。

ある程度の違いは仕方ないことですが、仕事をする上で注意して対応しないといけない性格の看護師も中にはいます。

では、特にどういったタイプの看護師に注意したほうが良いのでしょうか?

こんな性格・タイプの看護師には要注意!

  • ミスに厳しい
  • 看護師の中にはミスだけに注目し、ミスした職員を叱責する方がいます。そうした方がいる職場は常に嫌な緊張感があるせいか、ミスが多くなる傾向にあります。

  • 相手によって態度をコロコロ変える
  • 気に入った人としか笑顔で話さないなど、相手によって態度をコロコロ変える人が一人でもいると、職場全体の雰囲気を壊してしまいます。

  • すぐに悪口や陰口を言う
  • 悪口や陰口は、聞いているだけで嫌な気分になりますが、その場にいただけで「一緒に言っていた」とみなされてしまい、後から責められやすく、職場全体の人間関係が壊れやすなります。

  • 相手に対して嫉妬しやすい
  • 周囲と自分を比べてすぐに嫉妬する人は、相手と近づけないようにしなくてはと周囲に気を使わせることで、より全体の雰囲気を悪くしてしまいます。

    性格の悪い看護師とうまく付き合うポイント

    みんなの性格が良く、笑顔で働ける職場が理想ですが、実際にはどの職場でも一人はこういった性格の悪い看護師がいるもの。

    では、上に挙げたような性格の悪い看護師とうまく付き合っていく方法はないでしょうか?

    「こういう人もいるんだな」と割り切ってつきあう

    学生時代は気の合わない人と積極的に付き合う必要はありませんが、社会人になるとそういうわけにもいきません。

    そこで性格が悪いと感じても、ある程度は「この人はこういう人だから仕方ない」とあきらめて割り切ってしまうというのも、人間関係を悪くさせないためには大切です。

    たとえ頭にくることを言っていたとしても、「この人はもうこういう性格なんだから」と自分に言い聞かせ、感情的にならず、冷静になるよう心がけます。

    言動や行動のすべてを受け止めてしまうと、自分が疲れてしまうだけです。また、相手が悪口や陰口などをいっていても同調せず、さりげなく他の話題に変えるなど、自分自身を守ることが大切です。

    心を許して何でも話せる仲間をつくっておく

    性格が悪い看護師の中には、特定の人をターゲットとして、様々な嫌がらせをしてくる人もいます。こうした時大切なのは、心を許してなんでも話せる仲間を同僚に一人以上作っておくことです。

    同僚とお互いの辛いことを話し合うことで、一人では思いつかなかった意外な解決方法が見つかるかもしれません。ご家族や他職種の友達になら話せる、という方もいるかもしれません。

    しかし、そういった方には職場の細かいニュアンスが伝わりにくく、より詳しいアドバイスがもらいにくいのが現状です。

    同じ職場の同僚に、何でも話せる仲間がいることで、たとえ周囲に誤解されてしまっても、一人は自分の理解者がいるので、孤立せずに済みますし、心強くなります

    怒られることを怖がらない

    人から怒られるのは、嫌なことだと思っていませんか?確かに、人から怒られていい気持ちはしないかもしれません。

    でも、怒られるということは、それだけ相手もあなたもことを認め、「もっと良くしたい」という思いのもと、怒っています。本当に辛いのは、何をしても怒られもせず、ほっとかれてしまうことです。

