看護師の管理職は悩みだらけ…。知っておきたい解決策!

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

看護師の管理職も、一般企業の管理職と同じようにたくさんお悩みを抱えています。このページでは、看護師の管理職特有の悩みや解決策について紹介します。

1.看護師の管理職の共通の悩み

役職に関係なく、多くの看護師の管理職から聞かれる共通の悩みを紹介します。これから管理職を目指す方や、そろそろ昇進の声がかかりそうな方はぜひご覧ください。

患者と接する機会が少ない

管理職としての立場が上になればなるほど、看護師として患者に接する機会が少なくなります。

患者にかかわることに看護師としてのやりがいを感じる方にとっては、ストレスになっていきます。たまに患者にかかわる機会があったとしても、その多くはクレーム対応やトラブル時なので、仕事とは言え、うんざりしてしまいます。

そういったクレーム対応時以外は管理業務のほうが忙しいため、「管理職になりたくて看護師になったのではない」と、管理職を辞めるケースもあります。

年上のスタッフに認めてもらえない

比較的年齢が若い看護師が主任や看護師長に就く場合は、部署内に年齢も経験もスキルも自分よりも上のスタッフがたくさんいます。その方たちに認めてもらえるようになるのは、結構大変です。

「初めての部署だから、わからなくても仕方ないよね」という目では見てもらえませんし、「看護師長や看護主任ならわかっていて当たり前」と思われます。そういったときに役職の大変さを感じる方が多くいます。

病院と看護師の板ばさみ

役職がついてくると病院全体の会議に参加することや、そこでの決定事項を下の看護師たちに下ろす業務が増えてきます。そのときに病院の方針が自分の考えや看護師たちの意見とまったく合わない場合は板ばさみになり、ストレスがたまります。

管理職に就いている看護師は、それぞれの役職ごとに悩みを持っています。これから管理職を目指す方は、ぜひご覧ください。

2.役職別に見る看護師の管理職の悩み

管理職に就いている看護師は、それぞれの役職ごとに悩みを持っています。ここでは、役職別の悩みを見ていきましょう。

看護部長の悩み

  • 看護部長は看護業務がなく、管理職としての業務が中心になります。ときには患者に接して看護業務をしたいと思うようです。
  • 看護部長は病院と看護部の間の中間管理職的な存在です。両者の板ばさみとなり、対応に苦慮することが多く大変です。

看護師長の悩み

  • 患者や家族からのクレーム対応に追われます。該当する看護師からも話をじっくりと聞き、対応しなければなりません。看護師自身が業務に追われている中で時間を取らなければならず、さらにクレームの状況報告が多くなると非常に大変になってきます。
  • シフトを組む場合に、スタッフ間の人間関係を考慮しなくてはなりません。500人以上の大病院なら異動の際に一人ひとりの人間関係を考慮することは少ないかもしれませんが、規模が小さくなれば人間関係が理由で離職することが多いため、頭を悩ませます。平等に接しているつもりでも、ひいきしているなどと批判されることがあります
  • スタッフ不足のときは急きょ、助っ人として業務に参加することがあります
  • 看護部の運営方針を病院の経営方針に反映させていくことが難しいと感じます

看護主任の悩み

管理業務と通常業務の両方を行っているので、忙しさは半端ではありません。そんな実態もありますから、主任になりたくないという看護師も多く存在します。その具体的な理由を紹介します。

  • 看護主任に命じられると、一般の看護師としての通常業務に加えて、看護主任としての管理業務や責任が増えます。しかも、役職手当はついても、残業手当がつかない病院が多くあります。さらに夜勤回数が減るケースが多いので、結果的に総支給額は少なくなってしまいます。
  • 所属部署の看護師と看護師長との間で板ばさみになるので、悩みが増えます。職場に年上の部下が多いと、余計にやりづらくなります。そのため、看護主任を辞めたいと考える方がいます。

3.看護師長が部署異動?看護師管理職の異動は断れるの?

