シングルマザー看護師の働き方~夜勤事情や子供との生活の両立のコツ

シングルマザー 看護師 子育て
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

みんなどうしてる?シングルマザー看護師の夜勤・残業

シングルマザー看護師の夜勤・残業のリアル

シングルマザー看護師の場合、大きくわけて二通りの働き方があります。

それは、「親と同居か近隣に住むことで、サポートをしてもらいながら」働く方法と、「親には頼らず、行政などのサービスを利用しながら」働く方法です。

親からサポートが受けられる場合は、多少の勤務時間の変更や残業があったとしてもサポートをしてもらえることが多いので、他の職員と変わらずに働く方が多くなっています。

一方、行政などのサービスを利用している場合には、急な勤務変更に伴うサービスの延長などが利用しにくい現状から、勤務時間の延長や残業をするのが難しくなっています。

「日勤=子供との時間を作れる」ではないので要注意 

よく「シングルマザーの方は夜勤が難しく、日勤専従を選ぶべき」という意見があります。

確かに夜間子供のみでおいておくことはできないですし、日勤だけの方が良いという意見にも一理あります。

しかし、たとえ日勤のみの仕事であっても、残業が多くて帰る時間がまちまちだった、日勤とされている就業時間が7時から21時までだったなど、職場によって日勤の定義が違うということも考えられます。

よって「日勤=子供に寂しい思いをさせにくい」と一概には言えません。

特にクリニックの場合は看護師の人数が非常に少なく、子供の発熱などでも休みがとりずらいといったケースも多く聞かれます。

よって、「日勤の仕事を選ぶべき」というよりも「シングルで子育てしていることに対し、理解がある仕事を選ぶべき」であるといえます。

シングルマザー看護師が気になる夜勤回数

病棟勤務の場合、気になるのが夜勤ですよね。

病院によっては「小さい子供がいる場合は夜勤免除」としているところもありますが、多くの病院は「子供が1~2歳になると、師長から夜勤を打診される」のが現状のようです。

これは、夜勤ができる職員の数によって医療加算が変わってくるため、一人でも多くの職員に夜勤をやってもらいたいという、病院側の都合があります。

夜勤の回数についても病院によって差が大きいですが、最低でも月2回ははいってほしいとしている病院が多いようです。

よって、必須ではありませんが、ある程度子供が大きくなったら夜勤を打診される可能性高く、また回数も多くなっていくことはある程度覚悟しておく必要があります。

夜勤専属でも昼に出勤することがある

夜勤専属ならば、基本的に夕方出勤の朝退勤になるため、確かにお子さんと昼の時間を持ちやすくなります。

しかし、専属の場合は常勤として勤めているということになることが多いので、

委員会への参加を促されたり、病棟会や勉強会へ参加しなくてはいけないなど、意外と日勤の時間帯にも職場に行かなくてはいけません。

そういったことを考えると、「夜勤専属ならば確実に子供との昼の時間を持てる」とは言い難くなっています。

小学生の子供を持つシングルマザー看護師の夜勤事情

子供が小さいうちは、なるべく側にいてあげたいと思うのが親心です。

シングルマザーの場合、その気持ちはなおさらです。

しかし、看護師の夜勤業務があるほとんどの職場において「小学生の子供がいるので夜勤はできません」という理由が通じないというのが実情となっています。

就学前の子供の場合はある程度免除してくれている職場でも、小学校になってくると「なんとかなりませんか?」と言われてしまいます。

小学生のうちは夜勤をしたくない!という気持ちが強い場合は、夜勤のない介護業界やクリニック、検診といったお仕事を、

最低限は夜勤をしてでも病院系に、という場合は最低限の夜勤をしながら病院で、というケースに分かれるようです。

シングルマザー看護師におすすめの転職サイトランキング
順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

シングルマザー看護師への理解のある病院は?

シングルマザー看護師が多い病院は子育てを両立しやすい!

では、子育てと仕事を両立できる職場はどうやって見極めればいいでしょうか?