    よって、怒られるということを怖がってしまうのはむしろもったいないといえます。

    一方、ただ一方的に怒鳴り散らされるなど、明らかにストレスのはけ口にされて理不尽に怒られるということもあります。

    そのときは、自分の反省すべき点は反省した後、「あの時、きっとあの人は機嫌が悪かったんだ」と思うことで、深くは考えず、気にしすぎないことも大切です。

    看護師は診療科によって向いてる性格がある

    看護師をしている中で、「私、看護師に向いてないんじゃないか」と思ってしまうこともあります。しかし実は、看護師は診療科によって向き不向きがあるんです。

    看護師に向いてないのではなく、今の診療科が合っていないだけなのかもしれません。

    今の職場は本当に自分に合っているか

    なんで同期はもっと仕事ができるのに、私だけ仕事ができないんだろう。もう、看護師を辞めてしまいたいと思ってしまうこと、ありますよね。

    でもこの時、看護師そのものを辞めてしまうのはとてももったいないこと。人はそれぞれ性格が違います。そして、人によって向いている診療科とそうでない診療科があります。

    看護師に向いてないと思っていても、それはたまたま今配属されている診療科が自分にあっていないだけかもしれません。

    もし、診療科を変えてもまだ看護師に向いてないと思ってしまう場合には、今勤めている職場そのものがあなたに向いてないのかもしれません。

    このように、診療科および職場を変えることで、あなたに合った看護師の仕事が見つかる可能性が、十分あるんです。

    おっとり系は内科、テキパキ系は外科が向いている

    一般的に、診療科によって合う性格は次のように言われています。

    • 内科
    • おっとりしていて、慢性疾患の患者さんに対し、より長期的な見解から看護を考えることに長けている方。一人と長いスパンで付き合うことを好む方。

    • 外科
    • テキパキしていて、急性期の患者さんに対し、自分の経験と知識からこれから起こりうる状態を予測し、事前に対策することで患者さんの苦痛を軽減できる方。

      より多くの人とコミュニケーションをとることにたけている方。

    • 手術室(オペ室)
    • 一つの物事に集中して取り込むことが好きな方。医師の細かい癖や好みを把握し、それらに柔軟に対応できる方。

    • 小児科
    • 子供好きなのはもちろんのこと、外来で様々な親と柔軟にコミュニケーションをとれる方。患児の細かい変化に気づける、観察力に優れている方。

    他人から「看護師向いてないね」と言われたら

    看護師に向いてないわけではない

    先輩などから、「あなた、看護師に向いてないわね」と言われたら、誰だってショックを受けるのは当たり前のこと。

    看護師という職業に憧れ、苦労してなったのに、他人から向いてないといわれたら、どうしていいかわからなくなってしまいます。

    しかし、他人に看護師に向いてないといわれても、それをきっかけに看護師そのものを辞めることは全くありません。

    なぜなら、その職場がたまたまあなたにあっていない看護を行っているだけだからです。

    看護師の職場は、その職場だけではありません。医療現場だけでなく、地域や介護の現場で働く看護師もたくさんいます。

    あなたの看護が向いている職場が、必ずあるはずなのです。

    自分の性格に合った職場に転職しよう

    あなたの看護に向いている職場に行きたいと思っても、一人で一から調べるのは大変です。そこでお勧めしたいのが、転職エージェントに相談することです。

    看護師専門の転職エージェントは、転職に対する豊富な知識と情報から、あなたにあった職場を、あなたの希望を元に探し出してくれます

    看護師の資格を取ることはとても大変なことです。それを、他人の「看護師に向いてない」という評価だけで辞めてしまうのは、とてももったいないことです。

    看護師に向いてないと看護師そのものを辞めてしまうのではなく、ぜひ転職エージェントを利用して、あなたにあった職場に転職し、生き生きと看護師としてあなたらしく働けることを願っています!

    この記事のまとめ
    • 看護師の性格は労働環境が過酷なゆえにキツくなりがち
    • 性格の悪い看護師とは割り切ってつき合うのがポイント
    • 診療科や病棟の環境の違いによって、向いてる性格が異なる
    • 自分は看護師向いてない・・・でもあなたの看護が向いてる職場は必ずある

    おすすめの看護師転職サイト一覧

    看護roo!
    看護のお仕事
    マイナビ看護師
    4位 医療ワーカー

    8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

    条件が良い人気求人は、限られています。

    「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

    スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

    さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

    人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの悩みはどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
    • 人間関係で悩まない!
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の復職のポイント
    • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

    掲載サイト一覧