【看護師の履歴書】志望動機の書き方を教えて!転職失敗しない例文集

看護師 志望動機 書き方
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

志望動機ってどう書けばいいの?

前の職場を辞めた理由を言いたくない…

就職活動をする看護師の多くが悩むのが志望動機です。

一方で、志望動機は採用に大きく関わる重要なポイントです。

さまざまな状況に合った志望動機の書き方と例文を紹介します。

看護師の履歴書作成で1番悩む志望動機

転職のときに志望動機を考えるのは大変

転職を考えている看護師にとって、履歴書の書き方で一番悩むのは履歴書の志望動機でしょう。

転職理由は決してポジティブなものばかりではなく、中にはネガティブに捉えられかねないケースも存在するからです。

また、短い文章では味気がないし、かといって長い文章は面接官が読みにくいと感じてしまうでしょう。

志望動機はどんな面接官もチェックする重要な項目でありながら、記述が難しい項目でもあるのです。だからこそ、明確かつ好印象を与える志望動機が望まれます。

採用側から志望動機に求められるもの

看護師の履歴書の志望動機で、採用側は何をチェックしているのかというと、本人のモチベーションです。

信頼できる人物か、根気強く業務をこなしてくれるか、というポイントを確かめるためにもモチベーションは重要です。

また、職務経歴にブランクが発生していた場合、志望動機によって原因を探ることがあります。採用側からすれば、できるだけ即戦力を獲得したいと考えるものです。

現場から遠ざかったことで能力にかげりがないか、やる気はあるのかを採用前に見極めたいのです。

看護師はブランクの空きやすい業種の1つ

一般的な転職と異なり、ブランクがあるだけで評価が下がることはほとんどありません

看護師とはブランクの空きやすい職業だからです。病気や怪我など、本人の不可抗力である理由でも休まざるをえない職業です。

また、女性が多い職場なので、産休、育児休暇を長期にわたってとる人も少なくありません。

こういった明確で納得できる理由があり、ブランクが発生していたのかどうかは履歴書の志望動機である程度分かります。志望動機はそれほどまでに採用側が読み込んでいる項目なのです。

ブランク看護師のシーン別の履歴書の書き方と例文

ブランクによる悪いイメージをなくす履歴書の書き方

もちろん、履歴書でブランクが空いていることで悪いイメージが発生してしまうこともあります。

ブランクの間に何もしていた形跡のない看護師を、多くの人は疑問に思うのではないでしょうか?

やる気がなくて転職活動をしていなかったのではないか、能力が伴わなくてどこも雇ってくれなかったのではないか、といった具合です。

あるいは履歴書に嘘があるのではないか、など採用側は邪推することもあるでしょう。

こうした悪いイメージを払拭するためにも志望動機での挽回が望まれます。

ブランクの理由別にポイントを確認しよう!