一番のポイントは「同じ境遇の人がどれだけ働いているかどうかを見る」ことです。

シングルマザーで子育てをしながら看護師をしている人が多い病院ならば、それだけ両立に対して理解がある職場である、ということがいえるでしょう。

また、働いている方々の平均年齢を見て、自分の年齢に近いかどうかを照らし合わせてみることもおすすめです。

自分の年齢よりも若い場合は、それだけ自分より経験の浅い人が多いことがわかり、逆に高い場合には、人生の先輩が多く働いていることを示しています。

中には若い人とベテランの方しかほとんど残っておらず、中間の方が少ないという職場もありますので、平均年齢はぜひ参考にしていただけたらと思います。

シングルマザー看護師が子供を預けるなら◯◯がおすすめ!

子育て中の看護師にとって心強いのが「院内保育」です。

職員ならば優先的に預かってもらえますし、福利厚生から一般保育園に比べて安価で利用できます。

また、同じ敷地内に預けているので休憩時間などに顔を見ることもできますし、熱を出してしまったなどが起こっても、一般保育園に比べたら多少の融通は利きやすくなっています。

ここまで聞くと、院内保育はいいことづくし!という印象を持ちますが、デメリットも存在します。

それは、一般保育では保育園によって様々なカリキュラムを組んでいて、お泊り保育や遠足など様々なイベントもありますが、院内保育でそこまでの保育を実施しているのはごく少数、という点です。

子供が低年齢の場合はまだよいのですが、3歳以上と幼稚園に入園できる年齢になってくると、多くの看護師さんが院内保育を卒業して、一般保育園もしくは幼稚園を検討しているようです。

そのため、お子さんの年齢と周囲の保育園事情を確認し、どちらがよりメリットが多いかを検討した上で選ぶことをお勧めします。

シングルマザーの看護師に向いている診療科とそのワケ

施設ごとでもシングルマザー向けのものと、そうでないものが存在します。できることならシングルマザーが働きやすい施設を見極めて就職活動に活かすようにしましょう。

日勤が多い外来とクリニック

外来やクリニックはシングルマザーが家庭と両立させやすい環境にあるといえます。その理由は、日勤の多さです。

夜勤があると、子供を施設や両親に預ける必要が出てきます。子供に食事を作ってあげることも難しくなりますし、コミュニケーション不足の原因となります。

日勤の多い外来では、帰宅後、子供と触れ合う時間を多く作り出すことができます。また、生活リズムが狂いにくいので、たまの休日なのに寝てばかりで子供の相手をする機会がない、という事態を避けられます。

自分で留守番のできない小さな子供がいるシングルマザーにはおすすめです。

定時に帰れる美容クリニック

夜勤がないという点では美容クリニックも検討してみましょう。美容クリニックの中でも医療レーザーなどの施術を行っている施設は、医療行為を行える看護師が優先的に採用される傾向があります。

美容クリニックでは病院よりも患者のハプニングが少ないため、シフトが尊重されるというメリットがあります。残業も少ないので、定時になるとすぐに帰れるのがうれしいところです。

しかし、中には厳しい仕事内容の施設もあるので、過酷な職場との両立が難しいと考える人は事前によく確認しておいた方が無難です。

たとえば、患者さんから指名を受けて担当する形式の施設であれば、ノルマを課せられているケースもあります。

ノルマに達さない場合、給料が少なくなったり、最悪の場合解雇されたりすることもあるので、注意しましょう。

利用者と家族のように仲良く過ごせる介護施設

病院だけでなく介護施設を探してみるのも一つの手です。お風呂やトイレの世話をしたり、体が不自由な人の移動を手伝ったりする介護施設はハードな一面もありますが、

一方でスタッフと利用者が家族のように仲良く過ごしている施設も多く存在します。人と触れ合うことが苦痛でないのなら、ノルマにあくせくするような職場よりも充実した時間を送れるでしょう。

仕事でストレスを抱え込んで、家事のやる気に影響する、ということも防げます。介護業界は人材不足が続いているので、募集を見つけるのも簡単でしょう。

シングルマザーの看護師に向いていない診療科とそのワケ

少しでも高い収入を得て、子供に楽をさせてあげたいというシングルマザーの看護師もいるでしょう。

しかし、そんなときも職に就く前の検討が大切です。もしかすると、収入と引き換えに大きな負担がのしかかってくる可能性があるからです。

残業・夜勤が多い緊急外来・手術室・集中治療室

一般的に病院内で収入が高いといわれている施設は緊急外来、手術室、集中治療室(ICU)といったところです。

しかし、これらの施設では高いスキルが要求され、日々、修練を続けることが必須です。多くのスタッフが勤務時間外でも自主的に残って勉強をしていますし、

休日でも本を読んだり、資格の勉強をしたりして絶えず成長を続けています。

家事や育児と両立しなければいけないシングルマザーに可能なスケジュールか、じっくり考えることが大切でしょう。定時になったら「子供が待っているので帰ります」という理屈は通用しない場合もあります。

