復職が不安…ブランク看護師の求人選びで重要な3点と復職成功のコツ

ブランクが不安な看護師
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「復職したいけど、ブランクがあるから最新の技術や知識についていけるか不安…」

「10年もブランクがある私を看護師として採用してくれる職場はあるのかな…」

5年、10年とブランクが長くなってしまうと、転職先が見つかるか不安になりますよね。

ブランクの長い看護師さんは、どうやって不安を解消しながら復職したのか実際の体験談や復職のコツをお教えします。

18年ものブランクを乗り越えて転職された看護師もいらっしゃるようです。

ブランクのある看護師の2つの不安と解決法

ブランクのある看護師の境遇は、実にさまざま。3年、5年、なかには10年以上のブランクを経て看護師に復帰しようとしている方もいるでしょう。

不安も多いと思いますが、ブランクを経て復帰されている看護師さんはたくさんいます。

まずはブランクのある看護師に多いお悩みと、復職準備のためにしておくと良いことを紹介します。

お悩み1:最新の医療技術についていけるかな?

医療の現場はあっという間に進歩します。

現役で働いていた頃とは、医療技術やそれらを取り巻く制度などいろいろなものが変化しており、「ついていけるかな」と不安を抱いている方もいるでしょう。

「採血の仕方も忘れてしまった…」という声もよく聞きます。

そのような不安を解決しようと、医療機関や各自治体ではブランクのある看護師を支援する復職支援研修」などをおこなっています。

また、入職後に先輩看護師がフォローしてくれるプリセプター制度」を設けている職場もあります。転職の際にこうした制度が整っている施設を選ぶと、復帰に向けての不安はだいぶ軽くなるのではないでしょうか。

ブランクのある看護師が復職するには研修とセミナーがおすすめ
  • 復職支援セミナー・研修
  • 復職後に問題なく業務をおこなえるよう、基礎的な知識や技術を勉強します。各都道府県のナースセンターやナースプラザ、医療機関で講習が開催されています。

    最新の医療や看護についての知識を学ぶことができますし、実際に医療機器を使った演習や病棟での実習なども受けることができます。

    自治体主催のものなどは基本的に無料なので、こうした研修を積極的に活用してみましょう。

    何もしないでいると不安は大きくなりますが、手を動かしてみると、「意外と体が覚えている」と感じて少し自信が持てるかもしれません。

  • プリセプター制度
  • 新人看護師のみならず、復職後の看護師をサポートするプリセプター制度を用意している医療機関もあります。

    現場で実践的な指導を受けることで、現役の頃の感覚を取り戻すスピードも速まるはずです。

これらの研修や制度は、すべての医療機関でおこなわれているわけではありません。求人情報を見て、どのような研修や制度が整っているのか確かめておきましょう。

実態がわからない場合は、転職サイトのコンサルタントに聞いてみるのもオススメです。

お悩み2:子育て・家事と両立できるかな?

看護師の子育てに理解がある職場

出産をきっかけに休職する看護師さんは多いですが、久しぶりの業務は心身ともに負担が大きいもの。

子どもの急な発熱、保育園や学校のイベントなどで、どうしても休まざるをえない場面もあるでしょう。

そんなとき、子育てに理解がない職場だと休みを取るたびに周囲の目が厳しくなり、居心地が悪くなる可能性も…。最悪の場合、再び転職を考えることになります。

そんな状況を避けるためにも「家事も子育ても両立したい!」という方は、「ママ看護師が多い職場」を選びましょう。

子育ての大変さをわかってくれる先輩看護師が多い職場は、「子育て中の職員をフォローしよう!」というムードができあがっていることが多いのです。

また、あらかじめ家族で家事や育児の役割分担について話し合っておくことも大切です。

家事も育児も仕事も100%頑張るのは無理というもの。家族にも協力してもらいながら、仕事と家庭のバランスを探っていきましょう。

ブランクあり看護師の方におすすめの転職サイトはこちら

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

ブランクあり看護師:職場選びの3つのポイント

前章でお伝えした通り、ブランクがある看護師がなるべくスムーズに復帰するためには職場選びが非常に大事です。

ブランク後に復帰する際の職場選びのポイントをまとめました。

  • 1.研修やフォロー制度がある職場を選ぶ
  • 2.ママ看護師に理解のある職場を選ぶ
  • 3.自分が貢献できる職場を選ぶ
  • 1.研修やフォロー制度がある職場を選ぶ

    復帰したばかりで仕事を一人で任されるのは非常に不安が大きいですよね。

    そこで、転職先を探す際にはプリセプター制度や復職研修などのフォロー制度がある施設を選ぶことをおすすめします。

    プリセプター制度がある環境であれば、細かくプリセプターに指導してもらうことができますし、研修があれば学びながら実践を重ねていくことで自信をつけていくことができます。

