臨床未経験看護師は就職できない?おすすめ診療科目と求人探しの方法

大卒と専門卒の違いで悩む看護師
看護roo! ※満足度96.2%!
看護のお仕事
ナース人材バンク

「臨床未経験看護師の求人はどれくらいあるの?ハードなうえに、責任も重大なので就職できるか心配」

「40代で新人看護師ってほんとに受け入れてくれるのかな…」

ここでは、看護師未経験から求人を探して就職するにあたり、注意すべきことを紹介していきます。

未経験看護師の求人は豊富にある

看護師国家試験に合格し、毎年5万人近い新人看護師が誕生しています。しかし、全員が看護師として病院などの医療施設に勤務するわけではありません。

例えば、病気や怪我などで就職ができなかったり、家族の介護などの事情で就職しなかったり、看護の分野とは異なる分野に就職したりする方もいます。

看護師の資格は取得していても実務未経験の方も意外と多いのです。

看護師資格あるが実務未経験

一方で、依然として看護師不足は深刻な状況にあります。

全国で5万人近い看護師が足りないともいわれており、それを実証するように最新の有効求人倍率のデータでも約2.8倍とかなりの高水準を維持しています。

ですから、看護師資格を取得していれば求人先は豊富にあるのです。つまり、未経験者にも転職のチャンスは大いにあるということです。

看護師未経験の方におすすめの診療科・施設

職場への恐怖が拭い去れない未経験の看護師は、職場選びに気を遣うところから始めてみるのもよいでしょう。

看護師の職場には経験が必要なところと、比較的未経験者でも容易にこなせるタイプのところがあります。

未経験者に適している職場を選ぶことによって、周囲からプレッシャーをかけられたり、ミスをして落ち込んだりする頻度を減らすことは可能です。

焦らず働けるリハビリテーション科

まず、病院内でおすすめの診療科目はリハビリテーション科です。

怪我や病気で体の機能が低下した患者のリハビリテーションをサポートするのが日々の業務になります。

リハビリテーション科で働くメリットは、焦らずに仕事ができることです。

しかし、リハビリテーションはスピードではなく、確実に目標を越えていくことが大切な行為です。

一人一人の患者と向き合い、じっくりと仕事を進めていくことができます。

患者を励まし、失敗をフォローしているうちに、「人のために役立つ」という看護師の本質を体感できるのではないでしょうか。

経験にかかわらず、充実感を持って仕事をしたいなら、リハビリテーション科を検討してみるのも一つの方法です。

緊急が少ない介護業界

介護業界もまた、経験にまつわる心配から解放される職場です。介護が医療と違うのは、緊急を要する機会が少ないという点です。

介護施設では障害者や高齢者の相手をすることになりますが、多くの人は症状が安定しており、特別な施術を行う必要性のある利用者はほとんどいません。

仮に、重要な医療行為を行う必要があったとしても、病院の領分になるため、介護士が関わることはまずないでしょう。

その代わり、介護士は毎日、利用者と積極的にコミュニケーションを取って、些細な変化も見逃さない意識を持つことが大切です。

自分が明るく元気でいることで、利用者の人生を楽しくしていることに気づくと、大きな喜びを感じられるでしょう。

介護業界でも人手不足が続いており、世の中の役に立ちたいと考えている人にはぴったりの現場だといえます。

看護師未経験では就職が難しい職場

逆に、未経験の看護師にとってハードな毎日となりそうな現場も多く存在します。

看護師はどんな診療科目でも責任重大であることには違いがないのですが、特にスキルや経験を要する現場に入職してしまうと、大きな苦労を強いられることもあります。

対応力が求められる急性期病棟

たとえば急性期病棟です。

症状が急展開を見せ、常に状況が変わっていく急性期病棟では看護師にもそれ相応の対応力が求められます。

ときには、看護師の判断が少し遅れただけで病状を悪化させてしまう可能性すらあるのです。

医師や先輩看護師からのプレッシャーも強く、ミスの代償も大きくなります。

経験が少ない人、プレッシャーに弱い人には積極的におすすめできない現場です。

高度な知識を必要とされる緊急病棟・集中治療室

緊急病棟や集中治療室もまた、未経験者は辛い思いをするでしょう。臨機応変な判断力とともに、高度な知識も必要とされるからです。

人の命を救える現場として、やりがいを感じられるともいえますが、未経験者では現場の足を引っ張ってしまう確率も高くなります。

他の病棟で修行を積み、自立して仕事をこなせるようになってから志望するのが無難でしょう。

一人当たりの負担の大きいクリニック

クリニックも未経験の看護師が避けたい施設です。クリニックとはベッドの数が19床以下の医療施設を指す言葉です。

規模が小さいということは、施設側に十分な教育プログラムが整っていないケースも多くなります。

入職後、先輩からは放置され、自力で学ばなくてはいけない環境を強要されれば、順調に知識や技術を高めていくのは難しいでしょう。

そして、クリニックのような小規模施設では人手も少なくなるため、スタッフ一人一人の負担も大きくなり、未経験者でも経験者と変わらない仕事量を任されることがありえます。

能力と責任が比例していないためにミスが起こり、患者にも施設にも大きな迷惑をかけてしまうことすらあるのです。

クリニックで働きたい場合は事前にきちんとリサーチして教育制度が確立しているかどうかを見極めましょう。

あるいは、他の医療機関でキャリアを積み重ねた後で転職するなどの筋道もあります。

看護師バイトの給料相場と特徴

「いきなり正職員として働くのは怖いから、まずはバイトとして働きたい」という声を、臨床未経験の看護師さんから多く聞きます。

数ある看護師のアルバイトの中でも、臨床未経験の方はどういった点に気を付けてバイトを探したほうがよいのでしょうか?