育児によるブランクがあった場合

育児によるブランクで長期間、仕事を休んでいた看護師はその旨をはっきりと書きましょう。

育児休暇をとる看護師は数多く存在するので、採用側は素直に納得してくれやすいものです。

ただし、「どうして看護師に戻ろうとしているのか」を履歴書の志望動機で示すことは大切です。

専業主婦や他の仕事という選択肢もある中、比較的ハードな仕事である看護業界に戻ってきた根拠を示しましょう。

「自分の天職だと思い、患者のために知識と経験を使いたかった」など、職業への思いが試されています。

育児によるブランクから復職する場合の例文

私は看護師として○○病院に2年間勤務いたしました。

出産を機に退職し、子育てに専念しておりましたが、子育てが一段落したのちは看護師として復職したいと常に考えておりました。

貴院におかれましては、在宅復帰に向けた取り組みに力を入れているとのことで、是非スタッフの一員として働きたいと思い志望いたしました。

医療の進歩を考えれば10年問のブランクは大変大きく、身につけるべきことがたくさんあると存じますが、真摯に取り組んでまいりたいと思います。

また、母として妻・嫁としての経験を看護の中で生かしていきたいと考えております。

第二新卒の場合

第二新卒とは卒業してすぐの人材ではなく、一定期間の就職期間を経て、すぐに転職活動を始めた人材を指す言葉です。看護師にも第二新卒で志望してくる人はいます。

第二新卒であるということは、同時に「前職を3年以内に退職している」ということを意味しています。

つまり「なぜ前職を辞めざるを得なかったかのか」という説明と「あなたの職場では長く働きたい」ということを積極的にアピールすることが必要となります。

「前の職場で仕事が面白くなくなってトラブルがあり」などと書くと、「じゃあうちでも繰り返すのではないか」と疑われてしまいます。

それよりも、自分が本当に働きたいのが現在の業界で、志望している病院なのだと訴えかけ、前向きな気持ちを見せ付けることを意識しましょう。

第二新卒によるブランクから復職する場合の例文

学生時代より、患者さん一人ひとりとじっくり向き合った看護を提供したいと考えていました。

前職では仕事量が膨大であり、患者さんの元へ行くことすら困難なことも多く、自分の看護観とは違うことに戸惑いを感じていました。

その中で、貴院は第二新卒に対してもプリセプター制度を導入されており、積極的に採用されていること

そして「一人ひとりと向き合った看護」を掲げていることを知り、ぜひ貴院で私の看護観にあった看護を提供していきたいと考え、今回志望しました。

人間関係で前職を辞めてしまった場合

人間関係もまた、転職を考える人に多い原因です。

会社や病院で働いていると決定的に価値観が合わない人もいるでしょうし、それで辞めたこと自体は問題ではありませんが、採用側にとっては不安になるものです。

転職を目指す看護師は履歴書の志望動機や転職理由で、詳しい経緯を書かないほうが無難です。

嘘を書く必要はありませんが、あなた自身に問題があるように捉えられたらマイナスにしかなりません。

あくまでも「もっとやりたい仕事が見つかった」などの未来を見据えた姿勢を印象付けましょう。

ブランク看護師も安心して使える転職求人サイト一覧

順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

介護など施設別の志望動機の書き方と例文

雇用形態別の看護師履歴書の書きたを知りたい

看護師が履歴書を書く際には、志望する科目や施設にポイントを意識することが大切です。「この志望動機はどこの科目でも当てはまる」と思われれば、イメージが下がってしまうからです。

好印象をもたらすコツは、あなたの経験や技能が、志望する科目や施設にマッチしていると思わせることです。ここでは、病院の施設別の志望動機のポイントをかいていきます。

施設別の特徴と志望動機のポイント

外来施設からリハビリセンターまで、病院には内部に数多くの施設が存在しています。

施設別に履歴書の志望動機を書く看護師は「どうしてこの施設で働きたいと思うのか」を説得力を持って示す必要があります。

自分がどれだけ施設の仕事に思い入れを抱き、適性があるかをアピールしましょう。

また、そう感じるにいたったエピソードを踏まえると、採用側も安心してあなたを採用に踏み切ることができます。以下が施設別の志望動機のポイントです。

施設別にポイントを確認しよう!

訪問看護や介護施設の場合

訪問介護、介護施設、老健施設での介護業界で働く際にも履歴書の志望動機は細かく採用側にチェックされます。

介護業界は慢性的な人材不足がある一方で、それゆえに質の低い介護士を雇ってトラブルを招いた事例が数多く報告されています。

あなたが誠意を持って介護を務められる人材かどうか、あるいは過去にトラブルを起こしていないかは厳しく見極められるのです。

また、介護施設は、経営している会社によって介護方針が異なっています。

そのため、志望している介護施設はどういった介護方針に基づいて介護を提供しているのかを確認し、その介護方針に看護師としてどのように貢献できるかをアピールすることが大切です。