    転職サイトでは、「ブランク可」のキーワードで検索してみると、ブランクのある看護師さんを積極的に採用している施設が見つかります

    こうした施設はフォロー制度が整っていることが多いので、検討してみると良いでしょう。

    2.ママ看護師に理解のある職場を選ぶ

    子どもが生まれると、生活は激変するもの。子どもが小さいうちは病気も多く、保育園から呼び出されたりお休みせざるをえないこともしばしばあります。

    また、園や学校の行事、授業参観、PTAにお受験と、子どもがらみで仕事を調整しなくてはならないことが多いです。

    そんな時に肩身の狭い思いをするような職場では、仕事もしづらいですよね。

    だからこそ、転職先にはママ看護師がいる職場を選びましょう。

    保育園からの急な呼び出しなどでもお互いにカバーし合うことができますし、育児に迷ったときに相談できる先輩ママの存在は、新米ママ看護師さんにとってはとても心強く思えるはずですよ。

    また、大きな病院であれば24時間保育所があるような施設もあります。こうした施設は概して働くママ看護師に理解があり、比較的働きやすいことが多いです。

    3.自分が貢献できる職場を選ぶ

    3つ目のポイントは、転職先を選ぶ際に「自分がどれだけ貢献できるだろうか?」ということを考えてみることです。

    ブランクがあるとはいえ、新卒看護師とは違い、求めらているのは即戦力です。

    どんなにブランクのある看護師に理解がある職場でも、一から十まで細かく教えてくれることはありません。

    そこを理解して、自分の今までの経験や知識をどう生かすことができるかという視点で職場を選ぶことが大切です。

    その視点で得意分野を選んだ方が採用されやすいですし、ブランク明けのハンディがある期間でも貢献している実感を持ちながら、生き生きと働くことができるでしょう。

    ブランクの後に復帰した看護師さんの体験談

    10年間別の仕事をしていたため、看護師としての感覚を失っており、復帰を考えた際にはまったく自信が持てませんでした。

    そこで、研修が充実していること、ブランクを前向きに見てくれること、家庭との両立がしやすいことを重視して転職先の病院を選びました。

    実際に転職してみると自分の希望どおりの病院で、おおむね満足しています。(30代、クリニック勤務)

    ブランクあり看護師にオススメの医療機関は?

    ママさん看護師復職におすすめの職場

    研修やフォロー体制があったとしても、本当に職場復帰できるのか不安ですよね。

    ここからは、ブランクのある看護師が復帰しやすい医療機関を紹介します。

    ポイントは、最初はなるべく忙しすぎない職場を選ぶということです。

    「激務は避けたい」「家庭の事情でバリバリ働くのは難しい」という方にもオススメの職場です。

    • クリニック
    • 総合病院よりも家庭への理解が得られやすいのがクリニックです。多くのスタッフが家庭を持っているため、子どもが理由の急な休みも理解してもらいやすいでしょう。

