すぐに泣く新人への対応に戸惑う看護師の悩み

 
順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク


看護師としての経験を3年ほど積むと、新人教育を任されるようになります。楽しく指導して行きたいのですが、相性が合わないことや、扱いに困る新人を担当させられることもあるでしょう。 すぐに泣いてしまう新人への対応に戸惑う看護師の悩みと、どのように解決することができるのかについて探っていきましょう。

よく泣く新人の対応を任された看護師

「新人の指導担当を毎年行っています。今年担当している新人看護師がすぐに泣くので、どう対応していいか分からず本当に困っています。

患者さんの容態に関わることは厳しく注意しますが、それ以外はそれほどきつく指導していないのにすぐに泣いてしまうので、看護師長にも注意されてしまいます。

新人指導はまだまだ続きますが、これからどう指導していけばいいのか悩んでいます。今まで担当した新人にはいなかったタイプなので、どう対応すれば良いのか見当もつきません。

新人指導の担当看護師が誤解される

患者さんにも1人1人個性があるように、ナースにも1人1人個性があります。特に新人指導として1人のナースに深く接するようになると、そのナースの良い面も悪い面も深く知ってしまうようになります。

看護師にも個性があるのは当然ですが、指導のために強めに言ったこと対していちいち泣いてしまう新人看護師は、指導担当としては扱いにくいと言わざるをえません。

しかもその状況に対して、新人看護師ではなく指導担当の看護師が悪いように周囲に誤解されているなら、なおさら指導担当の看護師にとっては困難な状況と言えるでしょう。

まずは人間関係を築くことから始めましょう

毎年、どんな新人が来るのか楽しみな半面、不安な面も多いでしょう。今年は、「すぐに泣いてしまう」という個性を持った新人を指導しなくてはならないと言う重責もありますので、なおさら大変だと察せられます。

ですが、新人を指導するということは、指導するナースにとっても成長する機会なのです。「ナースが簡単に泣くなんて、プロ意識が無い!」と思ってしまうかもしれませんが、相手に腹を立てる前に自分自身の言い方を変えることができないかを考えてみるのはどうでしょうか。

そして泣いている理由を、時間を取って新人ナースさんに尋ねてみましょう。何か言葉にしづらい不安を抱えているのかもしれません。

新人ナースが独り立ちできるように教育することはもちろん大事なことですが、その前に、あなたと新人ナースさんの人間関係を築くことを優先させなくてはなりません。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ



利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

人気がある求人は公開されずに募集が終了するものが多くなっています。下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、複数の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どの求人サイトも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働くママナースにおすすめ
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 人間関係でもう迷わない!
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円
  • 保育園・幼稚園看護師への転職!
  • 休日が多い病院の選び方

掲載サイト一覧