看護師は子育てしながら働けない?3つのコツを解決方法を徹底解説!

7-A
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

ママ看護師におすすめの求人・転職サイト情報

看護師と子育ての両立

子供がいると働ける時間に制限があったり、夜勤をすることに抵抗があったりと悩みは尽きません。

お子さんとの時間を少しでも増やすために、柔軟に対応してくれる転職先を探している人も多いでしょう。

仕事はこれからもずっと続けていきたいけれど、いまは家事や育児を優先したい!そんな子育て中の方にお勧めの看護師転職サイトは関東・関西・東海に強い『看護roo!』です。

『看護roo!』は、母として女性として、バランスよく仕事を続けていける職場を提案してくれます。

託児所がある病院はもちろん、勤務時間や勤務日の交渉もおまかせです。

子育てと仕事の両立で悩んでいる方や、今後結婚や出産を控えていて、結婚や出産後の仕事をどうしようかと悩んでいる場合も、豊富なサポート実績をもとにアドバイスが受けられるので安心です。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

関東・関西・東海限定

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。

働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

取扱い求人数12万件以上の看護のお仕事

全国対応

看護のお仕事

転職が成功すれば転職祝い金12万円が支給されます。

希望の求人が見つかるまで徹底して探してくれる サポート力と我慢強い交渉力が評価され『サービス満足度NO.1』『コンサルタントの対応満足度NO.1』『友達に進めたいNO.1』に選ばれました。

職場の悩みや今後の働き方の相談にも乗ってくれるので転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

ママ看護師求人探しの3つポイント

残業なしの職場を探す

まずは、残業なしの医院を調べてみましょう。

決して多数派ではありませんが、病院の中には看護師が定時で帰ることを積極的に容認してくれているところもあります。

また、面接の段階で事情を説明し、なるべく定時で帰りたいという希望を伝えてみるのもよいでしょう。

「あつかましいと思われないだろうか」と不安になる人もいるでしょうが、看護師は女性が多い現場なので、病院側も似たような希望には慣れています。

病院側との妥協点を探り、入職後にトラブルを招かないことが大切です。

夜勤回数や休日の曜日を調整する

看護師には夜勤もつきものですが、夜勤を外してもらう、あるいは回数を減らしてもらうことは可能かも聞いてみるとよいでしょう。

質問してみれば、一考してもらえることもあります。

土日に休みをもらえる職場かどうかも重要なポイントです。

保育園や幼稚園、学校のスケジュールを考えると平日の日勤中心に働いて、土日は家にいるという働き方が理想です。

土日出勤があまりにも多いと幼い子どもを家に一人残してしまうシチュエーションが生まれますし、子どもとスキンシップを図る機会も減っていきます。

子どもの成長を間近で見守るためには、一日中そばで過ごすチャンスも確保したいところです。

入院施設のない職場を探す

病院の忙しさも考慮するべきでしょう。大病院に入職した場合は、給料面などで恵まれる確率は上がります。その代わり、激務の連続で家事を行う体力を削られることも覚悟したほうがよさそうです。

逆に、小規模の民間医院であれば、給料を高望みすることは難しいでしょうが、比較的のんびりと仕事を続けていくことができます。

おすすめしたいのは無床クリニックでの勤務です。

入院施設があると、そのぶん責任も業務も増え、家庭優先の計画を立てにくくなります。急患や急変も多くなり、深夜残業の頻度も増えるでしょう。

看護師としての就職活動を始めるときは、自分にとって何が一番大切なのかを見定めることが肝心です。

時短制度と託児所をうまく利用しよう

子どもがある程度大きくなると、子ども一人でも留守番ができるようになります。

しかし、まだまだ手のかかる小さな子どもがいるとそうもいきません。

ここからは、小さなお子さんがいるママ看護師がチェックすべき時短制度や託児所についてご紹介していきます。

育児短時間勤務制度

託児所に預けていたとしても、時間通りに迎えにいけないこともあるのが、看護師の仕事の辛さです。

とはいえ、両親と一緒に住んでいる人ならともかく、無償で子守をしてくれる相手はなかなか見つけられないでしょう。

そこで、適用させたいのが育児短時間勤務制度です。

小学校に上がる前の子どもがいる人は、特別に定められた勤務形態の中から都合のいいものを選んで、育児優先で働くことが可能です。

看護師に対してもこの制度の適用は認められており、病院側と話し合って子どもが大きくなるまで、制度の恩恵にあずかってみてはどうでしょうか。

制度を適用すると、まず土日出勤の必要がなくなります。

また、平日もフルタイム出勤ではなく半日出勤で帰るのが認められるようになります。

子どもが大きくなるにつれて出勤時間を増やしていき、小学校に上がったところでフルタイム勤務に戻るのがおすすめの適用方法です。

託児所

病院内に託児所や保育園がある場合は積極的に利用しましょう。

看護師は育児の問題を抱えている人が多いため、病院側は解決策として託児所を設置しているケースもみられます。院内に託児所があると多くのメリットが生まれます。

まず、休憩時間などで頻繁に子どもの顔を見に足を運べることです。子どもの状況が常に確認できますし、仕事中のリフレッシュにもなるでしょう。

次に、子どもを迎えに行く手間が省けることです。病院の近隣に託児所がない人は、遠方にまで足を運ばなければならず、睡眠時間を削ってまで子どもを送り迎えする必要があります。