    • 慢性期病棟、特別養護老人ホームなど
    • 技術面に心配のある方は、比較的看護技術を使わずに済む職場に復職するという選択肢もあります。

      たとえば慢性期病棟や特別養護老人ホーム、療養型病院、急性期病院があるケアミックスの病院などです。

      ブランク明けは療養型で働き、慣れてきたら急性期に異動させてもらうという方法もあります。

    • まずはパートから始める
    • まずはフルタイムではなくパートから始めるというのもオススメです。

      特に、希望する科が激務な場合、最初からフルタイムで全力で仕事をするというのは難しいですし、あまりの環境変化に体調を崩してしまうこともあるかもしれません。

      初めは時間の融通がきくパートで様子を見て、感覚を養ってからステップアップ、というように段階を踏む方がスムーズに復帰しやすいです。

      パートで働く場合も、「将来的にこういうふうに働きたい」というイメージを持って応募すると良いでしょう。

      そうした将来展望に向けてどうしたらいいかということについても、転職サイトのコンサルタントに相談すればよいアドバイスがもらえるはずです。

    ブランクのある看護師の復帰後の給料

    ブランクのある看護師がスムーズに復職するためのポイントやオススメの職場を見てきましたが、復職後の給与も気になるポイントですよね。

    給与は年齢や経験、雇用形態、夜勤業務の有無など、就業条件によって大きく変わります。病院の規模や、地域の影響も受けるでしょう。

    ブランクのある看護師の場合、経歴にもよりますが、前職と同等の給与をもらえる可能性は低いといえます。

    ただ、再就職直後は新卒に近い給与であっても、数年後にはベテランとして昇給する看護師も多くいます。

    復帰後のがんばりによっては、ずっと現役でいた場合の給料額に近づく可能性も十分ありますので、そこはご自身の頑張り次第とも言えます。

    ブランクあり看護師の方におすすめの転職サイトはこちら

    看護roo!
    看護のお仕事
    マイナビ看護師

    ブランク18年!復帰した看護師の体験談

    ここで、18年もの長いブランクを経て職場復帰を果たした看護師の体験談を紹介します。

    ブランク18年の看護師の復帰

    ある看護師は、42歳でブランクが18年もありました。実質的な経験は3年ほどで、結婚後は専業主婦をしていました。

    そんな女性が、思い切って総合病院の外来へ応募しパートとして働き始めることに。

    最初は薬品名もわからず、機器類の操作にも戸惑い、叱られてばかりの毎日にくじけそうになることありました。

    それでも新人のつもりで仕事と向き合ううちに、過去の経験からの行動が呼び起こされるように…。

    次第に「人の役に立ちたい」という看護師になったときの気持ちと、看護師という仕事に対する責任と誇りがよみがえり、毎日の仕事も充実したものに変化していきました。

    45歳となった今、彼女は正社員の看護師として病院に欠かせない存在です。

    18年ものブランクがあっても、再スタートは切れるのです。

    看護師にとって本当に必要なこと

    看護師にとって大切なことは、患者と向き合う心です。新しい技術や知識は、新たに学べば良いだけのこと。実際に長い空白期間を経て、職場復帰を果たした看護師はたくさんいます。

    結婚や妊娠をきっかけに離職することはデメリットしかない、と考える方もいるかもしれません。

    しかし出産や育児の経験は、看護師という仕事にとって大いにプラスになります。

    妊娠・出産時の苦労や母としての喜び、子どもを想う母の気持ちなどを理解しているからこそ、患者や家族の心に寄り添うことができるのです。

    復帰できるか悩んでいる方は、ぜひ前向きに職場復帰を考えてみてくださいね。

    ブランクのある看護師がスムーズに復職する方法

    ブランクがあるがゆえに復職に不安を抱えている方は、次の2点をクリアする職場を探すことが大切です。

    • ママ看護師が多く、子育てに理解のある職場
    • 研修制度やプリセプター制度が整っている職場

    そこからさらに、正社員やパートなどの雇用形態はどうするのか、給与はどれくらいを希望するのか、どれくらいの時間働くのかなど、希望を絞り込んでいきましょう。

    職場探しには転職サイトがおすすめ

    職場を探す際には、看護師専門の転職サイトを利用するのがオススメです。

    これまでも多くのブランクのある看護師を復職させた実績を持っているので、ブランクのある看護師ならではの悩みや不安を理解してくれます。

    「ブランクありの看護師が働きやすい職場を紹介してほしい」

    「とにかく子育てに理解のある職場がいい」

    など、まずは転職サイトに登録し、コンサルタントに希望を伝えてみてください。あなたにピッタリの職場を紹介してくれますよ。

    このほかにもコンサルタントは、職場の人間関係や制度・手当の実態を教えてくれたり、志望動機や履歴書、面接に関する悩みにも答えてくれます。

    久しぶりに職場復帰する看護師にとって心強い存在となるでしょう。

    ブランクありの看護師にオススメしたい看護師求人サイト

    『看護のお仕事』では、教育制度も充実し、復職を目指す看護師にピッタリの求人をたくさん紹介しています。

    丁寧な対応に定評があり、今後の働き方の相談もできるので、看護師求人サイトを利用するのが初めてという方でも安心です。

    また、手技に不安がある看護師に関しては研修制度が充実している職場を紹介するなど、コンサルタントならではの手厚いカバーも魅力です。

    あなたがもう一度、看護師として活躍するため、最高のサポートをしてくれるでしょう。

    取扱い求人数10万件以上の『看護のお仕事』
    看護のお仕事

    希望の求人が見つかるまで徹底して探してくれるサポート力と我慢強い交渉力が魅力。

    託児所がある求人や勤務時間や夜勤回数を相談したいという希望にも丁寧に対応してくれますし、事前に転職先の詳しい情報も教えてくれるので安心です。

    今後の働き方やステップアップしていく方法など何でも相談にも乗ってくれます。そのため、ブランクが長く復職が不安な方や転職サイトの利用が初めての方にもおすすめの転職サイトです。

    ブランクのある看護師のまとめ
    • ブランクのある看護師が職場復帰するためには、子育てに理解があり、フォロー体制が整っている職場を探すことが大切
    • ブランクのある看護師向けの求人情報は、看護師専門の転職サイトで探すのがオススメ

    復職におすすめの看護師転職サイト

    看護roo!
    看護のお仕事
    マイナビ看護師
    4位 ナース人材バンク
    5位 医療ワーカー

    1月は転職のチャンス!求人数も大幅増加!

    求職者にとって絶好のチャンス!心機一転のために、転職する看護師が増える時期です。

    職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出やすい時期でもあるのです。

    そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

    転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできます。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

    人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

    • no image0
    • LINEで送る

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの悩みはどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
    • 人間関係で悩まない!
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の復職のポイント
    • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円
    ×

    Coconas Coconas

    掲載サイト一覧