また、介護施設では介護職員がメインとなって働いています。

そのため、どのように介護職員やそのほかの職員と連携を取っていくかについても志望動機に記載すると、相手の印象もよりよいものになるでしょう。

訪問看護や介護施設を志望する場合の例文

看護師として働く中で、必要最低限の抑制を行わなくてはいけない事に対し、疑問を持っていました。

その中で、貴社で掲げている「抑制ゼロの介護」という方針を拝見して、ぜひこの職場で働きたいと思いました。

自分の理想としている「抑制ゼロ」を目指して、他職種の方とも連携を図り、よりよい介護の現場を作っていけたらと考えています。

クリニックの場合

病院よりも収容できる患者が少ないクリニック、「小さな病院」程度に認識している人も多いのではないでしょうか。

しかし、クリニックを志望する看護師は「どうして大きな病院ではなくクリニックなのか」「仕事が楽だと思ったのではないか」と疑われるかもしれません。

履歴書の志望動機ではクリニックで働きたい理由をしっかりと説明しましょう。

クリニックは大病院よりも患者一人ひとりと密接にコミュニケーションが取れるので、そのような特性と絡めて志望動機を記すことがおすすめです。

精神科など科目別の志望動機の書き方と例文

科目別の特徴と志望動機のポイント

看護師が科目別に履歴書の志望動機を記すとき、それぞれの特徴を上手に押さえておきましょう。

科目によって、患者さんの年齢層も違えば、求められる仕事も違います。

そして、マッチする看護師の性格も変わってきます。

患者の傾向、仕事に求められることに適応できるか、どのように貢献できるのかを突き詰めていくと、自然と説得力のある志望動機が埋まっていくでしょう。

緻密な自己分析が志望動機には求められるのです。以下が科目別の志望動機のポイントです。

科目別にポイントを確認しよう!

小児科

小児科の特徴は当然ながら、幼い患者ばかりであることです。

しかし、だからといって「子ども好き」を履歴書の志望動機でアピールするだけではミーハーな印象を与えかねません。

看護師であれば「病気に苦しむ子どもを適切に治療することが、その子の人生にとってどれだけ重大かを知り、深く貢献したいと思った」などの一歩進めた志望動機を記したいところです。

小児科のクリニックを希望している場合には、小児科の勤務経験の有無が採用の大きな決め手となります。

経験が無い場合には今後どのように経験を積み、クリニックに貢献していけるかについてアピールしていきましょう。

また、小児科では保護者とのやりとりも多く、コミュニケーション能力もPRポイントのひとつになりえます。

小児科を志望する場合の例文

子育てをしていく中で、小児科を受診する機会が多くありました。

その中で、小児科の看護師の方がそれぞれの発達段階に合わせた対応をしていらっしゃるのを体験しました。

今まで患者さん一人ひとりに合わせた対応を考えた看護を提供しているつもりでしたが、小児では成長発達も加味した上での対応が求められることを感じ

看護師としてより成長するためにも、小児看護を経験したいと考えるようになりました。

貴院では特に教育に力を入れているということを知り、15年の看護師キャリアを生かしつつ、小児分野では一からまた勉強していけるのではと考え、貴院を志望しました。

精神科

精神科ではさまざまな年代、性別の患者が訪れますが、外科や内科と違って「こうすればいつまでに治る」という設定が決めにくく、思い悩んでいる人も多い傾向があります。

看護師も患者を刺激せずに寄り添える包容力が求められます。

履歴書の志望動機にも「出口の見えない病気で苦しんでいる人たちのサポートをしたい」など、利他的な思いを伝えることが大切です。

精神科は医者や看護師の態度によって患者の容態が悪化することもありえるため、志望動機でも人間性を重視して審査されるといえるでしょう。

さらに精神科は、単科病院か総合病院かによって、アピールすべき内容が異なります。

単科病院の場合は、超急性期で救急来院されることもあり、より深く精神科の経験を積むことができます。

一方、総合病院では単科病院に比べると症状が落ち着いていることが多いため、よりじっくり一人一人の患者さんに対してのケアが求められます。

精神科を志望する場合には、志望先の精神科としての規模を確認し、自分が精神科看護の中でも特にどういったことを学びたいのかをアピールするかも大切なポイントとなります。

