[ 記事作成日時 : 2012年8月28日 ]
[ 最終更新日 : 2020年2月6日 ]

ベネッセで看護師求人を探す!医療・介護に強い「ベネッセMCM」

ベネッセといえば、幼児や小・中・高校生の通信教育というイメージが強いでしょう。そのベネッセグループの中で、医療・介護分野に特化した人材紹介・転職を行っているのが「ベネッセMCM」です。

ベネッセがどうして看護師の転職サポートを?

もともと通信教育の会社なのに、看護師のことをわかってもらえるのかな?

みなさんの頭には、そんな疑問が浮かぶことでしょう。

実は、赤ちゃんから年配の方まで、すべての年代の「生涯学習」を掲げているベネッセグループ。そのひとつ、「ベネッセMCM」が運営する転職サイトだからこそ、看護師の強い味方になってくれる側面をもっています。

「ベネッセMCM」の強みや背景、利用するメリット・デメリットについて詳しくご紹介しましょう。

看護師転職「ベネッセMCM」の5つのメリット

看護師転職サイトの中でも、「ベネッセMCM」にはぜひ注目してほしい5つのメリットがあります。この記事では、その5つのメリットをについてくわしくご紹介していきましょう。

メリット1:大手グループ企業の安心と信頼

「ベネッセMCM」は、こどもチャレンジや進研ゼミ等通信教育を展開しているベネッセコーポレーションをはじめとするベネッセグループの一つです。

ベネッセ(benesse)とは、ラテン語のbene(よい、正しい)とesse(生きる、暮らす)を組み合わせた造語。この社名の通り、一人ひとりの「よく生きる」を応援することを企業理念としています。

そのグループの一員として「ベネッセMCM」が展開するのは、「看護師・介護士・リハビリ」に特化した転職サービス。

2002年創業で、同じグループには有料老人ホームを全国展開しているベネッセスタイルケアもあり、介護現場での看護師の需要やノウハウの蓄積、情報の共有などに特化した転職サービスを提供しています。

メリット2:ライフステージにあわせ働き方をカスタマイズ

転職を検討している看護師の中には「転職しても、看護師の職場はどこも忙しくて、プライベートを充実させるなんて夢のまた夢…」と考えてしまっている方もいるのではないでしょうか。

ベネッセMCMでは正社員の求人はもちろんのこと、単発や短期、夜勤専従など、看護師のキャリアを考慮しつつ、その人に合うライフステージを考えたうえで求人の提案・紹介をしてくれます。

選べる診療科は18種類、「集中治療室」「透析室」「訪問看護」といった10種類の担当業務から探すこともできます。

さらに、こだわり条件に「寮・住宅あり」「託児所付き」「復職・ブランク化」「未経験可」が設定できるなど、転職を希望する看護師のさまざまな事情、環境に合わせた転職先を提供します。

ベネッセMCMへ相談したことで、看護師としてそれまで自身では考つかなかった新しい働き方が見つかるかもしれません。

働き方改革に伴い、新しい働き方が提唱されている昨今。ベネッセMCMの「看護師として幅広い働き方を提案してもらえる」という点は、ぜひお勧めしたいポイントの一つとなっています。

メリット3:医療機関以外の求人も豊富!

看護師の職場は、医療機関や介護施設だけではありません。

そう知ってはいるけれど、実際にそれら以外の求人を探そうと思っても、求人数そのものが少ないこともあり、なかなか自分にあった求人を探せないのが実情です。

ベネッセMCMでは、病院やクリニック等医療機関の求人はもちろんのこと、保育園・幼稚園や企業保健師、コールセンター、治験等、より幅広い分野での求人も多く取り扱っています。

その中には、同じグループ企業のベネッセスタイルケアが運営している保育園の求人や、ベネッセ内のメディカルコールセンターの求人などもあり、ベネッセグループへの転職を希望しているなら「ベネッセMCM」でまずは探してみてください。

看護師の資格を生かして働きたいけれど、医療現場や介護はちょっと…。そう考えている看護師でも、ベネッセMCMでは豊富な求人情報から、あなたに合った企業等の求人を紹介します。

看護師として、自分の仕事の幅を広げたい。そう考えている方に、ベネッセMCMは特におすすめです!