しかし、院内で子どもを預けられるのであれば、毎日に余裕が生まれるでしょう。

子どもに友達ができるというのもうれしいポイントです。

託児所のメリット

看護師の中には託児所に子どもを預けるデメリットを気にして、両親やベビーシッターに子守をお願いする人もいます。

その場合、安心して働くことはできますが、子どもが友達を作る機会は減ってしまいます。

託児所や保育園でつながった人間関係は、小学校にも受け継がれることがあり、子どもの将来のことを考えると早いうちから他人と関わらせておいたほうが得策だという考え方もあるでしょう。

また、院内施設の利用は従業員割引が適用されるため、託児所も通常の施設より安価で利用できる場合がほとんどです。

病院選びの段階で、託児所の有無はチェックしておきましょう。

ママナース人気求人サイト
順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

パート看護師のメリットとデメリット

子育てに手間がかかる間は、パートという働き方を選択する看護師もいます。

パートを選んだ場合、メリットもデメリットも登場するので、自分にとって相応しい働き方かどうかは事前によく検討しましょう。

パートのメリット

  • 仕事の責任が減る
  • 時間の融通が効く

まず、パートのメリットとしては、仕事の責任が減ることです。

看護師は基本的に責任重大な仕事であり、患者の健康はもちろん、ときとして生命にも影響を与えてしまいます。

緊急病棟や集中治療室の看護師なら特に、たいへんな緊張感の中で働いており、そのため、家庭との両立のハードルは上がるでしょう。

しかし、パートであれば正社員以上の責任を持たせられない、という倫理が働くので簡単な仕事が優先的に周ってきます。

心身の負担は減り、帰宅後も家事に集中しやすくなります。スキルアップに必要な勉強の量も少なくなるので、休日も家庭を優先して過ごせるでしょう。

時間の融通が効くのもパートの大きなメリットです。パートであれば重大な仕事を担当する機会が減るので、定時以内にほとんどの仕事は片付いていきます。

ただし、現場があまりにも辛い思いをしているときは、気を利かせてサポートしてあげるとよいでしょう。

パートのデメリット

  • 収入が減る
  • 福利厚生がないこともある

パートになると社会保険が効かなくなるのではないか、と不安に思うママさん看護師もいます。

しかし、保健に関しては病院によって異なる条件となるので、パート勤務を始める前に総務担当者と話し合うことをおすすめします。

逆にパート勤務の大きなデメリットとしては収入の低下でしょう。

「夫が高収入である」、「両親のサポートがある」という家庭ならともかく、正社員からパートに切り替わったとき、収入が大幅に下がったのでは家計を揺るがす事態にもなりかねません。

また、パートになれば仕事は楽、という考えが当てはまらない職場もあります。

人手不足の病院では、パートや正社員の境目なしに、大きな仕事を割り振られてしまいます。

結果、残業が増えたり、夜勤を要請されたりして正社員とほとんど扱いが変わらなくなります。そのうえで収入が減るのであれば、パートで働く必然性は薄いといえます。

福利厚生の有無も気をつけたいポイントです。

正社員でなければ福利厚生がつかない職場も存在するので、労働規約をよく確認しましょう。パートに切り替えてから福利厚生がないことを知ると、トラブルの原因になります。

ママさん看護師に転職サイトをおすすめする理由

子育ては本来、喜びにあふれながら行うものですが、看護師にとってはときに働き方を悩ませる大きな問題となりえます。

ストレスがたまり、仕事も育児も負担に思えるときがあるでしょう。一人で抱え込んでしまい、出口が見つかりそうにないなら転職サイトに頼ってみるのもひとつの方法です。

病院のネガティブな情報もわかる

まずは、圧倒的な院内情報の多さが魅力です。ハローワークでも募集要項や大まかな病院の概要を掴むことは可能ですが、そういったサイトの常としてネガティブなポイントは隠されています。

募集の内容を鵜呑みにして入職してから、現実とのギャップに気づかされても後の祭りといえるでしょう。

転職サイトではポジティブな情報もネガティブな情報も分け隔てなく提供してくれます。

ときには、ホームページですら確認できない細部の情報まで教えてくれて、病院の雰囲気を具体的にイメージできるようになります。

理想に近い求人探しができる

転職のプロが求人探しを手伝ってくれるのも心強いポイントです。

多くの看護師は就職活動の最初には細かい労働条件を設定して病院を選んでいますが、やがて妥協を始め、自分の理想からは程遠い病院に入職してしまいます。

プロである転職サイトのコンサルタントに手伝ってもらうことで、大きな妥協をする必要が薄まります。

自分の中で優先するポイントは何かをヒアリングしてもらい、条件に合った病院を理由と共に紹介してくれるでしょう。

自己分析の相談ができる

多くの人が苦手としている自己分析を手伝ってもらえるのもうれしい点です。自分の強みや適性が分かれば、病院選びの精度は上がります。

プロの経験が、自分でも気づかなかった看護師としての長所を見つけ出してくれるでしょう。

自己分析が成功すると、病院選びだけでなく履歴書の完成度を高めたり、面接で緊張せずに応対したりすることにもつながります。

転職という人生の一大事に、支えてくれる人がいるという感覚はモチベーションの維持にも役立ちます。

転職への不安が大きい人ほど、転職コンサルタントに相談をしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo! ※満足度96.2%!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

6月・7月はボーナス時期!早めの情報収集を!

条件が良い人気求人は、限られています。

「ボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい。」では、希望通りの求人はなかなか見つからないでしょう。

スムーズな転職のためにも、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

看護師専門の転職サイトでは非公開求人が紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