ブランクありでも復職!ブランク看護師の求人選び4つのポイント

ブランクが不安な看護師
  
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

「看護師として復職したいけれど、ブランクが心配でなかなか踏み切れない…」そんな悩みを持つブランク看護師の方が、スムーズに復職するためのコツを詳しく紹介していきます。

ブランク看護師の復職の不安を解消するには?

ブランク看護師の復職の不安を解消

まずは、ブランクがあることで生まれる不安を明らかにしてみましょう。主に以下を挙げる方が多いのではないでしょうか。

  • 現在の医療技術や制度についていけるの?
  • 子育てや家事と両立できるの?
  • きちんと自分をフォローしてくれる体制が整っているの?

どれも、ブランクがある看護師にとっては切実な問題です。

しかし、安心してください。結論から言いますと、これらの不安ははすべて解決できます。ひとつずつ説明しましょう。

現在の医療技術や制度についていけるの?

確かに、現代の医療技術はあっという間に進歩します、さらに、医療に関する制度も医療を取り巻く情勢によって変化します。

ただ、これは慣れることができると断言します。

技術の進化は「使用者が簡単に扱うことができる」という変化もともなうものです。

昔苦労していた手技が今ではラクに確実に行えるようになっているケースも多いでしょう。

そして何より、かつて看護師として働いていた経験があるなら、はじめは戸惑っても、1、2ヶ月もすれば感覚を取り戻し、スムーズに業務ができるようになるでしょう。

専門的な技術や知識を必要とされる看護師だからこそ、ブランク後の復帰には不安を持つ人も多いようです。

しかし、看護師にとって本当に重要なことは、患者に向き合う心です。

新しい技術や知識は、新たに学び直せば良いだけのこと。実際に長期間の空白を経て、看護師として働き出した人は大勢います。

ある看護師は、42歳でブランクが18年もありました。実質的な経験は3年ほどで、結婚後は専業主婦をしていたようです。

それでも、思い切って総合病院の外来へ応募し、最初はパートからリスタートを切ります。

もちろん、最初は薬品名もわからず、機器類の操作にも戸惑い、叱られてばかりの毎日に、気持ちがくじけそうになることもしばしばだったと言います。

それでも、新人のつもりで仕事と向き合ううちに、過去の経験からの行動が呼び起こされるようになっていきました。

何よりも、人の役に立ちたいという看護師になったときの気持ちが蘇り、一つひとつの業務に対しての責任と誇りが、充実した毎日へと変えていきました。

45歳となった今は、正社員の看護師として病院になくてはならない存在です。 18年のブランクがあってさえも、再スタートは切れます。

苦労して得た看護師というかけがえのない資格をそのまま眠らせるのは、社会的にも大きな損失です。

10年、20年でも問題なく復帰はできます。ましてや数年間のブランクならば、短期間で取り戻せるはずです。

もう一歩踏み出す勇気さえもてば、扉はいつでも開かれます。自分にしかできない看護師としての仕事を、もう一度始めてみてはいかがでしょうか。

子育てや家事と両立できるの?

こちらも、復職する看護師が抱える悩みの代表格ですね。

ただでさえ看護師の仕事はハードで、職場によっては時間も不規則で…と考えると、難しく感じるかもしれません。

しかし、逆転の発想で家庭との両立ができる職場を選ぶという考え方に切り替えてください。

探し方については後述しますが、「子育てがしやすい職場」を基準に探せば、必ず見つかります。

きちんとフォローしてくれる体制が整っているの?

看護師不足はいまだに深刻な問題です。

それを解決すべく、医療機関側としてはブランク明けの看護師に安心して復職してもらうため様々な取り組みを行っています。

手技や制度を学べる研修をはじめ、先輩看護師が指導してくれるプリセプター制度などが代表的なものです。

また、夜勤の時に一人にならないよう配慮されているなど、勤務体制がしっかり考慮されている病院が増えています。

ただし、すべての医療機関でこれらの体制が整っているわけではありません。

求職活動の際にフォロー体制について見極める必要があります。

離職中の経験を活かせば、なんとかなる!

以上、復職の不安解決について説明しましたが、いかがでしたか?

様々な不安があるのはもっともですが、「なんとかなる!」という気持ちで本格的に復職を考えてみては?

