看護師の志望動機の書き方 履歴書用の例文も紹介!

看護師 志望動機 書き方
 
順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク


転職を考える看護師にとって悩ましい履歴書の書き方。中でも志望動機は合否につながるのでもっとも気をつかう部分です。このページでは、志望動機を書く上で大事なポイントや例文を紹介します。「どんなことに気を付ければいい?」「目を引く履歴書って?」といった志望動機の書き方にまつわるギモンを解決しましょう。

採用担当者は、看護師の履歴書の「ここ」を見る!

まず「そもそも志望動機とはなんなのか?」について考えてみましょう。

志望動機とは、”なぜあなたがその応募先を志望するのか”ということを採用担当者に伝える部分です。

面接に進むためには、まずは履歴書の段階で「採用したらメリットがありそうだ」「うちの職場に向いてそうだ」と採用担当者に思わせる必要があります。

そのためには、履歴書であなたの持つスキルや経験、そして熱意をわかりやすく伝える必要があります。

もちろん、志望動機はひとそれぞれ。

履歴書を読む段階では採用担当者はあなたのことを知らないので、相手がイメージしやすいあなたらしいエピソードを書くことが大切です。

また、志望理由は正職員・パートといった雇用形態や、病院の規模、運営の方針などによって書き方を変える必要があります。

医療機関によって求めている看護師が異なるからです。

そのため、複数の病院に履歴書を送る場合は、ひとつの志望動機を使いまわすのではなく、その病院が求めている人材を踏まえた上で書き方を変えましょう。

なお、このページでは正職員の志望動機を紹介しています。

パート勤務の志望動機についてはこちらをご覧ください。

看護師の志望動機を書く前におさえる5つのポイント

ポイント1

志望病院の情報収集(パンフレットや公式ホームページなど)一般企業に応募するひとが企業研究を行うように、看護師の転職も応募先の病院についての情報収集が欠かせません。

最近では公式ホームページを設けて情報を公開している病院も多いですね。

志望動機を書く前に、それらをチェックして病院の特徴や強みなどは必ず押さえておきましょう。

また、事前に院内を見学しておくと、より職場をイメージしやすくなるため履歴書作成にも有利です。

「自分で見学を依頼するのは気が引けるな…」という方は、看護師専門の転職サイトで相談してみましょう。

採用担当コンサルタントが病院側と調整をおこない、見学する際のポイントなどを教えてくれますよ。

ポイント2

病院側が特にチェックするのは「あなたがどんなスキルや経験を持っていて、この病院でどう活かせるのか」という点です。

これまでの経験を振り返り、自分のスキルや得意とすることを洗い出してみましょう。

それらを踏まえた上で、なぜこの病院で働きたいかという点が書ければ、より説得力のある志望動機となります。

これまでの経験の例: ・プリセプター(先輩看護師)として新人看護師を指導した経験、 ・感染対策委員会のメンバーとして働いた経験、 ・看護学生の実習指導を担当した経験、 ・ACLS(二次救命措置)の資格を持ち、現場でも活かした経験

ポイント3

転職を考えている方のなかには、「今の職場の人間関係に疲れたから」といったネガティブな理由の方もいるはず。

しかし病院側は、あなたの仕事に対する熱意を見ています。

転職後はどんなことにチャレンジしたいのか、どんな存在を目指したいのか、あなたの希望を書きましょう。

これは面接でも聞かれる可能性が高いので、履歴書に書くだけではなく、自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

ポイント4

病院の経営理念や基本方針は実にさまざま。あなたが「こうありたい」と思う看護師像と、病院が目指すものが一致していないと、転職後にそのギャップに苦しむことになってしまいます。

理念や基本方針は病院のホームページで公開されていることが多いので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、「実際の現場はどうなのか」という点は、その職場で働いている現役看護師に聞いたり、多くの病院の情報を持っている看護師転職サイトのコンサルタントに聞いてみるのもよいでしょう。

ポイント5

面接では入職後の学びに対する意欲も見られます。

どんなスキルを身に着け、現場で実践していきたいのか考えましょう。

しかし、看護師経験者が「スキルを身に着けるために学びたい」「研修制度が充実していて魅力的」という点を強調しすぎると新人のようにみなされ、かえって不利に働くこともあります。