急患や入院患者の急変が多いのもこうした施設の特徴です。緊急外来では、いつどんなタイプの患者が来るかまるで予想がつきません。そして、治療が始まると、いつ終わるのかも分かりません。

もちろん、定時を過ぎたとしても「帰る」と言い出せる状況ではないでしょう。自宅や託児所に連絡する暇もないまま時間が経過していくということも考えられます。

家族や親しい友人のサポートがなければ、日々の仕事をこなすのは困難だといえます。

オンコール(呼び出し)が多い

オンコールの勤務形態が多いのも特徴です。オンコールとは、呼び出しがあるとすぐに駆けつけなければいけないというシステムです。

ナースコールと似ているようで決定的に違うのは、ナースコールがナースセンターで待機している看護師を呼び出すシステムであるのに対し、

オンコールは自宅待機している看護師を病院に呼び出すシステムです。

オンコールの最中であれば旅行はおろか、レジャー施設に出かけることもできません。自宅にいても心からくつろげることはできないでしょう。

せっかく、子供と過ごす時間ができても心の奥では緊張感が走ったままです。

緊急外来などの施設は人命を救う大切な場所なのは間違いありませんし、そこで働きたいと願う気持ちも尊敬されるべきものです。

しかし、子供との生活と天秤にかけたとき、本当に実現できる仕事なのかはよく考えておきましょう。

シングルマザー看護師の生活に合う職場への転職のコツ

シングルマザー看護師の転職は難しい!

シングルマザーとして子供を育てながら看護師の仕事をする場合、それぞれ様々な条件が出てくると思います。

「保育園のお迎えが18時までなので、18時までには確実にお迎えに行ける職場に就職したい」「夜間一人にはできないので、日勤しかない職場に就職したい」など、

細かい条件を提示しながらの転職は、簡単ではないと言ってよいでしょう。

ハローワークなどを使い自分で転職先を見つけようとしても、知りたい具体的な内容についてまではわからないことも多いですし、子供の面倒を見ながら探すというのもまた大変な作業です。

シングルマザー看護師が理想的な職場を探すなら転職コンサルタントに相談してみよう

そこで特にシングルマザーの方へお勧めしたいのが「転職コンサルタントを使っての転職」です。

転職コンサルタントとは、看護師の転職サイトに登録することで使えるサービスです。

このサービスを使えば、自分ひとりでは探しにくい「自分の条件に合った職場」を、あなたに代わって探してくれます

シングルマザーの方は、毎日子育てと仕事で忙しく、転職活動に十分な時間を割くことは難しくなっています。

そこで、こういったサービスを使うことで、効率よく転職活動を行うことができます。

また、自分では交渉しにくい「有給について」や「お給料について」、夜勤の有無についてなども、あなたに代わって転職コンサルタントが職場側と交渉してくれます!

ぜひ、こういったサービスを使って、子育てと仕事を両立できる職場に巡り合ってくださいね。

シングルマザー看護師の利用者が多い看護師転職サイト一覧

転職支援サイトのなかでも、関東・関西・東海に強い『看護roo!』は、対応している地域は限られますがその分サポートが徹底しており利用者満足度が高いです。

『看護のお仕事』は全国対応で、コンサルタントが待遇の条件交渉を行うなど悩みや不安に丁寧な対応が評判です。

『マイナビ看護師』はエリア内のコンサルタント自らが各病院に出向きヒアリングを行っているので人間関係や病院事情に詳しい転職サイトです。

複数の転職サイトに登録して賢く使えば、詳しい求人情報や人気病院の募集もチェックできて、転職前にしっかり求人を比べて転職先を選ぶことができます。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo! ※満足度96.2%!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

6月・7月はボーナス時期!早めの情報収集を!

条件が良い人気求人は、限られています。

「ボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい。」では、希望通りの求人はなかなか見つからないでしょう。

スムーズな転職のためにも、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

看護師専門の転職サイトでは非公開求人が紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