しかし、やみくもに仕事を探し、なんとなく復職したのでは絶対に失敗してしまうでしょう。

以下で挙げるポイントに注目してください。

ブランク看護師が復職先を選ぶ4つのポイント

ブランク看護師転職ポイント

ブランクのある看護師がスムーズな復職を実現させるには、4つのポイントを押さえる必要があります。

順に紹介していきます。

1.「ブランク看護師」を受け入れる職場を探す

まず大事なのは、「ブランクのある看護師を教育する体制」が整っている職場を探すことです。

なかには「新人に教える余裕はない!」というスタンスの職場もありますから、事前に研修の有無などを調べましょう。

受け入れ態勢がしっかりしている医療機関は、復職支援研修を行ったり、プリセプターがしっかり付いたりと手厚いフォローを行っています。

これらの体制が整っているか事前に調べることは、ブランク看護師がスムーズに復職するためにとても大事です。

また、そういう職場であればブランクから復職した先輩が多いはずです。

復職するときの不安をわかってくれるでしょうから、そういった意味でも心強いといえるでしょう。

2.子育てに理解がある職場か見極める

看護師の子育てに理解がある職場

子育てをしながら働くというのは想像以上に大変なものです。

子供が急に熱を出したり、保育園や学校のイベントでどうしても休まなくてはならなかったり…。

そんな時、気軽に休みを取れる職場を選ぶのは重要なこと。

子育てに理解がない職場だと、休みを取るたびに周囲の目が厳しくなり、居心地が悪くなってすぐに辞めてしまった、という例もあります。

そうならないためのコツは「ママ看護師が多い職場」を選ぶこと。すでにそういった先輩がいるのなら、職員全体が子育ての大変さについて理解している可能性が高く

「子育て中の職員をフォローしよう!」というムードがすでにできあがっていることが多いのです。

ゆったりと働ける職場を選ぶ

研修などで手技を学べるとは言っても、やはりブランクを埋められるか不安がありますよね。

そういう方は、比較的看護技術を使わずにすむ職場に復職する、という選択肢もあります。

たとえば慢性期病棟や特別養護老人ホームなどです。

また、療養型病院と急性期病院があるケアミックスの病院もおすすめです。

ブランク明けは療養型で働き、慣れてきたら急性期に異動させてもらうこともできます。

また、元々「忙しく働きたくない」というスタンスを持っていたり、家庭の事情でバリバリ働くのが困難という方にとっても、こういった職場を選ぶことは意味のあることです。

看護師専門の求人サイトを利用する

ブランク明けで仕事を探すポイントを紹介してきましたが、実は、これらは簡単なことではありません。自分ひとりの力で職場を見極めるには限界があるのです。

そこで活用したいのが、看護師転職サイトに登録し、コンサルタントを味方につけること。

数えきれないほどのブランク看護師を復職へと導いた経験がありますから、ブランク看護師の不安もすべて理解しています。

じっくり相談にも乗ってくれますし、忙しいあなたに代わって要望通りの求人を紹介してくれるでしょう。

詳しくは「6.スムーズに復職するには転職コンサルタントを活用する!」で解説します。

離職中の経験も看護師の業務で活かせる!?

離職によるブランクは、看護師にとってデメリットでしかない、という考えを持つ方が多いと思います。

しかし、それは誤りです。

出産や育児で離職していた場合、それはかけがえのない経験となるのです。

妊娠時の苦労、それを経て出産した時の母としての喜び、そして子どもを思う母の気持ちなどを心から理解しているからです。

だからこそ、同じ境遇の患者さんの家族背景やこまやかな心の動きに気を配ることができるようになるのです。

それは新卒や若手の看護師では絶対に真似できない貴重な感覚ですし、看護師としてとても大きな武器であると言えます。

貴重な経験を積んだわけですから、それを生かし自信をもって現場に復帰してください。

ブランク看護師が復職するのにおすすめの働き方は?

ママさん看護師両立

育児をしながら仕事をしたいのであれば、様々な求人情報をチェックし、パート勤務か常勤かなど、どのような働き方をしたいのか見定める必要があります。

例えば、クリニック(美容クリニックなど)は総合病院とは違い、働いている他のスタッフも家庭を持っていることが多く家庭の事情で休むことにも理解を示してもらいやすいと言えます。

妊娠・出産を経験し、子供を育てている中で看護師への復職を考えている方は、看護師と育児の両立ができるのか転職先の実際の現場の雰囲気などの情報を得ることで復帰後の働きやすさに繋がることでしょう。

ブランク看護師が復職するには何を勉強するべき??