管理職の苦労を紹介しましたが、様々な悩みを乗り越え、ようやく担当部署をまとめたと思っても、部署異動を命じられることがあります。では、もし管理職が部署異動を命じられた場合、それを断ることはできるのでしょうか。

部署異動を拒否したい場合

看護師長に対して部署の異動を命じられることがあります。自分の意向に沿わない場合、断れなくはないですが、それは受け入れられないのがほとんどのようです。

病院側が決めた人事を個人の希望でそう簡単に変更はできないということは、一般企業と同じです。もし断ろうとすると、病院側は「病院全体のことを考えてほしい」「あなたしかいない」「他の方にはお願いできない役職だから」などといった理由で説得されます。

それを断ると、その職場で仕事を続けるのは困難になるでしょう。そこで、いったんは異動を受け入れ、一定期間が経過した後は希望部署に戻してもらえるよう交渉することは可能です。また、拒否する理由が現在の所属部署で取り組み途中のことがあり、それをやり遂げたいなど業務内容が理由の場合は受け入れてもらえる可能性もあります。

異動を理由に退職を希望する場合

一方、異動の内示を理由に退職を希望する場合は、「他の部署なら異動を受け入れてもらえるかどうか」を打診されます。また、病院側は本人の意向を聞いてまで引き止めるだけの存在かどうかを検討します。

異動を理由に退職を申し出た場合の病院側の対応は、その看護師本人の存在価値と病院の考え方などによって異なってきます。

なお、中には、退職させるために本人が受けないであろう部署への異動を命じる場合もあります。

4.管理職が重荷になって辞めたいときはどうすればいい?

患者の治療にかかわれない、病院の上層部と部下との板ばさみなどでストレスが多くなるなどの理由で、転職により一般看護師に戻りたいと考える方が多くいます。そんな場合にはどんな選択肢があるのでしょうか。

ケース1:管理職に就かないという条件で転職する

「管理職は希望しません」という条件で転職することは可能です。ただ、その場合キャリアアップできなくなるため、今後大幅な給与アップは難しくなります。また、管理職経験がない場合、年齢が高くなったときに転職先が少なくなる場合もあります。

ケース2:病院の方針が自分と合う勤務先を選ぶ

病院の方針は、上層部とかかわる機会が少ない一般の看護師ですと気にならないものです。しかし、管理職に就いたことで病院の方針や上司の考え方が自分と合わないと知った場合は、そのままその病院で管理職を続けることは苦痛になります。

そのような場合は、看護方針や病院の理念、取り組みが合う病院に転職することをおすすめします。

5.管理職にもやりがいはある!

ここまで、管理職のつらい点を紹介してきましたが、やりがいや魅力があるのも事実です。ここでは、看護主任が感じるやりがいを紹介します。

  • 看護師長だけでは把握しきれない病棟の様子を把握できる
  • スタッフの希望を上司に伝え改善を促すことができる
  • 通常業務を行う中で、スタッフと密に関わり、悩みを聞きアドバイスできる

このように主任だからこそまかされる業務があり、やりがいを感じる看護師も多くいます。ただ、どうしても重荷になるという場合は、転職を考える方法もあります。

6.悩んだら看護師専門の転職エージェントに相談

管理職というのはどの業界でも厳しい立場です。特に看護師の管理職は、女性社会ということあり、特有の悩みがあることがおわかりいただけたと思います。

今後、望んでいないのに管理職に就く可能性が高い、もしくはすでに管理職に就いており、つらい思いをしているという方は、心機一転、新天地に飛び込んでみてはいかがでしょうか。自分が望む仕事に思い切り打ち込み、やりがいを得たいならそれが最適な選択といえるかもしれません。

その場合は、看護師専門の転職コンサルタントに相談することをおすすめします。コンサルタントは、類似した事例を数多く解決してきているので、相談する価値が大きいのです。あなたの状況を詳しく聞き取ったうえで、コンサルタントが過去の解決事例などから最適な解決策へと導いてくれるでしょう。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