メリット4:履歴書・職務経歴書の作成サポート

転職において避けられないのが「履歴書・職務経歴書の作成」です。

初めての転職はもちろん、転職や異動を多く経験しても、どのように履歴書や職務経歴書を作成していいのか悩んでしまう看護師さんは多いようです。

ベネッセMCMでは、看護師の転職支援サービスを通して培った成功ノウハウを存分に生かし、一般的な履歴書・職務経歴書の作成方法ではなく、看護師一人ひとりの希望する職場に合う書類の書き方をていねいに指導。

「履歴書・職務経歴書はどう書けばいいかわからない…」と転職に躊躇する、不安に感じる点を、「ベネッセMCM」はしっかりフォローしてくれます。

メリット5:就業後もしっかりとサポート

看護師転職サイトの多くは、転職先に就業した時点をゴールとしており、それ以降はフォローしてくれないことが多いでしょう。

しかし、看護師の転職では「実際に働いてみたら、説明と全然違う!」というケースも珍しくなく「就職後どれだけフォローしてくれるか」という点は、転職サイトを選ぶ上うえで重要なポイントとなっています。

ベネッセMCMでは、登録者が入職後も安心してお仕事ができるよう、入職後も担当コンサルタントが電話や面談でのカウンセリングを随時行っています。

転職によって新たに芽生えた悩みや不安も相談できるのはうれしいですよね。

数ある看護師転職サイトの中でも、就職後ここまで丁寧ていねいにフォローしてくれるという会社は少数。よって「就職後もしっかりサポートしてほしい」と考えている看護師には、ベネッセMCMはぴったりでしょう。

看護師転職「ベネッセMCM」3つのデメリット

「ベネッセMCM」のメリットばかりをご紹介してきましたが、転職に何を求めるかによって、「ベネッセMCM」での仕事探しでは満足できない場合もあります。

どんな看護師が「ベネッセMCM」に向かないのでしょうか。ここでは、あえてデメリットをご紹介していきましょう。

デメリット1:求人数が少ない

先に紹介したように、医療関連以外の求人に強い反面、求人総数としては決して多くはない「ベネッセMCM」。

病院やクリニックといった医療関連も含め、多くの求人から選びたいタイプには不向きといえるでしょう。

デメリット2:勤務地が限られている

「ベネッセMCM」の求人情報は、関東4都県(東京、神奈川、埼玉、千葉)と、東海(愛知、静岡、三重、岐阜)、関西(大阪、兵庫、京都、奈良)、そしてベネッセ本社がある岡山に限られています。

求人情報を提供できるエリアが限られているため、それ以外の勤務地で転職を希望している方は利用できません。

デメリット3:相談会の開催場所が限られている

「ベネッセMCM」で仕事を探すには、サイトで登録後、「お仕事相談会」への参加が必要となります。ただし、この相談会は、東京(新宿)、神奈川(横浜)、大阪(梅田)、京都、名古屋でしか開催しておらず、地方在住の方の参加は難しいといえるでしょう。

看護師転職「ベネッセMCM」にまずは登録

「ベネッセMCM」で仕事探しをする流れは、以下の通りです。

  1. 「ベネッセMCM」のサイトからのWEB登録(無料)
    (もしくは電話による登録)
  2. 「お仕事相談会」に参加(所要時間:約1時間)
  3. 条件に合った仕事の紹介
  4. 面接・職場見学(面談・条件交渉は「ベネッセMCM」が担当)
  5. 就業開始

「ベネッセMCM」では看護師としての働き方をさまざまな角度から提案してもらえます。ただし、看護師の転職において一番大切なのは、少しでも多くの情報を集め、より自分に合った職場を探すこと。

そこでおすすめしたいのが、「ベネッセMCM」以外にも看護師転職サイトへ複数登録することです。

「ベネッセMCM」のメリットを活用しつつ、他の看護師転職サイトのメリットも同時並行で生かし比較することによって、より良い条件の職場が見つかるかもしれません。

また、自分と気の合うキャリアアドバイザーと出会うためにも複数登録は欠かせません。

「ベネッセMCM」のメリット・デメリットまとめ
  • メリット1:大手グループ企業の安心と信頼
  • メリット2:ライフステージにあわせ働き方をカスタマイズ
  • メリット3:医療機関以外の求人も豊富!
  • メリット4:履歴書・職務経歴書の作成サポート
  • メリット5:就業後もしっかりとサポート
  • デメリット1:求人数が少ない
  • デメリット2:勤務地が限られている
  • デメリット3:相談会の開催場所が限られている

ベネッセMCMの基本情報

「ベネッセMCM」とは、 株式会社ベネッセMCMが運営している看護師転職サイトです。「MCM」とは、「メディカル ケア マネジメント」の略です。

株式会社ベネッセMCMは進研ゼミ、こどもチャレンジで有名な大手企業ベネッセグループの一つです。

対象地域は、首都圏、東海、関西、岡山で、非公開求人も数多く扱っています。

「Benesse=よく生きる」を企業理念として、人が財産という企業ポリシーのもと、一人ひとりに合ったサービスの提供に力を入れています。