ブランク看護師が復職するには研修とセミナーがおすすめ

医療分野は日々技術が進んでいくものですから、それに従事する看護師も新しい知識や技術を取得するためには勉強が必要です。

また、以前は問題なく行えていた採血などの基本的な看護師としての仕事にもブランクがあることで不安に思うこともあるでしょう。

そんな時には、各自治体や病院で開催されている再就職を希望する看護師を対象にした、復職支援研修制度などが開催されていますので積極的に利用してみるのもおすすめです。

復職支援セミナーなどの使用して、ブランクがあることで失われた勘を取り戻し、現場から離れている間に進んでいった看護技術や知識について勉強しなおして看護師の仕事の自信を取り戻しましょう。

看護師としてブランクがあると給料はどうなるの?

ブランクがある看護師が再就職を果たした場合、前職とまったく同等の給与をもらえる可能性は低いと考えられます。

前職でどの程度の経験があったかにもよりますが、現役で継続しているのと比べれば、やはり低めであることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

とはいえ、一般的な企業と比較すると、看護師の場合は中途採用でも、新卒採用との差が大きく開くことはないようです。

基本的には年齢や経験と照らし合わせ、パートかフルタイムか、夜勤業務の有無など、就業の条件によって給与の額が大きく変わります。

看護師はどこでも常に不足しているため、ある程度の規模の病院ならば再就職だからといって給与が極端に安いということはありません。

地域の相場から、およその判断が付けられます。

ただ、子育てなどの関係で小規模なクリニックへ再就職するというのであれば、高額の給料は期待できません。

ブランクがあるからというよりは、病院の規模や働き方で収入に違いが出てきます。

再就職直後は新卒に近い給料であっても、数年後にはベテランとして昇給する人も多いようです。

復帰後の頑張りいかんによっては、継続して働き続けた場合の給料額に近づく可能性が十分にあります。

スムーズに復職するには〇〇を活用する!

ブランク看護師がスムーズに復職

ブランクのある看護師がスムーズに復職するにはいくつかのポイント がある、と説明しました。

  • 受け入れ態勢のある職場を探すこと
  • 子育てに理解のある職場を探すこと

などですが、本当にそれらをクリアする職場を探すには看護師転職サイトのコンサルタントの力が不可欠です。

なぜなら、求人情報だけでそれらを見極めることは不可能だからです。

特に、子育てに理解があるかどうかは結局職場にいるスタッフの「人間性」によるところが大きいです。

それらは、その職場に足を運んでいる転職コンサルタントに聞くしかありません。

また、復職支援体制が整っていると言っても、テキストを渡されて終わり、というケースもあるかもしれません。

それらを考えると、やはり内情を把握しているコンサルタントの力は不可欠といえるでしょう。

ブランクありの方にオススメしたい看護師求人サイト

『看護のお仕事』では、教育制度も充実し、復職を目指す看護師にピッタリの求人をたくさん紹介しています。

『看護のお仕事』は対応が丁寧で、今後の働き方の相談もできるので、看護師求人サイトを利用するのが初めてという方でも安心です。

手技に不安がある看護師に関しては研修制度が充実している職場を紹介するなど、コンサルタントならではの手厚いカバーも魅力です。

あなたがもう一度、看護師として活躍するため、最高のサポートをしてくれるでしょう。

取扱い求人数10万件以上の『看護のお仕事』

看護のお仕事

希望の求人が見つかるまで徹底して探してくれるサポート力と我慢強い交渉力が魅力です。託児所がある求人や勤務時間や夜勤回数を相談したいという希望にも丁寧に対応してくれます。

今後の働き方やステップアップしていく方法など何でも相談にも乗ってくれます。ブランクが長く復職が不安な方や転職サイトの利用が初めての方におすすめです。

事前に転職先の詳しい情報も教えてくれるので安心です。

転職が成功すれば転職支援金最大12万円が支給されます。



おすすめの看護師転職サイト一覧


看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

人手不足の4月・5月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

新しい職員が入職する4月は、求職者にとって絶好のチャンス!職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