精神科を志望する場合の例文

病棟にて統合失調症を併発されている患者さんを受け持ちました。

薬によって症状はある程度抑えられていましたが、自分の対応によって患者さんがひどく混乱させてしまった経験から

もっと精神科看護について学び、看護師として成長したいと考えるようになりました。

貴院では精神救急も受け入れられていることから、急性期から慢性期まで幅広く精神科の患者さんを受け入れているため

貴院ならばより深く精神科看護について学べるのではないかと考え、今回志望いたしました。

整形外科

整形外科は、病院の規模によって診る患者さんの症状が大きく異なります。

クリニックなどの整形外科は、骨が弱まっている高齢者と接する機会が多くなります。

また、リハビリの付き添いや日常生活のフォローなど、入院患者と長期にわたってコミュニケーションをとることも多く、社交的な看護師が成功しやすい環境だといえます。

「整形外科で多くの患者と接し、リハビリを経て少しずつ治っていく姿に私自身励まされてきました」など、履歴書の志望動機でも患者さんとの関係を絡めて記すと説得力が増すでしょう。

高齢者との交流経験などもあれば、マイナスに働くことはないエピソードです。

一方大学病院などの整形外科は、疾病ではなく主に受傷によって入院となっている方が多くの割合を占め、患者さんの平均年齢も他の診療科に比べると若いことも多いです。

そのため、整形外科を志望する理由を自分の中で明確にし、なぜ他の診療科ではなく、整形外科なのかをアピールすることが大切です。

整形外科未経験の場合には、整形外科の中でも特にどういったことを学び、経験を積みたいかをアピールすると相手の印象も良くなります。

整形外科を志望する場合の例文

外科の混合病棟で勤務していた際、整形外科の患者さんも受け持つ機会が何回かありました。

その中で、疾病ではなく受傷に対しての術後管理について看護師として患者さんの苦痛除去が適切に行えていないと感じ、整形外科を更に専門的に勉強したいと思うようになりました。