面接では採用担当者が履歴書を見ながら質問をする場合がほとんどです。

自分の考えをしっかりまとめ、質問を受けても自分の言葉で伝えられるように練習しておきましょう。

「この書き方で良いのか不安」という方は、看護師転職サイトのコンサルタントにチェックしてもらうという方法もあります。

思いもよらないアドバイスをもらえるかもしれませんよ。

看護師の志望動機のNG例

志望動機を書くうえで、看護師ならではの気を付けるべき点もあります。ここでは志望動機の書き方でやってはいけないNGポイントをご紹介します。

NG! 1.本やWEBサイトの志望動機を丸写し

サンプルを丸写している志望動機は、採用担当者には簡単に見抜かれてしまいます。また、最近ではコピー&ペースト(コピペ)をチェックするツールもあります。きちんと自分のことを伝えるためにも、例文をそのまま使うことは絶対に避けましょう。

2.誰にでも当てはまる

たとえば「貴院の理念に感銘を受けたので」「福利厚生が魅力的なので」という志望理由は、誰にでもその言葉は当てはまるため、その人らしさはまったく伝わりません。これまでの経験を振り返り、自分だからこそ書ける志望理由にしましょう。

3.学びの姿勢が強すぎる

中途採用に求められるのは”即戦力”が前提です。

「入職後は〇〇を学び、より自分のスキルを高めたい」といった学びの姿勢を強調する書き方ではなく、今までの経験を活かして何ができるか、という部分を強調しましょう。

志望動機のサンプル(シチュエーション別)

上記の書き方のポイントを踏まえた上で、2つの志望動機のサンプルを見てみましょう。

資格取得やスキルアップが目的の場合

私は看護師として○○総合病院に10年間勤務しております。その間、脳外科、手術室、循環器科といった部署を経験いたしました。患者様の身体的・精神的苦痛を少しでも軽減できるようにとの思いで取り組んでまいりました。今後は今までの経験を生かし認定IVR看護師の資格を取りたいと考えております。そのため、より専門的な知識と看護技術を身につけられる環境に転職したいと考えるようになりました。このたび、貴院の求人を拝見し、是非とも貴院の一員として働きたく志望いたしました。

ブランクがあって復職する場合

私は看護師として○○病院に2年間勤務いたしました。出産を機に退職し、子育てに専念しておりましたが、子育てが一段落したのちは看護師として復職したいと常に考えておりました。貴院におかれましては、在宅復帰に向けた取り組みに力を入れているとのことで、是非スタッフの一員として働きたいと思い志望いたしました。

医療の進歩を考えれば10年問のブランクは大変大きく、身につけるべきことがたくさんあると存じますが、真摯に取り組んでまいりたいと思います。また、母として妻・嫁としての経験を看護の中で生かしていきたいと考えております。

ここで紹介した例文はあくまで一部です。志望動機は10人いれば10通りの書き方があるものです。あなたらしさや、仕事に対する熱意が伝わるような文章を意識しましょう。

看護師履歴書の志望動機をうまく書くためには

志望動機は履歴書作成の中でも採用の可否を決める重要な部分です。

履歴書に書く前に、志望動機として書きたいことを紙に書き出して整理するのもよいでしょう。また、書き上げた志望動機が本当にその病院にふさわしいか、自分らしさがアピールできているか、という点はプロにチェックしてもらうのがおすすめ。

関東・関西・東海に強い『看護roo!』『看護のお仕事』、や『マイナビ看護師』などでは志望動機の書き方指導や添削を無料で行っています。看護師業界に詳しいプロのキャリアコンサルタントが応募先の医療機関にふさわしい志望内容にブラッシュアップしてくれますよ。

志望動機の書き方を悩んでいる方にとって、看護師転職サイトは力強い味方。

履歴書のアドバイス以外にも、病院の見学スケジュールを調整してくれたり、面接のコツを教えてくれたりとサポート体制は万全です。

特に、仕事をしながら転職活動をしている看護師は上手に活用したいところ。

きっと、理想の職場探しの手助けになるはずですよ。



おすすめの看護師転職サイト一覧

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働くママナースにおすすめ
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 人間関係でもう迷わない!
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円
  • 保育園・幼稚園看護師への転職!
  • 休日が多い病院の選び方

掲載サイト一覧