また、実際に臨床未経験でも看護師のアルバイトは可能なのでしょうか?

看護師バイトの給料相場

看護師バイトの一番の魅力は、なんといっても時給の高さです。

アルバイトというと、時給が800円からが一般的ですが、看護師バイトの場合、仕事内容によって差はあるものの、おおよそ1,300円以上が相場となっています。

これは看護師という資格がいかに求められているかを示しています。

中には2,000円を超える看護師バイトもありますが、あまりに高額な時給を付けているところは、専門的な知識や技術を要求している仕事が多いため、注意が必要です。

看護師バイトに向いている臨床未経験の看護師の特徴

看護師バイトには、様々な種類があります。

近年増加傾向の介護関連から派遣など、医療機関以外にもたくさんの求人情報がある中で、

ぜひ事前に情報として知っておいていただきたいのが「30代、40代の臨床未経験の場合」です。

他の看護師バイトと比べてどういった点に注意したほうがいいのか、詳しく解説していきます!

30代・40代の未経験看護師が気をつけたいこと

30代、40代の臨床未経験の方で新卒ではない場合、より慎重に就職先を探す必要があります。

その理由は、就職先に「年齢を見てある程度経験がある」と思われてしまう可能性があるからです。

スムーズに仕事を探すために、そして就職してからどういった点に注意すればいいのか、詳しく解説していきましょう。 

30・40代の臨床未経験の看護師の就職は難しい!?

看護師は先ほどご紹介したように、一人あたり2.8倍の求人倍率となっており、求人情報はたくさんあります。

これは30代、40代であっても同様であり、看護師としての就職は難しくないといえるでしょう。

ただし医療機関、特に公立の病院など公務員扱いとなるような病院の場合は、年齢制限を設けているところもあるため、

20代に比べると求人数は若干少ない傾向にあります。

年齢制限を設けている病院にどうしても就職したい、という場合には、直接問い合わせてみるか、転職サイトを活用して自分を売り込んでもらうという方法もあります。

30・40代の未経験の看護師が働き始めてから困ること

就職そのものは難しくないのですが、一方で注意したいのが「働き始めてから」です。

看護師は年代関係なく、経験を積むことで一人前の看護師として働くことができます。

よって未経験で働き始める場合は、最低でも1年は先輩の指導の元、働くことになります。

このとき、30代、40代の場合は先輩が20代となることも多く、「年下に仕事を教えてもらう」という状態になります。

場合によっては子供と言ってもおかしくない年代の方に指導してもらうというのは、教えてもらう側はもちろんのこと、教える側としても気を使うものです。

そのため、教えてもらう側として先輩に対しての言葉遣いや態度に注意し、「あくまで自分は教えてもらう側」ということを常に意識することが大切です。

未経験の看護師をサポートする「プリセプター制度」

病院でよく使われている教育制度にプリセプター制度とクリニカルラダーがあります。

プリセプター制度とは、新人看護師・未経験看護師が安心してより働きやすい環境を築くため、先輩看護師がマンツーマンで指導・サポートしてくれる制度です。

新人のうちは、師長などの上司に質問や相談をしにくいものですが、プリセプターで自分の担当をしてくれている先輩看護師ならより気軽に相談できるでしょう。

もちろん看護業務についてだけでなく人間関係などの相談にも応じてくれるはずです。

ほかにも、クリニカルラダーという制度もあります。

これは看護師それぞれの習熟・理解度に応じて新人看護師からベテラン看護師、管理職の看護師が、教育プログラムに沿って教育・指導を実施する仕組みです。

これにより、どんな新人にも教育が可能になるというわけです。

プリセプター制度やクリニカルラダーを導入している病院・施設なら、新人看護師への教育・サポートも間違いなく充実しているはずですので、未経験の看護師の方でも安心して応募することが出来ます。

臨床未経験の看護師におすすめの看護師転職サイト

ただ、制度としてはあるものの実際には機能していない場合も多いので事前にしっかり調べておく必要があります。

プリセプター制度、クリニカルラダーを実施しているという病院、施設でも、実際は機能していないケースも多いようです。

求人を探す際は、病院、施設の実情をしっかり把握することがポイントになります。

しかし、臨床未経験の場合、それはとても大変なことです。看護師求人サイトでは、未経験の看護師の求人探しの実績が多いサイトがたくさんあります。

看護師求人サイトランキングで紹介している看護師求人サイトから2~3サイト選んで登録しておきましょう。

看護師求人サイトの関東・関西・東海に強い『看護roo!』『看護のお仕事』を利用すれば、経験豊富なコンサルタントが病院の教育制度や、働いているスタッフの様子もしっかり把握しているので、教育制度が整い、人間関係も良い病院を紹介してもらうことができます。

未経験看護師のまとめ
  • 未経験の看護師にも転職のチャンスはある。全国的に看護師不足で求人は豊富
  • 未経験の看護師におすすめなのはリハビリテーション科介護施設
  • 未経験ならまずは看護師バイトに挑戦してみるのがおすすめ。
  • 30代、40代の未経験看護師は、年下に仕事を教えてもらうことを受け入れる。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

6月・7月はボーナス時期!早めの情報収集を!

条件が良い人気求人は、限られています。

「ボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい。」では、希望通りの求人はなかなか見つからないでしょう。

スムーズな転職のためにも、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

看護師専門の転職サイトでは非公開求人が紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