貴院では整形外科の年間手術件数も多く、より様々な整形外科の症例を学べると考え、志望しました。

産婦人科

産婦人科の場合、助産師も同時に求人していることが多く、なぜ看護師として産婦人科を志望しているのかが重要となります。

産科は助産師が中心となって仕事をしており、看護師は助産師に比べ、産科にて行える処置も限られています。

その中で自分がどういった看護を提供したいか、という点を積極的にアピールしましょう。

婦人科を志望する場合には、なぜ他の領域ではなく、婦人科なのかという点を明確にし、アピールすることが大切です。

産婦人科を志望する場合の例文

学生時代から婦人科疾患があり、婦人科へ通院をしていました。

女性として妊娠・出産を経験する中で、学生時代から通院し、適切な処置を受けることの大切さを痛感し

私もその大切さを患者さんに伝えられる看護師になりたいと強く感じたため、今回産婦人科である貴院を志望いたしました。

看護師として、そして婦人科、産科に通院歴がある患者として、来院される患者さん一人一人に寄り添った看護を学び、提供できたらと考えています。

救急

救急は病院の中でも特にハードな部門です。

患者がいつ運び込まれてくるか予想はつかず、たとえ休憩時間であっても人手が足りなければかり出されます。食事や睡眠を犠牲にすることさえ珍しくない科目です。

履歴書の志望動機でも、そんな科目で看護師としてやっていく決意があるのかが試されています。

「ひとりでも苦しんでいる人を助けたいし、厳しい環境に身を置いたほうが自分の成長になると思いました」と、どれだけ採用側に真っ直ぐな思いを伝えられるかが大切です。

逆に、労働条件に関する記述は避けておきましょう。

採用側にとって重要なのは、「その人がどれだけ長く、勤めてくれるか」という点です。

そのため、どのように成長したいかというアピールは「この人はうちの救急救命で長い期間頑張ってくれそう」という安心感につながるのです。

救急を志望する場合の例文

新卒でICU配属となり、5年間急性期看護に従事してきました。

その中で、「患者さんを救うために、より早い段階の看護を経験したい」と思うようになりました。

貴院は地域の2次救急指定病院であるとともに「断らない救急」を掲げているところから

私が目標とする「領域にとらわれず様々な患者さんの命を救う」という看護師になるための経験がより多く積めると考えました。

貴院で経験を積み、最終的には救急認定看護師を取得したいと思っています。

透析

透析は肉体的にハードな仕事内容ではないものの、精神的にダメージを受ける場合がある科目です。

透析には苦痛を伴うことがあり、そんな患者さんを間近で見守る看護師は、高いモチベーションがなければ続かないでしょう。

履歴書の志望動機では、強い決意を証明しましょう。

「患者さんが苦しみがちな透析だからこそ、役に立ちたい。また、苦痛をやわらげるための勉強を現場で吸収したい」など、強い向上心を採用側に届けてみることが肝心です。

透析を志望する場合の例文

腎臓内科を含む病棟に勤務しており、以前より透析看護に対して興味がありました。

透析認定看護師の方から透析について質問をする中で、自分も透析看護師としてもっと成長したいと考えるようになり、今回志望しました。

透析そのものの経験はありませんが、透析導入前後については病棟での経験があります。

今後は透析認定看護師の取得も視野に、さらに透析について知識、経験を積んでいきたいと考えています。

緩和ケア

緩和ケアは、完治の見込みがない患者を相手にするケースが多いため、精神的にタフでないと続けるのは難しい科目です。

また、看護師が患者の家族に対応する機会も多いので、心を刺激しないよう細心の注意が必要です。

そんな科目に志望するときには、看護師の中に譲れない動機があるのではないでしょうか。

家族との経験や看護学校などで学んだことなど、「看護師を続ける理由」にも関わるテーマなので、履歴書の志望動機を書くときには濃密な自己分析を行いましょう。

パートなど雇用形態別の志望動機の書き方とは?

看護師には正規雇用だけでなく、パート、派遣などの雇用形態が存在しています。

志望時点で雇用形態は判明しているため、履歴書の志望動機でもその点を意識してみることをおすすめします。

共通して言えることは、正規雇用でないからといって、モチベーションが低くなってはいけないという点です。

雇用形態に関係なく、患者は看護師を頼り、救いを求めてきます。

看護師を名乗るからにはプロフェッショナルとしての誇りを履歴書にもぶつけましょう。

パートで働く場合の志望動機の書き方

パートの看護師として履歴書を記入するとき、志望動機で気をつけたいのは真剣さを伝えることです。

パート勤務の場合、フルタイムで働けない理由が存在するケースが多く見られます。

家事が忙しい、ブランクが空いていてフルタイム勤務に自信がない、などの理由を正直に書いてしまうと採用側を不安にさせてしまいます。

あくまでも仕事内容へのやりがい、思い入れを中心に志望動機をつづることがおすすめです。一方で、勤務時間などの調整は別欄や面接で行うようにしましょう。

派遣で働く場合の志望動機の書き方

派遣で働く看護師も、基本的には正規雇用の看護師と同じ意識で履歴書を記述するようにしましょう。

派遣だからといって仕事内容や扱いが変わることはほとんどないからです。実際、多くの病院で派遣の看護師は活躍しています。

ただし、1点だけ成長意欲は履歴書の志望動機で示しておくといいでしょう。

「貴院で多くのことを学び、自身のキャリアにつなげたいと願っています」の1文があると、やる気がみなぎっているように思われます。

看護師が履歴書の志望動機に悩んだら

どんなに自力で調べても理想的な志望動機に思い当たらず不安な看護師もいるでしょう。そんな人は転職サイトを利用してみることをおすすめします。

転職サイトでは履歴書を添削し、アドバイスを伝えてくれます。定期的に情報も投げかけてくれるので求人を探すのも安心です。

サイトを通じて職務履歴や能力を病院側に伝えてくれることもできますし、面接に同行してサポートしてくれることもあるのです。

転職に悩める看護師には転職サイトが強い味方になってくれるでしょう。

この記事のまとめ
  • 志望動機で病院に見られているのは、本人のモチベーション。
  • ネガティブ要素はいくらでもポジティブな内容に書き換えられる!
  • 転職サイトは無料で履歴書を添削してくれる!

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